178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 2019-09-18

65歳以上の割合は、2位のイタリアが23%ですので5%以上引き離していることに改めて危機感を抱いたところでありますが、その記事の中には、社会保障制度の見直しはもちろん移動といった生活支援拡充が急務だとの内容が書かれておりました。  今述べさせていただいたことからも、今後本市において公共交通重要性が増す中で、コミュニティバス運行事業における財政負担の増加が懸念されます。  

大野市議会 2019-09-10 09月10日-一般質問-03号

イタリア債務超過再燃原因で、連立組み直し、トップが再任という政局の混乱、このような政局下において、EU加盟国景気後退局面に入ってきているのは、必然と言わざるを得ません。 アメリカ発貿易戦争は、中国との対話延期になり、方向の定まらない貿易戦争評論家の間ではチキンレースなどと表現される人もおられるようです。 

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

前もって申し上げておきますが、これはルックスオティカといいまして、イタリアに本拠を置く世界最大手の年商何兆円とするような、そういった眼鏡枠製造、そして販売、世界的な規模でたくさんのブランド商品を持つすぐれた会社だというようなところを聞いています。この会社福井めがねの資本を投入して、そしていよいよ鯖江市にも拠点を置くというような状況の中でお尋ねをしていきたいと思います。

大野市議会 2019-03-12 03月12日-一般質問-03号

さて、世界経済の中のEUは、3月が離脱期限イギリスにおいて、離脱案合意は微妙で延期になりそうですし、あらためてイタリア債務超過が再燃してきているように、EU加盟国景気後退局面に入ってきていると言わざるを得ません。 アメリカ発貿易戦争中国との対話延期になり、方向の定まらない貿易戦争になっているのではないでしょうか。 

大野市議会 2018-09-10 09月10日-一般質問-02号

東ティモール、イタリア、ブラジルフランス、そして東京よりも、地方自治体にとって最優先されることは、市民にとっての命の水を行政の責任において守り切ることだと思います。 本市にとって最も大切な水の質と量について質問させていただきます。 1点目、市民の安心、安全及び環境保全のため、本市が行っている表流水地下水水道水等水質保全の取り組みについてお尋ねいたします。 

福井市議会 2017-03-22 03月22日-05号

事実,世界議会制民主主義諸国と比べると,カナダは31万人に1人,フランスイタリアが18万人に1人,イギリスに至っては8万人に1人で,52万人に1人という日本先進諸国の中で国会議員が少ない国です。国民から批判の多い無駄を削減するというなら,私たち日本共産党が受け取っていない政党交付金320億円を廃止すれば,国会議員にして450人分の削減です。政党交付金こそ廃止すべきではないでしょうか。

大野市議会 2017-03-07 03月07日-一般質問-03号

「水の聖地」というのも、とっても素晴らしいんですけれども、イタリアの各町々が世界遺産であるんですね。 それで、本市におきましても、水の文化とか、歴史、それから先人たちが、先人から今日に生活する住民全ての住民がやはり地下水環境を守り続けてきたという、この偉業ですね、偉業。 これらを含めて、私、大野全体が水のまちとして世界遺産に匹敵すると思っております。 

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

市長がおっしゃいましたように、イタリアとかドイツとか、ロボットに頼るものづくりじゃなくて、昔からやっている、本当に手先でやれる仕事って、ものづくりというものは絶えないんですね。なくならない。ですから、どんな不況な時代が来ようとも、地元のそういう雇用関係、特に鯖江市、福井県は共働きであり、何だかんだ、家庭収入をふやすために働いている、そういう勤勉な生活がある中で、ものづくりの強みはそこにあるんだと。

勝山市議会 2016-12-08 平成28年12月定例会(第2号12月 8日)

その食材につきましては、コシヒカリ、六条大麦、越のルビー、へしこ、水ようかん、地酒など13品目ありまして、JAなどが店舗と直接取引をするという形で実施し、先ほど言いました61店舗という店の種類も、居酒屋チェーンからイタリア料理店、クラブ、バー、非常に幅広く、福井市内産の厚揚げを使ったメニューを半年間提供することが決まったという例もあるそうです。  

大野市議会 2016-12-05 12月05日-一般質問-02号

イギリスEU離脱問題、またイタリア、オーストリアフランスドイツもその傾向性があります。 世界政治に対する厳しい動きを感じながら、一般質問をさせていただきます。 質問の1点目は、市の行政改革状況について6項目お聞きします。 岡田市政になって、大野市の市街地も随分整備されてまいりました。