226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

また、昨年10月に着手しました大正寺町の治山ダム工事につきましては、今年度中の完成を目指してまいります。  一方、治水対策事業につきましては、日之出舟津雨水幹線および丸山二号雨水幹線は今年度完成予定であり、引き続き、御幸神中一号雨水幹線の整備を推進するとともに、新たに住吉町1丁目地係の水落舟津雨水幹線に着手してまいります。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

また、治山事業の大正寺町の治山ダム工事につきましては、既に工事用の仮設道路の設置を終え、今後本格的な工事に入ってまいります。  治水対策事業につきましては、引き続き御幸神中一号雨水幹線、日之出舟津雨水幹線、丸山二号雨水幹線の整備を進めており、日之出舟津雨水幹線および丸山二号雨水幹線は来年度に完成する予定でございます。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

今まで言ったように、市民からは消雪設備が欲しいという中で、今後どういった形でそういう計画を立てていくのかというのをお聞きしたいんですけど、その中で、例えばの話なんですけど、私も吉川地区で農業をやっていましたと、過去形で言わせていただきますけど、その中で桝谷ダムの水というものが、私たちの吉川には西部、鯖江では西部、中央、東部のたしか3つのパイプラインで、私たちの地区へ来ますと、直径500ぐらいの配管で

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

また、田んぼダム事業につきましても、上河端町、大倉町、四方谷町大野町において施工中であり、さらなる整備推進に努めてまいります。  次に、環境施策の推進についてでありますが、昨年3月にごみ問題懇話会からいただきました「ごみ減量化・有料化について」の御提言を広く市民の皆様に御理解いただくため、各町内での説明会を実施しております。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

また、田んぼダム事業につきましても、水田耕作が終了する9月から上河端町、大倉町、四方谷町大野町において整備してまいります。  それでは、本日御提案いたしました主な議案について、御説明申し上げます。初めに、議案第57号 一般会計補正予算について、主なものを申し上げます。  今回の補正予算は、国や県の助成の採択を受けて実施する事業費、または施設設備の補修費等の計上が主なものであります。  

福井市議会 2018-06-26 06月26日-05号

要望事項のうち,福井市道路河川砂防,大雪対策等,市民の要求に基づいたものは賛成ですが,北陸新幹線整備促進や足羽川ダム建設促進に関するものについては反対です。 北陸新幹線建設については,一般質問でも指摘しましたように,フリーゲージトレインの技術安全性も確保できない状況です。多額の経費を投入しながらも九州新幹線長崎ルート同様,北陸新幹線においても断念せざるを得ないことは明らかです。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

また、田んぼダム事業につきましても、新たに上河端町、大倉町に着手し、四方谷町大野町を含めた120ヘクタールについて整備してまいります。  次に、河和田コミュニティセンターの大規模改修につきましては、昨年度、河和田地区の皆様からいただいた御意見をもとに実施設計が完了しました。

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

また、田んぼダム事業については、引き続き四方谷町大野町、大倉町、上河端町において120ヘクタールを整備し、浸水被害の軽減に努めてまいります。次に、河和田コミュニティセンターの大規模改修については、河和田地区区長会など、地域の方々からいただきました御意見をもとに、現在実施設計を進めております。

小浜市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

込田川上流に位置いたします太良庄区におかれましては、北川の下流から進めております、河川の断面を大きくいたします河道掘削が上流へ進むことによりまして、また上流部で建設が進んでおります河内川ダムの完成によりまして、洪水時の水位低下の効果が期待できるのではないかというふうに考えているところでございます。  

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

福井県におきましても、北川上流にこの洪水調整機能を持ちました河内川ダム建設中でございまして、平成31年度の事業完了予定に向かって事業を進めていただいているところでございます。  また、北川水系の江古川におきましては、福井県が国富地区で氾濫から住宅を守るための輪中堤、ちょうど輪で囲む、輪中堤の建設の事業着手に向けた準備を行っているところでございます。  以上でございます。

鯖江市議会 2017-12-12 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号

その残りの76%の田んぼダムができる可能なところでは75%の設置率であります。ですから、トータルとしては57%の設置率と。  もう一回申し上げますと、100ヘクタールの田んぼダムの可能な面積のところがあったとしまして、そのうち24ヘクタール分は転作なのでできませんと。できるところは76%ございます。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

本市においては、市民が安心して住み続けられる水害に強いまちづくりを推進するため、雨水幹線・支線の整備、立待排水機場の整備、田んぼダム事業など治水対策に取り組んでおり、治水安全度はかなり向上していると考えております。  しかしながら、これらのハード対策には時間と費用面での限界があるのは御承知のとおりでございます。

鯖江市議会 2017-11-29 平成29年12月第412回定例会-11月29日-01号

治水対策事業につきましても、引き続き御幸神中一号雨水幹線、柳二号雨水幹線、日之出舟津雨水幹線の整備を推進するとともに、田んぼダム事業につきましても、片上地区の四方谷町、南井町、大正寺町と新横江地区の横越町、新町を加えた市内7町内の120ヘクタールについて整備を進めており、さらなる浸水被害の軽減に努めてまいります。  

鯖江市議会 2017-08-30 平成29年 9月第411回定例会-08月30日-01号

また、田んぼダム事業につきましても、新たに片上地区の四方谷町、南井町、大正寺町と新横江地区の横越町、新町を加えた市内7町内の120ヘクタールについて引き続き整備してまいります。  以上、地方創生の推進に関する主な事業について申し上げました。  それでは、本日御提案しました主な議案について申し上げます。初めに、議案第52号 一般会計補正予算について主なものを申し上げます。

福井市議会 2017-07-11 07月11日-05号

老朽化した下水ポンプ場の建てかえや,必要な道路整備,河川改修,大雪に対応できる財政支援などの課題は重要ですし,財源確保のための要望活動は必要と考えますが,北陸新幹線足羽川ダム福井駅周辺の整備や市街地再開発事業など,大型事業を重要課題としていることは問題です。 北陸新幹線は,敦賀での乗りかえで不便になることも含め,市民の理解が得られているとは言えません。

鯖江市議会 2016-11-30 平成28年12月第407回定例会-11月30日-01号

また、田んぼの貯水機能を生かして降雨時の雨水を一時的に貯留し、冠水被害を抑制するため、農業者の皆様の御理解を得ながら、河和田地区の9町内を初めとする市内13町内において田んぼダム事業を引き続き整備してまいります。  さて、上下水道事業のより効率的な経営改善を推進するため、10月1日からお客様センターを開設いたしました。