13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

そうしますと、やはり当然、サイレンか何かで知らせるようになると思いますし、また、このことについては、多分以前、福原議員が御質問されて、その中でそういったことをしていくんだという旨の答弁をされたと記憶をしているんですけども、ただ、申し上げたいのはふだんから防災無線サイレンというものが皆さんがわかっているのかということなんです。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

Jアラートを使用すると、市町村防災無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れますが、その情報伝達は国民保護に係る警報サイレン音を使用し、弾道ミサイルに注意が必要な地域の方に幅広く行うとなっていますが、国民保護に係る警報サイレン音とはどのようなものか、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長(小竹法夫君) 大滝総務部長。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

今後は、鯖江市は、結構自主防災組織町内会単位で152設置されていますので、そういういろいろな機会を通じて、迅速な行動のとり方、サイレンが鳴った場合には、部屋の中に避難してくださいとか、そういうサイレンの通報もありますので、そういうことを意識した訓練を展開したいと思っております。 ○議長(小竹法夫君) 石川 修君。

鯖江市議会 2016-02-24 平成28年 3月第404回定例会-02月24日-01号

次に、基本目標Ⅳの「安心で快適に暮らせるまちの創造」への取組についてでありますが、これまでの豪雨災害や昨年9月の茨城県常総市の鬼怒川の氾濫等を教訓に、鬼怒川と同規模な河川である日野川の流域を対象として、サイレン等での注意喚起や避難情報をお伝えする防災行政無線を設置してまいります。

鯖江市議会 2005-09-21 平成17年 9月第353回定例会-09月21日-02号

避難サイレンが鳴った。しかし、主人は車いすで動けません。私はどこへ行ったいいのでしょうか。市へ電話すればよいのでしょうか。との真剣な切実な問い合わせがありました。市へ救援の電話がもしかかってきたとき、市はどう対応されるのか。一度に大勢の方からかかってくる可能性が大であります。今のままではパニック状態になる危険性があります。

鯖江市議会 1998-09-16 平成10年 9月第309回定例会-09月16日-02号

一部の方で出ましたが、サイレンなんですよ、サイレン。この本庁舎の上にありますな、四、五年前につくったの。これ500万円ほどかかってんですよ、これ。このサイレンはどのような災害のときに使うんですか。地震が起きました、何人も死にました、さあ皆さん気をつけてくださいって鳴らすんですか。

鯖江市議会 1997-12-09 平成 9年12月第304回定例会−12月09日-02号

けさも早くから、救急車がサイレンを鳴らしながら我が家の近くを走り抜けて行きました。あ、事故だろうか、急病人だろうかと胸が痛みました。皆さんも同感ではないかと思います。最初に、日夜とうとき人命を守るために奮闘してくださっている消防署、警察署を初め関係の方々に対しまして心から感謝を申し上げます。  さて、光陰矢のごとし、早くも本年も最後の月、12月。

鯖江市議会 1993-09-16 平成 5年 9月第281回定例会−09月16日-03号

特に今後は、音声発信が可能な電子サイレン等の設置も必要じゃないかということで考えてまいりたいと、かように思っているところでございます。  防災計画の見直しについてお尋ねでございますが、防災計画の修正につきましては、既に関係課へ見直しの資料提出を求めているところでございます。なるべく早く計画の修正を行ってまいりたいという考え方でございます。

鯖江市議会 1992-09-17 平成 4年 9月第274回定例会-09月17日-02号

それから、先ほど水防訓練の問題がありましたので、この件についてもお答えをお願いしたいと思いますのは、この6月に行われた水防訓練のときにも一応サイレンが鳴らなかったわけです。鯖江市に今の前総務部長のときにも水防訓練がありました。サイレンの音が小さいということで私が指摘申し上げました。

福井市議会 1967-07-01 07月01日-02号

午前8時にサイレンが鳴り,地震から身を守る行動をとり,非常用持ち出し袋を持って一時避難場所に避難し,自治会長や自主防災会長が点呼,安否確認をいたします。その後,地域の人と一緒に小学校などの指定避難所避難し,そこで初期消火や救出,救護訓練などをします。家族みんなで参加しましょうと市のホームページに書かれております。 

  • 1