341件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

鯖江市では、高齢者の方など交通弱者に対して、市内の主要施設への交通手段となる福祉バス平成10年から運行開始しました。平成13年に路線バス和田線が廃止され、市民の足の確保の観点から、市民全てが利用できるコミュニティバスとして新たなスタートをしました。平成19年度に愛称をつつじバスとし、平成29年度は8台のバスで17路線77便で運行しています。  

鯖江市議会 2019-11-27 令和 元年12月第422回定例会-11月27日-01号

先般、安全・安心な運行を前提とした道路運送法認可取得に向け、具体的な運行計画の検討に入る方針を、鯖江市地域公共交通活性化協議会において御承認いただいたところであり、将来的にはコミュニティバスとの連携のあり方も検討するなど、より利便性の高い地域交通の実現を目指してまいります。  それでは、地方創生の推進に関する主な事業について、総合戦略の4つの基本目標に沿って申し上げます。  

鯖江市議会 2019-09-20 令和 元年 9月第421回定例会−09月20日-04号

次に債務負担行為補正のノンステップつつじバス運行業務委託事業について、現在、8台のバスごとに事業者に委託し、17路線82便を運行しているが、今年度で全てのバス契約満了となる。そのため、来年度からも引き続き運行したいと考えており、鯖江市地域公共交通再編実施計画の残りの期間である令和2年度と3年度の2年分で、単年度当たり1億88万円の限度額を計上したものであるとの説明がありました。  

鯖江市議会 2019-09-10 令和 元年 9月第421回定例会−09月10日-03号

本市においては、つつじバスを「地域に生かされるコミュニティバス」と位置づけ、通院や買い物など、高齢者に対する足の確保に重点を置き、路線変更やダイヤ改正を継続して実施し、利便性向上に努め、運転免許自主返納者に対する無料証発行などのお得な制度の周知徹底を図り、利用者の増加に努めています。

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

次に、中京圏へのアクセスについてというテーマなんですけれども、高速バスの活用と鯖江インターチェンジ駐車場整備についてお伺いしたいんです。鯖江市民東海道新幹線利用で東京に向かう場合、南越駅(仮称)利用なら、北陸新幹線もしらさぎも1区間のみの乗車になるんですね。運賃が割高になってしまうんです。

鯖江市議会 2019-08-28 令和 元年 9月第421回定例会-08月28日-01号

特に高齢者の皆様を中心にアンケート調査を実施しており、引き続きさまざまな移動手段の確保について検討を重ねるとともに、つつじバス8台全ての運行契約期間が今年度で終了することから、鯖江市地域公共交通再編実施計画や交通ビジョンに対応できるよう、安定した運行の確保に向けて契約の更新手続を進めてまいります。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

総務部長(藤田裕之君) つつじバスにつきまして、乗らない方や不便を感じておられる方、免許返納後の移動手段に不安を抱かれている方々からの意向調査を行うべきではないかというお尋ねでございますけれども、今年度はJR北陸線との乗継の利便性向上や高年大学へのアクセス改善などのためのダイヤ改正を行った上でつつじバスを運行させていただいております。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

今後、並行在来線福井鉄道福武線、つつじバスを中心といたしまして、より利便性の高い交通ネットワークの構築を目指していくに当たりまして、ライドシェア等を活用した新たな移動手段の研究とか、あるいは北陸自動車道北鯖江パーキングエリアへのスマートインターチェンジの設置など、さまざまな施策を検討していく中で、鯖江駅東口の設置につきましても、駅舎利便性向上策の一つとして、財源確保の方策も含めて検討してまいりたいというふうに

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

都会になりますと、地下鉄に乗ったり、バスに乗ったり、電車に乗ったり、そういった電車に乗っているときに災害に遭って帰宅困難者になりかねないといったときにどうスマートフォンを使って、GSPを使って子供安全と位置情報をとるかと、非常に有効でございます。しかし、我々鯖江におきましては、徒歩で通学されている方がほとんどだと思いますので、そんなに大きな距離ではないので。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

一方、つつじバスにつきましては、利用者増や利便性向上を図るため、今年4月1日付で一部ダイヤ改正を予定しており、支線と循環線との乗り継ぎやJRとの接続改善、バス停間の所要時間の見直しなどによる運行時間の短縮、高年大学クラブ活動にも利用しやすいダイヤ編成など、現在、改正内容について国との協議を進めております。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

鯖江市のほうで見ますと、子育て支援アプリ、「つつじっこリトル」というのが出されておりまして、これを見ますとバスとか広報さばえが見れるとか、いろいろなイベント情報というものがありますけども、私が言いましたようにこれは御夫婦共有していただきまして、子供の成長をこうしたスマホで見れるようなアプリをつくったらどうかと思いますので、その点について最後になりますけども、御所見をお願いいたします。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

また、今後南越駅等ができましたらバスの発着とかということも考えますと、やはり8号線側にあったほうが、それもいいんだろうと思います。  また、ちょっと考え方をかえますと、駐車場の利用がしやすくなりますので、駅前に今駐車場がございますけども、そういったところももしかしたら違うことの用途として使える可能性というものも探れるようになると思います。  

大野市議会 2018-08-01 08月01日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

また、開駅後の円滑な運営に向けては、ソフト事業の充実が重要であるとの認識の下、指定管理予定者との連携により、施設運営の企画や管理方法などの検討を進めるとともに、このたび直売所、回遊性、バスネットワーク情報発信のそれぞれのソフト事業について、庁内の担当課を主担当としてプロジェクトを進め、関係部局で構成する道の駅庁内推進会議において、その進捗管理等を行うことで、庁内の推進体制の強化を図っていきたいとのことであります