6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

これまでは基金への積み立てや単独債、先ほども申し上げました交付税算入のないような、そういった単独債の借換債の発行抑制、こういったものを初め維持管理費の見直し、さらにはふるさと納税の推進、デジタルサイネージ導入による歳入の確保など、市民生活に直接的に影響を及ぼさないものを中心に見直しや推進を行いまして、財政の健全性、こういったものを維持してまいりました。  

敦賀市議会 2019-01-08 2019.01.08 平成31年第1回臨時会(第1号) 本文

この見直し案について、去る12月27日、議会全員協議会で説明を受けたのでありますが、たった1週間や10日で見直しされたとするその中身は、前回提案された毎年約2700万円の赤字計上額から事務管理費680万円、デジタルサイネージの導入による広告収入の確保200万円などが財政負担の改善策として差し引いたとする、ただの数字合わせにしか見ることができません。  

敦賀市議会 2018-06-13 2018.06.13 平成30年第2回定例会(第2号) 本文

こうした民間のノウハウの活用を行政が積極的に取り入れ、パンフレットの作成やデジタルサイネージなどの有料広告の導入などを敦賀市としてこれまで行ってきましたが、ここまでなんですけれども、民間と連携し行ってきた事業についてはどれだけあって、その効果についてはどのような効果があったのか、最初に質問させていただきます。 ◯総務部長(池澤俊之君) 主に4つの事業が挙げられます。  

敦賀市議会 2017-12-07 2017.12.07 平成29年第4回定例会(第3号) 本文

現在、広告収入を得られるデジタルサイネージなどにつきましては、市内に何カ所あり、その広告収入は幾らになるのかというのを最初に質問させていただきます。 ◯総務部長(刀根茂君) 本市の広告事業につきましては、市庁舎の1階、市民ホールで実施をしておりまして、平成29年3月に広告つき案内板と広告つきデジタルサイネージを設置したところでございます。  

敦賀市議会 2017-03-08 2017.03.08 平成29年第1回定例会(第2号) 本文

◯9番(前川和治君) 基金に9億円の積み立てですとか、また新たな収入を、歳入を目指してデジタルサイネージというのも取り入れていくということでございます。頭金を今までためてなかった。大型公共事業をするのに対して、本来ならば頭金ぐらいは今の世代でためておかなくてはだめだったものをこれからためていくということに関しましては評価させていただきます。  2つ目の質問に移ります。  

敦賀市議会 2016-06-15 2016.06.15 平成28年第2回定例会(第3号) 本文

また現在、市庁舎1階の市民ホールに案内板とかデジタルサイネージというものを設置いたしまして、行政情報にあわせて民間広告を掲載することを前向きにできないかということで検討はしているところでございます。  デジタルサイネージの設置につきましては、昨年も田中議員さんからもこういう御提案はあったところでもございます。  

  • 1