980件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

次に、門前町多目的広場整備事業費について、現時点で考えている駐車可能台数と、大型観光バス駐車可能なのか。また、イベントの際にはイベント会場と駐車場を一緒にできるのかとの問いに対し、駐車台数は普通自動車17台を見込んでいる。土地の形状やアーケードの設置状況等から大型の観光バス駐車は物理的に困難と考えられるため、大型バスは予定していない。

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

国道8号道路空間整備事業では、普通車の駐車場スペースや荷さばき場はあってもバス駐車スペースはないと説明しておりましたが、神楽通りでの観光バス駐車についても、代表質問でもありましたが、観光バス駐車試験をしてみるという話もありました。今後どのような取り組みをしていくのか、もう一回再度伺いたいと思います。

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

観光部長(松葉啓明君) まず、二次交通の充実につきまして、新幹線の行動計画でも市内をめぐる二次交通の整備として、ぐるっと敦賀周遊バスの運行、レンタサイクル拠点の整備、コミュニティバスの効率的な運行を位置づけております。  また、気比神宮から門前町までの動線づくりについては、参拝客や観光客が和み楽しむ店舗づくりや、イベント開催時に試験的にバスをとめるなどを検討することとしております。  

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

委員会は、大野市高速交通アクションプログラムにおいて、中部縦貫自動車道の県内全線開通と北陸新幹線の敦賀開業の前後までに、本市が取り組むべきものとする中部縦貫自動車道及び幹線道路などの整備促進施策、重点道の駅の整備推進及び新たな土産品などの商品の生産・開発支援などの関連施策、体験メニューの開発やインバウンド対応などの観光振興施策、高速バス誘致や道の駅へのバスの運行など公共交通施策、産業団地の整備など

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、第34号議案 市道路線の認定の件については、主な質疑として、敦賀駅東口線について、道路部分でなく駅前広場バスの待機場も含めて市道と認定するメリットは何かとの問いがあり、メリットについては、道路部分及びバスタクシーの乗降場等について一体的な管理ができることであるとの回答がありました。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

この第1期計画では、越前おおの結ステーションや城下町広場を整備することで、これまで中心市街地において不足していた観光客用の大型バスや普通車の駐車場を補完するとともに、市民参加型、通年型の越前大野城築城430年祭を併せて実施するなど、ハードとソフトを連動させて取り組んできました。  また、第1期計画に引き続き、さらなる取り組みを追加し、第2期計画を策定し、平成25年3月に認定を受けました。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

産業経済部長(若杉実君) まず気比神宮の参拝の方々は、関西、中京方面といった県外からの参拝客の多くは旅行会社の企画する団体バスツアーを利用されておりまして、そのバスツアーのほとんどが気比神宮を訪れる前後に日本海さかな街さんや昆布館といった商業施設に立ち寄り買い物や食事をされていると聞いております。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

都市整備部長(鳥羽学君) 立地適正化計画の位置づけにつきましては、議員紹介いただいたように敦賀市の上位計画となります第6次敦賀市総合計画を初め敦賀市公共施設等総合管理計画や敦賀市コミュニティバス再編計画など関係する部局がそれぞれ持ちます計画と整合性を図って作成したものでもございます。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

今後、並行在来線福井鉄道福武線、つつじバスを中心といたしまして、より利便性の高い交通ネットワークの構築を目指していくに当たりまして、ライドシェア等を活用した新たな移動手段の研究とか、あるいは北陸自動車道北鯖江パーキングエリアへのスマートインターチェンジの設置など、さまざまな施策を検討していく中で、鯖江駅東口の設置につきましても、駅舎利便性向上策の一つとして、財源確保の方策も含めて検討してまいりたいというふうに

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

都会になりますと、地下鉄に乗ったり、バスに乗ったり、電車に乗ったり、そういった電車に乗っているときに災害に遭って帰宅困難者になりかねないといったときにどうスマートフォンを使って、GSPを使って子供安全と位置情報をとるかと、非常に有効でございます。しかし、我々鯖江におきましては、徒歩で通学されている方がほとんどだと思いますので、そんなに大きな距離ではないので。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

まず中部縦貫自動車道及び幹線道路などの整備促進施策、二つ目には、重点道の駅の整備推進及び特産作物、園芸作物、加工品や新たな土産品などの商品の生産・開発支援などの関連施策、三つ目には、体験メニューの開発や観光ルートの設定、案内看板の整備やインバウンド対応などの観光振興施策、四つ目には、高速バス誘致や道の駅へのバスの運行など公共交通施策、五つ目には、産業団地の整備など、積極的な企業誘致による雇用促進施策

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

この寄附金につきましては、寄附者の意向を踏まえ、コミュニティバスの利用促進事業への充当や各目的基金に積み立てを行うとともに、使途を「自治体におまかせ」とされた寄附金につきましても、教育文化振興基金など継続的な需要がある基金へ積み立て、活用してまいります。  次に、樫曲地区民間廃棄物最終処分場について申し上げます。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

一方、つつじバスにつきましては、利用者増や利便性向上を図るため、今年4月1日付で一部ダイヤ改正を予定しており、支線と循環線との乗り継ぎやJRとの接続改善、バス停間の所要時間の見直しなどによる運行時間の短縮、高年大学クラブ活動にも利用しやすいダイヤ編成など、現在、改正内容について国との協議を進めております。