運営者 Bitlet 姉妹サービス
325件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-26 今治市議会 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 2018年03月26日開催 議案第53号「今治市消防団条例の一部を改正する条例制定について」の審査において、委員から、機能別消防団員の現状について質問があり、理事者から、平成30年3月1日時点で、音楽隊として活動する機能別消防団員が31名、応急手当救急活動に従事する機能別消防団員が19名、合計50名が所属しているとの答弁がありました。 もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 以上のほか、消防救急艇「はやぶさ」の整備について、救助資機材を搭載した消防団車両について、スクール・サポートスタッフについて、放課後子ども教室の受け入れについて、青少年育成市民会議の運営について、(仮称)新垣生学校給食共同調理場整備事業について、それぞれ質疑応答あるいは今後の善処方を求める要望がありました点、付言いたしておきます。  以上で、文教消防委員会の報告を終わります。 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 地域医療構想は、2025年に向け、病床の機能分化・連携を進めるために、医療機関ごとの2025年の医療需要と病床の必要量を推測し、定めるものとあります。  愛媛県の地域医療構想として、基本理念、1、必要な地域医療の確保、2、医療機能の分化・連携の推進、3、患者本位の医療の実現、4、健康で安全な地域社会の確立、5、地域包括ケアシステムの構築とあります。   もっと読む
2018-03-08 今治市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018年03月08日開催 この制度は、双方ともに極めて需要が高まっているものと考えます。  これらの市民の声なき声に潜む切望と願いに、本市も強力に体調不良児対応型導入を実行、推進する必要性に迫られているのではないでしょうか。 もっと読む
2018-03-05 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月05日−07号 次に、消防の連携の将来展望ですが、今後も救急ワークステーションを活用した研修や県内の消防本部から研修生を受け入れるなど、積極的に消防の連携・協力を進めます。 もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 ◎鵜久森政則消防局長 消防局は、昭和23年9月に消防車1台、定員5名で松山市消防本部として発足し、その後、救急、救助の業務拡大に伴う増員や松山市消防局への名称変更、消防署の増設などを経て、現在は1局、4消防署、5支署、2救急出張所、1救急ワークステーション、消防車64台、救急車18台、消防救急艇2艇、定員458名の組織になっています。 もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 本市でも経済は緩やかな回復基調にあり、市税収入も一定堅調に推移する見通しである一方、社会保障関係経費の自然増や公共施設の老朽更新などで財政需要が増加し、子育て・教育環境の充実や防災・減災対策、地方創生の実現に向けた取り組みなど、重要な課題への的確な対応が求められていることから、今後も厳しい財政運営が見込まれています。 もっと読む
2017-12-06 松山市議会 平成29年12月定例会-12月06日−06号 また、アメリカでは、過剰な鎮痛薬の使用による救急搬送や死亡が問題視されており、各種メディアではり治療の効果を取り上げ、医療保険の中にははり治療をカバーするものもあるようです。世界からも注目を集めるはり・きゅうですが、愛媛県においても、本市に所在する愛媛県立中央病院に漢方内科があり、西洋医学の苦手とする領域を補完し、また西洋医学で不十分なところをサポートすることを中心に診療を行っています。 もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 この防災教育では、小学生の低学年を対象に、災害に対する心構えなどの学習を実施しているほか、4年生以上の高学年には救急入門コースを追加し、応急手当ても学んでいます。また、平成26年度からは中学生にもその取り組みを広げ、指導しています。 もっと読む
