354件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

次に、駅西地区公共機能賃借料(債務負担行為)について、与信リスクである契約相手の倒産や、賃借料を払っているのに施設が差し押さえられて使えない等のリスクをどのようにヘッジしていくのかとの問いに対し、SPCイコール特別目的会社を相手方として契約し、企業とは隔離されたところのSPCが不動産を所有し、運営する形態となるため、仮にSPCに関連する企業倒産してもSPC自体に影響が出ない仕組みとなっていることや

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

20年から30年程度の中期的な土地活用が建築協力金を利用した自前での建物建築などに頼らず可能となり、立ち退きのトラブルやテナントの途中退去のリスクを回避することができます。土地の資産価値も増すことも予想され、物納可能財産となるので、相続対策として有効であります。相続税評価の際、事業用定期借地権設定部分が評価減となっています。  もう一つ、借り手側のメリットですね。

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

自分も会社を経営していて、リスクのあることというのはあるんですけれども、私は福祉とか教育は本当にきっちり、誰も不自由なくやっていただきたいという中ではあるんですけれども、今回のハーモニアスポリス構想については、市民の方からも豊田さん大丈夫かというような質問とかも受けるんですけれども、私はチャレンジ精神を持って進めていただきたいなというふうに思っております。  

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

最初に、マイ・タイムラインの推進について、市民防災に対する要望の中で、高齢者など災害時に配慮が必要な人たちが安全避難できる体制整備の強化を求める中で、住民に身近な行政は、災害弱者存在を把握し、災害リスクを可視化するハザードマップにのっとったきめ細やかな避難計画を作成しております。

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

団地への企業誘致につきましては、中部縦貫自動車道の県内全線開通による時間的短縮効果や中京、北陸、関西の中心に位置するため、物流の拠点となり得る位置的優位性、また地震津波など災害リスクが少ない安全な立地環境、さらには緑豊かな自然環境、清らかな水や勤勉で粘り強い人間性など、本市の特性をPRしつつ、幅広い分野での誘致活動に努めております。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

特に、前も一回質問させていただきましたけれども、国際社会における難民の問題でありますとか、日本の中でも外国人労働者の方の、それから逃げて逃避されたとか、それからいろんなところでの問題がさまざま起きている中で、このフレーズを発信することのリスクについてはどのようにお考えなのか。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

昨年の質問に対して、市長はリスクとハレーションはつきものだとおっしゃいました。このようなリスキーな手法を使ってまでして知名度が上がったとしても、それが市民の幸せ、心の豊かさに結びつくとは思えません。めがねのまちさばえ大使に任命するに当たり、十分な検討と評価がなされたのでしょうか。心もとなく思うところです。  次に、週刊文春告発記事が出た直後にも5人のメンバーが同時に仮面女子を脱退しています。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

洪水時の被害を最小限にするためには、平常時から水害リスクを認識した上で、氾濫危険箇所などについての正確な情報を知っていただくことが何より重要になることから、現在、福井県が赤根川、清滝川における洪水浸水想定区域図を作成しており、今後、公表される予定となっています。  

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

また近年、全国各地で大きな災害が頻繁に起きており、災害リスクを分散させることも企業進出の決め手の一つといわれていることから、本市が比較的災害リスクの少ない安全な立地環境であることをPRし、幅広い分野での誘致活動を継続的に進めてまいります  先ほどすいません、訂正をお願いします。  開通予定を2020年度と申し上げましたが、2022年度の間違いでございます。  申し訳ございません。

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

このように、日本各地で豪雨災害が頻発する中、本市におきましては、避難行動につながるリスク情報の周知、避難情報発令におけるタイムラインの作成、自主防災組織を中心とした防災訓練のさらなる促進に努めてまいります。  次に、3点目の行財政改革についてお答えいたします。  まず本市の財政構造についてでございますが、本市の経常収支比率は、平成26年度以降、95㌫以上で推移しております。  

鯖江市議会 2018-06-22 平成30年 6月第414回定例会−06月22日-04号

また、遊休資産がこの事業の資源になるということや、この事業を行うことでのリスクについて、まだ市民の方に理解されていないため、この点についても一つずつ解決していきたいと考えているとの答弁がありました。  次に、議案第43号 鯖江市税条例等の一部改正についておよび議案第48号 権利の放棄については理事者の説明を了とし、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。  

敦賀市議会 2018-06-15 2018.06.15 平成30年第2回定例会(第4号) 本文

そこで、先日ヒアリングのときにそのことを話したら、小中学校で時間と手間のかかるニシンずしやみそは、菌の発酵のこともあるし、生では食中毒リスクもあり、子供たちにつくり方を教えることは難しいと言われました。  では、ニシンずしやみそをつくっている現場を見てもらって食してもらう食育はできるのでしょうか、伺いたいと思います。