運営者 Bitlet 姉妹サービス
179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 2010年にアメリカのカリフォルニア大学の研究者らの調査では、日本のランドセルに当たるバックパックの重さは、子どもの背中の痛みの原因となり、腰椎、椎間板の変形等に影響する可能性があると指摘しています。また、2012年のスペインの研究者らの調査では、体重の10%以上の重さのバックパック、ランドセルを背負っている子どもたちの4人に1人は、年に15日以上の腰痛を経験しているそうです。 もっと読む
2017-12-06 松山市議会 平成29年12月定例会-12月06日−06号 知り合いにはり治療を勧めていただき、痛みが取り除かれるのと同時に、可動域が大きくなることに当時はすごく助けられました。それ以降、社会人野球に進んでもはり治療は欠かせない治療になりました。  これらを踏まえ、本市はり・きゅう施術助成事業の現状に対する認識について御所見をお聞かせください。   もっと読む
2017-09-12 今治市議会 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 2017年09月12日開催 議員ご指摘のとおり、公の施設の見直しにつきましては、市民の皆様にとって痛みを伴う取り組みではありますが、将来世代への負担を先送りしない、また真に必要な市民サービスを今後も提供するため、市民参画、市民協働の推進を図りながら、行政基盤をこれまで以上に強固なものにしていきたいと考えております。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。  以上でございます。 もっと読む
2017-06-14 伊予市議会 平成29年第4回( 6月)定例会-06月14日−04号 自らが痛みを伴う、そのことのあらわれの一つが、管理職の諸君には大変申し訳ないことをするわけですけども、手当のカット、それからそのことに責任を感じて市長以下私ども三役が報酬というんでしょうか、給料のカットをしていくという、これが決意のあらわれだというふうに御理解を賜っておければ大変幸せでございます。  以上であります。 ○議長(若松孝行君) それでは、2点目に進んでください。 もっと読む
2017-06-13 今治市議会 平成29年第3回定例会(第3日) 本文 2017年06月13日開催 ◯山岡健一議員 私も、歯科治療の思い出で、親知らずを抜歯したときの痛みが強烈で、痛くなったら歯医者に行こうという立場でありましたが、この質問の作成をきっかけに口腔環境の重要性を学びました。  先ほどの答弁で、国民健康保険をベースに無料化前後を比較しても、無料化により、子供が歯医者に行きやすくなったと判断ができます。要治療の診断を受けた全体の約56.0%が何らかの理由で未受診の報告となっております。 もっと読む
2017-03-15 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月15日−05号 その一方で、それゆえにソーシャルワーカー自身の人権も、一人の人間として、一労働者として守られる環境に置いておかないと、人権意識、他者の人権侵害の痛みがわからない存在になってしまうということです。  みずからの権利が守られない状況に置かれている人は、他人の人権、権利を守ることができない。私はこれは当然の論理だろうと思います。市長はどのように思われますか。       もっと読む
2017-03-15 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月15日−05号 その一方で、それゆえにソーシャルワーカー自身の人権も、一人の人間として、一労働者として守られる環境に置いておかないと、人権意識、他者の人権侵害の痛みがわからない存在になってしまうということです。  みずからの権利が守られない状況に置かれている人は、他人の人権、権利を守ることができない。私はこれは当然の論理だろうと思います。市長はどのように思われますか。       もっと読む
2017-03-07 四国中央市議会 平成29年 3月定例会-03月07日−02号 平成27年の大津市でのいじめ事件は,教育現場,教育委員会の対応についていまだに記憶に残るところであり,当時心の痛みとともに,我々も教育行政を考える上で憤りを覚える事件でありました。 もっと読む
2016-12-15 松山市議会 平成28年12月定例会-12月15日−07号 賃金連動の徹底とマクロ経済スライドを強化し、現役世代と高齢者世代で痛みを分かち合う、すなわち世代間の公平性を図る改正で、請願第38号の内容には当たりません。  以上で、私の反対討論を終わります。議員各位の御賛同をお願いいたします。御清聴ありがとうございました。 ○雲峰広行議長 次に、小崎議員。  〔小崎愛子議員登壇〕 ◆小崎愛子議員 日本共産党市議団の小崎愛子です。   もっと読む
