鯖江市議会 > 2019-08-05 >
令和 元年 8月第420回臨時会−08月05日-01号

ツイート シェア
  1. 鯖江市議会 2019-08-05
    令和 元年 8月第420回臨時会−08月05日-01号


    取得元: 鯖江市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-02
    令和 元年 8月第420回臨時会−08月05日-01号令和 元年 8月第420回臨時会            第420回鯖江市議会臨時会会期日程         会期 令和元年8月5日(月)開会  1日間 ┌──────┬──┬──────────────────────────┐ │ 月  日 │ 曜 │        内        容        │ ├──────┼──┼──────────────────────────┤ │ 8月5日 │ 月 │ 本会議 │ │      │  │ ・議長選挙 │ │      │  │ ・副議長選挙 │ │      │  │ ・常任委員会委員の選任 │ │      │  │ ・議会運営委員会委員の選任 │ │      │  │ ・鯖江広域衛生施設組合議会議員選挙 │ │      │  │ ・鯖江・丹生消防組合議会議員選挙 │ │      │  │ ・福井県丹南広域組合議会議員選挙 │ │      │  │ ・公立丹南病院組合議会議員選挙 │ │      │  │ ・福井県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙 │ │      │  │ ・議案第43号 専決処分承認を求めることについ │
    │      │  │  て(令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第2号))│ │      │  │ ・議案第44号 鯖江市監査委員の選任について │ └──────┴──┴──────────────────────────┘             議 案 審 議 結 果 一 覧                           市長提出 (8月5日議決) ┌────┬───────────────────────┬──────┬────┐ │議案番号│        件      名        │ 付託委員会 │ 結 果 │ ├────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │第43号│専決処分承認を求めることについて(令和元年度│   ─   │ 承 認 │ │    │鯖江市一般会計補正予算(第2号)) │ │ │ ├────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │第44号│鯖江市監査委員の選任について         │   ─   │ 同 意 │ └────┴───────────────────────┴──────┴────┘             第420回鯖江市議会臨時会会議録    …………………………………………………………………………………………         令和元年8月5日(月曜日)午前10時16分開会    …………………………………………………………………………………………    〇出席議員(20人)              1番  林 下 豊 彦                           2番  江 端 一 高                           3番  大 門 嘉 和                           4番  空   美 英                           5番  山 本 敏 雄                           6番  佐々木 一 弥                           7番  福 原 敏 弘                           8番  帰 山 明 朗                           9番  佐々木 勝 久                           10番  奥 村 義 則                           11番  石 川   修                           12番  林   太 樹                           13番  遠 藤   隆                           14番  木 村 愛 子                           15番  平 岡 忠 昭                           16番  丹 尾 廣 樹                           17番  末 本 幸 夫                           18番  水 津 達 夫                           19番  玉 邑 哲 雄                           20番  菅 原 義 信    …………………………………………………………………………………………    〇欠席議員(0人)    …………………………………………………………………………………………    〇説明のため出席したもの  市長          牧 野 百 男                  副市長         中 村 修 一                  教育長         辻 川 哲 也                  総務部長        藤 田 裕 之                  政策経営部長      斉 藤 邦 彦                  健康福祉部長      品 川 善 浩                  産業環境部長      宮 本 昌 彦                  都市整備部長      長谷川 伸 英                  