207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

やはりこれから3年の任期が終わった後、大野に目的を持って来ていただいておりますので、その望みをかなえて、大野で住んで仕事に就いていただけるようにですね、地域おこし協力隊が担当している事務の所管課、そしてそれを総括している総務課、そして移住定住を担当しております結の故郷創生室、また福祉などの分野も含めて、全庁的にバックアップをしていけるような体制を整えることが大切だと考えています。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

運営に関しては、基本的には児童家庭課だというふうに認識しておりますが、全面的にバックアップはさせていただきます。幸いにして場所が当院に隣接しているところですので、すぐに対応ができると思います。  診察の希望があれば、診察を受けていただきます。もう既に小児科の部長とは話をしてありまして、午後であれば往診も可能であるというふうに言っております。  

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

もちろんこれはまた先ほどとちょっと似たようになりますけども、勝山市の道の駅の詳しい内容、状況っていうのが把握してない中でのご答弁になりますので、私どもの道の駅の方針というところが主なご回答に、ご答弁になりますけれども、重点道の駅として、大野市の道の駅といいますのは、先ほど来から出ております地域振興施設の部分と、あるいは重大な災害が起きたときの、この奥越地域でのバックアップになる、防災の拠点基地になるというところも

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

ただ、前回の部長の答弁では、首都圏に勤められる方で地方へ移住を希望されている方となっているので、エッジさんのほうでいろいろと首都圏のほうでセミナーを開催しており、市のほうでもバックアップをしていくことによってエッジさんの協力をしていくと考えておるというふうに答弁をされておりますが、雇用の件につきまして、具体的にエッジさんのほうではどのように見込んでおられるのか、お尋ねをいたします。

敦賀市議会 2018-06-15 2018.06.15 平成30年第2回定例会(第4号) 本文

ソフトだけでなく、ハード面でも市がバックアップすべきではないでしょうか。  そこで今後、新幹線敦賀駅延伸に向けて、このキハ28形気動車を配備し、敦賀が鉄道のまちだということを示す必要があるのではありませんか。  港には、これからムゼウムの建設構想などもあり、ますます敦賀のイメージづくりを進めて、よい観光地のエリアになる将来像がうかがえます。  

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

今回そういったことで改めて質問しているわけなんですけれども、就労準備支援事業で訪問支援等の取り組みを含めた手厚い支援を充実させるとともに、地域支援センターのバックアップ機能等の強化を図り、相互の連携を強化するとして予算計上も新たにされています。  そこで、敦賀市の今後の計画をお聞きします。 ◯福祉保健部長(山本麻喜君) お答えいたします。  

敦賀市議会 2018-03-08 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

◯1番(今大地晴美君) 次の質問でお尋ねしようとしておりました緩和ケア病棟の開設に向けてクリアしなければならない課題、それから、どのようなバックアップをすれば課題をクリアできるのかということも含めての答弁だと思います。  確かに今の現状では非常に難しいということも私は理解しております。  

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

地方に向かって人や情報の流れをつくっていくという大きな目的とともに、地方勤務の中ではいわゆる都会とは違った通勤のストレスの解消であったり、もしくは余暇時間、自分のゆとりのある時間が持てる、もしくは都会とは違った地方のすばらしい環境の中ですぐれた発想も期待できるのではないか、または都市部で大きな災害が発生したときには、業務が継続できるというバックアップ機能についても効果が期待されているところであります

大野市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会-03月06日−副議長の選挙、代表質問、一般質問−02号

この協定では、地方創生の実現に向け、野外活動の推進、防災協力などについて、相互に連携協力し、交流人口の拡大、地域の活性化と自然環境保護等に寄与することを目的としており、特に野外活動の推進におきましては、大野市のブランド発信やエコグリーンツーリズムの推進、農林産物のPRなど、連携して行い、防災協力におきましては、本道の駅太平洋側日本海側での大規模な災害時のバックアップ拠点としての機能を有することから

敦賀市議会 2016-12-08 2016.12.08 平成28年第4回定例会(第3号) 本文

ですから、今したたかにということをおっしゃっていただきましたけれども、私もそれなりに、なかなかしたたかにできないかもしれませんが、できるだけ精いっぱいしたたかにやっていくつもりでございますので、どうか議会のほうのバックアップもよろしくお願いいたしたいと思います。  よろしくお願いします。

敦賀市議会 2016-09-14 2016.09.14 平成28年第3回定例会(第2号) 本文

できる限りのバックアップ体制を考えていきたいというふうに思っております。  しかしながら、過去に答弁させていただきましたように、移設に関しましては技術的な問題、また移設及び管理経費、そして移設場所等々、克服をしていかなければならない、そういう課題が多くあるのも現実でございます。

鯖江市議会 2016-06-13 平成28年 6月第405回定例会-06月13日-02号

本当にこの企業防災士育成するということは大きな課題でもございますし、今ほど言うように事業継続の計画において、万が一のときのそれは事業としての取組もありますが、やはり行政としてのそういったバックアップ、とても重要なことだと感じるところでございます。ライオンズクラブに加入されている面々は、事業主の方、それも優秀な方々が多うございます。