69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

産業経済部長(吉岡昌則君) 敦賀市海水養魚協会において、平成30年度に敦賀真鯛のポスター200枚、のぼり150本、シール7万枚を作成しました。このポスター、のぼりにつきましては、市内スーパーの鮮魚売り場や居酒屋に掲示されております。シールについては、切り身パックなどに張りつけ、地物産として周知を図っております。  

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

これまでの取り組みといたしましては、4月に固定資産税納付通知書の封筒約8,000通の裏面に空き家相談の連絡先を明記したシールを張りつけまして、空き家相談の窓口の連絡先を広く広報したところでございます。  また、8月のお盆時期には空き家相談会を実施いたしまして、県内外より6組の方々が来庁し、空き家の処分や利活用について相談があったところでございます。

鯖江市議会 2017-09-22 平成29年 9月第411回定例会−09月22日-04号

続きまして、歳出についてでございますが、広報広聴活動諸経費について、「めがねのまちさばえ」のシティプロモーション活動においては、経済界や市民の皆さんと一体となって活動することが必要であり、これらの活動にも活用していただきたいという思いから、めがねのロゴのステッカーやシールの作成、応援大使仮面女子」等の等身大パネル作成、応援企業である福井銀行富山支店新設に伴うPRブースの設営、本町商店街などの街灯

鯖江市議会 2017-08-30 平成29年 9月第411回定例会-08月30日-01号

まず、総務費では、めがねのまちさばえ応援企業を初めとする企業公共施設等で商品や建物、自動車などに貼付して、めがねのまちさばえをPRするロゴ入りのシールやステッカー等の作成、めがねのまちさばえ大使仮面女子の等身大パネルを使ったPR活動など、ふるさとさばえの魅力発信を行うシティプロモーション事業として200万円を計上しました。

鯖江市議会 2016-06-14 平成28年 6月第405回定例会−06月14日-03号

この公衆無線LANを御使用いただく際には、事前にメールアドレスの登録やパスワードの入力などが必要となっておりますが、使用方法につきましては、市のホームページで公開をしているほか、それぞれの公共施設においても、名称やパスワードを記載したシールを張るなどのことをしておりますので、施設を訪れた方にも情報提供するように心がけているところでございます。  

小浜市議会 2015-12-11 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号

1つ目は、「松永小さな旅」と題して、自転車で松永めぐりのスローな旅をし、スタンプラリーでシールを配布します。  2つ目は、ゆるキャラの「まつ君」グッズを道の駅や明通寺で販売します。  3つ目は、松永出身の方や松永に縁のある方に松永大使になっていただきたいと要請しました。「松永大使は、スーツにネクタイの大使ではなく、作業着に長靴を履いて作業したり、お知恵を拝借したりの大使です。」

敦賀市議会 2015-07-09 2015.07.09 平成27年第3回定例会(第5号) 本文

敦賀でも、敦賀のアルプラザ前にて戦争法案についてどう思いますかとシール投票を行ったところ、今の日本は戦前の時代に逆戻りしていると年輩の御婦人が言われ、また、ある男性は、私は戦場で死ぬ目に遭った。これからの子供たちにあんな目に遭わせたらあかんなど、圧倒的多数の市民が反対にシールを張られました。  

大野市議会 2015-06-15 平成27年  6月 定例会-06月15日−一般質問−02号

大野市でもその取り組みが進められており、ロゴマークを職員名刺や封筒、シール、のぼり、風呂敷などで活用し、大野市の魅力を広く発信しています。こういった取り組みは、市民の一体感の醸成や、住民の自分が住んでいる地域の魅力の再発見、住民と行政が今後一緒になってシティプロモーション活動を展開していくには、有効な手法の一つといえると思います。  

大野市議会 2015-03-10 平成27年  3月 定例会-03月10日−一般質問−04号

同年10月からは、農林樂舎で集荷する農林産物に環境王国ロゴマークシールを貼って出荷するなどして、市内農林産物の付加価値の向上を図っているところであります。  そして平成25年3月に、本市は「結の故郷」の商標登録を行い、市内で採れる米やサトイモ、ネギ、ナス、ソバなど25品目で、この名称を使用することができることとなりました。  

鯖江市議会 2014-09-16 平成26年 9月第397回定例会−09月16日-02号

これはある子供の食べるスナック菓子ですけども、こういったプラスチック類、それからこういった紙のシールがついているプラスチック類、これなんかプラスチックでございます。これなんか集めますと、相当風袋がふえますので、当番の人は、段ボールも収集しますので、段ボールをずっと押さえて、こういったものを抑え込んで収集して、私ら町内小さいんですけども、大体2かごぐらいになります。こういったものを集めている。

鯖江市議会 2014-06-13 平成26年 6月第396回定例会−06月13日-03号

推進の一つに、平成21年10月の国民健康保険証更新時には、ジェネリック医薬品希望カードの配布、また平成25年10月の保険証更新時には、これまでの希望カードにかわりまして、保険証に張りつける希望シールを配付していただいております。  そして、本腰を入れた取り組みといたしまして、平成23年1月に、第1回目のジェネリック医薬品差額通知の発送が開始されました。

大野市議会 2014-03-03 平成26年  3月 定例会-03月03日−議長の選挙、議案上程、説明−01号

今後は、製作しました缶マグネットやPRシールを市内全ての小中学生に配布し、越前おおのブランドの浸透を図るとともに、発祥祭においては、ブランド・ロゴやブランドPRグッズを大いに活用し、市民自らがブランド化に取り組む契機につなげたいと考えております。  

敦賀市議会 2013-12-12 2013.12.12 平成25年第4回定例会(第4号) 本文

お手元の資料にもお配りしましたけれども、福井県では、ふくいブランド大使という事業を推奨して、大使となった者には観光パンフレットと名刺に張るシールを配っています。このような取り組みを敦賀市でもそっくりそのまままねしまして、つるが観光PR大使というネーミングでも──ネーミングは何でもいいんですけれども、つるが観光大使でもつるがPR大使でも。

大野市議会 2013-09-09 平成25年  9月 定例会-09月09日−一般質問−02号

ベルは、環境王国の事務局が作成しているもので、王冠の中に環境王国のロゴが大きく記されたデザインとなっており、シールとしての使用や包装材などへの印刷が認められております。  現在、ラベル使用基準などを検討しているところであり、広報おおのにおいて、市民の皆さまにラベルの活用を呼び掛けることとしております。  

敦賀市議会 2013-06-18 2013.06.18 平成25年第2回定例会(第3号) 本文

例えば市営住宅エレベーターをつくったり、学校の非構造物耐震補強ということもお金が足りないということで、今回廊下にシールは張りませんということでしたけれども、こういったものも使えるのではないか。あと市民福祉会館の改修、こういったものも使えるのではないかというふうに思うんですけれども、ぜひ市民が望むようなものに使っていただきたいんですけれども。