34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大野市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会-09月13日−一般質問−03号

さて、TPP問題に戻りますが、そもそもTPPの元祖はP4協定といい、2001年1月に発効したニュージーランドシンガポール2国間の経済連携協定に、チリとブルネイが加わった4カ国の協定でした。  2006年に発効しました関税貿易だけでなくて、人、物、サービス金融資本など、あらゆる領域にわたって、100㌫の経済連携をしようという小さな国同士の協定でした。  

鯖江市議会 2016-06-14 平成28年 6月第405回定例会−06月14日-03号

それでは、外国人旅行内容を見てみると、アジア地域、韓国、中国台湾香港、タイ、シンガポールマレーシアインドネシアにおけるアンケートをもとに観光への活用可能性を見ると、訪日経験者と未経験者の訪日希望に対し、それぞれの動機を尋ねたところ、経験者は、日本食、自然景観温泉、ショッピング、文化歴史の順となっております。

鯖江市議会 2015-06-01 平成27年 6月第400回定例会−06月01日-02号

◆8番(遠藤隆君) これは、中国の浙江省の方が来られて、ラポーゼかわだにお泊りになったとあるんですが、もう一つ私の知らなかったんですけど、シンガポールのアングロサクソン、チャイニーズオーケストラ交流演奏会で、これ、かなりのたくさんの方が、これは市長のブログでも書いてあるんですけども、これも鯖江に泊まられたんでしょうか。そこだけちょっと1点、教えていただきたいと思うんですけど。

大野市議会 2013-12-10 平成25年 12月 定例会-12月10日−一般質問−03号

そしてTPPによる農産物重要5項目の行方がどのようになるのか、今日のシンガポールでの最終閣僚会議を見守ることになりますけれども、今日の朝のニュースによると、米国との二国間交渉がどちらも譲らずに越年するとの報道でございます。  まだ今日1日ございます。どうなるか分かりません。農産物5項目の関税の撤廃はしないという国会決議をぜひ守っていただきたいというふうに思います。  

敦賀市議会 2013-03-12 2013.03.12 平成25年第1回定例会(第3号) 本文

本市でも私の友人なんかは香港とかシンガポールに物を輸出しているという会社をやっている子がいます。実際探せばもっといるんだろうと思うんですけれども。そういったところに国際競争力を強めた上で、実際今の農業も強いと私認識していますので、そういった強みを生かして海外輸出をしてみたりするという先進地として敦賀は名乗りを上げてもいいのかなというふうにも1点では思ったりしております。  

敦賀市議会 2011-12-13 2011.12.13 平成23年第5回定例会(第3号) 本文

◯市長(河瀬一治君) まず外国の定期航路が釜山航路だけでありますので、ぜひ例えば県内の荷主さんの要望も強い中国航路、これの開設をぜひまず目指したいというのと、せんだってシンガポールを訪問させていただきまして、多くの船会社を訪問させていただきました。これは世界に名だたる船会社でありまして、特にシンガポールから上海、釜山、また直通で北米航路がかなり走らせている会社であります。  

敦賀市議会 2011-06-22 2011.06.22 平成23年第3回定例会(第4号) 本文

そのためには、今は釜山との一外国とは航路でありますけれども、中国東北との結び、またもっと広く言えば上海なりシンガポールと結びつくような、そのような国際航路を有する国際港を目指しておるところであります。 ◯26番(林正男君) ここに「日本海側拠点港の募集の対象とする機能」と書いてあるんですね。そこに今申し上げましたいろんなパターンがあるわけです。早く言えば日本海側で1港じゃないんですね。

敦賀市議会 2011-06-21 2011.06.21 平成23年第3回定例会(第3号) 本文

確かに港湾政策の中で、日本は本当に昔は海運国家と言われ、いろんな面で物流をしっかりと担っていた国でありましたが、知らぬ間にシンガポール、上海、香港、釜山、いろんなところに物流のハブ港的なものが行ったことも事実でありまして、そのあたりを反省点というのは十分生かさなくてはならんというふうに存じますが、人口7万規模の都市を思ったときには、すべてをやっていくというよりも、私どもがしっかり運動して国にハッパをかけながら

大野市議会 2011-06-14 平成23年  6月 定例会-06月14日−一般質問−03号

TPPとは、太平洋を囲む国々が参加して貿易自由化を広げ経済連携を強めようという協定であり、2006年にシンガポールニュージーランドチリ・ブルネイの4カ国で発足し、その後アメリカオーストラリアペルーベトナムマレーシアの5カ国が参加を表明して、現在9カ国により広域の協定を目指した交渉が行われています。  

敦賀市議会 2011-03-07 2011.03.07 平成23年第1回定例会(第4号) 本文

今1位はシンガポールで年間2600万TEU。釜山港にしても1200万TEUというと1日換算にすると3万3000TEUなんです。敦賀市が1年間かかって1万5000TEUですから、それの倍を毎日毎日積み出して入れて。  そういうところと競合はできないですけれども、敦賀港の発展は、やはり釜山港といかに手を組んでやっていくかということを市政会の視察では身にしみて思ったわけです。

敦賀市議会 2010-03-09 2010.03.09 平成22年第1回定例会(第3号) 本文

そういう点から現実的な選択としてああいう形のガントリークレーンが設置されるわけでございますが、私、実は昨年シンガポールのほうに訪問させていただきまして、ジム・イスラエルでありますとかいろんな大きな船会社のほうにも行ってまいりました。  御承知のとおり、アジアのほうからシンガポール等も含めた航路の中で、アメリカ航路というのは日本海側を抜けることによって2日から3日の時間短縮になります。

小浜市議会 2009-09-17 平成21年  9月 定例会(第5回)-09月17日−02号

また、大統領は今秋、シンガポールで開催されますAPEC首脳会議に出席された後、日本に来日をされるという可能性があると聞いております。先般、ジョン・ルース駐日アメリカ合衆国大使に対しまして、その節にはぜひ一度本市にお越しいただきたい旨の親書を県を通じまして届けさせていただきました。

敦賀市議会 2009-09-07 2009.09.07 平成21年第4回定例会(第1号) 本文

去る7月、シンガポールを訪問しポートセールスを行った結果、世界を代表する船会社が敦賀港利用に興味を示し、近く、敦賀港の視察に訪れる予定と聞いております。新コンテナ航路の実現のため、引き続き、シンガポールの船会社及び関連企業に対し、積極的にポートセールスを展開してまいりたいと存じております。  

大野市議会 2009-03-09 平成21年  3月 定例会-03月09日−代表質問、一般質問−02号

だからシンガポールじゃないけども、国全体が株式会社にならないと生き残れないという意識を大野市も持って、大野市を株式会社と、岡田社長を先頭に何としても頑張るんだという、いろんな意気込みを見せるために、いろんなことをやっていただきたい。  そういうことでですね、どうでしょう、問題意識を持っておられるかどうか。 ○議長砂子三郎君)  市長、岡田君。

大野市議会 2008-09-08 平成20年  9月 定例会-09月08日−一般質問−02号

日本経済の現状はといいますと、2007年には国民1人当たりのGDPの値ではシンガポールに抜かれまして、また2013年には台湾にも並ばれるのではないかといわれています。  また国民の購買力の点から見ても、日本は急降下中であります。OECDの加盟国が30カ国あるわけですが、名目成長率はといいますとですね、第30位であります。もはやわが国は、豊かな国だと威張れるようなものでは到底ないのであります。

  • 1
  • 2