214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

そういった観点、視点の中から取捨選択しながら、どういった手法がいいか、アウトソーシング、業務委託がいいのか、あるいは指定管理者制度がいいのか、または市場テストがいいのか、いろんな種類がございますので、どれが一番適しているのか。そういったものも含めながら検討してまいりたいというふうに考えております。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

次に、子どもを産んで育てやすい大野市にするために、子育て支援、学校徴収金、テストやドリル、卒業アルバムなど、そして学校の給食費、クラブ活動費の保護者負担を軽くすることができないでしょうか。  よろしくお答えください。 ○議長(梅林厚子君)  野村さんの1項目目の質問に対する理事者の答弁を求めます。  教育委員会事務局長、山田さん。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

高齢者はやはり視覚が、例えば、私も70歳になって高齢者免許更新時に高齢者テストを受けるわけですけども、やはり視覚がどんどん狭くなるとかいったことがあるわけです。病気としての白内障とか、そういったものは別として、やはり高齢者においても眼筋力を鍛えるといった点、目の健康体操の重要性はこれからもぜひ普及していただけるようにお願いします。  

大野市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会-07月24日−一般質問−03号

市内の各小中学校で使われているテストやドリルを調べてみますと、こんなにも多いのかと思う次第です。  そこで質問です。  一つ、各学校で集金している教材費の実態はどうなのか。  その現状をどのように考えているのか。  一つ、学校運営費に公費以外に流用されているお金はないのか。  一つ、就学援助で修学旅行の不足分及び卒業アルバム代を支給するべきではないのか。  よろしくお願いします。

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

平成18年、19年度に文部科学省が行った調査では、ICTを活用して授業を行った教員の98%が関心、意欲態度の観点で効果があったとして、さらにテスト結果でも小中高ともに効果があったと認められたということであります。これは文部科学省が行ったということですから、ある程度信憑性が高いかなと思います。  

大野市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会-12月13日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

この補正予算案には、マイナンバーに関する賦課徴収事務経費などの情報連携のレイアウト変更に伴うシステム改修とテスト経費が含まれております。  このマイナンバー制度は、国民政府の言う利便性を感じるどころか、情報の漏えいや国による個人情報の管理強化に、根強い不信と危険を抱いております。  個人情報保護のための国の監督機関個人情報保護委員会が、10月に今年度上半期の活動実績を発表しました。  

小浜市議会 2017-11-30 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月30日−01号

次に、歳出でございますが、第2款総務費は953万3,000円の追加で、その内訳といたしましては、第1項総務管理費が社会保障・税番号制度システム改修や運用テストに係る経費などで120万9,000円の追加、第2項徴税費が市税の過誤納還付金などで439万2,000円の追加、第3項戸籍住民基本台帳費がマイナンバーカードなどに旧姓を併記させるため、住民基本台帳システムを改修するための経費で393万2,000

鯖江市議会 2017-08-30 平成29年 9月第411回定例会-08月30日-01号

福井県がメーン会場となる平成31年度に向けて、首都圏でのテスト販売やバイヤーを招聘しての商談会の開催などを通じて、さらなる産地PRを図ってまいります。さらに、10月28日に越前町に開館する越前古窯博物館を会場に、県ゆかりの偉人である岡倉天心にちなんだ茶会、天心茶会が11月18日と19日に開催される予定となっております。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

次に、既存産業の高度化につきましては、市内の中小企業等が新製品、新技術の開発等へチャレンジする際の支援、市場開拓、商品開発、テスト販売への支援のほか、市内金融機関との連携によるモデル事業ということで、小規模の製造企業設備投資される場合の補助制度を創設いたしまして、今後の本格導入に向けた検証等もしてまいりたいと考えております。  

大野市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

本年7月時点でのマイナンバーカードの普及率も5㌫と低く、平成29年7月の本格運用に向けて、国との連携テストに要する費用も必要になっており、将来的にもマイナンバー制度の維持のため、多額の費用を要することになります。  今後、機関等との情報連携やマイナポータル制度の計画が進められており、情報漏えい等のリスクが懸念されるもので反対です。