運営者 Bitlet 姉妹サービス
374件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) 児童・生徒数が減る中、全国平均と同じ割合を目指す必要は必ずしもないかもしれませんが、学校は災害時の避難所になるところもあります。文部科学省も学校施設は児童・生徒の学習や生活の場であるとともに、地震などの災害時には地域住民の避難所等ともなることから、極めて重要な施設ですと明言し、洋式化を進めております。   もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 例えば、保育所に預ける条件はかなっているけれども保育料の問題などで預けることが困難、そして祖父母などに預けて面倒を見てもらっている方など、潜在的な待機児童が今回の無償化により入園を希望することも考えられます。このような方を現在の本市では受け入れることができるのかどうか心配になります。受け入れる施設の数、また、保育士の数は足りるのでしょうか。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日)〔資料〕 2018年06月13日開催         │2 現在独自の負担軽減策を実施して │     │ │  │     │          │ いるのか            │関係理事者│ │  │     │          │3 無償化の影響について      │     │ │  │     │          │ (1)どのような影響が考えられるか │     │ │  │     │          │ (2)待機児童 もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 これに対して理事者から、新入学児童生徒学用品費等(入学準備金)の支給見込みの人数は616名、支給額は1,260万9,520円、全学年対象の学用品費等の支給見込みの人数は3,831名、支給額は5,390万3,000円を予定しているとの答弁がなされました。さらに、委員から、松山市が支給する入学準備金の1人当たりの入学準備金の単価についてただしました。 もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) また、保護者は須ノ川まで毎日送迎する必要があり、帰りは夕方5時ごろに須ノ川まで迎えに行って待機していなければなりません。これでは、保護者が仕事を選ぶにも制約を受けます。  また寄宿舎に入舎している生徒たちは、保護者が宇和まで送迎するのが基本で、保護者の中には車を運転しない人もいます。 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 うわじま土曜塾は、今年度から事業化されて、参加された児童・生徒、そして保護者も事業の継続を求められているようであります。学校の教員を含めて、事業成果のアンケート調査も行われたようですが、教育委員会として1年間をどう評価、総括をされているのでしょうか。 もっと読む
2018-03-12 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−03号 次は、教育現場での取り組みについてなんですけれども、平成27年4月に文部科学省から教育委員会に向け、性同一性障害に係る児童・生徒に対するきめ細やかな対応の実施等について通知をしておると思います。 もっと読む
2018-03-05 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月05日−07号 このように、働く母親がふえ続ける中で欠かせないものは児童クラブです。現在、本市には102ものクラブが設置され、約5,000人の児童児童クラブに通っていますが、共働きやひとり親が安心して仕事ができるのは、野志市長が児童クラブの重要性をいち早く認識され、スピード感を持って拡大に努めてこられたからだと思います。 もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 1つ目が、待機児童対策など子育て環境の充実や超高齢社会の到来に備えた健康寿命の延伸などの取り組み、2つ目が、中小企業の人手不足対策や商店街振興のほか、道後温泉本館の保存修理工事に備えた取り組みなど、地域経済の活性化に向けた取り組み、3つ目が、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、地域防災力の強化や耐震化を着実に進める防災・減災対策の取り組みです。 もっと読む
2018-01-09 松山市議会 平成30年 1月 9日 地方創生調査特別委員会-01月09日−01号 次に、2番目のつながる未来を応援するという、つまり少子化対策でございますが、認定こども園の拡充や放課後児童クラブなどの整備により、待機児童対策や放課後児童対策を実施するとともに、未婚化・晩婚化を抑制するため、婚活イベントによる出会いの場の創出などを行いました。  3番目の松山への定着と新しい人の流れをつくる、次のページでございますけれども、つまり移住定住対策です。 もっと読む
