265件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

学習指導要領では、コンピュータープログラミン教育小学校で必修化されるほか、スマートフォンやタブレット端末を使った学習方法も広がりつつあります。情報通信機器を排除するのではなく、積極的に利用する機運が高まっていると判断したようであります。  大阪府教育長が、2019年度からスマホなどの公立中学校への持ち込みを認めることを決め、運用のガイドライン素案を市町村教育委員会に提示をしております。

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

次に、心豊かな人を育むまちづくりにつきましては、教育環境の充実を図るため、各教室に設置している大型ディスプレイや教育コンピューター学校情報ネットワーク機器の更新を行います。また、さまざまな要因により学校生活適応できない児童生徒の環境を改善するため、今年度増員したスクールソーシャルワーカーの体制を継続します。  以上が当初予算案の概要です。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

そして、第2期教育振興基本計画で目標とされた水準は、教育コンピュータ1台当たり児童・生徒数が3.6人を確保しよう。それから、コンピュータ室におきましては40台を確保していこう。それから、設置場所を限定しない可動式のコンピュータも40台設置を目標にしております。それから、電子黒板、実物投影機、プロジェクターでございます、これが1学級当たり1台。

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

次に、児童生徒が利用するパソコンは、全ての小中学校コンピュータ室に学校規模に合わせて1校当たり7台から40台、合計546台のコンピュータを配備しております。さらにICTの推進校3校には、タブレットが各校に40台、計120台を配備しており、3校は各1教室の無線LANも整備しております。  以上でございます。

敦賀市議会 2017-09-14 2017.09.14 平成29年第3回定例会(第3号) 本文

御存じのとおり、昨年度の事業予算で福井しあわせ元気国体競技施設整備事業費予算の中で、競泳競技の開催に必要な高額備品として競泳用自動審判計時装置の競泳競技処理コンピュータシステムを導入した成果を個人的ではございますが実感することができました。また、大会運営に当たり、各連盟、協会を初め国体推進課、運営サポート、売店出店の皆さん等、多くの皆様に御協力をいただいたことに感謝を申し上げます。  

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

そこで、プログラミン教育とは、文部科学省において、子供たちにコンピューターに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業につくとしても時代を越えて普遍的に求められる力としてのプログラミング的思考などを育成するものとされています。これに基づいて、2020年には小学校からプログラミン教育がスタートいたします。

敦賀市議会 2017-06-13 2017.06.13 平成29年第2回定例会(第2号) 本文

一方で、議員も御指摘のとおりなんですがコンビニ交付サービスを導入するに当たりましては、コンピュータシステムを新たに構築する初期導入費用のほかに、メンテナンスの保守料、あるいは関係団体に支払う負担金、その他通信費用等の財政負担が新たに発生することになりますので、そのあたりにつきましては慎重に見きわめていきたいと考えております。  以上でございます。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

乗客を乗せているということは、電気系統だけで済むならいいんですけど、ただ、以前にありましたような、単線でございますので、今、制御はコンピューター制御もやられているでしょ。そうすると、複線なら起こらないんですけども、単線でございますと衝突する問題もこれはなきにしもあらずという形であるんですね。

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

それから、小学校中学校電子黒板を1台ずつ整備、学校の先生お一人に1台のそうしたコンピューターというのですか、そういったものを設置、児童・生徒用の教育用のコンピューターについては、児童・生徒3.6人に1台設置している。全ての普通教室の校内に無線LANというものを設置しようじゃないかということでございます。  

敦賀市議会 2016-09-28 2016.09.28 平成28年第3回定例会(第5号) 本文

次に、第82号議案 総合運動公園プール競泳用自動審判計時装置及び競技処理コンピュータシステム購入の件について、主な質疑として、入札の情報があったら教えてほしいとの問いに対し、8社指名し、応札を受けた結果、議案書に記載の業者と仮契約を結ばせていただいたとの回答がありました。  関連し、8社は全部市内の業者かとの問いに対し、市内が4社、県内が4社であるとの回答がありました。  

大野市議会 2016-09-23 平成28年  9月 定例会-09月23日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

定例会に提出されております補正予算では、納付金や標準保険料率試算のために必要となるデータ収集のコンピューターシステムの改修経費が計上されておりますが、平成30年度からの新制度への円滑な実施に向け、連絡会議の中で、県や関係機関としっかり協議していただきたいと存じます。  次に、婚活力ステップアップ事業について申し上げます。  

大野市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−一般質問−02号

近年、コンピューター電子機器類は目まぐるしく進化し、膨大な量の情報が錯綜し、グローバル化により海外に住む人たちが時間的にも距離的にも、より身近になってきております。このような時代を生き抜くために求められるのが、主体的に多様な人々と協働する力であると考えます。  これらの力は、まさに大野市が目指します結の心と進取の気象を併せ持つ人間像だと考えております。  

敦賀市議会 2016-09-06 2016.09.06 平成28年第3回定例会(第1号) 本文

続きまして、第82号議案 総合運動公園プール競泳用自動審判計時装置及び競技処理コンピュータシステム購入の件について御説明を申し上げます。  議案書の7ページをお願いいたします。  総合運動公園プール競泳用として、競泳用自動審判計時装置及び競技処理コンピュータシステムの購入契約を次のとおり締結いたしたいというものでございます。  

敦賀市議会 2016-09-06 2016.09.06 平成28年第3回定例会 資料

          │ │       │正の件                   │9/28 可  決  │ ├───────┼──────────────────────┼──────────┤ │第 82 号議案│総合運動公園プール競泳用自動審判計時装置及び│文 教 厚 生   │ │       │                      │          │ │       │競技処理コンピュータシステム

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

新たに経営がJRから分離されまして、例えば、電車の保守点検も各社で行う、運行システム鉄道を制御するコンピューターシステム、乗車券の発券システム、運転手や保守点検員などの人材確保や人材育成、こういったものを考えるだけでも各社それぞれ行わなければなりませんので、各社の経営コストが増大することは容易に想定されます。その増大した経費は、当たり前ではありますが利用者の負担となります。

大野市議会 2016-09-05 平成28年  9月 定例会-09月05日−議案上程、説明−01号

特別会計の主な内容といたしましては、国民健康保険事業特別会計では、平成30年度に県と市町が共に運営を行うためのコンピューターシステムの改修経費、下水道事業では国庫補助が追加配分されたことに伴う事業費の増額、そのほかの各特別会計では前年度の決算消費税の確定に伴う経費などを計上いたしております。