大野市議会 > 2019-03-01 >
平成31年  3月 定例会-目次

ツイート シェア
  1. 大野市議会 2019-03-01
    平成31年  3月 定例会-目次


    取得元: 大野市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-20
    DiscussNetPremium 平成31年  3月 定例会 - 03月04日-目次 平成31年  3月 定例会 - 03月04日-目次 平成31年  3月 定例会     平成31年3月             定例会会議録 目次    第413回   第1号〔平成31年3月4日(月)〕議事日程…………………………………………………………………………………………………………13本日の会議に付した事件………………………………………………………………………………………13出席議員の氏名…………………………………………………………………………………………………13説明のために出席した者の職・氏名…………………………………………………………………………13(議事)諸般の報告………………………………………………………………………………………………………15会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………………16会期の決定(議会運営委員長 畑中章男君)………………………………………………………………16議案上程…………………………………………………………………………………………………………16(市長・関係部長、提案理由の説明) 議案第 2 号 平成31年度大野市一般会計予算案 議案第 3 号 平成31年度大野市国民健康保険事業特別会計予算案 議案第 4 号 平成31年度大野市和泉診療所事業特別会計予算案 議案第 5 号 平成31年度大野市後期高齢者医療特別会計予算案 議案第 6 号 平成31年度大野市介護保険事業特別会計予算案 議案第 7 号 平成31年度大野市簡易水道事業特別会計予算案 議案第 8 号 平成31年度大野市農業集落排水事業特別会計予算案 議案第 9 号 平成31年度大野市下水道事業特別会計予算案 議案第10号 平成31年度大野市水道事業会計予算案 議案第11号 平成30年度大野市一般会計補正予算(第6号)案 議案第12号 平成30年度大野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)案 議案第13号 平成30年度大野市和泉診療所事業特別会計補正予算(第4号)案 議案第14号 平成30年度大野市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)案 議案第15号 平成30年度大野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)案 議案第16号 平成30年度大野市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)案 議案第17号 平成30年度大野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)案 議案第18号 平成30年度大野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案 議案第19号 平成30年度大野市水道事業会計補正予算(第2号)案 議案第20号 大野市総合計画審議会設置条例案 議案第21号 大野市子ども・子育て会議設置条例案 議案第22号 大野市一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正す        る条例案 議案第23号 大野市教育振興基金設置条例の一部を改正する条例案 議案第24号 大野市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例案 議案第25号 大野市立保育所設置条例の一部を改正する条例案 議案第26号 大野市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の        一部を改正する条例案 議案第27号 大野市母子家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例案 議案第28号 大野市立農村集落多目的共同利用施設設置条例の一部を改正する条例        案 議案第29号 大野市駐車場設置条例の一部を改正する条例案 議案第30号 大野市水道の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術        管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例案 