62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井市議会 2022-11-20 11月20日-05号

全国の指定管理者制度導入施設では,本部管理費などの名称で施設で生まれた利益の一部を経費に見せかけて吸い上げてしまうなどの手法も横行しており,全国市民オンブズマンからも,税金で指定管理業者をもうけさせる構造が生まれており問題だと指摘されています。民営化リスクに関しても真摯な研究と対応が必要であり,是正を求めるものです。 

大野市議会 2018-07-24 07月24日-一般質問-03号

今回は、市民オンブズマン福井の代表から大野市情報公開条例の改正に関する申し入れがあったと聞きますが、どのような内容であり、どのように回答されたかも併せて答弁ください。 丸2の今回の市長選挙の中で、裁判敗訴し、徴収すべきと言われた固定資産2,000万円余りは、本当に徴収されているのか等の文書が流布されていましたが、これについてどのように思われるのかも質問します。 

敦賀市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-14

たしか2012年度には市民オンブズマン福井のほうから「何人も」と改めるように要請があったはずなんですけれども、敦賀市は検討しますと回答しているんですね。その際、ほかの市町、坂井市でしたか、同じような指摘を受けて、その後すぐに「何人も」に改正しています。条例を。  敦賀市は、その後、情報公開審議会で検討された形跡もなく放置されたまま現在に至っているというふうになっております。  

福井市議会 2016-12-20 12月20日-05号

政務活動費の不正利用が全国的に問題となっており,福井市議会でも市民オンブズマンなどからその使途について指摘を受け,地方議会に対する市民の目も厳しくなっています。このようなときに私たち市議会議員の期末手当を引き上げることに市民の理解が得られません。よって,議員の期末手当の引き上げは必要ないとの立場から本市会案に反対するものです。 以上で日本共産党議員団を代表しての私の討論を終わります。

大野市議会 2016-12-06 12月06日-一般質問-03号

交際費の「市民一人当たりの支出額」につきましては、市民オンブズマン福井による調査によりますと、本市の市民一人当たりの支出額は、県内9市の中で最高となっているところでございます。 しかしながら、先に申し上げました対外的な折衝や渉外などの交際費の性質上、また各市それぞれ個別の事情があることから、必ずしも市民一人当たりの交際費の多寡、多い少ないで、他市と比較することは適当ではないと考えております。 

大野市議会 2016-11-28 11月28日-議案上程、説明-01号

このほど、市民オンブズマン福井では、市長交際費について、県下9市に公開質問を行っています。 決算審議の中で、平成27年度の市長交際費の支出状況は、過去10年間でも最も突出し、前年、平成26年度決算と比較しても69万3,000円増と過去最高になっていますので、その理由をただしたところ、検討していないとのことでした。 

大野市議会 2012-09-10 09月10日-一般質問-02号

市民オンブズマン福井は、県と県内9市を対象とした2011年度の情報公開度に関する調査結果について、大野市は県及び県内9市において情報公開度が最下位であるとしました。 この調査は、全国市民オンブズマン連絡会議の調査の一環として行われ、全国市民オンブズマンが独自に採点基準を定め、ランク付けしたものです。

敦賀市議会 2010-09-13 平成22年第3回定例会(第2号) 本文 2010-09-13

県内9市の一斉情報公開請求などの結果、市民オンブズマン福井で2008年に実施したんですけれども、その際、敦賀市で一部について情報公開の出てきた中に、復命書が不作成のため非公開とされたというものが結構ありました。復命書を今後は作成、公開されることが望ましいというオンブズマンの感想もついておりました。

敦賀市議会 2009-09-15 平成21年第4回定例会(第3号) 本文 2009-09-15

敦賀市情報公開条例が制定された当初は県内でも先進的な内容でしたが、現在のIT化が進んだ社会情勢や他自治体条例の傾向に比べますと、かなりおくれをとっていることがオンブズマン福井の調査で明らかになっております。  まず、情報公開請求権者、情報の公開を請求できる人ですね。これがいまだに市内に住所を有する個人というように限定されていることです。

敦賀市議会 2008-03-11 平成20年第1回定例会(第4号) 本文 2008-03-11

確かにオンブズマン等から土地面積がわからないということで指摘があるかもしれませんけれども、この問題は本質が違います。このことによってオンブズマンがということにはならないと思います。そのことについて、市長として禍根を残さない。責任を持つということは、管理をするというだけではないと思います。そのことについて、市長もう一度、私の話を聞いての御見解をお伺いしたいと思います。  

敦賀市議会 2007-12-10 平成19年第5回定例会(第2号) 本文 2007-12-10

仙台高等裁判所オンブズマン請求に対して、寄附行為地域医療の充実に寄与してきたことなどを考慮すると寄附を無効とすべき特段の事情はないとして石巻市と塩釜市の両市が勝訴したものでありますが、医局への寄附金が国によって使われている部分もあり、寄附行為法律に抵触する疑いが払拭できないとのコメントもついております。  

福井市議会 2007-02-23 02月23日-01号

まず,市民オンブズマン福井から提出されている福井市議会の改革推進に関する要請書,費用弁償の廃止を含め市民,納税者の視点に立って真摯に再検討してほしいとの要請について検討した結果,費用弁償については前回の委員会において2段階方式での支給との方向性を既に見出していることを踏まえ,委員会としては改めて取り上げないことといたしました。 それでは,調査経過の概要について申し上げます。 

福井市議会 2006-11-29 11月29日-01号

まず,市民オンブズマン福井から出されている福井市議会の改革推進に関する要請書の取り扱いを検討した結果,調査研究項目である6項目にほとんど含まれており,改めて取り上げないことを決定いたしました。 次に,調査研究項目である6項目について各会派ごとに集約した結果の報告があり,その中で議論された主な項目について申し上げます。 

福井市議会 2005-06-29 06月29日-04号

市民オンブズマンからも指摘されているように,これでは事実上,調査請求できないものとなります。 本来,市民が望んでいた見直しは,いわゆる不当な口ききやその疑惑を持たれないようにする政治倫理基準の強化,すなわち「市が助成している団体等の役員に就任しない」などを含めることによって,不正や疑惑を招かない仕組みづくりが期待されていたにもかかわらず,まともな議論も行われていません。 

大野市議会 2005-03-23 03月23日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

市民オンブズマンからも監査請求が出されましたが、市民の疑問には何ら答えず基金を流用することについては反対であります。 次に、大野市・和泉村合併議案4件について申し上げます。議案第29号から議案第32号まで4議案について、いくつかの問題点を指摘して一括して討論を行います。 第1に、今回の合併行政議会・協議会とも一貫して合併ありきの姿勢で終始し、自立の場合の方策等は何ら議論になりませんでした。

鯖江市議会 2004-12-14 平成16年12月第348回定例会−12月14日-02号

◆21番(山本又一郎君) 訴訟のことでお願いしたいんですけれども、市長の答弁では、決算委員会で認めたということでございますけれども、決算委員会でもそういうことで裁判がどうなるかわからないので認められんのでないんかというたら、そういう意見も出まして、これは、やはり5年前にも市長の欧州視察でオンブズマンが指摘をしていったときに、50万円を返したというか、そういう事例があったわけでございます。