教育委員会事務部長   福 岡 正 義                  会計管理者       金 子 明 祐                  監査委員事務局長    田 中 賢一郎    …………………………………………………………………………………………    〇説明補助者として出席したもの                  都市整備部次長     滝 波 栄 治                  総務課長        小 原 勢津子                  めがねのまちさばえ戦略課長                              服 部 聡 美                  秘書広報課長      高 崎 則 章                  財務政策課長      若 杉 敏 夫                  社会福祉課長      無量小路美夏代                  商工政策課長      乙 坂   薫                  農林政策課長      徳 橋 圭 吾                  土木課長        石 川 晶 康                  教育審議官       鈴 木 和 欣                  教育政策課長      吉 田 和 浩                  生涯学習スポーツ課長 田 畑 雅 人    …………………………………………………………………………………………    〇職務のため出席したもの  議会事務局長      白 崎 光 男                  議会事務局次長     九 島   隆                  議会事務局参事     笠 嶋 忠 輝                  議会事務局次長補佐   上 野 紀 子                  議会事務局主任     熊 野 宏 信    …………………………………………………………………………………………                開会 午前10時16分 ◎議会事務局長(白崎光男君) さきの臨時議会において議長選挙されておりませんので、議長選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。  出席議員の中で最年長の末本幸夫議員を御紹介させていただきます。  末本議員議長席のほうへお願いいたします。 ○臨時議長(末本幸夫君) 議長席に着く ○臨時議長(末本幸夫君) ただいま御紹介をいただきました末本でございます。  自治法第107条の規定によりまして、臨時議長の職務を行いたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。  座って進めさせていただきます。  ただいまから第420回鯖江市議会臨時議会を開会いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第1.仮議席の指定 ○臨時議長(末本幸夫君) 日程第1、仮議席の指定を行います。  仮議席は、ただいま着席の議席といたします。  本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめ延長いたします。  休憩いたします。                休憩 午前10時17分                再開 午後1時45分 ○臨時議長(末本幸夫君) 再開いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第2.議長選挙
    ○臨時議長(末本幸夫君) 日程第2、議長選挙を行います。  選挙は投票で行います。  選挙準備のため暫時休憩をいたします。自席でしばらくお待ちください。                休憩 午後1時45分                再開 午後1時47分 ○臨時議長(末本幸夫君) 再開いたします。  議場を閉鎖いたします。                 (議場 閉鎖) ○臨時議長(末本幸夫君) ただいまの出席議員数は20名でございます。  投票用紙を配付いたします。                 (投票用紙配布) ○臨時議長(末本幸夫君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(末本幸夫君) 配布漏れなしと認めます。  投票箱を点検いたします。                (投票箱点検) ○臨時議長(末本幸夫君) 投票箱に異状なしと認めます。  ただいまから投票を行います。  念のため申し上げます。投票は、単記無記名でお願いをいたします。投票用紙に候補者の氏名を記載の上、投票箱に投函していただきます。  点呼に応じて順次投票を行います。投票用紙の投函は、投票箱に向かって左側から登壇し、投函ののち、右側から降壇してください。  事務局に人員の点呼を命じます。 ◎議会事務局長(白崎光男君) それでは、仮議席番号と氏名を読み上げますので、順番に投票をお願いいたします。  1番 林下豊彦議員、2番 江端一高議員、3番 大門嘉和議員、4番 空 美英議員、5番 山本敏雄議員、6番 佐々木一弥議員、7番 福原敏弘議員、8番 帰山明朗議員、9番 佐々木勝久議員、10番 奥村義則議員、11番 石川 修議員、12番 林 太樹議員、13番 遠藤 隆議員、14番 木村愛子議員、15番 平岡忠昭議員、16番 丹尾廣樹議員、18番 水津達夫議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員、17番 末本幸夫議員。  以上でございます。 ○臨時議長(末本幸夫君) 投票漏れはございませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(末本幸夫君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。                 (議場 開鎖) ○臨時議長(末本幸夫君) 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に3番 大門嘉和君、6番 佐々木一弥君を指名いたします。立ち会いをお願いいたします。                 (開  票) ○臨時議長(末本幸夫君) 選挙の結果を報告いたします。  投票総数20票、これは出席議員の人数に符合いたしております。  有効投票20票、無効投票0票で、有効投票のうち水津達夫君20票、以上のとおりです。  この選挙法定得票数は5票で、したがって水津達夫君が議長に当選されました。  ただいま議長に当選された水津達夫君が議場におられますので、本席から会議規則第32条の第2項の規定により告知いたします。  議長に当選されました水津君の御挨拶をお願いいたします。              〇18番(水津達夫君)登壇 ◆18番(水津達夫君) 一言、御挨拶をさせていただきます。  今回、図らずも皆様方の御推挙をいただき、鯖江市議会議長の要職に就かせていただくことになり、この上もない光栄と存じ、感激いたしております。心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。  浅学非才ではございますが、人格識見ともに卓越された先輩、同僚議員の皆様方の御支援をいただき、この名誉ある席を汚さないよう、一生懸命務めさせていただくつもりです。  市民生活の福祉の向上と、住みよい、住み続けたい元気なまち鯖江の議会として議会運営のリーダーを担わせていただきたいと思っております。どうかよろしくお願いを申し上げます。  議員の皆様方、牧野市長を初め理事者の方々の御指導、御鞭撻を賜りますよう、ひとえにお願いをいたしまして、挨拶にかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手) ○臨時議長(末本幸夫君) これをもちまして、臨時議長の職務を終了いたしました。  それでは、水津議長議長席にお着きいただきたいと思います。               (臨時議長 降壇)              (新議長 議長席へ着席) ○議長(水津達夫君) これより以後の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、ただちに議事に入ります。    ………………………………………………………………………………………… △日程第3.議席の指定 ○議長(水津達夫君) 日程第3、議席の指定を行います。  議席は、会議規則第4条第1項の規程により、議長が指定いたします。  議員各位の議席番号と氏名を事務局に朗読させます。 ◎議会事務局長(白崎光男君) 議席番号と氏名を朗読いたします。  1番 林下豊彦議員、2番 江端一高議員、3番 大門嘉和議員、4番 空 美英議員、5番 山本敏雄議員、6番 佐々木一弥議員、7番 福原敏弘議員、8番 帰山明朗議員、9番 佐々木勝久議員、10番 奥村義則議員、11番 石川 修議員、12番 林 太樹議員、13番 遠藤 隆議員、14番 木村愛子議員、15番 平岡忠昭議員、16番 丹尾廣樹議員、17番 末本幸夫議員、18番 水津達夫議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員。  以上でございます。 ○議長(水津達夫君) ただいま事務局が朗読したとおり、議席を指定いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第4.会議録署名議員の指名 ○議長(水津達夫君) 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第86条の規定により、本臨時会の会議録署名議員に、1番 林下豊彦君、2番 江端一高君、3番 大門嘉和君、以上3名を指名いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第5.会期の決定 ○議長(水津達夫君) 日程第5、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。  今期臨時会会期は、本日および明6日の2日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって会期は本日および明6日の2日間と決しました。  休憩いたします。                休憩 午後2時04分                再開 午後2時26分 ○議長(水津達夫君) 再開いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第6.副議長選挙議長(水津達夫君) 日程第6、副議長選挙を行います。  選挙は投票で行います。  選挙準備のため、暫時休憩いたします。自席でしばらくお待ちください。                休憩 午後2時26分                再開 午後2時27分 ○議長(水津達夫君) 再開いたします。  議場を閉鎖いたします。                 (議場 閉鎖) ○議長(水津達夫君) ただいまの出席議員数は20名です。  投票用紙を配付いたします。                (投票用紙配布) ○議長(水津達夫君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 配布漏れなしと認めます。  投票箱を点検いたします。                (投票箱点検) ○議長(水津達夫君) 投票箱に異状なしと認めます。  ただいまから投票を行います。  念のため申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に候補者の氏名を記載の上、投票箱に投函してください。点呼に応じて順次投票をお願いいたします。投票用紙の投函は、投票箱に向かって左側から登壇し、投函ののち、右側から降壇してください。  事務局に人員の点呼を命じます。 ◎議会事務局長(白崎光男君) それでは議席番号と氏名を読み上げますので順番に投票をお願いいたします。  