議案第31号 大野市消防団員の定員、任免、服務、報酬等に関する条例の一部を改        正する条例案 議案第32号 大野市国民体育大会運営基金設置条例を廃止する条例案 議案第33号 大野市過疎地域自立促進計画の変更について 議案第34号 指定管理者の指定について(大野市国民休養地(国民宿舎パークホテ        ル九頭竜、森とふれあう交流ステーション及び野外レクリエーション        施設)) 議案第35号 指定管理者の指定について(大野市国民休養地(九頭竜スキー場)) 議案第36号 指定管理者の指定について(大野市化石発掘体験センター) 議案第37号 福井市及び大野市における連携中枢都市圏の形成に係る連携協約の締        結について 議案第38号 不動産の譲与について(五条方集落センター)   第2号〔平成31年3月11日(月)〕議事日程…………………………………………………………………………………………………………45本日の会議に付した事件………………………………………………………………………………………45出席議員の氏名…………………………………………………………………………………………………45説明のために出席した者の職・氏名…………………………………………………………………………45(議事)東日本大震災被災者に対する弔意の黙とう…………………………………………………………………47代表質問 5番 白﨑貴之君(新風会・公明党)…………………………………………………………471 石山市長の政治姿勢について ○ 昨年7月の市長就任以来の平成30年度の成果について聞きたい。 ○ 石山市長にとっては、市長として今回が初めての当初予算編成であるが、人口減少  対策が喫緊の課題でもある本市にとって、第六次総合計画策定のために準備に着手す  る等、重要な年でもある。今回の当初予算編成に当たっての石山市長の思いを聞きた  い。 ○ 本市には、人口減少対策以外にもさまざまな課題があると思われるが、どのような  事柄を課題として捉え、当初予算編成の中で、それらの課題にどのように対応してい  るのか。2 小中学校再編計画について ○ 教育長の提案理由説明の中で、小中学校再編計画見直しを行うため、その進め方に  ついて検討してきたとあったが、どのような検討内容であったか。 ○ 平成31年度に予定している「教育シンポジウム」や「意見交換会」とは、どのよう  な形式・規模で行う予定なのか。3 働き方改革について ○ 働き方改革により、長時間労働の削減や有給休暇取得促進が求められている中、当  然、大野市職員にもそれが適用されるが、全体の労働時間が短くなる中で、住民サー  ビスの低下につながらないよう、効率的な業務推進をどのように図っていくのか。 ○ 一方、市内事業者にとっても人手不足の中で、働き方改革への対応をしていかなけ  ればならない。石山市長の提案理由説明の中でも優良企業の表彰を行うとしていた  が、企業の効率的な経営への支援、生産性向上やそのための設備導入等、さらに積極  的な支援が必要だと思われるが、どのように支援していくのか。4 文化会館について ○ 平成31年度当初予算に文化会館整備の基本設計に要する経費が盛り込まれている  が、現在の文化会館とどのように変わる予定なのか。 ○ 基本構想にある基本方針を達成するために具体的にどのような機能が必要として  捉え、どのように達成していく予定なのか。5 DAINOUスポーツランドの今後の活用方針について ○ DAINOUスポーツランドに関して、今期のような積雪の状況ではやむを得ない  と思われるが、これまでの利用状況及び今後の活用方針について聞きたい。 ○ 選手の育成や市内外の小中学生のスキー授業での活用や合宿誘致をはじめとした  利用者増加のための取り組みはしていくのか。6 中心市街地活性化基本計画の成果と今後の取り組みについて ○ 中心市街地活性化基本計画は、昨年3月に2期10年の計画期間を終えたが、2期10  年の成果についてどのように捉えているのか。 ○ 計画実施状況の評価を踏まえての平成30年度の事業実施状況はどうであったか。 ○ 今後、中心市街地活性化に対してどのように取り組んでいく予定なのか。代表質問 8番 廣田憲徳君(清風会)……………………………………………………………………581 新年度当初予算について ○ 市長選挙で市長が掲げた大野大好きプランをどのように当初予算案に反映したの  か。 ○ 特に重点的に取り組もうとしている施策はどのようなものか。2 チャンスを生かす!大野市高速交通アクションプログラムについて ○ 平成34年度までに取り組む事柄が6点掲げられているが、項目別に担当部署と新年  度、重点的に取り組もうとしている施策はどのようなものか。3 イキイキと暮らす!市民の健康づくり、子ども・子育て支援について ○ 子育て世代が住みよいまちづくりが、子ども・子育て支援につながると思うがいか  がか。 ○ 大野らしい特色ある保育、教育環境の整備に対する思いは。 ○ ライフステージに応じた健康のまちづくりとは、具体的にどのようなものか。 ○ 国保連へのレセプトデータを疾病予防、健康づくり、保険事業財政の健全化にどの  ように活用するのか。4 底力をつける!農林業の活性化と産業の成長戦略について ○ 生産者の高齢化が進む中、園芸作物の生産振興や有害鳥獣対策をどのように進める  のか。 ○ 森林経営管理制度の活用によるメリットとデメリットは。 ○ 産業の成長戦略として既存事業者と産業団地等参入事業者への支援をどのように  考えているのか。5 つながりを大切にする!本市と関わりを持つ関係人口を増やす取り組みについて ○ 地域おこし協力隊、緑のふるさと協力隊の現状と支援体制の状況について ○ みずコトアカデミー修了生や協力隊の方々の協力体制やつながりの具体的な活用  について6 行財政改革 簡素で効率的かつ分かりやすい仕組みづくりについて ○ 公共施設の簡素で効率的な在り方をどのようにお考えか。 ○ 新年度予算で削減した内容について ○ 持続可能な市政運営における財政の在り方をどのようにお考えか。一般質問 2番 木戸屋八代実君(未来おおの)…………………………………………………………691 学校再編計画の見直しについて ○ 平成31年度当初予算に「学校教育環境検討事業」として123万3,000円が計上されて  いる。具体的な3事業の内容の一つである意見交換会(タウンミーティング)は、具  体的にどのように実施するつもりなのか。また、出た意見をどのように市民に公開し、  どのように学校再編計画の見直しに反映していくのか。 ○ 同じく3事業の一つである小中学生へのアンケートの実施とあるが、アンケート内  容をどのように決め、誰を対象にどのような方法で行うのか。また、アンケート結果  は、どのように市民に公開し、どのように学校再編計画の見直しに反映していくのか。2 和泉地区統合施設と行政サービスの変更について ○ 平成31年度当初予算に、和泉地区統合施設の整備予算に2億円余りが計上されてい  る。本施設の内容や行政サービスの変更について、和泉地区住民にどのような方法で  周知されてきたのか。3 商店街活性化について ○ 平成31年3月補正予算では、商工振興費が約3,700万円、観光費が約1,400万円減額  修正されていて、商工費の減額修正が合計約5,100万円となっている。さらに、平成  31年度当初予算では、商工費が平成30年度より約1億円増額されている。平成31年度  には、商店街活性のためにどのようなことに力を入れていくのか。また、商店街活性  化のための具体的な数値目標をどのように設定しているのか。     ≪2回目以降質問≫………………………………………………………………………………76一般質問 18番 榮 正夫君(日本共産党大野市議団)………………………………………………801 連携中枢都市圏について ○ 大野市の地方交付税措置は、どのようになるか。 ○ 行政の集約・広域化が進むことは、中心都市以外の周辺自治体は、権限・財源が奪  われ、一方で中心都市に公共施設など集中させるために大型開発を招き、周辺住民は、  住んでいる自治体では行政サービスが受けられない、住民自治が後退したりするので  はないか。 ○ 連携協約の第4条等では、議会のチェック機能が遠のくのでないか。2 大野市教育長の提案理由説明について ○ 『「我が国における今後の教育政策の方向性」について文部科学省は、昨年6月に  閣議決定された第3期教育振興基本計画に基づき、「「人づくり革命」「生産性革命」  の一環として、教育を通じて一人一人の「可能性」と「チャンス」の最大化を目指す」  としています』と述べ、「市長の提案理由を踏まえ、国の考え方に沿い、本市の教育  行政の方針を述べる」とあります。(疑問と質問がある。)これらについて質問する。3 子供医療費の病院窓口での完全無料化について ○ せっかく償還払い方式に対するペナルティを県が引き受けることになったので、初  診料500円を公費負担にしては。     ≪2回目以降質問≫………………………………………………………………………………85   第3号〔平成31年3月12日(火)〕議事日程…………………………………………………………………………………………………………93本日の会議に付した事件………………………………………………………………………………………93出席議員の氏名…………………………………………………………………………………………………93説明のために出席した者の職・氏名…………………………………………………………………………93(議事)一般質問 3番 林 順和君(新風会・公明党)…………………………………………………………951 人口減少時代における大野市の方向性  人口減少対策は行政も議会も市民も共通認識の下で、「危機感」を持って協力して取 り組んでいく必要がある。