74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

例えばで言いますと、学校用務員事務、また道路の維持補修とか清掃、本庁舎の清掃、本庁舎の夜間警備、また電話交換、一般ごみ収集、体育館とか競技場の管理、プールの管理、公園の管理、情報システムの運用などとございまして、逆に入っていないもの、まだ16業務の中で鯖江市が取り組んでいないものを申しますと、公用車の運転、また学校給食の調理とか運搬、あと庶務業務を民間委託するというようなものが、今のところ鯖江市では

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

次に、教育費の体育施設費についてでありますが、市民プール設備工事等が不採択になったことで減額補正とのことだが、その事業をやめたことで、今後どのような対応をしていくのか。また、昭和57年建築のもので、相当年数がたっている。問題点はないのかとの質疑があり、理事者から、25メートルプールのろ過器内の砂がプールに若干流出している状態である。

鯖江市議会 2017-12-12 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号

これは全国的にもそうらしいですけれども、今、再稼働した場合に、使用済み核燃料ってプールの貯蔵はもう6年しかあともたないということが言われているわけです。6年たったら満杯になって、もう入れるところがないと。今、その使用済み核燃料を再処理して、もう一遍エネルギーに転換しようとしていたあの「もんじゅ」については廃炉が決定をされると。

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

そう考えると、介護保険に依存しないためにも、今、ふれあいサロンなど、月一、二回開かれておりますけれども、そういう回数ではなく、生き生き教室など、もっと公民館を中心にした講座などふえ、そして、できれば、自分が今、プールやいろいろなジムに通っていらっしゃる方もいらっしゃるようですけども、そういう方がほとんどということではなく、少額でも自分でお金を払って、そして気楽に地域参加できるようなサロン、教室を集落単位

鯖江市議会 2015-09-15 平成27年 9月第402回定例会-09月15日-03号

お尋ねの子供たちの夏休みの実態ということでございますが、基本的には、先ほども申し上げましたように、学校では午前中は学習や家の手伝いなどを通して過ごすというふうなことを指導しておりまして、家庭地域で過ごすということになりますが、小学校では、学校子供たちの関係でございますけども、夏休みの前半、この時期を利用して1学期の補充学習とか、水泳の苦手な子のプール学習などの実施をしております。

鯖江市議会 2014-03-10 平成26年 3月第395回定例会−03月10日-02号

我々地方においては、そういったことがかなうのかかなわないのかということを懸念しまして、国は、そうした違った財布をつくって、そういった不交付団体というか、交付税をもらってない団体のとこからプールをして、そして、その分を地方に分けようというんで、一見非常によさそうに見えますけど、やっぱり、ここはですね、最終的には国も我々地方も、なかなかこういったお金が、財源がないんだというんであれば、最終的にはこういったとこを

鯖江市議会 2013-12-09 平成25年12月第394回定例会−12月09日-02号

使用済み燃料燃料プールの中に貯蔵され、直下型地震が発生した場合、状況にはよりますが、私たち鯖江市民は広域避難をしなければならないことになります。もしそんな事故が起きたとき、私たちはどう知らされ、どこへ避難するのかお尋ねをいたします。鯖江市地域防災計画原子力防災対策編の概要も含めてお聞きしたいと思います。  四つ目、北陸新幹線についてでございます。

鯖江市議会 2013-03-11 平成25年 3月第390回定例会−03月11日-02号

本市の西番テニスセンターや市民プール、これにつきましては50メートルあるということで利活用されるということをお聞きしております。また、総合体育館といった体育施設を利用する形でのスポーツ合宿がかなり来られております。今回、中山公園テニス場のリニューアルも行うということですので、合宿利用のためのラポーゼかわだの活用について今後検討してきたいと思っております。 ○議長(平岡忠昭君) 林 太樹君。

鯖江市議会 2011-05-31 平成23年 6月第382回定例会−05月31日-02号

先ほどちょっとお聞きしました、例えば避難所の周辺に井戸水があるところもあるでしょうし、ないところもあるでしょうし、あるいは、最悪の場合というか、学校避難所の場合はそのプールの水を浄化して飲料に供するということも考えられないことはないと思うんです。そういったことの環境もそれぞれ違います。

鯖江市議会 2010-09-17 平成22年 9月第379回定例会−09月17日-04号

また、職員間での勤務差等による不公平感が起きないのかとの質疑に対し、夏休みの期間は、プールや夏に行う遊びなどを中心に保育を行い、幼児教育に差が出ないように心がけたい。また、職員については、勤務交代を行い、必要な研修も参加できるよう、職員全体で運営に当たるようにすることで対応したいとの答弁でありました。  次に、入園定員数を見ると、なぜ幼稚園保育所定員数が変更になったのか。

鯖江市議会 2010-09-08 平成22年 9月第379回定例会−09月08日-03号

具体的な園児の交流でございますけれども、園庭で一緒に遊んだり、小学校プールでのプール遊び、また地区の体育祭、敬老会、文化祭、それから5歳児の交流会といった地域の行事への参加、講師を招きまして歌やリズム遊びを行うミュージックタイムやサッカー教室の合同開催などを行っておりますし、職員の交流でございますけれども、幼稚園指導主事訪問の際には、保育所職員が参観したり、保育所の夏期保育中には、幼稚園職員

鯖江市議会 2009-12-09 平成21年12月第375回定例会−12月09日-03号

余った予算を、物品などを発注したことにして業者にプールする「預け」や、事業費を国庫に返さずに溜め込む「埋蔵金」、また、受注業者の選定に当たって競争入札をせず随意契約をしてコスト削減を怠った事例など、ことしは史上最高の規模だとのことです。市民感覚から申しますと、怒り心頭であります。

鯖江市議会 2009-09-09 平成21年 9月第374回定例会−09月09日-03号

今回、次年度に契約更新時期を迎える総合体育館、東公園陸上競技場、市民プール、西山グラウンドなど、市内のスポーツ11施設に、新たにスポーツ交流館を追加して一体的に公募する予定ということがあがっております。  指定管理者制度の導入時、このスポーツ施設への導入に当たりましては、その以前の市議会におかれましても議論がなされております。

鯖江市議会 2008-06-10 平成20年 6月第367回定例会−06月10日-02号

次に、アレルギー性結膜炎の児童・生徒の野外活動、水泳授業などにおける対応につきましては、特にプール水の塩素消毒における配慮といたしまして、洗体槽と申しましょうか、体を洗う部分ですが、普通の体の丈夫な生徒たちが体を洗う部分のところは使用せずにシャワーで対応し、また、プール内の塩素消毒における濃度は0.4ppmから1.0ppmの基準を遵守しております。

鯖江市議会 2006-12-21 平成18年12月第360回定例会−12月21日-04号

何度も確認することになるが、市民プールに関しては非常に心配をしている。安全・安心の面で十分な管理体制はとれるのかとの質疑があり、これに対して、ハード面での対応は済ませており、人的面では、昨年改正した鯖江市民プール運営要領の徹底した履行を求めていきたい。その上で、さらに市の職員も見回りを行うなど、安全確保に十分対応したいとの答弁がありました。  

鯖江市議会 2006-12-12 平成18年12月第360回定例会−12月12日-02号

もう一つは、やはり体育館の管理、このことも極めて大事でありますし、市民プール等の管理もするわけであります。やはり安全性の問題が極めて問われるわけであります。そういった内容を、この造園業と言われる業者に委託をすることが妥当なのかどうか、このことも疑問視をされるところであります。  そして、管理というのは、従来の職員をそのまま雇用継続として配置をすれば済むという問題ではないと思います。