鯖江市議会 > 2015-11-25 >
平成27年12月第403回定例会−11月25日-01号

ツイート シェア
  1. 鯖江市議会 2015-11-25
    平成27年12月第403回定例会−11月25日-01号


    取得元: 鯖江市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-01-27
    平成27年12月第403回定例会−11月25日-01号平成27年12月第403回定例会                第403回鯖江市議会定例会会期日程           会期 平成27年11月25日(水)開会                   12月18日(金)閉会 24日間  ┌──────┬─┬────┬───────────────────────┐  │ 月  日 │曜│  時  │       内       容       │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │11月25日│水│ 10時 │ 本会議決算審査報告・採決、提案理由説明) │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   26日│木│  9時 │ 休 会  一般質問通告受付開始       │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   27日│金│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   28日│土│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   29日│日│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   30日│月│ 12時 │ 休 会  一般質問通告〆切         │
     ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │12月 1日│火│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    2日│水│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    3日│木│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    4日│金│ 10時 │ 議会・行政改革推進特別委員会        │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    5日│土│    │ 休 会                   │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    6日│日│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    7日│月│ 10時 │ 本会議(質疑、代表・一般質問)       │  │      │ ├────┼───────────────────────┤  │      │ │    │ 議会運営委員会               │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    8日│火│ 10時 │ 本会議(一般質問)             │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │    9日│水│ 10時 │ 本会議(一般質問)             │  │      │ ├────┼───────────────────────┤  │      │ │本会議終│ 総合戦略特別委員会             │  │      │ │了後  │                       │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   10日│木│ 9時30分│ 常任委員会                 │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   11日│金│    │ 休 会                   │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   12日│土│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   13日│日│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   14日│月│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   15日│火│ 10時 │ 総合戦略特別委員会            │  │      │ ├────┼───────────────────────┤  │      │ │13時30分│ 議会・行政改革推進特別委員会        │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   16日│水│    │ 休 会                   │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   17日│木│    │  〃                    │  ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤  │   18日│金│  9時 │ 議会運営委員会               │  │      │ ├────┼───────────────────────┤  │      │ │ 10時 │ 本会議(委員長報告・採決)         │  └──────┴─┴────┴───────────────────────┘              議 案 審 議 結 果 一 覧                            市長提出 (11月25日議決) ┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐ │ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第54号 │平成26年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定に│ 決算特別 │ 認 定 │ │     │ついて                    │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第55号 │平成26年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │ │     │歳出決算の認定について            │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第56号 │平成26年度鯖江市後期高齢者医療特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │ │     │出決算の認定について             │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第57号 │平成26年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │ │     │決算の認定について              │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第58号 │平成26年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │ │     │歳出決算の認定について            │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第59号 │平成26年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │ │     │決算の認定について              │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第60号 │平成26年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決│  〃  │  〃  │ │     │算の認定について               │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第61号 │平成26年度鯖江市水道事業会計決算の認定につい│  〃  │  〃  │ │     │て                      │     │    │ └─────┴───────────────────────┴─────┴────┘                            市長提出 (12月18日議決) ┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐ │ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第68号 │平成27年度鯖江市一般会計補正予算(第3号) │総務・産建│ 可 決 │ │     │                       │教民   │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第69号 │平成27年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算教育民生 │  〃  │ │     │(第1号)                  │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第70号 │平成27年度鯖江市水道事業会計補正予算(第2 │ 産業建設 │  〃  │ │     │号)                     │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第71号 │鯖江市個人番号の利用および特定個人情報の提供に│ 総  務 │  〃  │ │     │関する条例の制定について           │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第72号 │鯖江市個人番号カードの利用に関する条例の制定に│  〃  │  〃  │ │     │ついて                    │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第73号 │鯖江市地元企業就労者支援住宅の設置および管理に│ 産業建設 │  〃  │
    │     │関する条例の制定について           │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第74号 │鯖江市下水道事業の設置等に関する条例の制定につ│  〃  │  〃  │ │     │いて                     │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第75号 │鯖江市税条例等の一部改正について       │ 総  務 │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第76号 │鯖江市農業集落排水処理施設設置および管理に関す│ 産業建設 │ 可 決 │ │     │る条例の一部改正について           │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第77号 │鯖江市下水道条例の一部改正について      │  〃  │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第78号 │鯖江市環境教育支援センターにおける指定管理者の│ 産業建設 │  〃  │ │     │指定について                 │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第79号 │市道路線の認定について            │  〃  │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第80号 │鯖江市教育委員会委員の任命について      │  ―  │ 同 意 │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第81号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  ―  │  〃  │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第82号 │鯖江市固定資産評価審査委員会委員の選任について│  ―  │  〃  │ └─────┴───────────────────────┴─────┴────┘                            議員提出 (12月18日議決) ┌──────┬────────────────────────────┬────┐ │ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │ ├──────┼────────────────────────────┼────┤ │ 第 6 号 │年金積立金の専ら被保険者の利益のための安全かつ確実な運用│ 可 決 │ │      │に関する意見書について                 │    │ ├──────┼────────────────────────────┼────┤ │ 第 7 号 │北陸新幹線金沢・敦賀間開通後の特急「サンダーバード」「し│  〃  │ │      │らさぎ」の存続を求める意見書について          │    │ └──────┴────────────────────────────┴────┘                  陳情の審査結果一覧  (継続審査となっていたもの) ┌───┬──────────────┬───────────┬─────┬───┐ │番 号│    件    名    │   提 出 者   │付託委員会│結 果│ ├───┼──────────────┼───────────┼─────┼───┤ │陳 情│年金積立金の専ら被保険者の利│日本労働組合総連合会福│ 教育民生 │採 択│ │第2号│益のための安全かつ確実な運用│井県連合会      │     │   │ │   │に関する意見書(決議)の採択│ 会長 山岸 克司  │     │   │ │   │を求める陳情書       │連合福井丹南地域協議会│     │   │ │   │              │ 議長 伊藤 彰   │     │   │ └───┴──────────────┴───────────┴─────┴───┘             第403回鯖江市議会定例会会議録    …………………………………………………………………………………………          平成27年11月25日(水曜日)午前10時00分開会    …………………………………………………………………………………………    