1番 林下豊彦議員、2番 江端一高議員、3番 大門嘉和議員、4番 空 美英議員、5番 山本敏雄議員、6番 佐々木一弥議員、7番 福原敏弘議員、8番 帰山明朗議員、9番 佐々木勝久議員、10番 奥村義則議員、11番 石川 修議員、12番 林 太樹議員、13番 遠藤 隆議員、14番 木村愛子議員、15番 平岡忠昭議員、16番 丹尾廣樹議員、17番 末本幸夫議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員、18番 水津達夫議員。  以上でございます。 ○議長(水津達夫君) 投票漏れはありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。                 (議場 開鎖) ○議長(水津達夫君) 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番 奥村義則君、20番 菅原義信君を指名いたします。立ち会いをお願いいたします。                 (開  票) ○議長(水津達夫君) 選挙の結果を報告いたします。  投票総数20票、これは出席議員の人数に符合いたしております。  有効投票20票、無効投票0票です。有効投票のうち、福原敏弘君20票、以上のとおりです。  この選挙法定得票数は5票です。したがって福原敏弘君が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました福原敏弘君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規程により告知をいたします。  副議長に当選されました福原敏弘君の御挨拶をお願いいたします。  7番 福原敏弘君。              〇7番(福原敏弘君)登壇 ◆7番(福原敏弘君) 一言御挨拶と御礼を申し上げます。  今ほどは副議長選ということで推挙いただき、20票という重みの票をいただきまして、しっかりと胸にその票を刻みながら、議会運営に邁進をしていきたいなと思っております。  また、水津新議長を補佐する立場としまして、皆様方の今後のお力をいただきながら、しっかりと議会運営ならびに理事者との仲介役として進んでまいる所存でございますので、今後とも議員各位、また牧野市長を初めとする理事者の皆様方には、議会に対して御尽力、そして御理解をいただきますことを重ねてお願いを申し上げまして、一言簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきたいと思います。  どうもありがとうございました。(拍手) ○議長(水津達夫君) ここで牧野市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。  牧野市長。              〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 一言お礼とお祝いの御挨拶を申し上げます。  佐々木勝久前議長には、平成29年7月に、丹尾廣樹前副議長には平成30年6月に、それぞれ御就任以来、今日まですぐれた識見と情熱を持って、その要職を全うされ、鯖江市政と鯖江市議会の発展のために、多大なる御尽力を賜りました。  この間、北陸新幹線敦賀開業に伴う特急存続に向けた取組や、災害時における議会の行動方針となる緊急時業務継続計画の策定など、市民に寄り添い信頼される議会運営に積極的に取り組まれてきたことに対し、心から敬意を表します。  どうぞ今後とも健康には十分御留意いただきまして、鯖江市政ならびに鯖江市議会発展のためにますます御尽力を賜りますようお願い申し上げます。  また、ただいまはその後任として水津達夫議員が第39代議長に、福原敏弘議員が第42代副議長に御当選され、ここに新たに御就任されましたことを心からお祝いを申し上げます。  水津議長におかれましては、平成11年に市議会議員に就任以来、これまで総務委員会産業経済委員会建設委員会議会運営委員会の各委員長職を歴任されるとともに、平成20年7月から平成21年7月までにわたり副議長として公平無私な議会運営と卓越した指導力をもって議会内の取りまとめに尽力されました。  また、福原副議長におかれましては、平成23年に市議会議員に就任以来、産業建設委員会教育民生委員会の各委員長職を歴任されるなど、御活躍をいただいております。  今、全国の地方自治体には少子高齢化東京への一極集中により人口減少に歯どめがかからない中、地域資源を生かした特色あるまちづくりが求められております。本市には、地場産業の中で培われた女性が活躍しやすい風土があり、女性がより生き生きと輝くことのできる環境の醸成を軸とする、持続可能な地域モデルの確立を目指しております。  一方で、若者に魅力ある雇用の創出や中心市街地の活性化、高齢者の移動手段の確保など、喫緊の課題が山積しており、引き続き議会の皆様と私がともに市政を担う者としてその職責を全うし、市政のかじ取りをしていくことが大切であると考えております。  水津議長ならびに福原副議長におかれましては、これまでの豊富な経験を生かしながら、議会の円満な運営発展と鯖江市政の進展にさらなる御尽力を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、今後とも健康には十分御留意いただき、御活躍されますよう御祈念申し上げまして、お礼とお祝いの御挨拶とさせていただきます。    ………………………………………………………………………………………… △日程第7.常任委員会委員の選任および△日程第8.議会運営委員会委員の選任 ○議長(水津達夫君) 日程第7、常任委員会委員の選任および日程第8、議会運営委員会委員の選任を一括して行います。  お諮りいたします。  議会運営委員会については、委員会の性格上、地方自治法第109条第8項の規定により、閉会中も継続して調査および審査することにいたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって議会運営委員会閉会中も継続して調査および審査することに決しました。  