2016-12-07 松山市議会 平成28年12月定例会-12月07日−06号 9つ目の質問は、給水した結果、渇水時には今の水源を守るため、より早い時期に減圧給水や断水を迎えるかもしれませんが、同じ市民であり、痛みをともに分かち合うということは必要だと思います。大きな気持ちで給水してあげることはできませんか。  10個目の質問は、黒瀬分水に立場を置きかえてみれば、松山市が伊台、五明地区で水の余力のあると思われる西条市が松山市のように見えます。 もっと読む
2016-12-02 松山市議会 平成28年12月定例会-12月02日−03号 しかしながら、昨今の国の分権の取り組みを見ますと、分権には痛みを伴うことは避けられず、地方は懸命の努力で平成の大合併を乗り切ってきました。しかしながら、前政権下、与野党党首で合意したはずの国会議員の定数削減は、4年たっても進んでおらず、身を切る改革は本気度が全く見えません。 もっと読む
2016-12-01 松山市議会 平成28年12月定例会-12月01日−02号 歯周病は、痛みなどの自覚症状がなく、サイレントディジーズ、沈黙の病気と呼ばれており、気づかぬうちに進み、成人では80%が罹患しております。去る11月21日発売の週刊ポストには、日経新聞で大反響、「糖尿病予防なら歯医者に行け」は本当か?の見出しで記事が出ており、糖尿病と歯周病の関係が詳しく出ておりました。 もっと読む
2016-09-14 今治市議会 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 2016年09月14日開催 平成26年度を新たな行財政改革のスタートの年と位置づけ、あらゆる角度から行政の無駄を再点検し、今、やらなければならないことに積極的に取り組まれ、公の施設や各種団体への補助金の見直しなど、市民の皆様にとって痛みを伴う苦渋の決断もされております。将来を見据えたことではありますが、行政を預かる者にとって最もつらいご判断であったと推察いたします。   もっと読む
2016-06-28 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 痛みはなく、検査は数分で終わります。生後3日以内に行う初回検査と、その際に要再検査とされた赤ちゃんを対象に、生後1週間以内に実施する確認検査があります。これらの検査にかかる自己負担額は、医療機関によって多少異なるものの、1回当たり約5,000円程度といわれますが、費用面の負担感が壁となって、検査を受けないと判断する母親も少なくありません。 もっと読む
2016-03-25 四国中央市議会 平成28年 3月定例会-03月25日−06号 今回の審議の中でも,何人もの委員より,市民と痛みを分かち合うとの意味合いから,定数削減で議員も身を切るところを示すべきとの意見も出されました。議員定数削減は,議員の身を切る前に,さきに示しましたように,多種多様な住民意思の反映を切るものであり,本末転倒の議論と言わなければなりません。   もっと読む
2015-12-10 今治市議会 平成27年第6回定例会(第4日) 本文 2015年12月10日開催 痛みの伴う公の施設の廃止で、「E」評価111カ所全てが4項目の評価の間違い、修正もなく、そして、スケジュールも予定どおり調整できるということは神わざだと私は思います。中には、かなり無理を強いているのではないかと思われます。 もっと読む
2015-06-25 四国中央市議会 平成27年 6月定例会-06月25日−04号 ◎野村勝廣教育長 学校教育におきましては,豊かな人間性を育成するために,児童一人一人が命を大切にする心,自他の人格を尊重し,お互いの個性を認め合う心,他人の痛みをわかる心,公正公平に考え行動する力などを育み,当たり前のこととして全ての人々の人権が尊重される土台づくりに努めているわけでございます。  その中で悩みや不安を抱える児童生徒の思いを受けとめる場や相談体制を整え,対応しております。   もっと読む
2015-03-06 今治市議会 平成27年第2回定例会(第1日) 本文 2015年03月06日開催 公の施設の見直し、事務事業の見直しは、市民の皆様の痛みを伴う改革であります。そのため、「まず隗より始めよ」の故事に倣い、我々みずからが身を削る改革として、平成32年4月1日までに職員を100人削減する第3次定員適正化計画を先般、策定いたしました。これによる人件費削減効果は7億5,000万円を見込んでおります。   もっと読む
2014-12-09 今治市議会 平成26年第5回定例会(第3日) 本文 2014年12月09日開催 しかし、市民の皆さんにも本当に痛みを分かち合っていただかなければならない苦しい状況にあります。どうぞその我々の今の状況をしっかりとご認識いただいた中で最終決定をしていただきたい。よろしくお願いします」と申し上げました。もちろん今後も引き続き国への要望活動を行ってまいりたいと考えております。ご理解賜りますようお願いをいたします。   もっと読む
2014-09-18 今治市議会 平成26年第4回定例会(第3日) 本文 2014年09月18日開催 そういうことから、この平成26年度は部長を2人減らし、課長も8人減らし、そのことによって職員も痛みを、減員になるわけですから、まずそういったところから、我々から始めていこうという覚悟で、これからの厳しい財政運営の中で取り組んでいく必要がある、そういう思いでもございます。 もっと読む