〇出席議員(20人)              1番  福 野   葵                           2番  大 門 嘉 和                           3番  山 本 敏 雄                           4番  佐々木 一 弥                           5番  福 原 敏 弘                           6番  佐々木 勝 久                           7番  小 竹 法 夫                           8番  林   太 樹                           9番  遠 藤   隆                           10番  帰 山 明 朗                           11番  石 川   修                           12番  奥 村 義 則                           13番  木 村 愛 子                           14番  丹 尾 廣 樹                           15番  平 岡 忠 昭                           16番  末 本 幸 夫                           17番  水 津 達 夫                           18番  蓑 輪   昇                           19番  玉 邑 哲 雄                           20番  菅 原 義 信    …………………………………………………………………………………………    〇欠席議員(0人)    …………………………………………………………………………………………    〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男                  副市長          池 田 達 昭                  教育長          辻 川 哲 也                  地方創生統括監      三 上 裕 介                  総務部長兼危機管理監   東 井 忠 義                  政策経営部長       斉 藤 幸 治                  政策経営部情報統括監   牧 田 泰 一                  健康福祉部長       伊 部 雅 俊                  産業環境部長       中 村 修 一                  都市整備部長       安 原 俊 憲                  教育委員会事務部長    友 永 英 宣                  会計管理者        岩 壁 範 幸                  監査委員事務局長     三田村 節 子    …………………………………………………………………………………………    〇説明補助者として出席したもの                  総務課長         軽 部 利 宣                  秘書広報課長       関 本 光 浩                  財政課長         中 嶋 誠 一
                     社会福祉課長       畠 中 則 幸                  商工政策課長       青 山 英 彦                  農林政策課長       西 村 郁 夫                  土木課長         塚 本 一 浩                  教育審議官        柴 田 直 昌                  教育総務課長       福 岡 正 義    …………………………………………………………………………………………    〇職務のため出席したもの  議会事務局次長      八 田   宏                  議会事務局参事      山 口 達 哉                  議会事務局主任      小 澤 仁 美                  議会事務局主任      佐々木 裕 基    …………………………………………………………………………………………                開会 午前10時00分 ○議長(末本幸夫君) おはようございます。  ただいまから、第403回鯖江市議会定例会を開会いたします。  報告いたします。議会事務局長、高尾副次君から都合により欠席の届け出が出ております。  本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。    ………………………………………………………………………………………… △日程第1.会議録署名議員の指名 ○議長(末本幸夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第86条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、7番 小竹法夫君、8番 林 太樹君、9番 遠藤 隆君、以上3名を指名いたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第2.会期の決定 ○議長(末本幸夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について委員長の報告を求めます。  議会運営委員長 玉邑哲雄君。            〇議会運営委員長(玉邑哲雄君)登壇 ◎議会運営委員長(玉邑哲雄君) おはようございます。  第403回定例会の運営につきまして、去る10月26日と11月18日に開催をいたしました議会運営委員会における審議の結果につきまして、御報告を申し上げます。  今期定例会に付議されます案件は、議案として、補正予算3件、個人番号の利用および特定個人情報の提供に関する条例、地元企業就労者支援住宅の設置条例の制定、下水道事業の設置条例の制定議案など4件、税条例や下水道条例の一部改正など3件、指定管理者の指定議案1件および市道路線の認定議案1件の合計12件議案であります。  さて、これら案件の審査等に要する日程でありますが、本日は第402回定例会で決算特別委員会の閉会中の継続審査とされました平成26年度一般会計および特別会計等の決算の認定についての議案8件について、委員長から委員会の審査の経過および結果の報告を受け、質疑、討論の上、採決をいたします。引き続き、市長の市政所信表明ならびに各議案等に対する提案理由の説明を行い、散会といたします。あす11月26日から12月6日までは休会とし、12月7日、8日、9日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、代表質問、引き続いて一般質問を行います。これらの質問に対する発言通告書の提出期限は、あすの9時から11月30日月曜日の正午までといたします。各常任委員会の審査日程につきましては、12月10日、11日および14日の3日間といたします。また、議会行政改革推進特別委員会は12月4日に、総合戦略特別委員会は12月15日に行うことといたします。そして12月18日を最終日とし、本会議を開き、委員会における審査結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決いただきたいと思います。  以上のとおり議会日程をもちまして、本定例会会期は、本日から12月18日までの24日間とすることで意見の一致を見た次第であります。  本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして御報告といたします。 ○議長(末本幸夫君) お諮りいたします。  