540件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会(第2号 6月14日)

ことし3月27日に、勝山市民会館で一乗谷朝倉氏遺跡など、石をテーマに、日本遺産調査研究シンポジウム開催されました。公演終了後にトークセッションが行われ、水上市長から勝山と福井をつなぐ街道の整備に考えていきたいとの意気込みの発言がありました。  財政面では厳しい時代ではありますが、主要地方道篠尾勝山線改良促進期成同盟会が設置されてから50年以上経過しています。  

大野市議会 2021-03-09 03月09日-一般質問-03号

1点目はですね、平成30年5月、最初にこの取り組みを始めるときに、31年ですか、取り組みを始めるときに、教育シンポジウム開催しました。 その時に、文化会館でしたが、その一番前の席にお母さん座ってらっしゃいまして、そして実は私の子どもはちょっと心配なんですということを訴えられまして。 そしてその時、私お答えしたのが、一番大切なことです。 もう本当に誠心誠意やらせていただきますと申し上げました。 

敦賀市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第2号) 本文 2021-03-09

ですから、例えばこの間も敦賀国際シンポジウム、若狭湾エネ研文科省主催でやられましたけれども、オンラインで拝聴させていただきました。ですから、こういうことをどんどんとやっていくこととともに、やはりいろいろ私どもとか、あと全原協でも、国に対しては、今もクリアランスがかなり定着してきたと思うんです。かなり10年以上たちますし、制度ができてから。

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

開館してから本年7月で20年を迎えることから、新年度記念行事として、これまでの活動を写真や解説パネルで紹介する20年のあゆみ展を実施するとともに、全国各地トゲウオ保護、その保護を通じた環境保全活動などに関しての全国トゲウオ保全シンポジウム開催を予定しています。 次に、都市マスタープランについて申し上げます。 

鯖江市議会 2020-12-08 令和 2年12月第427回定例会−12月08日-03号

そんな状況下であるとは認識しておりますけれども、昨年5月11日、気候変動に関する政府間パネル総会京都開催を記念して行われましたシンポジウムで、門川京都市長は、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロを目指す覚悟を表明いたしました。もちろん、全国の自治体で2050年脱炭素を宣言したのは京都市が初めてであり、この宣言が刺激となったのでしょうか。

敦賀市議会 2020-12-08 令和2年第6回定例会(第2号) 本文 2020-12-08

10 ◯教育委員会事務局長山本寛治君) 計画策定におきましては、文化財に関する民間団体関係者地域住民等意見を聞きながら作成することが望ましいとされておりまして、それぞれの地域ごと、またコンサルタント等を活用し、未指定文化財を含む文化財調査住民アンケート、また調査成果シンポジウムの実施などを行い、3年程度をかけて策定することとなっております。  

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

年度は5月12日の結のくに教育シンポジウム皮切りに、5月下旬から11月中旬にかけて教育環境に関する意見交換会を40回開催し、小中学生意見交換会に参加いただいた市民方々に対してアンケート調査も行われました。 そして今年度大野小中学校再編計画検討委員会を設置し、これまでに6回の会議開催されています。 本日は、この検討委員会について2点質問をさせていただきます。 

敦賀市議会 2020-11-30 令和2年第6回定例会(第1号) 本文 2020-11-30

今月3日の初日は、人道の港シンポジウムワークショップ鉄道フェスティバル赤レンガ倉庫オータムフェスタなどを盛況のうちに終えることができました。また、7日、8日は、日本遺産シンポジウム音楽祭、食のイベントなどを開催し、幅広い年代の方々金ケ崎周辺で楽しんでいただくことができました。  

敦賀市議会 2020-09-09 令和2年第5回定例会(第2号) 本文 2020-09-09

そこで、同推進会議では、コロナ禍による働き方やライフスタイルの変化など少し先の社会も見据えつつ、その中で新幹線開業がやってくることを市民皆様とともに考え、理解を深めるためのシンポジウムを来月、10月の下旬に行うこととしております。  このように市民皆様とともに開業ムードを高める事業を引き続き積極的に推進してまいりたいと考えております。  

敦賀市議会 2020-09-01 令和2年第5回定例会(第1号) 本文 2020-09-01

内容といたしましては、11月3日から予定している人道ウィークに合わせ、日本遺産の「北前船寄港地船主集落」と「鉄道遺産」に焦点を当てたシンポジウムや食のPRなどを検温ゲートの設置をはじめとする感染症対策を講じながら行ってまいります。  次に、敦賀きらめき温泉リラ・ポート及び敦賀市グラウンド・ゴルフ場について申し上げます。  

敦賀市議会 2020-06-17 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-06-17

また、特定の人物を監修者として置くことはいたしませんでしたが、昨年のシンポジウムの講師としてお招きしましたポーランド孤児研究者である松本照男氏やタイス教授をはじめユダヤ難民関係研究者北出明氏や、平成30年度に杉原氏の顕彰施設整備された愛知県教育委員会担当者方々ら、各分野の関係者に適宜相談しながら進めさせていただきました。  

鯖江市議会 2020-06-05 令和 2年 6月第424回定例会−06月05日-02号

提案のありましたウェブ会議システムを活用したシンポジウムこれは開催可能でございますので、新しい生活様式価値観の下で2030年までの10年に向けて整備を予定しております、秋に開設を予定しております、さばえSDGs推進センターにおいてもこういった事業展開をやっていって、国内外への情報発信、収集した情報市民へ提供して、市民一人一人のSDGs達成に向けた行動につながることを目的として、この拠点整備をしているわけでございますので

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

昨年11月9日に、人道港敦賀シンポジウム開催され、その中でポーランド孤児研究の第一人者であるジャーナリストの松本照男氏が、ムゼウムの創設については敦賀人のヒューマニズムに対する感性と意気込みを感じる。そして、何千人という難民を受け入れ、援助した敦賀人の体験を基に、人道上の問題を真摯に考える発信地として今後も活躍していくことを願っていると話されていました。

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

教育委員会は、令和年度に、教育シンポジウム、教育環境に関する意見交換会小中学生へのアンケートなどで、さまざまな立場の市民から、意見を求めてこられました。 これらの意見は、大野市のホームページでしっかりと公開されていますが、一部まだ公開していない所もあると思いますので、今後よろしくお願いしたいと思います。 

小浜市議会 2020-03-10 03月10日-03号

学生の掘り起こしや若者のアイデアの事業化を図るためのコンテスト開催する「“学生が考える”まちづくりコンテスト」、市民皆様まちづくり提案の実現を支援する「市民協働推進事業」、市街地におけます公共交通の需要を把握するため、試験的に市内循環バスを運行する「市街地交通対策事業」、今年度策定する小浜市文化財保存活用計画を周知するとともに、地域歴史文化に親しみを持ってもらうため、年間を通じて市民参加型のシンポジウム

大野市議会 2020-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-02号

これまで実施してきた地下水湧水に関する情報提供や、小中学校への出張授業シンポジウム学習会開催などを継続するとともに、これを強化する意味でも、近くオープンする越前おおの水のがっこうで水の教育を充実し、市民の水への感謝の思いの醸成を図ります。 これらハード面ソフト面の両方から施策を展開することで湧水の回復に努めていきます。 次に「環境対策」についてお答えします。