240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四国中央市議会 2021-12-12 12月12日-04号

ホテルのように豪華な1人部屋から2人都屋,3人部屋等さまざまですが,厚生労働省が定めた規定としては,病室病床数は4床以下であること,病室面積は1人当たり6.4平方メートル以上であること,病床のプライバシーを確保するための設備があること,少なくとも個人用の私物の収納設備個人用の照明,机・椅子などの設備があることとなっています。 入院時に最も注意すべき点は1つあります。

宇和島市議会 2020-12-12 12月12日-04号

また、津島病院について職員から、病院機能機能分化は徐々に地域に浸透していくもので、建物の耐震化に問題がない津島病院で、2025年での機能別病床数や削減数具体的目標数値が必要なのか質問したところ、回答といたしましては、再検証のプロセス、作業内容については、国から通知することとなると思うとのことでございました。 

宇和島市議会 2020-12-10 12月10日-02号

ただ、この問題の根本は、政府、厚労省が、医師介護士不足現状をつくり出しておきながら、その政治的責任を果たさずに、医師看護師不足を固定化し、医師数に合わせて病床数を減らす、国の医療費負担削減するという目的が明らかではないでしょうか。 たび重なる患者負担の増額で、負担の大きさに、受診せずに重症化する事態がふえている。

宇和島市議会 2020-12-02 12月02日-01号

次に、吉田病院では、増収策として、地域包括ケア病床を12床から16床に増床したものの、平成30年7月豪雨災害の影響もあり、医業収益が7,057万3,708円の減収となり、医業外収益増収となりましたが、特別損失として退職手当引当金等を計上したことにより7,930万4,094円の純損失が計上されております。 

東温市議会 2020-06-17 06月17日-03号

感染者受入れ体制整備は県の業務でございますが、6月12日の県知事による記者会見によりますと、受入れ病床医療機関で223床確保しているようです。内訳は、重症者及び中等症者用が43床、中等症者及び軽症者用が180床のようです。そのほか、軽症者や無症状者宿泊療養施設として、117室程度を確保しているようです。 

今治市議会 2020-06-10 令和2年第3回定例会(第2日) 本文 2020年06月10日開催

もちろん、医療機関等への支援用資材の配布が予算化されたことも承知していますが、市民皆さんは、PCR検査対応状況や三次救急体制感染症指定医療機関状況感染症病床確保状況等は常に気になりますし、市民皆さんが強い関心を示すところですので、お示しいただきたいと思います。  

宇和島市議会 2020-03-12 03月12日-05号

「議案第53号・宇和島病院事業設置等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、宇和島市立吉田病院及び津島病院において、一般病床数を変更すること等に伴い、条例の一部を改正しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長福島朗伯君) 藤田総務部長。     

宇和島市議会 2020-03-11 03月11日-04号

しかし、感染病棟病床数は4床で、この地域で大流行すれば、この病床だけでは対応しきれなくなります。どのような対応を考えておられるのか、また、津島吉田病院との連携はどのようになっておられるのか、西本医療行政管理部長にお伺いをしたいと思います。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長福島朗伯君) 西本医療行政管理部長。 ◎医療行政管理部長西本能尚君) お答えをいたします。 

宇和島市議会 2020-03-10 03月10日-03号

次に、感染者受入れにつきましては、市立宇和島病院は第2種感染症指定医療機関として陰圧機能を備えた感染症病床4床を有しておりまして、一般患者とは別の専用入り口から入館し、当該病室入院できる施設となっております。今後におきましても、今回の感染者受入れの経験を踏まえた関係部署業務シミュレーション職員研修など、感染防止対策に万全を期してまいります。 以上です。     

愛南町議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第1日 3月 9日)

第2条、業務予定量は、病院病床数を、医療療養型60床としております。  年間の患者数入院患者延べ2万440人で、外来患者延べ9,376人を予定しております。診療所は、外来患者延べ6,900人を予定しております。  建設改良計画は、病院診療所医療機器等整備として、1,543万8,000円を予定しております。  

松山市議会 2020-03-05 03月05日-07号

地域医療構想は2025年に向け医療需要病床必要量を推計したものですが、地域の実情を反映していないとの批判の声が全国で上がっています。 この間、地域医療構想調整会議が開催されました。どんな議論があり、今後の方向性はどのように示されたのでしょうか。 この構想は、ベッド数削減目的です。市としても地域医療ニーズや真に必要なベッド数について把握し、発言することも必要だと考えます。

東温市議会 2020-03-04 03月04日-03号

感染症指定医療機関は、近隣では、愛媛大学医学部附属病院県立中央病院松山赤十字病院等がこれに該当しますが、3月3日の新聞報道によりますと、県は、第2種感染症指定医療機関県立中央病院に14床、県立新居浜病院に17床の受入病床を確保しているとのことでありました。治療の方法については、ご存じのとおり、有効な抗ウイルス薬はなく、点滴や呼吸管理などの対症療法が中心になると思われます。 

松山市議会 2020-03-03 03月03日-05号

病床の彼からの希望で、目標を決め、毎日一緒に勉強した思い出があります。彼は、残り少ない時間を決して諦めることなく、自分らしく必死に生きました。夢や希望に向かい、一生懸命生きてきた若い世代の方が、突然がんの宣告を受け、必死にがんと戦ったが、残り少ない時間を過ごさなければいけない状況になり、人生の最終章を必死に自分らしく生きる、こうした方々の一助になるのがこの事業であります。

松山市議会 2020-02-27 02月27日-02号

次に、島嶼部医療体制現状課題についてですが、中島本島のなかじま中央病院は、病床50床で通常の診療通所リハビリテーションに加え、夜間・休日の初期救急患者を受け入れています。平成30年度の受診者数は、入院約1万1,000人、外来約1万7,000人で、民営化した平成19年度に比べ、入院では約2割、外来では約4割の減となっています。

愛南町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第1日12月13日)

今回発表された公的病院再編統合の対象とされた理由について、厚生省は2017年度のデータをもと高度急性期急性期病床がある公的病院診療実績を分析し、がん救急医療など9項目で実績を調べ、診療実績が特に少ない、または車で20分以内に類似した診療実績を持つ病院があるのいずれかに当てはまるとしています。