今期定例会会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月18日までの24日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。  よって、会期は本日から12月18日までの24日間と決しました。    ………………………………………………………………………………………… △日程第3.諸般の報告 ○議長(末本幸夫君) 日程第3、諸般の報告を行います。  お手元に配付してあります議会報告(第4号)をもって報告といたします。    ………………………………………………………………………………………… △日程第4.議案の審査結果(継続審査) ○議長(末本幸夫君) 日程第4、議案の審査結果を議題といたします。  第402回定例会において継続審査となりました議案第54号 平成26年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第61号 平成26年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてまで以上8議案について、決算特別委員長から、審査の経過ならびに結果について報告を求めます。  決算特別委員長、奥村義則君。            〇決算特別委員長(奥村義則君)登壇 ◎決算特別委員長(奥村義則君) おはようございます。  それでは、決算特別委員会の審査の経過につきまして御報告を申し上げたいと存じます。  さきの第402回9月定例会におきまして決算特別委員会が設置され、付託の上、閉会中の継続審査となっておりました。  議案第54号 平成26年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第55号 平成26年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第56号 平成26年度鯖江市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第57号 平成26年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第58号 平成26年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第59号 平成26年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第60号 平成26年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第61号 平成26年度鯖江市水道事業会計決算の認定について、以上決算議案8件につきまして、9月29日および30日、そして10月21日の3日間にわたり決算の審査を行いましたので、その審査の概要ならびに結果を御報告申し上げます。  決算の審査でございますが、9月29日および30日において、総務、産業建設および教育民生の分科会ごとに行い、決算書および主要な施策の成果に関する説明書に基づきまして理事者の説明を受け、監査委員の歳入歳出決算審査意見書を参考に審査を行いました。10月21日には総務、産業建設および教育民生の各分科会で分科会ごとのまとめを行い、10月29日には決算特別委員会委員長、副委員長、各分科会委員長および副委員長、それに正副議長で調整会議を行い、総括審査における質疑事項の6項目を選定いたしました。そして11月16日には、各分科会でまとめた質疑事項6項目について、市長、副市長、教育長を初めとする理事者の出席を求め、総括審査を行った次第でございます。  なお、この総括審査につきましては、議員全員の参加で行われたこと、およびUstreamによる映像の配信を行っていることにより、今回の報告につきましては採決結果のみの御報告とさせていただきます。  決算議案8件を採決いたしました結果、議案第54号、議案第55号、議案第56号、議案第57号および議案第60号の5議案につきましては、いずれも多数の賛成をもって、また議案第58号、議案第59号および議案第61号の3議案につきましては、全員の賛成をもって原案のとおり認定すべきものと決した次第でございます。  なお、理事者には、総括審査の6項目には特に留意されるとともに、この報告以外の分科会における細かい指摘や要望事項についても十分なる御配慮を賜り、今後の予算編成への反映や改善に、さらに一層の努力を払われるよう要請するものでございます。  以上、決算特別委員会の御報告といたします。 ○議長(末本幸夫君) ただいまの報告に対して、質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(末本幸夫君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(末本幸夫君) ないようでありますので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  議案第54号 平成26年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 多 数) ○議長(末本幸夫君) 起立多数であります。  よって、議案第54号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第55号 平成26年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 多 数) ○議長(末本幸夫君) 起立多数であります。  よって、議案第55号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第56号 平成26年度鯖江市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 多 数) ○議長(末本幸夫君) 起立多数であります。  よって、議案第56号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第57号 平成26年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 多 数) ○議長(末本幸夫君) 起立多数であります。  よって、議案第57号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第58号 平成26年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(末本幸夫君) 起立全員であります。  よって、議案第58号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第59号 平成26年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(末本幸夫君) 起立全員であります。  よって、議案第59号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第60号 平成26年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 多 数) ○議長(末本幸夫君) 起立多数であります。  よって、議案第60号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第61号 平成26年度鯖江市水道事業会計歳入歳出決算の認定について採決いたします。決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(末本幸夫君) 起立全員であります。  よって、議案第61号は原案のとおり認定されました。    ………………………………………………………………………………………… △日程第5.議案第68号 平成27年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第16.議案第79号 市道路線の認定についてまで