2017-12-12 今治市議会 平成29年第5回定例会(第4日)〔資料〕 2017年12月12日開催 │いて        │2 大規模地震対策施設計画について │     │ │  │     │          │3 今治(内港)地区の景観整備につ │     │ │  │     │          │ いて              │     │ ├──┼─────┼──────────┼─────────────────┼─────┤ │3 │壷内和彦 │障害児通所支援事業 │1 待機児童 もっと読む
2017-12-12 今治市議会 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 2017年12月12日開催 1番目、全国でも障害児童が増加傾向にあるこの世の中で、ひよこ園を初め、今治市では、現在、何名の待機児童がいるのかお教えください。  また、2番目、今後の受け入れ体制として、どのようにお考えかお聞かせください。  次に、小中学校、保育所跡地についてですが、少子化が進む中、小学校の統廃合、認定こども園の取り組みが全国各地で行われております。 もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 平成30年度において待機児童対策として補助と使用目的を変更すると説明を受けた複数の園から話を伺いました。本来特別運営費は、先ほど質問しました紙おむつの処分費で活用されている園もあり、児童割とともに本市における保育の衛生環境や感染症対策にとても活用されています。12月に入り、感染症、流行性疾患の本格的な時期を迎えます。また、新型インフルエンザのような新しい形の疾病がいつ発生するかもしれません。 もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 次に、岡原文彰3つの柱、選挙の公約にもありましたし、所信表明でも述べられておりましたが、市役所内に産業活性化チームをつくり、愛媛県と足並みをそろえたトップセールスの強化、2つ目に病児保育、児童館、未来教室、中学までの歯科受診無料の推進、3つ目に健康づくりプログラム、認知症ゼロプログラムの策定という3つの柱を挙げられております。 もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 次に、岡原文彰3つの柱、選挙の公約にもありましたし、所信表明でも述べられておりましたが、市役所内に産業活性化チームをつくり、愛媛県と足並みをそろえたトップセールスの強化、2つ目に病児保育、児童館、未来教室、中学までの歯科受診無料の推進、3つ目に健康づくりプログラム、認知症ゼロプログラムの策定という3つの柱を挙げられております。 もっと読む
2017-10-18 松山市議会 平成29年10月18日 市民福祉分科会-10月18日−01号 次に福祉児童関係、これが52件、3番目に学校教育が40件というふうな数になっております。  それから、28年度に施策に反映した件数は21件というふうになっております。 ◆池本俊英委員 施策に反映した21件で、大体ベスト3ぐらいはどういうものがございますか。 もっと読む
2017-09-14 愛南町議会 平成29年第3回定例会(第2日 9月14日) ○1番(金繁典子) 117ページの放課後児童クラブ事業についてなんですけれども、これのこの事業、支出は1,958万円あるんですが、この事業の成果の説明として、待機児童なしという一言が入っております。 もっと読む
2017-06-15 愛南町議会 平成29年第2回定例会(第1日 6月15日) また、愛南町男女共同参画の重点目標の取り組みとしても、仕事と育児・介護の両立支援を挙げられており、これを達成するための施策としても、子育てに優しい環境の整備、放課後待機児童対策の充実を挙げられております。  そこでお伺いします。  一つ、現在町内14小学校のうち、11校に放課後児童クラブがありません。昨年、生涯学習課が放課後児童クラブと放課後子ども教室の要望についてアンケートを行っておられます。 もっと読む
2017-03-13 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月13日−03号 まず、市外から市立中学校に通学している生徒に関する給食費の取り扱いにつきましては、学校給食費の補助の要件としておりますのが原則として宇和島市立の小・中学校に在籍し、かつ市内に住所を有する児童または生徒としております。したがいまして、市外から通学する児童または生徒は、補助の対象外となります。   もっと読む
2017-03-13 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月13日−03号 まず、市外から市立中学校に通学している生徒に関する給食費の取り扱いにつきましては、学校給食費の補助の要件としておりますのが原則として宇和島市立の小・中学校に在籍し、かつ市内に住所を有する児童または生徒としております。したがいまして、市外から通学する児童または生徒は、補助の対象外となります。   もっと読む