19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

愛南町議会 2014-03-20 平成26年第1回定例会(第2日 3月20日)

それから、JVで実施した南楽荘の建設なんかも、急ぎの工事になったら地元の方だけではとても間に合いません。だからいろんなところから集まっておりました、あのとき。そういうことを、いろいろなことを加味しながら考えたときに、町長が言われたような答弁にはなってこんと思います。  

宇和島市議会 2014-03-14 平成26年  3月 定例会-03月14日−05号

九島架橋工事で、宇和島市内に本所を有する地元の業者が請け負った工事額は、愛媛県委託している橋梁本体の工事のうち橋脚の製作工事を地元業者が6億3,290万円で請け負っており、橋脚基礎工及び橋脚据えつけ工事は大手業者と地元のJVが20億7,595万5,000円で請け負っており、大手と地元の出資比率から試算した地元業者の請負分は7億2,865万9,000円となっております。  

東温市議会 2012-12-19 平成24年 12月 定例会(第6回)-12月19日−05号

まず、工事発注後の監理体制については、建築主体工事は一般競争入札によるJVへの発注となる予定であり、現場監理については施工監理業者に委託し、また担当課職員工事に不備がないように現場確認、打ち合わせを徹底するとの説明がありました。  また、耐震補強工事をすることにより、耐え得る震度については震度6強から7程度の地震に対応する設計となっており、耐震診断耐震設計の対象は建物のみであるとのことでした。

東温市議会 2012-09-19 平成24年  9月 定例会(第4回)-09月19日−03号

次に、宮城県の亘理地区、そして岩手県の宮古地区でのJVによる選別破砕現場において、JV側は、放射線量のサーベイメータを持って野積みにされた広域処理対象廃棄物の線量−−単位はシーベルトですが−−をはかっていました。その際の計測数値はバックグラウンドに近いか、少しそれより高い数値を示しておりました。

愛南町議会 2012-06-14 平成24年第2回定例会(第1日 6月14日)

○副町長(石川芳洋) 今の地元業者の入札のかかわりと絡めて、当然その4分割と1分割でもしこれが1分割でやりますとJVをやらんといけん、3億円以上の金額ですのでやらんといけませんけれども、当然、そうなりますと経費は一つ、それから発注は四つという形をとりますので、どうしてもその辺は矛盾は出ようかと思っております。  以上です。 ○議長(斎藤武俊) 他にございませんか。  草木原議員

東温市議会 2011-06-28 平成23年  6月 定例会(第3回)-06月28日−05号

そして最後に、落札業者JV企業、これ経営状況でございますが、金融機関保証協会の照会や調査を行いましたか。また、その調査結果はどうであったか、お尋ねしたい。  先ほども同僚議員が言いましたが、信用状況でございますが、不払いや遅延状況は調査したか、どのような調査をしたのか、ちょっと具体的に教えていただきたい。  

愛南町議会 2011-04-28 平成23年第3回臨時会(第1日 4月28日)

私の知っている範囲で言いますと3月28日に入札会が行われまして、五洋・明正JV失格ということで失格判断をいたしましたため、当日に代表構成員である五洋建設にはその旨報告しております。そして翌日、第2第3でありました戸田・南予と鹿島・一宮の方には低入札の資料の作成資料を依頼しております。

愛南町議会 2010-12-09 平成22年第4回定例会(第1日12月 9日)

私のほうが入札審査委員会の委員長をしております関係上、その結果のほうは町長に申し上げておるんですが、宮下議員の言われることはよくわかりますし、だから今回に関しましては、一応、いろんなことを検討して総合特定建設業者は郡内には2件しかおりませんので、その2件がどうにかなるようにして、ほかの業者もなるように検討をした結果、入札審査会で2回のこの分については検討して、JV方式でやろうということで町長には報告

東温市議会 2010-09-15 平成22年  9月 定例会(第4回)-09月15日−04号

JV施工による期待される効果でございますが、JVを組むことにより1社当たりの資金負担を軽くすることができる、工事の確実性と安全性が確保でき手抜き工事の防止が図られる、複数業者の施工となるため受注の隔たりが解消され均衡が保たれるなどであり、今後も学校施設などの大規模耐震工事などの入札で実施してまいりたいと考えております。  

今治市議会 2010-09-13 平成22年第5回定例会(第3日) 本文 2010年09月13日開催

過去には経常JVを構成するよう指導するなど、技術的な研究を続けてまいった経緯がございます。ただし、実際には発注工事をするときの品質確保の問題や、あるいは合併調整というタイミングもありましたために、今までは主として市外大手業者の指名ということでやっておりました。しかしながら、これまでの下水道工事にも一部には推進工事が含まれておりまして、地元業者もその力を徐々につけてまいっております。

愛南町議会 2009-09-18 平成21年第3回定例会(第2日 9月18日)

その3市町のうちに2市町がJV電気通信業と電気工事業での発注方法を採用しています。どちらも自らの市町が採用した発注方法に対して不安に思うところがあるように感じたと、これはうちの職員がです。そして、違法性があるのではないか、もっと綿密に検証すべきであった、やってしまったのだから仕方がない、次回は細部まで検討したいという先方からの発言ありましたという報告です。

宇和島市議会 2006-09-25 平成18年  9月 定例会-09月25日−02号

そうやって地元業者にできるだけ大きな工事でも受注の機会を与えるいうことで分割発注が行われているわけですが、当市の場合、その分割発注がどのくらい行われているのか、また、今後そういうふうにして業者育成のために分割発注、または、1社でできない場合にはJV等を組んでお互いが協力し合って入札をするという考えについての市長、または、理事者のお考えを聞きたいと思います。      

東温市議会 2006-06-13 平成18年  6月 定例会(第3回)-06月13日−03号

このことは、形が若干異なりますが、昨年の12月定例議会の渡部議員の一般質問、経常JV制度導入とも関連しますが、これが実施されれば、同様な効果が期待できるのではないでしょうか。このときの質問の答弁の締めくくりにも、JVルールには、必要なときにいつでも、常に日の目を見るように原案がございますとの答弁をなさっておられました。

東温市議会 2005-12-21 平成17年 12月 定例会(第6回)-12月21日−資料

2.東温市斎場「桜花苑」の案内板について    「桜花苑」までの順路の分かり易い案内板の設置について9渡部伸二1.ゼネコンではなく、地元業者による共同企業体(JV)を    東温消防署、学校給食センターその他の公共施設建設が今後行われるが、厳しい業務環境にある地元中小零細企業に対して、平等公平に公共工事に参入できるよう共同企業体方式を積極的に採用してもらいたいがご見解は。

今治市議会 2005-09-14 平成17年第4回定例会(第2日) 本文 2005年09月14日開催

まず、その1点目でございますけれども、特定建設工事共同企業体、いわゆるJVをどういったときに結成するかということにつきましてでございますが、先ほど答弁にもありましたように、大規模で技術難度が高い工事、いわゆるこれまでの鉄筋と違って純木造であり、また城郭建築ということでもって、そういった非常に高度な技術を要する工事でございます。

松山市議会 1983-10-03 10月03日-07号

まず、業者選定の経緯についてですが、工事契約の発注に際しては、工事内容、設計金額、施工場所などから発注方法、業者選定や要件等を決定しており、今回の入札参加に必要な要件については、設計金額が5億円以上の工事であり、建設工事に係る共同企業体取扱要領に基づき、確実かつ円滑な施工を図るためにJV建設工事共同企業体による施工が必要と認めたため、JVでの発注といたしました。

  • 1