    ○議長(末本幸夫君) 日程第5、議案第68号 平成27年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から、日程第16、議案第79号 市道路線の認定についてまで、以上12件を一括議題といたします。  理事者の提案理由の説明を求めます。  牧野市長。              〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 第403回鯖江市議会定例会の開会に当たり、平成27年度補正予算案を初め各議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。  初めに、10月15日と16日の2日間にわたり、第167回北信越市長会総会が本市で開催されました。北信越5県から69市長が一堂に会し、人口減少問題や地域経済の活性化など、各地域を取り巻く行政課題や国への要望事項等について協議したほか、市内視察や意見交換会では本市の魅力を十分に感じていただくことができました。御協力を賜りました関係者の皆様に、この場をおかりし、心からお礼申し上げます。  次に、総合戦略ならびに人口ビジョンについてでありますが、2060年の人口目標を6万人とする人口ビジョンと、「世界にはばたく地域ブランド めがねのまち さばえ」をコンセプトに四つの基本目標、三つの重点施策、18の基本施策で構成する鯖江市まち・ひと・しごと創生総合戦略を10月30日に策定いたしました。今後、総合戦略を実行に移すとともに、KPIの達成状況を随時把握し、必要に応じ見直しを行うなど、人口減少問題への対応に向けて、その効果が十分に得られるよう取り組んでまいります。  こうした中、9月1日時点の住民基本台帳人口が、市制施行以来最高の6万9,026人となりました。その後も更新を続け、11月1日現在では6万9,079人となり、日本人人口も過去最高の6万8,275人となりました。ことしは国勢調査の年であり、全国一斉に調査が実施されたところですが、来年2月に公表されます人口の速報値に期待が膨らむところでございます。なお、今回の調査からインターネット回答が導入されましたが、本市の回答率は49.1%と福井県内では最も高い結果となりました。ITのまち鯖江としてインターネットの活用が進んでいることはうれしい限りであり、改めて御協力いただきました市民の皆様に感謝申し上げます。  次に、国の地域住民生活等支援のための交付金、いわゆる地方創生先行型交付金についてでありますが、当市では6事業分の9,903万7,000円を申請しておりましたが、既に基礎交付分として3月24日に交付決定を受けていた4,653万7,000円に加え、今月10日に上乗せ交付分として5,250万円の交付決定を受け、全ての事業が満額で採択されることになりました。  特に、次世代産業創造支援事業は、事業の先駆性が認められ、上乗せ交付分として4,250万円の交付決定を受けることができました。本事業では、医療分野やウエアラブ情報端末等の成長分野への参入を目指す市内企業が取り組む海外販路開拓や海外向けの情報発進等に対して補助金支援を行うほか、鯖江ブランド確立に向けた各種支援の取組を行っております。  また、眼鏡型情報端末スマートグラスの開発も可能な産地としての認知獲得と同分野の受注機会の創出を目的に、株式会社村田製作所と市内眼鏡関連企業2社を含む計6社による官民共同プロジェクトを立ち上げるとともに、デザインとかけ心地にすぐれたスマートグラスのコンセプトモデルを試作し、10月7日から4日間、千葉県の幕張メッセで開催されたIT・エレクトロニクス総合展「シーテックジャパン2015」で展示・発表いたました。この展示会初日には、村田製作所主催のパネルディスカッションにおいて、約150名の電子情報産業関係者に対し、鯖江産地が誇るすぐれたかけ心地やチタン等の加工技術をアピールいたしました。  一方、総合戦略策定に伴う上乗せ交付分1,000万円につきましては、現在、慶応大学メディアデザイン研究科と越前漆器協同組合が共同で取り組む「伝統工芸とITを生かした地方創生事業」の次の展開への活用を図ります。海外への産地情報発信強化や購入希望者とのITを使ったマッチング、海外販売の展開、海外から消費者を呼び込む産地巡礼型観光モデルの検討、3DプリンターなどのIT機器を使い、若手職人とコラボした1点物の受注生産に取り組んでまいります。  特に、産地巡礼型観光モデルにつきましては、去る10月17日と18日に同研究科が連携する米国屈指の芸術、デザイン建築系の美術大学の学生6人が河和田地区を訪れ、地域の魅力や課題をリサーチしました。このフィールドワークは12月にも行い、来年1月には研究結果の発表を行うこととなっており、インバウンド消費に対応できる外国人向けの観光プランの確立に期待をしております。  また、越前漆器協同組合では、民間の仕入れ、卸業者が運営する海外向け卸サイト「スーパーデリバリー」を利用した世界134カ国への販売も開始しており、引き続きこれら産学官が連携した世界戦略を推進してまいります。  さらに、地方創生の取組の一つである本市の体験移住事業「ゆるい移住」プロジェクトでは、10月30日に1回目の月例ワークショップを開催しました。高年大学やJK課のメンバー、市職員とともに世代を超えて本市の魅力や課題などについて話し合いを行い、交流を深めました。その後も、野菜の収穫やスティックリング体験をするなど、地元の方々との交流も深まっており、若者が住みたくなる・住み続けたくなるまちづくくりに向けて、参加者からの有益な意見が得られることを期待しております。  なお、平成28年度における新型交付金につきましては、地方の意見等を十分に踏まえる形で対象分野、対象経費の制約などを大胆に排除するほか、総合戦略を踏まえ、少なくとも当面の5年間を見据えて施策展開を図れるよう継続的なものとするなど、その内容や規模についてさらなる検討が進められることを強く期待しております。  次に、河和田アートキャンプ活動に取り組むうるしの里活性化推進事業実行委員会が、全国の地方新聞社と共同通信社が設けた第6回地域再生大賞の1次審査を通過し、大賞など各賞の候補団体として全国50団体の一つにノミネートされました。この賞は、自然保護文化の継承、新たな産業づくりなど、地域活性化に取り組む団体を支援しようと設けられたもので、今月1日には、選考委員会の皆様がアートキャンプの活動の拠点である古民家を訪問し、活動状況を視察しました。河和田アートキャンプは、ことしで11回目の開催となりましたが、ことしも大学生と地域が連携したさまざまな取組が行われました。さらに、OB、OGのうち7名が本市に移住し、創業もしくは就職するとともに、グループでの地域活動も行っております。特に10月31日から11月1日にかけて開催された、つくり手の思いやものづくりの背景に触れながら商品を購入できる体験型マーケット「RENEW」には、市内はもちろん県内外から多くの方が訪れるなど、地域の活性化に大いに貢献いただいております。年明けには各賞が決定するとお聞きしており、その結果に期待しているところであります。  また、第50回全国漆器展において、越前漆器協同組合が5年連続12回目となる団体賞最高賞の桂宮賞を受賞しました。さらに、個人でも伝統工芸師の山田秀樹氏が最高位の賞である経済産業大臣賞を受賞するなど、全13賞のうち4賞を越前漆器が占めるという偉業をなし遂げました。名実ともに日本一の漆器の産地であることが実証されたことは、越前漆器に携わる皆様はもとより、鯖江市民にとりましても大変名誉なことであり、産地の方々のこれまでの御努力に対し、心からの敬意を表するものであります。  次に、1,600本のモミジの名所である西山公園では、今月14日と15日に「2015さばえもみじまつり」が開催されました。当日は、おもてなしテント市、呈茶サービス、親子ふれあい写生大会や、昨年に引き続き、「もみじを奏でるさばえスタンプラリー」、西山公園と街なかを回遊する「ボランティアガイドと歩くさばえ街なかツアー」などに加え、新たなイベントとして、「さばえ聯隊カレエとデザートとしてのスイーツPR販売」を開催し、あいにくの雨模様ではありましたが、2日間で約7,500人の人出となりました。  