58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井市議会 2023-09-09 09月09日-02号

まず,ハピリンを中心としたにぎわいと交流の促進ですが,特にハピテラスでのイベントを見ると,冬のスケート,夏の子どもたち向けのプール,毎週水曜日のわたしのマルシェ,人気のカキ小屋,そのほかメロン,肉,ワインビールウイスキーなどをテーマにした多彩なイベントが開催されており,ハピテラスに行けば何かやっているという期待感を裏切らないと思います。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

また、さばえ野菜のブランド化に向けて、吉川ナスを初め、さばえ菜花、ミディトマト、イチゴ、マルセイユメロンのさばえ夢てまり、さばえさんどーむブロッコリーの出荷助成などを拡充し、より市場に出回るように進めてまいります。特に葉物野菜のさばえ菜花の折菜につきましては、通常より早い時期に出荷できるよう栽培を工夫し、先月下旬から少量ではありますが出荷しており、消費者の反応を見ながら生産体制を整えてまいります。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

本市には、これは皆さん十分御存じですけども、伝統野菜の「吉川ナス」、こだわりの栽培で「さばえ菜花」を緑肥として活用した「さばえ菜花米」、糖度が14度以上あり、形の整ったマルセイユメロンの「さばえ夢てまり」、柚子と福耳唐辛子でつくられる伝統の薬味の「山うに」、そして地元で自生している桑を利用してつくられる「桑茶」など、栽培方法や品質にこだわっている鯖江ブランド、つまり鯖江の特産物がございます。  

福井市議会 2018-12-04 12月04日-03号

圏域内には,本市の特産品に加え,あわら市のメロンや大野市の里芋,永平寺町のニンニクなど,それぞれ特色ある農林水産物等がございます。そのような各市町の多彩な農林水産物等を一体的に売り込むことで,より効果的なPRが可能となり,販路開拓・拡大につながるものと考えております。さまざまな課題が生じることも想定されますが,各市町と協議し,適切に対応してまいりたいと考えております。 

鯖江市議会 2017-09-12 平成29年 9月第411回定例会−09月12日-03号

鯖江市においては伝統野菜「吉川ナス」、マルセイユメロン「さばえ夢てまり」、伝統薬味「山うに」、桑の葉茶、それから、さばえ菜花米等の特産物のブランド化を進めておりますが、栽培方法の高付加価値化も一つの戦略として自然栽培を推奨したらどうかと思いますが、本市ではどのように考えていますか、御所見をお願いいたします。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

今年度の鯖江市の助成対象作物は、吉川ナス、メロン、大豆となっていますが、農業者の所得を向上させていくためにも、この産地交付金の拡大・強化を国に要望してまいります。また、この産地交付金は水田活用の直接支払交付金というものに含まれておりまして、この直接支払交付金自体が現在は単年度の予算措置となっておりまして、いつ予算の縮小・廃止が決定されるかわからないという不安定な状況であります。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

本市には、既に、吉川ナスとか、さばえさんどーむブロッコリー、マルセイユメロン夢てまり、川島ごぼう、ミディトマト、いちごなど、京野菜加賀野菜に負けない素材もございます。今後は、これらの素材に磨きをかけるとともに、新たな品ぞろえにも努めてまいります。  特に、収入という観点では、今、複合的な水田の稲作、単作だけでなくて、複合的な経営ということで、鯖江市の園芸振興プランも立てました。

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

今後の産地振興につきましては、今回の登録をはずみに、伝統野菜の吉川ナスのみならず、さばえ菜花、川島ごぼう、マルセイユメロン「さばえ夢てまり」、ブロッコリーの「さばえさんどーむ」、こうしたものを含めまして市内で生産される野菜全てが京野菜ですとか、加賀野菜といったように、「さばえ野菜」と呼ばれるような産地ブランドの形成を目指してまいりたいと思っております。 ○議長(小竹法夫君) 奥村義則君。

福井市議会 2016-03-02 03月02日-04号

産出額が,温州ミカン75億円,スイカ43億円,メロン42億円,ナス66億円,トマト41億円等が主な産品となっております。今後はキュウリ,ピーマン,イチゴに力を入れようとされております。熊本市内での米の産出額が58億円であるので,見方によれば熊本市は本市が目指すバランスのよい園芸作物への取り組み先進地と言えるかもしれません。 

鯖江市議会 2015-12-09 平成27年12月第403回定例会−12月09日-04号

また、伝統野菜でございます吉川ナスでございますけども、平成23年の出荷数2,441個から本年度は1万2,084個にふえておりますし、マルセイユメロン、これも「さばえ夢てまり」としての条件、糖度14度以上という秀品が対象になりますけども、これにつきましても23年度の2,903個から本年度は3,444個にふえております。

鯖江市議会 2014-12-09 平成26年12月第398回定例会−12月09日-03号

産業環境部長(中村修一君) 本市の農業特産物についてのお尋ねでございますが、まず推奨する特産物といたしましては、基幹作物の水稲では、今ほどのさばえ菜花米、それから園芸作物ではミディトマト、伝統野菜の吉川ナス、ほかにマルセイユメロンさばえ夢てまり、ブロッコリー、冬野菜としてのさばえ菜花などが挙げられると思います。

鯖江市議会 2014-09-03 平成26年 9月第397回定例会−09月03日-01号

マルセイユメロンにつきましては、ことしも例年並みの約1万個が出荷され、糖度14度以上で「さばえ夢てまり」として販売される秀品割合が42%と、昨年よりも6%向上しました。吉川ナスにつきましては、県などとの共催で7月12日と13日の両日、福井県アンテナショップ食の國福井館および南青山291の2店舗で、期間限定メニューの「揚げナスおろしそば」として販売し、訪れた方々から大変好評をいただきました。

鯖江市議会 2013-12-10 平成25年12月第394回定例会−12月10日-03号

こうしたことで、マルセイユメロンですとかミディトマトの鯖江産の園芸作物の増収を図っていきたいと思います。  また新たな施策といたしまして、老朽化をしております園芸ハウス、その再生をするということで、園芸施設等機能リフレッシュ支援事業ということで、9棟の申し込みをいただいております。これもハウスのリフレッシュですね、9棟ございます。

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

市では、以前からマルセイユメロンですとかミディトマトなどの高収益の園芸作物、それから水田園芸としてブロッコリーなども推進をしてまいっております。また、伝統野菜の吉川ナスですとか、冬野菜としてのさばえ菜花、それからシラネギとかニンニク、ブルーベリー、ブドウといったような新たな品目もふえてきている状況でございます。

鯖江市議会 2013-09-09 平成25年 9月第393回定例会−09月09日-02号

そうした中で、これまでの吉川ナスですとか、マルセイユメロン、それからミディトマト、こういったものに加えて、いろいろな形での新たな産物についても広がっていくことを期待してございます。  そうした中での今後の計画・展開でございますけれども、平成23年3月に、鯖江市農業林業農村ビジョンを定めてございます。

鯖江市議会 2013-05-28 平成25年 6月第391回定例会−05月28日-01号

もう一つの特産品であるマルセイユメロンにつきましては、春先の寒さで若干成長がおくれぎみですが、例年並みの6月下旬ごろからの収穫が見込まれ、糖度14度以上の秀品のマルセイユメロン、さばえ夢てまりの収穫がふえるよう、県やJAと連携し栽培指導に努めてまいります。  次に、食育の推進についてでありますが、7月6日に、第2回食でつながるみんなのさばえを開催します。「さばえの健康