特に子育て世代の将来への不安を丁寧に取り除いていくこと は、中長期にわたり日本全体で取り組んでいかなければならない。石山市政において、 これまでの取り組みをしっかり検証するとともに、地域の実態把握や市民意識の醸成、 将来推計などの必要な情報提供を行いながら、本市の今後の方向性を明確に示すことが 必要だと考え、以下のとおり質問する。 ○ 人口減少対策に主眼を置いた大野市総合戦略に基づく重点事業の成果と見えてき  た課題、新年度予算における対応はどうか伺う。 ○ 大野市総合戦略の「(2)新しいひとの流れをつくる」の項目の基本的方向の一つに  「Ⅰ・J・Uターンの促進」が掲げられているが、特に都市圏に住む田舎暮らし希望者  に対する衣食住や働く場など、本市のサポート体制はどのように行われているのか伺  う。 ○ 人口減少時代における本市の方向性を示す第六次大野市総合計画策定に向けて審  議会を設置して議論する予定としているが、その委員募集の方法や開催回数、地域の  声を聞く手法、議論の途中経過含めた情報提供の在り方など、策定に向けたプロセス  はどのように考えているのか伺う。 ○ 人口減少対策が成果を挙げて出生率が回復したとしても、すぐに人口は増えない。  大野市公共施設等総合管理計画の中でも地方交付税や市税の落ち込みによる歳入全  体の減少が掲げられており、来年度、公共施設の使用料金を見直す方針とのことだが、  施設区分ごとに施設利用者は異なる中、どのように見直していく方針なのか伺う。併  せて公共施設の総量縮減に向けた取り組み状況を伺う。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 101一般質問 9番 堀田昭一君(清風会)………………………………………………………………… 1091 越前おおの元気プランについて ○ 人が元気について  ①SDGsの取り組みについて  ・各地区で座談会の仕組みと参加者は。  ②エキサイト広場について  ・トレーニングルームの利用状況は。  ・天候に左右されず親子で遊び集える場所としての機能の検討は。  ・隣接の公園等も利用し、高齢者や子ども連れの市民の多くの方々に利用していただ   ける魅力ある施設を目指しては。  ③「高齢者を地域で支えるため、地域ボランティアなど多様な主体による、生活支援   サービスの創出を図り、地域での支え合う体制づくりを推進する」としているが、   その仕組みと参加者は。 ○ 産業が元気について  ①産業団地の企業誘致について  ・富田地区の産業団地への企業誘致の状況は  ・まちなかの空き家などを利用したオフィスの誘致について、実績と進め方、また目   標は。 ○ 行財政改革について  ①市における「人口ビジョン」と「総合戦略」の特徴は何か。  ②「働く若者定住奨励金」「大野へかえろう事業」「大野市結の故郷奨学金」「結の   故郷ゆめみらい支援・すこやか家族応援事業」「CWP」それぞれの成果と実績は。  ③4年間経過した現在、大野市の他の自治体にない強みはどのようなものか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 117一般質問 16番 髙岡和行君(双葉会)……………………………………………………………… 1221 市長の政治姿勢について ○ 当初議会ということで本年度の予算編成に当たり、行財政改革はどのようなところ  にどのように考慮されているのか尋ねる。2 教育長の政治姿勢について ○ 当市の文化・芸術・音楽・スポーツ・教育について、そのレベルアップ及びスキル  高揚についての具体的な考えを尋ねる。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 125一般質問 4番 ダニエル益資君(無会派)1 市役所職員の「働き方改革」に向けた取り組みについて………………………………………… 134 ○ 石山市長は長時間労働削減、有給休暇取得推進等の「働き方改革」を進める職場を  応援していく方針に間違いはないか。 ○ その方針は石山市長がトップを務める市役所、及び大野市立小中学校にも適用され  ると考えてよいか。 ○ 現在の市役所全職員の有給休暇の平均取得日数は何日か。 ○ 平成31年度における有休の取得日数の目標は何日か。 ○ 取得日数の目標は有休100㌫消化にすべきではないか。 ○ 平成26年から平成30年にかけて平均有休取得日数は1日しか増えていない。有休完  全消化を妨げている要因は何か。 ○ 再確認のため、市役所職員の有休完全消化は市長の方針に沿っているか。 ○ どうすれば有休完全消化を実現できるのか、総務課の意見を伺いたい。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1362 小中学校の夏休みの在り方について………………………………………………………………… 137 ○ 夏休みの宿題、部活動、みこしダンスパフォーマンスの練習、夏休み中の登校日、  これらは全て任意ではなく、学校による強制であると考えてよいか。 ○ 学期中ならともかく、夏休みまで学校が児童・生徒に何かを強制することについて、  教育委員会はどう考えているか。 ○ 部活動、みこしダンスパフォーマンスの練習、夏休み中の登校日、夏休み中のプー  ル開放が教員の仕事量を増やしていることについてどう思うか。 ○ 夏休みの宿題が、児童・生徒だけでなく親の負担になっているという事実を教育委  員会は知っているか。特に、多くの家庭において、親が自由研究や工作を代わりにや  っているケースが市内・市外に多いと聞いているが、その認識はあるか。 ○ 教育委員会は、児童・生徒が学校から何も強制されない長期の休暇を取ることにつ  いてどう考えるか。 ○ 今月生まれる私の娘が6年後、米国に帰省していたという理由で夏休みに宿題をし  なかった場合、学校からどのような処罰を受けるのか知りたい。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1393 民間施設が投票所となっていることについて……………………………………………………… 143 ○ 市議会議員選挙において、通常公立学校や公民館など、公の施設が投票所となって  いることが多いが、民間の施設が投票所になっているのはなぜか。 ○ いつごろから民間施設が投票所になったのか。決定の際に、誰かの助言を受けたこ  とはあるか。 ○ 4年後の市議会選挙でも、民間施設が投票所になる予定か。 ○ もしそうであれば、他の社会福祉施設も投票所にするべきだと思うが、投票所にな  る予定はあるか。 ○ 民間施設が投票所でなくなった場合、特に不利益を被る人物が今現在いないのであ  れば、近くの公の施設を投票所にすべきだと考えるが、どうか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 144一般質問 14番 松田元栄君(未来おおの)1 持続可能な大野市のための行財政改革について…………………………………………………… 145 ○ 財政について   人口減少が進む中、財源(経常一般財源等)の確保が厳しくなる中で、経費(経常  経費充当一般財源等)をどのように抑え、収支を改善していくのかは市政の重要な柱  であると言える。そして、安心して生活できる持続的社会を創るために、的を得たメ  リハリのついた予算と執行により、その効果の最大化を求める政治姿勢はとても重要  である。 1 投資的経費、いわゆる道の駅等建設費用が大きく反映して、一般会計当初予算の  規模が過去2番目の182億2,900万円と大型予算となっているが、人口減少が加速し  過疎のまちとして相応しいとはとてもいえないが、市長の思いと決意を聞きたい。 2 平成31年度当初予算を策定するに当たり、委託費、補助金、交付金など厳しく査  定されたと聞いているが、どのような方針で主にどのようなところを指摘修正され  たか。 3 大野市公共施設等管理計画に基づいて、今後これに係る費用を加味した財政の設  計について、どのように考えているのか。 ○ 行政改革について   人口減少、少子高齢化の中、「企業誘致や移住定住、UIターン等、結婚、安心で  きる子育て」に主体的に予算の重点配分をし、結果が出るような取り組みを、自らの  責任で努力する組織体制が求められる。   そこで、まち・ひと・しごと創生 大野市総合戦略の中の重点事業で、 1 安定した雇用を創出する関連と、若い世代の結婚・出産子育ての希望をかなえる  関連についてどのような成果が得られたのか。 2 現在の大野市の組織について、将来を見据えてどのように考えているのか。また  変更の予定はあるのか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1502 大野市歴史文化基本構想について…………………………………………………………………… 157 ○ 市長の公約であり、先般の一般質問の中でも「歴史文化基本構想の策定」は進めて  いく答弁があったが、これからどのような計画で進められるか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 158   第4号〔平成31年3月13日(水)〕議事日程……………………………………………………………………………………………………… 159本日の会議に付した事件…………………………………………………………………………………… 159出席議員の氏名……………………………………………………………………………………………… 159説明のために出席した者の職・氏名……………………………………………………………………… 159(議事)一般質問 6番 伊東由起恵君(新風会・公明党)1 子ども、子育て支援について………………………………………………………………………… 161 ○ 子ども・子育て支援事業計画に基づき、大野市として各種施策に取り組んでいるが、  現在、本市では土曜日の午後に子どもを預かってくれる保育所がほとんどなく、働く  女性にとって大きな障害となっている。