運営者 Bitlet 姉妹サービス
57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) まず、第1の質問、人口の将来展望とその対策について、1点目の合計特殊出生率の2.07人への改善の対策と未婚率を減少させる対策についてですが、合計特殊出生率の改善と対策のうち、まず、出産に関する対策として、出産子育て支援金の支給、妊婦健診事業、特定不妊治療費助成事業、母子健康手帳交付事業、母子保健訪問事業などを実施をし、出産世帯の経済面を含めた各種の支援策を展開をしております。   もっと読む
2018-03-26 今治市議会 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 2018年03月26日開催 次に、歳出4款衛生費の審査において、結婚・妊娠・出産・育児切れ目のない支援事業費に関し、委員から、民生費にも同じ名前の事業があるが、こちらはどういう事業なのかとの質問があり、理事者から、衛生費のほうは、特定不妊治療と不育症治療に係る助成費等の予算を計上しているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) 厚生労働省が推進している子育て包括支援センターの設置、不妊治療の補助金20万円の増額、出産について第4子には特別な支援金を提案させていただきました。  子育て包括支援センター、不妊治療の増額については検討すると答弁いただいております。検討の結果についてお伺いいたします。また、第4子について特別な支援金、例えば300万円ぐらいの検討はできないかお伺いいたします。 もっと読む
2017-12-08 愛南町議会 平成29年第4回定例会(第1日12月 8日) その他、子育て世代の経済的支援策として子ども医療費給付事業、第2子保育料の無償化、出産子育て支援金交付事業、乳児用紙おむつ購入補助事業、家族形成の支援として不妊治療費の助成、保育サービスの充実として保育延長、一時預かり保育、保育所遠距離通所費補助事業、地域子育て支援事業、放課後児童クラブ、放課後子ども教室、学力向上の取り組みとして学校ICT管理事業などにより、横断的に取り組んでいる状況であります。 もっと読む
2017-12-08 宇和島市議会 平成29年 12月 定例会-12月08日−03号 認知症がですね、強く発症する前の軽度認知症という段階であれば、もとに戻れる人というのが、研究によって14から44%、さまざまな治療によって。そして、平均すると20%くらいは戻れるというエビデンスがあるそうであります。   もっと読む
2017-10-18 松山市議会 平成29年10月18日 市民福祉分科会-10月18日−01号 ◎淺田弘生活衛生課長兼北条斎場貴船苑長兼中島斎場長 先ほどの動物の不妊去勢手術の補助金についてですが、28年度から240万円であったのを、猫だけに絞りまして400万円に増額をいたしまして、そのときの予算の目標としましては、それまでに一応2,000円という、一律2,000円で1,200頭というのがずっと過去やっておりましたので、おおむねその数字を目標としまして400万円という設定をいたしまして、2月の もっと読む
2017-03-29 今治市議会 平成29年第2回定例会(第5日) 本文 2017年03月29日開催 次に、歳出4款衛生費の審査において、結婚・妊娠・出産・育児切れ目のない支援事業費に関し、委員から、今治市における不妊治療に対しての支援、補助の実態について質問があり、理事者から、予算に計上している850万円のうち、700万円が特定不妊治療の助成費で、助成を受ける方は、平成27年度が90件、今年度は90件を超える見込みで、年々ふえている。 もっと読む
2017-03-03 今治市議会 平成29年第2回定例会(第1日) 本文 2017年03月03日開催 妊娠、出産につきましては、不妊治療及び不育症治療の助成を継続して実施してまいります。  子育て支援につきましては、妊娠期から子育て期にわたるまでの支援をワンストップで行う拠点として、愛媛県内初となる子育て世代包括支援センターを設置いたします。 もっと読む
2016-09-30 四国中央市議会 平成28年 9月定例会-09月30日−05号 次に,委員から,不妊治療助成金の内容について詳しく伺うとの質疑に対し,現在も特定不妊治療の助成は体外受精と顕微授精の2種類に対して助成,県の助成に対する追加助成という形をとっている。当市は,現在年齢制限に関係なく,年に1回5年間助成でき,一夫婦に対し最高5回の助成が可能である。今回から年齢制限を設け初回申請が40歳未満であれば6回まで,40歳から43歳未満の申請であれば3回としている。 もっと読む
2016-09-15 今治市議会 平成28年第4回定例会(第4日) 本文 2016年09月15日開催 また、平成27年3月に策定した今治市子ども・子育て支援事業計画に基づき、幼保連携型認定こども園の設置や放課後児童クラブの対象拡大、特定不妊・不育症治療費助成など、さまざまな事業の充実に取り組んでいるところでございます。今後も地域との連携、協力を図り、定期的に事業の検証を行いながら、計画を着実に実行し、安心して子育てのできる環境を整えてまいりたいと考えております。   もっと読む
