39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

ただ、彼女たち、ことし6回も鯖江に来ていただきまして、FM等への出演とか、つつじまつりでのライブ、また、そのほかツイッターとかブログなどSNSでの情報発信、今、議員おっしゃっていただいたとおり、SNSなどの発信、これは彼女たちにいつもついてきてくださっているファンの方々、彼たちが非常にそういう部分で大きな働きをしていただいていると思います。  

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

仮面女子メンバーが眼鏡や繊維、越前漆器などの地場産業学び、SNSやブログ情報発信を行うとのことだが、鯖江大使としての役割および取組状況について、お伺いをいたします。アイドルグループですので、やはりそれなりの報酬がかかると思いますが、鯖江大使としての報酬および費用対効果についてお尋ねをいたします。また、鯖江市とのコラボ企画をどのようなことで取り組んでおられるのか、あわせてお伺いをいたします。  

大野市議会 2016-09-12 09月12日-一般質問-02号

観光庁の調査結果では、出発前に得た旅行情報源に役に立ったものは、「個人ブログ」が31.4㌫、「自国の親戚、知人」が17.6㌫、「日本政府観光局ホームページ」が16.7㌫の順で多く、ほかには「旅行会社ホームページ」「宿泊施設のホームページ」「SNS」など、インターネットを通じた情報が活用されていることなどが分かります。 

鯖江市議会 2016-02-24 平成28年 3月第404回定例会-02月24日-01号

また、1月20日付ブログを引用し補足説明を求めると、「不起訴という結果は私の主張を認めていただいたものと理解しています」と記載し、「※一部報道による起訴猶予とは、検察とメディアによる協定によって行われるオープンではない記者会見による非公式コメントをもとに記事になったもので、公式な連絡は上記の告知書のみとなります」。

鯖江市議会 2015-12-08 平成27年12月第403回定例会−12月08日-03号

鯖江市のホームページを開くと、ふるさと納税、FAAVOさばえ、JK課、ゆるい移住参加ブログ通称ゆるブロ、ふるさと鯖江応援隊募集広告、それから行政情報としてマイナンバー、さらに、西山公園情報の七つのバナーがトピックスのトップに張りつけられております。今まさに、鯖江市が全国に向け売出し中の情報もこの中に入っております。

鯖江市議会 2015-09-14 平成27年 9月第402回定例会−09月14日-02号

また、先日、事前合宿を行いました「ゆるい移住プロジェクト」、こちらの参加予定者の方からも、体験移住の期間中に、活動状況をブログ等で発信していきたいといった声も頂戴しております。こうした彼らのような若者の柔軟な意見も参考にしながら、現在のサイトにつきましては、見直しを進めてまいりたいと考えております。 ○議長(末本幸夫君) 福野 葵君。

鯖江市議会 2015-06-01 平成27年 6月第400回定例会−06月01日-02号

政策経営部情報統括監(牧田泰一君) 初めに、鯖江市議会において、全議員ブログやフェイスブックでアカウントを取得して、情報を発信しておられますことに、「ITのまち鯖江」として、全国への発信力、市民の皆さんへの意識づけに大きな力になっております。敬意を表するところでございます。  SNSですが、フェイスブック、ツイッターなどが挙げられます。

鯖江市議会 2014-06-12 平成26年 6月第396回定例会−06月12日-02号

牧野市長は御自分でブログなどを書かれるなどして、ほぼ毎日みずからも情報を発信されているわけなんですが、このことについて書かれたブログの中では、2010年12月にデータシティの鯖江の提案をいただいてから3年6カ月、鯖江市はこのたび新たなステージを目指しますという記事を書かれています。  

鯖江市議会 2014-03-11 平成26年 3月第395回定例会−03月11日-03号

そしてブログやフェイスブックです。ブログといいますのは、個人のその日の出来事や考えをウェブ上で公開する日記のようなものです。フェイスブックとは、もう御存じとは思いますけれども、意見や写真を友達と共有するミニブログ的なものです。このようなSNS、ソーシャルネットワーキングサービスといいますけれども、このようなSNSは、人と人とのつながりまでも促進しています。