さて、このモミジの季節が過ぎると、いよいよ雪のシーズンを迎えます。9月25日に新潟地方気象台が発表した12月から来年2月までの天候見通しでは、冬型の気圧配置が長続きしないことから、平年に比べ降雪量は少なく、気温も高い見込みではありますが、本市では、今月5日に雪害対策関係行政機関等連絡会を開催するとともに、立冬の8日には除雪対策本部を設置し、雪害や除雪対策に万全を期したところであります。市民の皆様には、除雪作業に支障が出ないよう、違法駐車や車道への雪投げはしないなど、モラルを守っていただくようお願いするとともに、関係機関が一体となり、市民協働による雪に強いまちづくりに努めてまいります。  それでは、当面する市政の諸課題について申し上げます。  まず、平成28年度の予算編成に向けた動向についてでありますが、国においては、6月30日に閣議決定された経済財政運営と改革の基本方針2015、いわゆる骨太の方針で示された経済・財政再生計画を踏まえ、平成28年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針が閣議了解されております。しかし、高齢化に伴う社会保障関係費の伸びにより、平成28年度一般会計予算の概算要求額は、2年連続で100兆円超となり、過去最大の102兆4,099億円になりました。  地方財政の分野においても、経済・財政再生計画においては、地方の安定的な財政運営に必要となる一般財源の総額について、平成30年度までは今年度の水準を下回らないよう、実質的に同水準を確保するとの方針が明記されました。しかし、一方では、地域の活性化と頑張る地方を支援する仕組みへの地方交付税制度等の改革や、国と地方を通じた歳出効率化に取り組むこととされています。これを受けた平成28年度の地方財政収支の見通しを示す総務省の仮試算では、地方の一般財源総額は、前年度比0.8%増の62兆円と、ほぼ今年度と同水準が見込まれていますが、国の一般会計予算の概算要求において、地方交付税は、出口ベースで前年比2.0%減の16兆4,266億円とされています。  こうした中、本市の財政見通しは、歳入の根幹をなす市税収入が景気の回復による個人所得の増等により増加したものの、扶助費等への社会保障関係経費や長期借入金に係る償還金など、義務的経費が依然高い水準で推移しており、財政の硬直性は依然として高い状態にあります。  また、公営企業会計特別会計の市債残高の合計は、一般会計を上回る292億円余となっております。今後はその償還に加え、老朽化した関連施設の維持・更新コストの増大により、使用料値上げは不可避な状況にあることから、経営努力によって値上げ幅を圧縮することはもちろんのこと、財務・経営状況の透明化を図ることが必要となっております。  このように、国の動向が不透明で、本市の財政見通しも厳しい中ではありますが、先月29日に予算編成方針を示し、現在、各部において平成28年度当初予算の編成作業を行っております。平成28年度は、今年度にも増して一般財源不足による厳しい予算編成が予想されますが、時代は今、社会経済的にも大きな転換期を迎えており、人口減少や地域経済の低迷に歯どめをかけるために、地方創生事業や中心市街地の整備、新産業の創出等、鯖江市独自のまちづくりを打ち出すことが求められております。  そこで、平成28年度当初予算では、地方創生自治体モデルの創造を目指し、未来へ向けての投資を行うべく、総合戦略基本目標に掲げている魅力ある雇用の創出、若者が住みたくなるまちの創造、若くて元気なまちの創造、安心で快適に暮らせるまちの創造の4項目を推進するための施策について、財源を重点的に配分することとします。  国における概算要求基準においては、新しい日本のための優先課題推進枠として特別枠を設け、公的サービスの産業化など、骨太の方針等を推進する施策に重点配分することとされましたが、本市の当初予算編成においても、鯖江市まち・ひと・しごと創生総合戦略枠の創設や若手職員チャレンジ枠の継続、行財政改革の推進など8項目からなる編成方針の大きな柱を設定いたしました。特に、鯖江市まち・ひと・しごと創生総合戦略枠につきましては、本格的な人口減少社会を見据え、人口減少問題への対策を全庁的に推進するため、鯖江から国を変える意気込みで積極的かつ斬新な提案を期待するものであります。  また、クラウドファンディング「FAAVOさばえ」およびふるさと納税制度につきましては、予想を超える多くの方から支援をいただいており、順調に推移しております。引き続き、財政負担の軽減ならびに情報発信の観点から積極的な活用を図ってまいります。  さらに、市民の皆様の行政への参加意識の向上に向けた施策として、昨年度に引き続き、元気さばえっ子・ゆめみらい債を発行いたします。募集期間は1月8日から15日で、福井銀行の市内5店舗で取り扱います。本年度も発行額を6億円とし、1月10日の日曜日も鯖江支店にて受付を行うなど、より多くの方に購入いただける機会を設けるほか、特に今年度は若者にも鯖江への愛着と関心を深めてもらうことを目的に、5,000万円の新成人販売枠を設定いたします。引き続き、多様化する市民ニーズに的確に対応するため、新たな財源の確保と経常経費の縮減に取り組み、厳しい中でも夢の持てる持続可能な行財政運営の確立に努めてまいります。  次に、マイナンバー制度についてでありますが、本市では、市民の皆様に制度を理解していただくために、広報紙やホームページで説明を行うとともに、主に高齢者を対象とした出前講座を実施してまいりました。今月9日からは、個人番号を通知する通知カードの配達が開始されており、今後、個人番号カード交付申請が本格化していきますので、確実なカード交付事務に努めてまいります。  次に、鯖江公民館改築工事の進捗状況についてでありますが、7月下旬に工事着工し、現在、3階の床コンクリートまで施工が完了しております。引き続き3階の柱、はり、および屋上床の施工に取りかかっており、12月末には構造体が姿をあらわす予定です。近隣の皆様や利用者の皆様に大変御迷惑をおかけいたしますが、来年春の完成を目指し、安全第一に工事を進めてまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。  また、総合体育館についてでありますが、当体育館は、鯖江市地域防災計画で災害発生時における救援物資集積地に位置づけているほか、平成30年福井国体でのなぎなた競技の会場にもなっています。しかし、昭和50年に完成して以来40年が経過しており、一部に老朽化が見られ、耐震診断結果ではCランクとなっていることから、国の緊急防災・減災事業を活用して、平成28年度中の完成を目指して耐震補強を含む施設改修工事を行います。  それでは、主要な事業について申し上げます。  まず、ものづくり産業の振興に関して申し上げます。  ことしも10月23日から25日までの3日間、さばえものづくり博覧会2015が開催されました。ことしのものづくり博覧会には、198事業所300ブースの出展があり、初日には市内の中学1年生724人が見学に訪れるなど、3日間で1万1,850人となる来場者でにぎわいました。今年は、長野県岡谷市の精密部品メーカーなどのものづくりに取り組む企業グループに参加いただいたほか、慶応大学大学院メディアデザイン研究科による3Dプリンターの実演も行われ、来場者の注目を集めていました。あわせて、講演会や国際化シンポジウムを開催するとともに、今回から新たに「さばえエクスペリエンス・デー」と称した市内眼鏡工場の見学会を行うなど、多彩な内容での開催となりました。  一方、10月6日から3日間、東京ビックサイトで開催された国内最大級の眼鏡の総合市IOFT2015を産地の市長として視察してまいりました。今回、産地からは、昨年に比べて3社多い計64社が出展される中、各社のブースでは産地が誇る世界最高峰の技術を生かした最新の機能とデザインが盛り込まれた眼鏡が出品されており、活発に商談が行われていました。  ことしは自民党の稲田政調会長にも会場にお越しいただき、ともに各社のブースを回らせていただく中、産地を代表する眼鏡メーカーの経営者の方々から、産地の現状や目指すべき方向性、具体的な振興策等について生の声を伺うことができました。