2016-09-13 宇和島市議会 平成28年  9月 定例会-09月13日−02号 福岡市では、犬猫の収容の譲渡費用、治療不妊去勢手術の費用、適正飼育啓発に係る費用などに活用しております。尼崎市では、不妊去勢手術の費用、適正飼育に係る普及啓発、殺処分ゼロを目指す取り組みに活用しております。  犬猫のために使ってくれるんなら喜んで協力をするよという関東圏の人も何人も聞いております。 もっと読む
2016-06-28 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 今後、急速に進行するであろう長高齢化社会への対応を考えたとき、認知症の早期発見、早期治療による進行の抑制は、避けて通ることのできない重要課題と考えます。そこで、改めてお伺いをいたします。  認知症の早期発見、早期対応のためのシステムづくりについて、今後、どのような方向性を考えておられるのか、お伺いをいたします。  次に、国土強靭化地域計画の策定に向けた取り組みについてお尋ねをいたします。   もっと読む
2016-06-20 宇和島市議会 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号 次に、一部割愛しますが、犬猫避妊治療の補助についてですが、昨年の6月、私と同級生の先輩の松本議員からも、何度もこの点については御指摘をされていると思います。  広島市においては、これは政令指定都市でございますが、殺処分ゼロという成功を聞いております。非常に驚きました。  また、中谷万理代表、犬猫みなしご救援隊なる団体が、1,300匹以上の犬猫と生活をされています。 もっと読む
2016-03-09 今治市議会 平成28年第2回定例会(第4日) 本文 2016年03月09日開催 その主な取り組みといたしまして、特定不妊治療費の助成、母子健康手帳の交付、妊娠期における妊婦健康診査やパパママ学級を実施しており、出産後は乳幼児全戸訪問事業による産後ケアを行うとともに、乳幼児健康診査や育児交流会等の実施によりまして、乳幼児の発達や育児の状況、保護者の不安等を確認し、各発達段階に応じた相談支援を行っております。   もっと読む
2016-03-09 宇和島市議会 平成28年  3月 定例会-03月09日−03号 母子保健分野においては、不妊治療助成金及び離島地区の妊婦健康診査等の交通費の補助金の新設、あわせて相談体制を充実するなど、一人でも多くの方が安心して妊娠、出産できる体制を整えていきたいと考えております。   もっと読む
2016-03-01 今治市議会 平成28年第2回定例会(第1日) 本文 2016年03月01日開催 妊娠・出産につきましては、国の不妊治療の助成拡充に対応して予算を大幅に増額し、年間助成回数の制限を撤廃するとともに、新たに愛媛県内初となる男性不妊治療への助成を開始いたします。また、昨年から実施しております不育症の検査や治療を対象とした助成も継続して実施し、不妊などに悩む1人でも多くの方の出産の希望がかなえられるよう支援してまいります。   もっと読む
2015-09-10 今治市議会 平成27年第5回定例会(第4日) 本文 2015年09月10日開催 その後、急速に脱水が進行するため、入院治療を要する場合が多く、調査によりますと、我が国においても、5歳未満の乳幼児がロタウイルス性胃腸炎で入院する頻度は、40~60人に1人と高頻度です。このロタウイルスに感染すれば、特殊な薬とか治療はなく、対症療法しかなく、ウイルスが体外に出るのを待つだけです。脱水症状を起こさないように水分を補給するのみで、子供には大変苦しい病気であります。 もっと読む
2015-06-23 宇和島市議会 平成27年  6月 定例会-06月23日−03号 経済の中には、例えば離婚等でひとり親になっている家庭の対策をどうするとかいうこともさまざまにつながってきますし、不妊治療なんかどうですかね。市民の方の要望はありませんかね。あるいは、晩婚化をどうする。晩産化をどうする。こういうような対策どんどん打っていけませんかね。 もっと読む
2015-03-06 今治市議会 平成27年第2回定例会(第1日) 本文 2015年03月06日開催 妊娠、出産に対しましては、特定不妊治療費への助成を継続するとともに、四国では初の取り組みとなります不育症の検査や治療を対象に、費用の一部を助成する制度を創設してまいります。  子育て支援につきましては、本年4月から、子ども・子育て支援新制度がスタートするに当たり、子育ての不安や保育ニーズにお応えするため、総合的な施策を展開してまいります。   もっと読む
2014-09-11 宇和島市議会 平成26年  9月 定例会-09月11日−03号 県下でも、松山、今治、伊予市、東温市、松前町、砥部町、鬼北町、去勢不妊手術を実施しておりますけれども、我が市もぼつぼつ本腰を入れてもらいたいなというふうに思っているわけでございます。  ちょっとはしょります。  市長、補助制度について要望いたしますけれども、前向きな答弁をお願いします。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(小清水千明君) 石橋市長。 もっと読む