運営者 Bitlet 姉妹サービス
1092件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 愛南町議会 平成31年第1回定例会(第3日 3月20日) また、引きこもりの予防策として、不登校傾向にある児童・生徒や、社会的孤立の傾向にある方など、引きこもりにつながりやすい方の早期発見・早期支援につなげるため、教育関係や就労関係、福祉・医療関係との連携を強化してまいりたいと考えております。  以上、第2の質問に対する答弁といたします。 ○議長(宮下一郎) 西口議員、再質問はありませんか。  西口議員。 もっと読む
2019-03-19 愛南町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月19日) 次に、一般会計からの補助金と料金改定の関係でありますが、そもそも、水道事業は独立採算制が原則となっております。しかしながら、人口減少等により料金収入が減少し、一方、老朽化及び耐震化対策など、施設の更新や維持管理に要する費用のため、一般会計から補助金等を繰り出している状況であります。   もっと読む
2019-03-08 愛南町議会 平成31年第1回定例会(第1日 3月 8日) ○16番(西口 孝) 済みません、101ページの農業費の関係で、県営土地改良事業の600幾らは、どこでどういう工事をされておったのか。 ○議長(宮下一郎) 吉村農林課長。 ○農林課長(吉村克己) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-21 今治市議会 平成30年第5回定例会(第5日) 本文 2018年12月21日開催 去る17日、委員会を開催し、関係理事当局の説明を求めながら審査を行いました結果、当委員会に付託されました議案につきましては、いずれも全会一致により原案を可決することに決定いたしました。また、請願第7号及び請願第8号については不採択と決定いたしました。  以下、審査の過程におきまして議論されました主な事項について、その概要を申し上げます。   もっと読む
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) ○2番(石川秀夫) 愛南町もですね、人口減少の非常な有事の真っただ中にある状況になっておりまして、愛南町には各地に遊休施設と公民館があります。廃校になった小学校、中玉、菊川、中浦、満倉、西海中学校、福浦中学校、今年度末には東海小学校までが廃校になります。このままの人口推計で今後さらに統廃合の小中学校が増えて、遊休施設が増加していくと推察いたします。   もっと読む
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 内閣府の発表によりますと、我が国の総人口は、2017年10月現在1億2,671万人で、そのうち65歳以上人口は3,515万人となり、総人口に占める割合、いわゆる高齢化率は27.7%で、日本は世界に先駆けて、超高齢社会に突入しているということでございます。   もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 都市間での差が大きく、医療費無料化をしている西条市や松山市に人口が流出してしまうのではないかと思われます。  私も、たびたび、通院医療費の無料化をお願いしてまいりましたが、松山市のような、今治市の倍以上の人口を抱える自治体での医療費無料化が実現すると、今治市だけが取り残されてしまう結果となりますが、それでもまだ、医療費助成拡大について、今治市で実現は不可能でしょうか。お聞かせください。   もっと読む
2018-12-07 今治市議会 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 2018年12月07日開催 できるだけ経費を抑える努力をしておりますが、本市のみならず、全国的に給水人口の減少、施設の老朽化といった課題に直面している状況にあって、大変つらい選択ではありますが、水道料金の引き上げは避けられないものと考えております。市民の皆様には負担増をお願いすることになりますが、今後もさらに健全な事業運営に努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。   もっと読む
2018-12-05 今治市議会 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 2018年12月05日開催 7月豪雨など、頻発する災害からの復旧・復興、また、過疎や人口減少への対策など、地方は多くの課題を抱えております。国民の安全・安心な暮らしの実現に向けまして、長年培ってこられた豊かな経験と知識をもとに、なお一層、卓越した手腕を発揮されますことをご期待申し上げるものでございます。  さらに、このたび、建築家の伊東豊雄先生が2018年度の文化功労者に選出され、11月5日には顕彰式がとり行われました。 もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) それから、浴場の関係なんですが、内海の保健センターと城辺の保健福祉センターに浴場があるわけなんですが、内海の保健センターというより101ページの高齢者生活福祉センター、この2階の部分に浴場関係の経費を計上しているわけなんですが、浴場につきましては、平成6年、7年ぐらいにこの保健センター1階、2階に高齢者生活福祉センターを建設したわけなんですが、このときに2階にですね、高齢者の入居者がおりました。 もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 子供の医療費無料化は、地方自治体ごとの制度によるのではなく、国による一律の子供の医療費助成制度の構築こそが本来のあるべき施策であることから、これまでも全国市長会など地方関係団体を通じて国に対し要望活動を重ねてきておりますが、今後も、国の動きを注視しながら、愛媛県等の関係機関と連携して働きかけを行っていきたいと考えております。 もっと読む
