4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

今治市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第5日) 本文 2019年06月28日開催

このため、旧姓を名乗れることを活用することによって、基本制度を堅持しつつ人々の希望に応えているのが現実であります。ところが、本陳情では、旧姓を名乗れるのが社会の混乱を招くなどと批判していますが、これは余りにも的外れだと私は思います。災害時の本人確認など、そんな特別なことを持ち出すことは無意味であり、陳情者の主張する不利益のほとんどが旧姓を名乗れることによって解決するのではないでしょうか。

今治市議会 2017-12-06 平成29年第5回定例会(第1日) 本文 2017年12月06日開催

戸籍住民基本台帳管理費でございますが、希望する方にマイナンバーカード等への旧姓の併記を行うためのシステム改修をしようとするものでございます。財源は、全額国庫支出金でございます。  26ページをお願いします。民生費、社会福祉費の社会福祉総務費でございます。国民健康保険特別会計繰出金でございますが、保険基盤安定事業費の額の確定に伴いまして、繰出金を減額しようとするものでございます。

今治市議会 2017-06-14 平成29年第3回定例会(第4日) 本文 2017年06月14日開催

数値目標の達成に向けましては、女性職員に対する研修の実施や課長級以上の職員に対する女性活躍推進セミナーの実施などにより意識啓発を図るとともに、旧姓使用制度の導入などによる女性が働きやすい職場環境の整備に取り組んでおります。今後におきましても、女性に限らず、全ての職員が活躍できる職場風土づくりに取り組んでまいりたいと考えております。  2番目、総括の時期並びに今後の計画についてでございます。  

今治市議会 2010-03-15 平成22年第2回定例会(第3日)〔資料〕 2010年03月15日開催

平成 13年、心の教育助成フォーラム調べ)  結婚後も旧姓使用しなければ、社会生活において不便、不利益に直面する方のためには、 「通称使用」の法整備を図れば済むことである。  よって、国会並びに政府においては、本来極めて特定の勢力による主張に、ただ形だけ安易 に同調することなく、人類、地域国家の成り立ちを十分に考察し、選択的夫婦別姓のための 民法の改正を行わないよう、強く要望する。  

  • 1