特に、来年5月27日から3日間、嚮陽会館において、産地にとっては20年度ぶりとなる産地展示会「さばえめがねメッセ」が開催されることから、産地鯖江としてのブランド確立を熱望する声が数多く聞かれました。今回の経験をもとに、市の産業施策に磨きをかけていくことで、産地鯖江のさらなる活性化を目指してまいります。  次に、9月から着工しましためがねの広告塔改修工事でありますが、天候にも恵まれ、工事も順調に進み、先週末をもちまして照明のLED化工事が完了し、足場および索道の解体を残すのみとなりました。11月24日現在、ふるさと納税で1,030万円余、クラウドファンディング「FAAVOさばえ」で130万円余という多くの寄附が集まっており、12月15日には点灯式を行う運びとなりました。広告塔が明るくよみがえることで、めがねのまち鯖江のPRにつながるものと期待しております。  次に、地元企業就労者支援シェアハウス事業についてでありますが、改修工事も順調に進み、12月下旬に完成する見通しとなりました。この事業は、河和田地区の企業に就労する若者のひとり暮らしへの不安の払拭や経済的な支援を目的として住まいを提供するものであり、一戸建ての木造住宅で4人が共同生活を行います。工事完成後に実施する入居募集等の手続や施設管理の方法を定めるため、今議会に設置および管理に関する条例(案)を上程したところであります。  次に、中心市街地商店街についての取組についてでありますが、福井県おもてなし商業エリア創出事業の支援を受け、古町商店街アーケードの柱74本に越前漆器の加飾技術を用いて鯖江らしさを感じる眼鏡、繊維、漆器、ツツジなど8種類のモチーフを描きました。また、店主自慢の一品やサービス、歴史など50店舗分を紹介した「さばえ街なか商店街三ツ星ガイドブック」を発行いたしました。ガイドブックを活用し、専門店ならではのサービスや隠れた魅力、おもてなしに触れていただくとともに、自然豊かなものづくりのまち鯖江を中心市街地から発信し、「行ってみたい、歩いてみたい、見てみたい、食べてみたいまち」を目指してまいります。  次に、農業振興についてでありますが、平成27年産米につきましては、生産数量目標の配分開始以来、初めて過剰作付が解消され、生産者にとっては価格回復への期待が高まっているところであり、今後もこの傾向が続くことを期待しております。  また、本市がブランド米として推進していますさばえ菜花米は、本年度は30.9ヘクタールの圃場から約2,300俵の収穫が見込まれています。既にJAたんなんや栽培農家から販売されておりますが、市では広報紙や道の駅西山公園での新米フェア、明治大学ホームカミングデー等でPRを行うなど、販路拡大に取り組んでおります。  次に、農地中間管理事業の進捗状況についてでありますが、現在、機構集積協力金の後押しもあり、二つの集落営農組織が本年度中の法人化を目指しております。今後も本事業を活用し、地域農業の中心となる経営体に農地を集積、集約することで経営基盤の強化と経営コストの低減、農業経営の安定を図ってまいります。  また、来年の2月15日と16日の両日、一般社団法人都市農村漁村交流活性化機構主催の北陸地域では初となる「学校給食における地場食材活用セミナー」が市内ホテルとうるしの里会館を会場に開催されます。セミナーには、全国から栄養士栄養教諭、行政関係者、生産者、流通関係者など多数が参加されますので、鯖江の学校給食のすばらしさを来て、見て、聞いて、感じていただきたいと考えております。  次に、国では、新たな農業・農村政策により、昭和45年から続いていた行政による生産数量目標の配分を平成30年度から廃止し、農家等がみずからの経営判断で需要のある作物が生産できる環境づくりを進めるとしています。  また、10月5日には、TPPへの大筋合意を行うなど、農業行政の先行きが不透明な中、今月中に関連政策大綱を、年内には国内への影響の程度を示すとともに、来年秋をめどに中長期的に取り組む具体策を策定するとしております。  市では、これらの動向を注視するとともに、内容を十分精査し、現在策定中の農業・林業・農村ビジョンに反映してまいります。引き続き、農地中間管理事業を活用した農地の大規模化と汎用化、生産コストの低減、米の主食用以外への活用の模索、6次産業化への支援、園芸振興などを推進し、希望の持てる持続可能な農業を目指してまいります。  次に、農村環境の整備についてでありますが、農業用河川工作物応急対策事業により、上河端町の鋤ヶ崎頭首工の改修事業につきましては、先行している堰上げ設備の工場製作とあわせて、堰下部工につきましても10月中旬から工事に着手するなど、年度内完成を目指しております。  また、集落基盤整備事業を活用し、舟枝町および橋立町、下新庄町の排水路工事の延伸や吉谷町の用水路工事、また、「ふくいのおいしい水」である許佐羅江清水の公園敷地内に梅花藻やトミヨが生息できる池や子供たちが水遊びできる遊水池の整備を進めているところであります。  一方、新規採択された経営体育成基盤整備事業漆原下野田地区におきましては、本年度は詳細設計を行うとともに、下野田町地係の排水路工事の年度内完成に向けて進めてまいります。  また、平成29年度からの準用河川論手川の改修工事や、平成30年度からの落井町の北中山排水機場ポンプ整備等と東陽中学校周辺排水路の改修工事の新規採択に向けた調査・計画策定に本年度から着手いたしました。今後は、国・県の審査や土地改良法に基づく同意を得る手続を行い、新規採択に向けて事業を進めてまいります。  次に、環境施策について申し上げます。  現在、容器包装リサイクル法で義務づけされている食品トレー、ペットボトルなどのプラスチック製容器包装類につきましてはリサイクルしているところですが、平成28年4月からは、現在、燃えるごみとしている製品プラスチックについてもリサイクルを行い、減量化、資源化の促進を図ってまいります。10月から11月にかけて市職員が市内全資源物ステーションに立ち、正しいごみの出し方、分け方について啓発を行ったところでありますが、今後は市民の皆様への説明会を開催するなど、周知徹底を図ってまいります。  また、現在、紙類、繊維類は資源物として市が業者に委託し、行政回収を行っておりますが、平成28年4月からは民間業者による回収とすることにより、ごみの減量化、資源化を促進するとともに、回収コストの経費削減を図ってまいります。  次に、都市整備の状況について申し上げます。  西山動物園で整備を進めております新レッサーパンダ舎につきましては、建屋はほぼ終了し、現在、内部の仕上げを行っているところであります。外構工事についても、来年度に施工する連絡通路などを除き、3月の完成に向け、順調に進捗しております。また、3月下旬に予定しております完成式典とあわせて実施します開園30周年記念事業につきましても準備を進めてまいります。  次に、西尾鯖江停車場線五郎丸踏切の拡幅と歩道整備事業についてでありますが、現在、用地補償に伴う丈量測量や家屋調査を行っており、JRと実施協議を行いながら詳細設計を進めております。この路線は、小中学校の通学路となっており、JR五郎丸踏切が前後の道路より狭いため、通行するには危険な状況となっておりますので、早期に整備され安全な通学路になるよう、強く要望してまいります。  一方、市道鯖江駅北線の旭町1丁目から長泉寺町2丁目地係の歩道の段差を解消する事業につきましては、今年度はJR鯖江駅からリハビリセンター王山の間で工事を実施しております。  また、国道417号の本町・桜町間における電線類地中化につきましては、今年度、鯖江商工会議所から福鉄西鯖江駅までの一部区間および市道取り付け区間を行う予定となっております。工事期間中は、騒音や交通規制等により御迷惑をおかけすることになりますが、一日も早い完成を目指しますので、御理解と御協力をお願いいたします。  次に、河川改修についてでありますが、鞍谷川では川島町地係の水落堰周辺高水護岸整備がおおむね完了し、今後はポンプなどの取水施設の整備を行う予定となっております。また、黒津川の排水機場につきましては、現在、2基あるポンプのうち1基目のポンプを取り外し、部品等の交換、補修を行っております。  