各委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することとなっております。  お諮りします。  各委員会委員の選任については、議長において指名いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって委員会委員の選任は、議長において指名することに決しました。  委員会委員の選考のため休憩いたします。                休憩 午後2時45分                再開 午後4時23分 ○議長(水津達夫君) 再開いたします。  休憩中に各委員会委員を選考いたしましたので、事務局から発表させます。 ◎議会事務局長(白崎光男君) 各委員会委員の氏名を申し上げます。  まず最初に総務委員会委員7名を申し上げます。18番 水津達夫議員、12番 林 太樹議員、11番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、8番 帰山明朗議員、5番 山本敏雄議員、2番 江端一高議員。  続きまして産業建設委員会委員6名を申し上げます。20番 菅原義信議員、17番 末本幸夫議員、15番 平岡忠昭議員、13番 遠藤 隆議員、7番 福原敏弘議員、4番 空 美英議員。  次に、教育民生委員会委員7名を申し上げます。19番 玉邑哲雄議員、16番 丹尾廣樹議員、14番 木村愛子議員、9番 佐々木勝久議員、6番 佐々木一弥議員、3番 大門嘉和議員、1番 林下豊彦議員。  最後に議会運営委員会委員7名を申し上げます。19番 玉邑哲雄議員、16番 丹尾廣樹議員、12番 林 太樹議員、11番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、9番 佐々木勝久議員、8番 帰山明朗議員。  以上でございます。 ○議長(水津達夫君) 各委員会委員については、ただいま事務局が発表したとおり指名いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よってただいま指名した議員各位を各委員会委員に選任することに決しました。  ただいま構成されました各委員会の正副委員長互選のため休憩いたします。                休憩 午後4時27分                再開 午後4時56分 ○議長(水津達夫君) 再開いたします。  休憩中に各委員会が開かれ、正副委員長が互選されましたので、その氏名を申し上げます。  総務委員会委員長、5番 山本敏雄君、副委員長、2番 江端一高君。  産業建設委員会委員長、15番 平岡忠昭君、副委員長、4番 空 美英君。  教育民生委員会委員長、6番 佐々木一弥君、副委員長、3番 大門嘉和君。  議会運営委員会委員長、19番 玉邑哲雄君、副委員長、12番 林 太樹君。  以上であります。  ここで牧野市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。  牧野市長。              〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 本日の臨時会におきまして、新しい議会組織について滞りなく御決定をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。  ただいま常任委員会および議会運営委員会におきまして、それぞれ正副委員長に選任されました総務委員会委員長 山本敏雄議員、同副委員長 江端一高議員産業建設委員会委員長 平岡忠昭議員、同副委員長 空 美英議員教育民生委員会委員長 佐々木一弥議員、同副委員長 大門嘉和議員議会運営委員会委員長 玉邑哲雄議員、同副委員長 林 太樹議員の皆様には、御就任に際し心からお喜びを申し上げます。  私は市政を預かる者として、これまで議員各位を初め市民の皆様の御理解と御協力、そして国や県などの御支援もいただきながら、本市固有の地域資源を生かした持続可能なまちづくりに取り組んでまいりました。  しかし人口減少対策を初め、中心市街地の活性化や公共交通問題など、喫緊の課題も山積しており、引き続き議会の皆様と私がともに市政を担う者としてその職責を全うし、市政のかじ取りをしていくことが大切であると考えております。  各委員会の委員長、副委員長を初め議員の皆様には、市政の発展にさらなる御尽力を賜りますよう、心からお願い申し上げますとともに、今後とも健康に十分御留意いただき、御活躍されますよう御祈念申し上げまして、お祝いの御挨拶とさせていただきます。    ………………………………………………………………………………………… △日程第9.鯖江広域衛生施設組合議会議員選挙から日程第13.福井県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙まで ○議長(水津達夫君) 日程第9、鯖江広域衛生施設組合議会議員選挙から、日程第13、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙まで、以上5件を一括して行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選により行うことに決しました。  お諮りいたします。  指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって議長において指名することに決しました。  事務局にその氏名を発表させます。 ◎議会事務局長(白崎光男君) それでは各組合議会議員の氏名を申し上げます。  最初に鯖江広域衛生施設組合議会議員8名を申し上げます。18番 水津達夫議員、15番 平岡忠昭議員、14番 木村愛子議員、12番 林 太樹議員、8番 帰山明朗議員、6番 佐々木一弥議員、5番 山本敏雄議員、3番 大門嘉和議員
