運営者 Bitlet 姉妹サービス
390件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) それは、少子対策、若者定住対策、子育て支援対策等々に通じる効果であります。そして何よりも憲法26条にうたわれております、全ては読みませんが、義務教育はこれを無償とするという条文がございます。これにのっとった教育の一環として、全ての子供たちが豊かな教育を無償で受けられることができる町になること、これを求めているからであります。  そこでお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 内閣府の発表によりますと、我が国の総人口は、2017年10月現在1億2,671万人で、そのうち65歳以上人口は3,515万人となり、総人口に占める割合、いわゆる高齢率は27.7%で、日本は世界に先駆けて、超高齢社会に突入しているということでございます。   もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 1番目に、子供の医療費無料についてでございます。愛媛県下の少なくない自治体で子供の医療費無料が進められ、東予地域では、今治市を除く、四国中央市、新居浜市、西条市、上島町では中学校卒業までの医療費が、入院も通院も無料になっています。 もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) ○16番(西口 孝) 2点目、子ども医療費を高校卒業まで無償するように求めることについて伺います。  本町においては、現在中学校卒業までの医療費無料が実施をされております。このことについては敬意を表したいと思いますが、もう一歩進めて高校卒業まで無償を実施していただきたいという声が多数あります。乳幼児や小学校児童に比べて、高校生になると総体的に医療費は低くなります。 もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 こうした中で、被災直後から、猛暑の中、宅地内の土砂や瓦れきの撤去に汗を流していただきました1,000名を超える災害ボランティアの皆さん、現在も支援を続けていただいているボランティアの皆さんの力、その無償の心は、被災された方々への希望の力であります。また、地元企業、団体の皆様からさまざまな形で心温まるご支援、ご協力をいただいております。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 続きまして、幼児教育無償についてお伺いいたします。政府は幼稚園、認可保育所、認定こども園の利用について3から5歳児の全世帯、ゼロから2歳児の住民税非課税世帯を無償することを決定いたしました。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日)〔資料〕 2018年06月13日開催 │3 │谷口芳史 │聴覚障害者への窓口 │1 現在の対応状況について     │     │ │  │     │対応について    │2 タブレット端末の導入に対する考 │     │ │  │     │          │ えについて           │     │ │  │     ├──────────┼─────────────────┤     │ │  │     │幼児教育無償 もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 今治市においては、子供たちの安心・安全のための大きな施策として、学校の耐震工事の完了、さらに、学校の非構造部材耐震にも取り組まれています。  ただ、国内では、子供を災害から守るべきはずの防火・防煙シャッターの事故は続いています。近年でも、小学校において重さ約300キログラムのステンレス製防煙シャッターに女子児童が挟まれるという痛ましい事故も発生しています。 もっと読む
2018-03-26 今治市議会 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 2018年03月26日開催 さらに、委員から、民生費国庫負担金がふえたことにより、保護者の負担金には影響がないのかとの質問があり、理事者から、保護者の負担金自体は、国の幼児教育無償の関係もあり、一部引き上げを予定しているが、公立認定こども園の保護者負担金は、既に国の基準より低く設定しているため、歳入額には影響はないとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 また、他の委員から、消防団ポンプ蔵置所耐震事業の今後の方針についてただしました。これに対して理事者から、2階建て蔵置所の耐震は、今年度で終了し、現在は平家建て蔵置所の耐震を行っている。 もっと読む
2018-03-12 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−03号 たしか、昨年度、前市長が当初予算に給食費の完全無償を予算提案したところ、前議会で賛否が分かれ、結局否決になったようです。その際に、議会から意見や代案が出たようですが、当時議員であった岡原市長は、さすがと申しましょうか、そのときの意見をよく把握した上で、「声を力に」の公約どおり、市民代表である議員の声を反映した施策として、今回の施政方針になっていると思われます。 もっと読む
2018-03-09 今治市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018年03月09日開催 政府が国を挙げて少子対策を推進している中で、本来あるべき施策としては、自治体ごとの制度によるのではなく、国による一律の医療費助成制度の構築こそが求められる施策であります。   もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 高齢者の人数、相談内容の多様、核家族による家族のきずなの希薄、個人主義を主張する方の増加など、一昔前とは違う高齢者の環境に地域包括支援センターの職員の苦労ははかり知れないものがあると感じました。 もっと読む
2017-12-22 今治市議会 平成29年第5回定例会(第5日) 本文 2017年12月22日開催 こうした中で、今治市は、加計学園との基本協定などの取りまとめの中で、36億7,500万円相当の土地を無償で提供し、64億円の補助金を今治市分として決めています。これらは、基本協定で建設費等の半分を上限にした負担を約束したことによるものです。加計学園が192億円を今治市に対して提示し、今治市はこれに応答していたことになります。 もっと読む
2017-12-12 今治市議会 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 2017年12月12日開催 次に、フードバンクにつきましては、皆様ご存じのように、食品企業の製造工程で発生する規格外商品などを引き取り、福祉施設等へ無償で提供しているNPO法人やボランティア団体があります。  先日の愛媛新聞には、次のような内容の記事が紹介されておりました。東温市社会福祉協議会と東温市が家庭で余っている食品を集めて、福祉施設や個人などに寄附する活動、フードドライブを初めて実施したということでございました。 もっと読む
2017-11-30 松山市議会 平成29年12月定例会-11月30日−02号 ◆清水尚美議員 次に、給食費の第3子以降の無償についてお伺いいたします。文部科学省は、子育て環境の充実に向け、独自に給食費を無料にする自治体がふえているとして、公立小・中学校の給食費の無償に関する全国調査をこの9月に実施をしました。今年度中に結果をまとめて、国としての支援の検討に生かすとしております。 もっと読む
2017-10-20 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月20日−03号 給食費の無償は近年、多くの自治体が若者定住促進のために始めております。山梨県の早川町、京都府の伊根町も、義務教育完全無償、完全無償というのは副読本でありますとか給食費、それから修学旅行費、こういうもの全て無償と。それから、北海道足寄町、ここも給食費無償、滋賀県長浜市も小学校の給食費を無償、ここは対象者数は6,000名でございます。   もっと読む
2017-10-20 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月20日−03号 給食費の無償は近年、多くの自治体が若者定住促進のために始めております。山梨県の早川町、京都府の伊根町も、義務教育完全無償、完全無償というのは副読本でありますとか給食費、それから修学旅行費、こういうもの全て無償と。それから、北海道足寄町、ここも給食費無償、滋賀県長浜市も小学校の給食費を無償、ここは対象者数は6,000名でございます。   もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 議会でもいろいろと話し合ったんですけれども、完全無料ではなくて、もう少し議会と市長とが話し合って、例えば高額所得者は100円の補助だけで済まそう、第1子は100円だけで我慢をしていただき第2子から無料にしようとか、同じ税金を払っている宇和島南高等学校の中学生が一切その補助を、恩恵を受けていないのは不公平であると、いろいろな意見がございました。   もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 議会でもいろいろと話し合ったんですけれども、完全無料ではなくて、もう少し議会と市長とが話し合って、例えば高額所得者は100円の補助だけで済まそう、第1子は100円だけで我慢をしていただき第2子から無料にしようとか、同じ税金を払っている宇和島南高等学校の中学生が一切その補助を、恩恵を受けていないのは不公平であると、いろいろな意見がございました。   もっと読む