2017-12-01 松山市議会 平成29年12月定例会-12月01日−03号 現在、建材としての需要の変化から、国産材は余りがちとなっています。このため林業の衰退や山林の荒廃といった問題が指摘されていました。バイオマス発電は、国内で生産される木材を燃料化できるため、エコなだけでなく、輸入資源に頼ることのないエネルギー源として捉えることもできます。また、国産木材の消費につなげることで、林業の再興や山林の再生、地方の活性化といった効果が期待されます。 もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 そういう中で、今のテニス人口の状況と今後整備していかなければならないテニスコートの需要に対する供給の状況等、これはひとつしっかり把握しておく必要もあるんかなと思います。   もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 そういう中で、今のテニス人口の状況と今後整備していかなければならないテニスコートの需要に対する供給の状況等、これはひとつしっかり把握しておく必要もあるんかなと思います。   もっと読む
2017-09-14 愛南町議会 平成29年第3回定例会(第2日 9月14日) さくらひめにつきましては、知事のトップセールスによるものでありまして、急速に需要が増加しているものなのですが、現在、専門的知識によって行う必要があるという形で、なかなか愛媛県全体も生産拡大が今までは進んでいませんでした。   もっと読む
2017-09-06 愛南町議会 平成29年第3回定例会(第1日 9月 6日) また、一般会計からの繰り入れに頼るものではないということでありましたが、議員のおっしゃるとおり、一般会計に頼るものではなく、今申し上げましたが、水の使用料をいかに確保するか、先ほど町長が申し上げましたが、水産加工の稼働が、そういうものが稼働すれば、そこに水の需要が増えてくると思いますので、そのあたりも考慮しながら、今後、施設の整備等を進めていきたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2017-06-27 今治市議会 平成29年第3回定例会(第5日) 本文 2017年06月27日開催 議案第71号「財産の取得について(高規格救急自動車)」の審査において、委員から、今治市内には高規格救急自動車は何台配備されているのかという質問があり、理事者から、今治市内の消防署3署5分署に各1台、それに加え、中央消防署に管外搬送用と非常用が1台ずつ、北消防署に非常用が1台、合わせて11台の高規格救急自動車を配備しているとの答弁がありました。   もっと読む
2017-06-15 愛南町議会 平成29年第2回定例会(第1日 6月15日) また、最近の消費者の健康志向により、低カロリー高たんぱくであるジビエの食肉への普及がより進んでおり、需要が増加しております。鹿、イノシシ肉の加工・販売については、貴重な地域振興、まちおこしの目玉として活用されている地方自治体もあります。  愛南町では、現在狩猟された鹿、イノシシについては、登録するために一旦役場に持ち込み、ハンター個人が苦労されて埋設廃棄処理をされております。   もっと読む
2017-06-08 今治市議会 平成29年第3回定例会(第1日) 本文 2017年06月08日開催 また、その他の議案等におきましては、救助業務に係る装備の充実を図るための北消防署高規格救急自動車や、安定した住民サービスを提供するための庁内ネットワーク制御機器の更新に係る財産の取得議案などを提出しております。  なお、提案しております案件の詳細につきましては、後ほど副市長からご説明申し上げますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。  以上でございます。 もっと読む
2017-03-08 今治市議会 平成29年第2回定例会(第2日) 本文 2017年03月08日開催 算式の分子は、元利償還金、準元利償還金から特定財源を除した金額になりますことから、改善施策といたしましては、臨時財政対策債を除いて、市債の借入額が市債償還元金を上回らないように普通建設事業費を計画的に抑制し、基準財政需要額に算入される交付税措置のある有利な市債の活用等により、実質公債費比率の改善に努めてまいります。  2点目の平成29年度当初予算の収支不足見込みについてでございます。   もっと読む
2017-03-07 四国中央市議会 平成29年 3月定例会-03月07日−02号 このドクターヘリは,救急医療に必要な機器や医療品を常時搭載をしておりまして,救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場へ向かい,医療機関に搬送するまでの間,患者に救命医療を行うことができることとなっております。   もっと読む
2016-12-15 松山市議会 平成28年12月定例会-12月15日−07号 また、子育て世代以外の高齢者や一般の方にも広く利用してもらうため、ふれあい・いきいきサロンや消防救急サロンなども開催し、その中で市としてはモニタリングなどにより実績やアンケート調査の結果で得た利用者の声にどういった形で対応しているかをチェックしているとの答弁がなされたのであります。   もっと読む