土曜日も一日保育にしてほしいという声も高  まっているが、そういった子育て世代の要望に対してどのように支援していくのか。 ○ 病児デイケア事業について質問する。   現在、栃木医院において病中病後保育を行っているが、その利用実態と、それを踏  まえた今後の取り組みについて、大野市ではどのように考えているか聞きたい。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1632 障害児(者)支援について…………………………………………………………………………… 165 ○ 現在、大野市において重症障害児(者)や日常生活で人工呼吸器やたんの吸引など  が必要な医療的ケア児とその家族を支える体制が整っておらず、主な介護者となる家  族の負担は大きい。特に冠婚葬祭や家族の病気等、一時的に介護が困難になった場合  の支援が望まれるが、今後、障害児保育事業の拡充を掲げる大野市としてどのように  考えているのか。 ○ 発達障害など療育が必要な児童とその家族を支える児童デイサービスは年々需要  も増え続けているが、利用者のニーズを取り入れ、多様化する社会に対応していくた  めにどのような支援を考えているのか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 167一般質問 1番 廣瀬浩司君(新風会・公明党)1 小中学校再編計画の見直しについて………………………………………………………………… 169 ○ 小中学校再編計画見直しの取り組みについては、新年度より「学校教育環境検討事  業」として本格的に取り組むとあるが、見直しを実現していくまでの全体的なスケジ  ュールはどうなっているのか。 ○ 前回は、学校教育審議会に諮問し素案を作り、その答申を受けて教育委員会が案と  してまとめたが、今回はどのように進めていくのか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1702 小中学校の特別教室へのエアコンの設置について………………………………………………… 176 ○ 昨年の夏、安倍首相が「全ての学校の教室にクーラーを付けていく。直ちに予算を  獲得して、来年の夏までに間に合うように対応していく」と述べられた。   大野市の小中学校では、現在、普通教室にはエアコンが設置されているが、特別教  室にはいまだエアコンが設置されていない。首相発言があったのに、なぜ設置してい  ただけないのか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 177一般質問 7番 松本嘉彦君(新風会・公明党)……………………………………………………… 1781 介護職員の人員確保と労働環境の改善及び介護サービスの充実について ○ 現在、国における福祉分野の人材不足は喫緊の課題である。   介護人材の確保において厚生労働省が策定した2018年度第7期介護保険事業計画  では、いわゆる団塊世代が全て75歳になる2025年に必要とされる介護職員が福井県で  は1,077人不足するとされている。   厚生労働省は介護ロボットやICT活用による雇用管理改善と待遇改善、外国人の  人材活用等を進める方向である。   今後、ますます介護人材確保は大変重要な課題であり早急に推進していかなければ  ならない問題である。   そこで伺う。   本市における第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の現状と介護現場の労働  環境改善について、どのように把握し対応するべきと考えているか。 ○ 本市第7期介護保険事業計画によれば、平成31年度に認知症対応型共同生活介護(グ  ループホーム9人規模)を上庄・尚徳中学校区で1事業所、地域密着型介護老人福祉  施設入所者生活介護(小規模特別養護老人ホーム29人規模)を陽明中学校区で1事業  所整備することとなっている。   これらを維持運営するために必要な福祉的資格を所持する職員を、確保できている  のかを伺う。 ○ 訪問介護は在宅生活を支えるサービスとして利用ニーズが高く、利用者数及び利用  回数とも年々増加している。   これに伴い、ヘルパーの確保やサービスの質の向上が課題となっている。   本市として、これらの課題について具体的にどのように取り組むのかを伺う     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 181一般質問 11番 野村勝人君(日本共産党大野市議団)1 大型事業を見直して暮らしに支援を………………………………………………………………… 190 ○ 文化会館は耐震補強できないのか。   