     次に、鯖江・丹生消防組合議会議員5名を申し上げます。19番 玉邑哲雄議員、18番水津達夫議員、4番 空 美英議員、2番 江端一高議員、1番 林下豊彦議員。  次に福井県丹南広域組合議会議員5名を申し上げます。20番 菅原義信議員、18番 水津達夫議員、11番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、7番 福原敏弘議員。  次に、公立丹南病院組合議会議員5名を申し上げます。18番 水津達夫議員、17番 末本幸夫議員、16番 丹尾廣樹議員、13番 遠藤 隆君、9番 佐々木勝久議員。  次に、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員2名を申し上げます。18番 水津達夫議員、17番 末本幸夫議員。  以上でございます。 ○議長(水津達夫君) お諮りいたします。  各組合議会議員については、ただいま事務局が発表したとおり当選人とすることに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって、ただいま指名した議員各位が各組合議会議員に当選をされました。  ただいま当選されました各組合議会議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第14.議案第43号 専決処分承認を求めることについて(令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)) ○議長(水津達夫君) 日程第14、議案第43号、専決処分承認を求めることについて(令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第2号))を議題といたします。  理事者から提案理由の説明を求めます。  牧野市長。              〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 本臨時会に御提案いたしました議案第43号 専決処分承認を求めることについて御説明申し上げます。  6月18日に山形県沖を震源とする地震が発生した際に、姉妹都市であり、災害時相互応援協定締結しております新潟県村上市に対しまして、鯖江市および鯖江市議会が支出いたしました災害見舞金60万円につきまして、6月専決補正予算に計上し、専決処分させていただきましたので、その承認を求めるものでございます。  その結果、補正後の予算総額は264億6100万円となりました。  なにとぞ慎重に御審議くださいまして、妥当な御決議を賜りますようにお願い申し上げます。 ○議長(水津達夫君) ただいまの説明に対し質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題になっております議案第43号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって、議案第43号については、委員会の付託を省略することに決しました。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) ないようでありますので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  議案第43号、専決処分承認を求めることについて(令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第2号))を採決いたします。  本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(水津達夫君) 起立全員であります。  よって、議案第43号は原案のとおり承認されました。    ………………………………………………………………………………………… △日程第15.議案第44号 鯖江市監査委員の選任について ○議長(水津達夫君) 日程第15、議案第44号 鯖江市監査委員の選任についてを議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、9番 佐々木勝久君の退場を求めます。               (佐々木勝久君 退場) ○議長(水津達夫君) 理事者から提案理由の説明を求めます。  牧野市長。              〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 議案第44号 鯖江市監査委員の選任について御説明申し上げます。  監査委員の小竹法夫氏が、7月14日をもちまして任期満了となりましたので、その後任として佐々木勝久氏を選任いたしたいと存じます。  佐々木氏は人格識見ともにすぐれた方であり、最も適任と考えますので、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(水津達夫君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) ないようでありますので、質疑を終結します。  お諮りをいたします。  ただいま議題になっております議案第44号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって議案第44号については、委員会の付託を省略することに決しました。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) ないようでありますので、討論を終結いたします。  これにより採決いたします。  議案第44号 鯖江市監査委員の選任については、本案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(水津達夫君) 御異議なしと認めます。  よって、議案第44号は原案のとおり同意することに決しました。  9番 佐々木勝久君の入場を許可いたします。               (佐々木勝久君 入場) ○議長(水津達夫君) 以上で今臨時議会に付議されました事件はすべて議了いたしました。  これをもちまして第420回鯖江市議会臨時会閉会いたします。  皆様、お疲れさまでございました。                閉会 午後5時09分...