25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

危険ブロックの撤去、これについても住宅リフォーム助成制度で適用している自治体も生まれています。  これから消費税が増税するという中で地域経済が悪化することは明らかで、市民に喜ばれて、地元業者が潤い、敦賀市財政も潤う一石三鳥の制度、ぜひ前向きに検討すべきと思いますが、いかがですか。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

◆9番(遠藤隆君) 私が言いたいのは、これは通告でも申しましたけど、今、学校ブロック、ああいうところもかなり国として、この間の大阪の地震で小学生の方が下敷きになって犠牲になられたと、尊い命が失われたということで、国も総点検をして、そうした中で不備があるならば直そうじゃないかということで、この間も2つの小学校でそうしたブロックを直していこうということがございましたので、その点について、もう少し何

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

それでは、1つ目の通学路のブロック等の安全確保の状況から、まずは公共施設学校関係も含めてのブロック等の改修状況についてお聞きしたいと思います。  前回、6月18日の大阪府北部地震から半年を迎えようとしております。9月の定例会で対応の状況についてはお聞きしておりますが、9月以降の公共施設の改修状況について改めて教えていただきたいと思います。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

次に、今年6月に発生した大阪府北部地震安全性が問題となりましたブロックについてでありますが、7月に市内の全小中学校15校で緊急点検を実施した結果、4校において高さ基準不適合の箇所や内部鉄筋量が不明の箇所が判明したことから、改めて内部鉄筋量の調査を行い、先月完了いたしました。

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会 目次

──────── 113   1.人道の港敦賀ムゼウムの今後の方向性と観光誘客策について    (1) 人道の港敦賀ムゼウム    (2) 観光誘客    (3) 広域観光嶺南地域)   2.公共施設の活用について    (1) 廃校の再活用  2番 大 塚 佳 弘 君 ───────────────────────── 119   1.安全安心なまちづくりの検証について    (1) 通学路のブロック

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

次に、教育費の小学校施設維持補修費について、ブロック等点検結果により不適合となった市内4カ所の小学校ブロック、または石やレンガを積み上げたものによる組積造のうち、3カ所について石積み擁壁の安全確認や内部鉄筋量の調査に必要な委託料、工事請負費の費用を計上するものであるとの説明がありました。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

市内の小中学校危険ブロックの調査結果など、現状とその対応について、教育委員会にお伺いをいたします。 ○議長(佐々木勝久君) 軽部事務部長。 ◎教育委員会事務部長(軽部利宣君) 学校内の危険ブロックの現状と対応につきましては、緊急安全点検を実施した結果、市内の4小学校基準不適合となる危険個所がございました。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

次に、教育費では、建築基準法高さ制限を超えている神明小学校の石段の取り壊し工事および小学校の石塀やブロックの鉄筋量調査に要する経費として150万円、県の集落活性化支援事業を活用して、全小中学校に手押し式ロータリー除雪機を配備する経費として小学校に2,350万円、中学校に580万円を計上しました。  

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会 目次

田 耕 一 君 ─────────────────────────  30   1.障害のある人の雇用状況について   2.障害のある人に関するマークについて    (1) 障害者支援マークの周知度    (2) 教育委員会での取り組み    (3) ヘルプマークとヘルプカードの取り組み  6番 中 野 史 生 君 ─────────────────────────  38   1.大阪北部地震ブロック

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文

歳出でございますが、総務費の財産管理費、公共施設ブロック等緊急対策事業費51万1000円の補正につきましては、去る6月18日の大阪府北部地震によって発生したブロックの倒壊事故を受けまして、本市においても公共施設等のブロックについて職員による現地調査を行いましたが、より詳細な安全点検を行う必要があることから、これらに係る委託経費を計上しております。  次に、52ページ。  

大野市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会-07月24日−一般質問−03号

まず大阪府北部地震では、高槻市小学校ブロックが倒壊し、4年生の女児が下敷きになり死亡した事故があました。  それを受け福井県内でも、小中学校及び幼稚園保育園のブロックの点検が行われたと聞きます。  大野市での小中学校また幼稚園保育園のブロックの点検結果は、どうであったかをお伺いします。  

大野市議会 2018-07-01 平成30年  7月 定例会-目次

3 災害時等の学校や通学路の安全確保について ○ 大阪北部地震の状況に鑑み、市での小中学校、また幼保のブロックの点検結果は。 ○ 避難所公共施設などのブロックの調査状況は。   また撤去する場合どのように対応するのか。 ○ 市のブロック除却補助事業の利用状況は。 ○ 市の災害時における学校危険等発生時対処要領(危機管理マニュアル)の策定状  況は。またその内容は。   

敦賀市議会 1996-03-14 1996.03.14 平成8年第1回定例会(第4号) 本文

そしてまた、安全対策いろいろあるんですけれども、ブロックなんかたくさんあるもので、子供とかが、そういったところで遊んでいて倒れて亡くなったりする、けがしたりする、こういうことで高さ制限する、そしてそういったところには補助をしてやるということ、そういった補助制度をしている自治体もあると聞いておりますので、ぜひそこら辺もまた研究してもらいたいと思います。  

  • 1
  • 2