道の駅・産業団地は建設費を削減できないのか。 ○ 市民生活応援  ①国民健康保険税引き下げ  ②子どもの医療費窓口完全無料化  ③高校生までの医療費無料化  ④エアコン支援・除雪の支援  について、実施することはできないのか。 ○ 子育て支援  ①学校徴収金(テスト・ドリル・卒業アルバム等)  ②学校給食費  ③クラブ活動費  について、保護者の負担を軽くできないのか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 1952 情報公開と公文書管理の改善について……………………………………………………………… 200 ○ 情報公開条例の改正について  ①大野市情報公開条例、第5条の請求権の制限を撤廃して、何人も実施機関に対して   公文書の開示を請求することができるに改めるべきではないか。 〇 公文書管理について  ①行政文書一覧を作成し、HP等で公開するべきではないか。  ②大野市文書管理規程を公文書管理条例にするべきではないか。     ≪2回目以降質問≫…………………………………………………………………………… 2013 住民主権の市政とは…………………………………………………………………………………… 202 ○ 市政策の住民への周知徹底は、充分な説明から始まる。   それが、住民主権の第一歩であると考えるが、いかがか。議案第11号から議案第19号まで及び議案第23号 (10件) 委員会付託省略、討論、採決…………………………………………………………………………… 202議案上程……………………………………………………………………………………………………… 204(市長、提案理由の説明) 議案第39号 監査委員の選任について質疑・委員会付託・討論省略、採決……………………………………………………………………… 204議案上程……………………………………………………………………………………………………… 205(市長、提案理由の説明) 議案第40号 監査委員の選任について質疑・委員会付託・討論省略、採決……………………………………………………………………… 205議案上程……………………………………………………………………………………………………… 205(市長、提案理由の説明) 議案第41号 人権擁護委員候補者の推薦について質疑・委員会付託・討論省略、採決……………………………………………………………………… 206陳情について………………………………………………………………………………………………… 206各案件委員会付託…………………………………………………………………………………………… 206   第5号〔平成31年3月25日(月)〕議事日程……………………………………………………………………………………………………… 207本日の会議に付した事件…………………………………………………………………………………… 207出席議員の氏名……………………………………………………………………………………………… 207説明のために出席した者の職・氏名……………………………………………………………………… 208(議事)議案第2号から議案第10号まで、議案第20号から議案第22号まで及び議案第24号から議案第38号まで        27件陳情1号から陳情3号まで               3件  委員長報告   ・産経建設常任委員長(髙田育昌君)…………………………………………………………… 209   ・民生環境常任委員長(永田正幸君)…………………………………………………………… 212   ・総務文教常任委員長(髙岡和行君)…………………………………………………………… 215質疑、討論、採決…………………………………………………………………………………………… 218市会案上程…………………………………………………………………………………………………… 222 市会案第1号 議案第2号 平成31年度大野市一般会計予算案のうち文        化会館整備基本設計事業に対する決議提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、採決…………………………………………………… 223人口減少対策特別委員会の設置及び委員の選任について……………………………………………… 224未来へつなぐまちづくり特別委員会の設置及び委員の選任について………………………………… 225議員派遣の件………………………………………………………………………………………………… 226[添 付 資 料]市会案第1号 議案第2号 平成31年度大野市一般会計予算案のうち文化       会館整備基本設計事業に対する決議…………………………………………………… 228...