運営者 Bitlet 姉妹サービス
727件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 今治市議会 平成30年第5回定例会(第5日) 本文 2018年12月21日開催 さて、この1年を振り返りますと、6月の大阪府北部地震、7月、我が今治市も多大な損害をこうむりました西日本豪雨、9月の北海道胆振東部地震、そして各地で猛威を振るった大型台風など、日本中で大規模な自然災害が相次いで発生しました。自然の驚異を目の当たりにする中で、自助、共助、地域の防災力強化の重要性を痛切に感じた1年でありました。 もっと読む
2018-12-21 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月21日) 埋め立て区画はA・B区画の2区画があり、埋め立てが完了したA区画については、雨水等の侵入を防止し汚染水の発生を抑制するため、内部から発生するガスが抜ける通気防水タイプのシートを敷設し、閉鎖いたします。   もっと読む
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) ただし、あくまで応急的なもので、南海地震や年々増大する台風等への対応としては、何より高速道路の早期延伸が急務であることは言うまでもなく、当委員会全員の意見であったことをつけ加えておく。   もっと読む
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 交通事故は、周りの人々みんなが不幸になる悲しい出来事ですが、後を絶たず、ことしの愛媛県下の交通事故死者数は、12月9日現在54名で、死者のうち高齢者が約67%で過半数を占めているということと、幼い子供が犠牲になるという事故も全国的に見ると数多く発生しています。 もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 6月18日の大阪府北部地震でのブロック塀での死亡事故を受け、各地でブロック塀の調査がされ、今治市でも、公共施設60カ所のブロック塀の撤去、改修がされてきているとのことですが、通学路の安全確認に関して、どのように取り組んでいるのかお伺いいたします。  2番目は、ブロック塀の安全対策についてです。大阪市、横浜市など多くの自治体で、危険なブロック塀の撤去、改修に関して、住民に補助金が出されています。 もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) ○15番(土居尚行) 決算書全般なんですが、この決算書にあります事業を、たくさん多くの事業がございますが、これを消化していく上にどうしても扱わなければならないこの決算書に載らない歳計外現金が発生すると思います。例えば敷金であるとか契約の保証金であるとか、源泉徴収された税金ですね。それとか町が一時的に預かる生活保護費であるとか、そういうものが出ると思います。 もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 さて、今日本では、地震や台風による風水害、そして異常気象等各地で発生し、大きな被害をもたらしております。この30年以内に発生確率が70%から80%と言われている南海トラフ巨大地震、いつ起こるかわからないこの自然災害に対して、1人でも多くの大切なとうとい命を守り抜くために、でき得る限りの努力をしていかなければなりません。そこで初めに、自然災害から子供たちを守る観点から質問させていただきます。   もっと読む
2018-09-07 今治市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018年09月07日開催 まず、地震災害といたしましては、平成13年芸予地震がございます。平成13年3月24日に安芸灘を震源として発生し、旧今治市で震度5強を観測、負傷者11名、住家の全壊1棟、半壊18棟、一部損壊6,159棟の被害を受けました。 もっと読む
2018-09-07 今治市議会 平成30年第4回定例会(第3日)〔資料〕 2018年09月07日開催 現に、6月に発生した大阪北部地震や西日本を中心 とした7月豪雨をはじめ、昨今の自然災害による水道被害は全国で頻発している状況にある。  また、簡易水道事業は農山漁村部を中心とする住民の生活に必要不可欠な社会基盤である が、今なお約270万人の人々が不安定な飲料水に頼らざるを得ない生活を余儀なくされてお り、この水道未普及地域の解消は依然として大きな課題である。 もっと読む
2018-09-06 今治市議会 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 2018年09月06日開催 また、本日午前3時8分ころに北海道胆振地方を震源とする震度6強の地震発生いたしました。被害を受けられました方々に対しまして、お見舞いを申し上げますとともに、一刻も早い復旧、また生活再建をお祈り申し上げる次第でございます。  それでは、通告に従いまして、議案第84号「平成30年度今治市一般会計補正予算(第3号)」、歳出7款1項2目ブランド推進事業費について質疑いたします。   もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) 初めに、本日午前3時過ぎ、北海道で震度6強の地震発生し、映像で見る限り、一部で大規模な土砂崩れによりまして住宅が押し流されるなど、被害の詳細は不明でありますが、大変気をもむところであります。 もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 初めに、本年7月に発生いたしました西日本豪雨災害で犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈り申し上げます。  一同謹んで黙祷をささげたいと存じます。                 ( 黙   祷 )  次に、市長から今議会招集の挨拶があります。 ◯菅 良二市長 おはようございます。   もっと読む
2018-06-26 今治市議会 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 2018年06月26日開催 議会がこのような調査権を発動する場合は、行財政上の重大な事件や特殊な政治問題等が発生した場合とか、あるいは決算その他重要な案件の審査をする場合などがあろうということが言われております。 もっと読む
2018-06-22 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月22日) しかしながら、今回、漁業者等につきましては、現在の欠損金が過去に破綻したものの代位弁済により発生したもので、現在の出資金自体は借り入れの保障をしてもらう場合に出資した額に応じた補償をされるということで、自身の補償を受けるためのものであるということ。 もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) ですから、法的には既存の電力会社がもし停電があっても、新電力と契約をしておっても、当然、管理をする義務は発生しておりますけども、都市部であると、そういったループ状に張られているということから、人的に対応せずとも機械的に電力を復帰することが、いろいろなルートから電気をとれるということで可能であるようです。  ただ、愛南町の場合は一方向からしかないとなると、停電のときには人に頼らざるを得ないと。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 こうした状況において、自治会に今、求められる役割の1つは、近い将来発生が懸念される南海トラフ巨大地震に備える、今治市と連携した災害に強いまちづくりへの取り組みでございます。平成13年3月に発生した芸予地震では、特に周辺地域において、自治会、総代が果たした役割は非常に大きなものがございました。 もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 近年でも、小学校において重さ約300キログラムのステンレス製防煙シャッターに女子児童が挟まれるという痛ましい事故も発生しています。そこで、教育現場でのさらなる安心・安全を願い、今治市の現状をお聞きします。  1番目に、今治市内の小中学校の防火・防煙シャッターを設置している学校数と設置数をお聞かせください。   もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 本件について委員から、近年の大雨発生時には、毎回同じような場所で浸水被害が起こっており、特に伊予鉄道高浜線沿線の山西や西衣山駅付近では、電車がストップするほどの浸水被害がたびたび発生している。地元からは、早急な対策を求める声が上がっているが、30年度はこうした事情に配慮した工事を行うのかただしました。 もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) 近年における日本列島を襲った大災害を振り返ってみますと、23年前の阪神・淡路大震災、7年前の東日本大震災、最近では2年前の熊本地震など、震度7クラスの大地震が各地で発生をしております。地震以外でも、台風、集中豪雨による風水害など、想定外の災害が毎年のように多発をしております。   もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 南海トラフ地震発生時、訓練どおり一次避難所へ避難いたしました。その後、指定避難所への移動は、防災士や自主防災組織が主導するものでしょうか。山下危機管理課長、よろしくお願いいたします。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 山下危機管理課長。 ◎危機管理課長(山下真嗣君) お答えいたします。   もっと読む