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

また、いじめの内容については、冷やかしやからかい、悪口、仲間外れ、集団による無視が多く、掲示板やブログなどへの書き込みによるパソコンや携帯電話を利用したいじめも増加しています。  そこで、いじめ防止の対策についてですが、各学校では、「心のアンケート」、「先生あのね」などといった児童・生徒へのアンケートを行い、気がかりな児童・生徒の把握に努めております。

鯖江市議会 2013-03-12 平成25年 3月第390回定例会−03月12日-03号

各種法人機関紙、そういうところにも取り上げられておりますし、インターネット上でもテレビ局の社員が作成しましたプロモーションビデオなどの公開をされていたり、ブログのアップなど、多岐にわたりまして、全国的な広報活動が行われているところでございます。また、地元向けにおきましても、当然市の広報紙とか地元ケーブルテレビ、またはチラシとか看板等による広報活動も行っていきたいと考えております。  

鯖江市議会 2012-12-11 平成24年12月第389回定例会−12月11日-03号

このことは、市長がこれまで、きのうきょうの一般質問の中でも、やはりITの質問の中でも、情報共有化を進めていきたいんだ、そのための一手法としても、IT・フェイスブック・ブログ・ツイッター、そういったものを活用しながら、やはり限られた時間とお互いの中で進めていくと、そういったお話をされていたと思います。  

鯖江市議会 2012-09-03 平成24年 9月第388回定例会−09月03日-02号

それから、特に近年は、携帯あるいはインターネットというのが児童生徒の中で、ある意味当たり前のように使用されるようになりまして、その中でメールを活用したり掲示板やブログ、あるいはプロフといったようなものが盛んに行われるようになっているように聞いておりまして、その中で誹謗中傷とか、そういう事案が起きているというふうに言われておりますし、現実、本市におきましても、それに準するような事案が確認をされておりますし

鯖江市議会 2012-06-11 平成24年 6月第387回定例会−06月11日-02号

議会といたしましても、鯖江市議会ホームページの情報発信を進め、議会会議録システムなどの情報充実を図りながら、USTREAMでの議会本会議、また決算特別委員会の映像配信などを行ったり、各議員会派でホームページやブログ、フェイスブックなど活用を進めまして、積極的に情報の発信や受信を行ってまいりました。

鯖江市議会 2011-09-12 平成23年 9月第384回定例会-09月12日-02号

私のブログとかツイッターとかフェースブックなどでも、そういったことを折あるごとに皆さん方との交信も図って、そういった中での御理解も少しずつ得ているのかなと思っておりますし、ブログでは私の思いも書いてございますので、そういった面は職員が見ていると思いますので、そういった面での情報共有化につきましては、そういった利用の中でかなり進んでいくのかなと思っておりますし、もう一つは、市政報告会ですね。

鯖江市議会 2010-12-08 平成22年12月第380回定例会−12月08日-03号

牧野市長は、条例策定を目指した1年前、当時の御自分のブログの中で、まちづくりは市民が主役、行政市民が主役を演じる舞台づくりに徹するべきであるとのお考えを示されてもおります。行政は、この制度にのっとり、今後具現化していく上で必要なその舞台づくりについて、どのようにお考えなのか。どのように取組むのかは大変重要であると考えております。  

鯖江市議会 2010-12-07 平成22年12月第380回定例会−12月07日-02号

また、モニタリングの実施とか、委員会ブログができましたので、このブログを通じまして、市民の皆さんから御意見をいただく。そして情報共有化するというような形をとりながら、事業が終わった後につきましても、審査委員会がございますので、この審査委員に御報告する中で、事業がさらにいいものになりますように改良を加えていきたい、このような手はずになっております。  以上でございます。

  • 1
  • 2