次に、吉野瀬川の放水路工事につきましては、現在、分水堰のゲートの取り付けおよび下流部の築堤、護岸の工事を行っており、平成28年度中には通水される予定です。吉野瀬川流域の安全・安心を早急に確保するため、市といたしましても、越前市と一体となって残りの放水路事業の早期完成について、引き続き強く要請してまいります。なお、現堤防のかさ上げ工事につきましては、予備設計をもとに引き続き河川協議を行っているところであり、放水路の完成予定である平成29年度に着工できるよう、引き続き要望してまいります。  また、上河内町の赤谷川および四方谷町の西出川の砂防工事につきましては、現在、堰堤工事に着手したところであります。  次に、治水対策事業についてでありますが、平成21年度から着工してまいりました日之出雨水幹線の旭町から長泉寺町2丁目の区間が本年12月に完成となります。これにより、施工済みの日の出町から旭町の区間を合わせ約1,500メートルの整備を終えることになり、長年の懸案でありました日の出町や旭町、柳町、長泉寺町等の浸水軽減が図られるものと考えております。さらに、御幸神中一号雨水幹線および水落舟津雨水幹線の整備や田んぼダム事業を進め、浸水対策に今後とも万全を期してまいります。  次に、下水道会計についてでありますが、先ほど本市の財政見通しの中で申し上げましたとおり、市債残高が高い水準にあり、財務・経営状況の透明化を図ることが求められております。そこで、地方公営企業として独立採算制が原則とされている中、これまでのように一般会計に大きく依存する経営状況からの転換を図り、平成28年4月から地方公営企業法の適用を受ける企業会計へ移行いたします。これにより、損益や資産を把握し、経営状況を明確化するなど、効率的な資産管理を図ってまいります。  また、上下水道使用料金についてでありますが、鯖江市上下水道料金等改定検討委員会を6月から5回にわたり開催し、御審議いただき、11月12日に答申をいただきました。答申を踏まえ、下水道使用料金につきましては、平成28年4月から基本料金を1カ月当たり50円、使用量に応じた料金を1立米当たり20円値上げいたします。これまで職員定数の適正化や施設維持管理の見直しなど、内部管理コストの削減などを進めるとともに、下水道事業につきましても改善や見直しを行ってまいりましたが、節水機器の普及等により使用量が減少しており、税による赤字補填を意味する一般会計からの基準外の繰り入れが増加してきております。下水道サービスを安定・継続して提供するためには、繰入金に依存しない経営基盤の強化が必要であり、市民の皆様の大切な税金でさまざまな行政サービスを展開している一般会計の健全化を図るためにも、今回、下水道使用料の改定をお願いするものであります。  一方、上水道料金につきましては、赤字経営が続き、内部留保資金等で補填をしている状況でありますが、国の補助採択や管路および施設の規模縮小等により維持管理費の削減を行うとともに、内部留保資金等の資産運用を図ることにより経営改善が見込めることから、料金改定は今回は見送ることとしました。これら厳しい上下水道事業のさらなる経営健全化を図るため、今後、窓口受付事務等の民営化も検討してまいります。  次に、ITのまちづくりに関してでありますが、SAPジャパンの支援を受けて旧鯖江地方織物検査所にHana道場が開設され、19日にオープンしました。この道場は、市内外のさまざまな人たちが集い、学び、ともにつくる場を提供することで新産業創出やそれを支える人材を育成することを目的としており、「IchigoJam」によるこどもプログラミング教室も開催されます。ITのまち鯖江の子供たちが、将来IT企業を担っていけるよう、起業家精神を学ぶこともできるIT人材の育成拠点として期待しております。  それでは、本日御提案しました主な議案について申し上げます。  初めに、議案第68号 一般会計補正予算案について、その主なものを申し上げます。今回の補正予算は、決算見込みを見据えた扶助費の増額や次年度の予算執行に向けて準備作業を伴う債務負担行為の設定などについて補正するものでございます。  まず、総務費では、コミュニティバスの次年度の運行に向けたバス時刻表修正などに100万円、地方創生先行型交付金を活用し、空き家の実態調査およびデータベース化に870万円余を計上しました。  民生費では、利用者および対象者の増などにより、児童デイサービス等事業費、施設生活支援事業費、生活保護費などの扶助費に1億1,750万円、放課後児童クラブ新規実施に伴う既存施設の改修費として1,885万円を計上いたしました。  衛生費では、新年度からの製品プラスチック回収実施に伴う資源物コンテナの追加購入費用として270万円を計上しました。  農林水産業費では、経営転換および地域集積に伴う協力金として、担い手への農地集積推進事業費に5,800万円を計上いたしました。  土木費では、自治会への除雪機購入補助として道路除雪費に500万円を計上いたしました。  次に、教育費では、小・中学校の新年度用の机、椅子などの備品購入費として561万円余、総合体育館の耐震補強事業に5億円を計上いたしました。  そのほか次年度予算執行に向けてのコミュニティバス運行業務委託環境教育支援センターの指定管理業務委託、ごみ収集委託の各債務負担行為の設定を計上いたしました。  また、普通交付税の交付額、臨時財政対策債の借り入れ可能額の決定により、それぞれ歳入を追加補正し、今回の補正財源としたほか、1億7,000万円を財政調整基金に、5,000万円を減債基金に積み立てました。  これらの結果、一般会計の補正額は9億4,260万円で、補正後の予算総額は269億1,470万円となり、昨年の12月補正後と比べ9.0%の増となりました。  また、特別会計におきましても、介護保険事業特別会計、水道事業会計において所要の補正を計上いたしました。これにより、特別会計等を含めた平成27年度の鯖江市の予算総額は457億9,170万円となり、昨年の12月補正後と比較して6.3%の増となりました。  次に、議案第71号 鯖江市個人番号の利用および特定個人情報の提供に関する条例の制定についてでありますが、国の行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆるマイナンバー制度に関する法律の施行に伴い、この法律で規定し切れない市町村独自の社会保障地方税または防災に関する事務その他これらに類する事務において個人番号を利用する場合は、条例で規定する必要があり、本市においても子ども医療費の助成に関する事務などで個人番号を利用するため制定するものであります。  また、議案第72号 鯖江市個人番号カードの利用に関する条例の制定についてにつきましては、個人番号カードを印鑑登録証として利用するなど、個人番号カードの市独自利用に関して必要な事項を定めるため、条例を制定するものでございます。  次に、議案第74号 鯖江市下水道事業の設置等に関する条例の制定については、下水道会計企業会計へ移行するために制定するものであり、議案第76号 鯖江市農業集落排水処理施設設置および管理に関する条例の一部改正について、ならびに議案第77号 鯖江市下水道条例の一部改正については、下水道使用料を改定するものでございます。  また、議案第78号 鯖江市環境教育支援センターにおける指定管理者の指定については、今年度末で指定期間が終了する環境教育支援センターの指定管理者について、平成28年度から平成32年度までの指定管理者として、特定非営利活動法人エコプラザさばえを指定しようとするものでございます。  その他の議案につきましては、それぞれの理由に基づき御提案をいたしました。  以上、私の市政に対する所信の一端と、今回御提案いたしました議案について申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(末本幸夫君) 以上で本日の議事日程は全て終了いたしました。  次の本会議は12月7日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。御苦労さまでした。                散会 午前11時00分...