2018-09-07 今治市議会 平成30年第4回定例会(第3日)〔資料〕 2018年09月07日開催 2018年09月07日:平成30年第4回定例会(第3日)〔資料〕 ▼最初のヒット発言へ(全 0 箇所)                                 議会第4回発議第5号        水道施設の戦略的な老朽化対策を求める意見書の提出について  標記意見書を別紙のとおり関係行政庁に提出する。    もっと読む
2018-09-06 今治市議会 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 2018年09月06日開催 本市におきましても、人口減少に伴う若年世代の市外流出が進み、徐々にまちの活力が失われつつあります。これは、まちのにぎわいや活力を創出する若者に対し、若者を引きつけるまちの魅力や、このまちに住む価値をわかりやすく伝えられていないことが大きな要因の1つであると思います。 もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) が9路線46カ所で被害額が約1億4,300万円、上水道施設被害が取水施設3件及び配水施設3件で被害額が約1,260万円、その他被害額は明確になっておりませんが、漁港施設への土砂や漂流物の流入や養殖関係等の水産関係被害で判明している被害総額は、約9億6,160万円となっております。   もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 計画では、経費削減や運賃改定、また島民の利用増加と島外交流人口拡大など、航路改善のための具体的な取り組みを掲げており、島民の日常生活を支える生活航路としての役割を担うことを基本に、観光やレジャー、ビジネスでの利用など、島の活性化を支え続ける航路として維持、活性化を図っていきたいとのことでありました。  次に、延岡市では、人口減少対策の取り組みについて、市役所企画課の担当者より説明を受けました。   もっと読む
2018-06-22 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月22日) ○3番(鷹野正志) 前回も一般質問にあったように、人口問題、また、愛南町の取り組んでいる子育て支援初め、昨年度から始まった紙おむつの交付事業、そういったことで、少しでも人口減少を歯どめする、またあるいは移住・定住、Iターン・Uターン、そういった新しい事業によりまして、いろいろと新婚等に事業はあるわけであります。   もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) まず最初に、人口の将来展望とその対策について。  愛南町の第2次総合計画後期基本計画が、本年の3月に発刊されました。行政を運営するにしても、商売をするにしても、出生数の減少、人口の減少問題は愛南町の最大の喫緊の課題ですが、きのうときょうの変化に一番気づきにくく、静かなる有事と比喩されるように、一朝一夕ではできないため、その対策が困難をきわめると推測いたします。   もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 誰もが自分だけの世界に逃げ込んだ末、社会に生じたほころびと亀裂が、何ら関係もない市民に凶器の先が向かうのであります。これらの社会構造と事象は、本市も決して他人事ではありません。いま一度、市民一人一人が手を取り合い、つながりを求める基盤こそ、私は自治会組織が鍵を握ると考えます。 もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 非常に喜んで迎えていただきましたが、その際に「私が長々説明するよりも実例を見てもらうのが一番ですよ」ということで、三重県鈴鹿市、我が今治市より人口が4万人ほど多い都市でありますけれども、環境省の補助制度を活用した取り組みを、「その範疇に入るかどうかが問題であるけれども、ぜひ一度鈴鹿市へ行ってみてください。 もっと読む
2018-06-11 今治市議会 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018年06月11日開催 厚生労働省が発行している市町村自殺対策計画策定の手引によりますと、日本の自殺対策は平成18年に自殺対策基本法が制定されて以降大きく前進し、それまで個人の問題とされてきた自殺が社会の問題として広く認識されるようになり、対策を推進した結果、自殺者数の年次推移は減少傾向にありますが、日本の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺による死亡率)は、主要先進7カ国の中で最も高く、自殺者数の累計は毎年2万人を超える もっと読む