2202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井市議会 2026-09-26 09月26日-05号

2 子ども・子育て支援新制度地域医療の確保,地域包括ケアシステムの構築,生活困窮者自立支援介護保険制度国民健康保険制度の見直しなど,急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保及び地方財政措置を的確に行うこと。とりわけ,保育の無償化に伴う地方負担分の財源確保を確実に図ること。

おおい町議会 2023-12-13 12月13日-02号

本町におきましても、現在、実施設計を行っておりますうみんぴあ大飯のチャレンジショップ棟の整備に太陽光発電や地中熱等の技術を活用し、ビルのエネルギーシステム全体でCO2の排出量ゼロをコンセプトとした、いわゆるゼロ・エミッション・ビルの構築により再生エネルギーの活用拠点を目指しているところであり、これはまさに嶺南エネルギー・コースト計画のコンセプトの方向性と合致するものでございます。 

福井市議会 2023-09-09 09月09日-02号

福井県では県庁10階に総合防災センターがあり,そこでは福井県道路管理情報システムなど防災に関する情報集約システムがあります。国土交通省近畿地方整備局福井県警察本部高速道路会社,他府県が協議会を立ち上げ,国の予算システムが構築されています。災害時には,県の災害対策本部はこの一元化された福井県総合防災センターワンオペレーションシステム情報をもとに対策をとっているようです。

福井市議会 2023-07-03 07月03日-04号

そうした中,環境省では平成30年度から高齢化社会に対応したごみ処理システムの構築について調査を行っているところでございます。 本市におきましても,こういった国の動向を注視するとともに,先進事例を参考としながら,関係部局と連携して高齢者に対するごみ出し支援について研究してまいります。 (総務部長 前田和宏君 登壇) ◎総務部長(前田和宏君) 清掃業務に係る職員の確保についてお答えいたします。 

おおい町議会 2022-09-24 09月24日-03号

質疑、財務会計システムの改修は来年4月1日から会計年度任用職員制度が開始されることに伴うものであるが、賃金雇用職員の勤務体系はどのようになるのか。答弁、現在の賃金雇用職員のフルタイム勤務、パートタイム勤務については基本的には今の勤務体系をそのまま引き継ぐ予定である。業務の内容によって、会計年度任用職員に移行するか、非常勤特別職に移行するかといった検討が今後必要になる。 

大野市議会 2022-06-10 06月10日-議案上程、説明-01号

なお無償化に伴うシステム改修に係る費用を計上した補正予算案を本定例会に提出しています。 次に、プレミアム付商品券について申し上げます。 消費税率の引き上げが低所得者や子育て世帯消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起、下支えすることを目的に、プレミアム付商品券を販売します。 このため、商品券の販売に必要な費用を計上した補正予算案を本定例会に提出しています。 

大野市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-03号

児童センターの方では、嘱託の方が3人いらっしゃるということで、臨時の方2人も合わせて運営をされていると、私も視察に行かせていただいたときにお伺いしましたけれども、週に30時間という勤務体制の中で、どうしてもそれ以上は働けないということで、皆さん土曜日の方は残業をするなどして対応されているそうなんですが、その残業分を残業手当という形ではなく、お休みの日という形で時間を休日扱いで取っていただくっていうシステム

大野市議会 2020-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

議案第77号の簡易水道事業特別会計補正予算案には、令和2年4月から当会計公営企業会計へ移行するに当たり、会計事務の効率化を図るための会計システムの改修費用が計上されております。 特別会計簡易水道事業と下水道事業については、令和元年度末までに公営企業会計へ移行することが求められています。 理事者は、平成27年度から両会計の固定資産の調査など、移行準備を進めております。 

大野市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

ですが、それが今、大体年に2、3回ということになりますけれど、それが今、要はどうしても臨時的に大野に来るということですので、今まである程度、25年度から研究をやっておりますが、さらにそれを深めて、さらに大野の水の循環のシステムとか、いろんなことを深めていく研究をやっていただきたい。 そういう意味で、一つのそういう場所を提供したい。 そういうふうに思っています。 

大野市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-02号

まず1点目の市民に対しての緊急連絡の方法と今後、強化すべき連絡方法についてですが、国や地方公共団体には、災害が発生した場合、災害の規模、現場の位置や状況を把握し、速やかに正確な情報地域住民などに伝達する責務があることから、災害情報の収集・伝達手段の確保を目的として、県内各市町で防災行政無線システムが構築されております。 

越前市議会 2020-12-06 12月09日-05号

また、パソコン端末が電話機の役割を果たすとともに、チャット機能も備えたユニファイドコミュニケーションシステムを採用し職員コミュニケーションの効率化を目指してまいります。 ○副議長(大久保健一君) 近藤光広君。 ◆(近藤光広君) きょうはちょっと傍聴の方もいらっしゃると思います。なかなか今のおっしゃる内容というのは理解しづらいところが多々あると思います。

おおい町議会 2020-12-03 12月03日-01号

次に、歳出予算の主な補正内容でございますが、総務費では時代の変化に対応するため、来年4月に町の組織を再編する機構改革に向けた例規整備や庁舎改修等の準備経費のほか、戸籍総合システム更新のための機器購入などで3,411万6,000円を追加、民生費では母子家庭医療費助成のほか、国民健康保険事業特別会計介護保険事業特別会計への繰出金などで243万7,000円を追加、衛生費では若狭広域行政事務組合の一般廃棄物処理施設

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

新たな庁舎には、ライフステージの変化に伴う手続のワンストップ化と証明書交付窓口を合わせた総合窓口を新たに設置するとともに、番号案内システムの導入、死亡届に伴う手続の予約制、申請書のワンライティング化などを行い、来庁される市民の負担軽減や待ち時間の削減を図り、窓口サービスを向上してまいります。 

福井市議会 2020-11-13 11月13日-04号

さらに,大規模災害時において,被災住民の生活再建等を円滑に進めるため,総務省平成30年に被災市区町村応援職員確保システムを策定いたしました。本市が被災した場合には,本システムに基づき他都道府県から職員が派遣されることとなっております。今回の台風では,総務省から福井県を通じ,本市に長野県須坂市への罹災証明交付業務の支援要請があり,危機管理課の職員1人を派遣しております。 

福井市議会 2020-11-12 11月12日-03号

マイナンバー制度対応システムを含む自治体クラウド,情報セキュリティー強化対策などについても質問しておりますが,主には福井市情報システムの根幹である福井市総合行政情報システム,愛称システム291について,また,固定資産台帳,複式簿記対応システム及び財務書類4表について質問したと記憶しております。 それからちょうど3年がたちました。

福井市議会 2020-11-11 11月11日-02号

こちらの課題といたしましては,医療保険者,医療機関システム改修を初め,電子証明書やマイナポータルの初回登録の必要性の周知や,システムを導入しない医療機関への対応などが挙げられます。 今後とも,国の動向を注視しながらしっかりと対応してまいります。 次に,今回の補正予算でどの程度の申し込みを想定しているのか,また,出張申請受け付けはどのような仕組みで実施されるのかについてお答えいたします。