運営者 Bitlet 姉妹サービス
541件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) そういう中で、ちょうど東日本大震災が発生したことで、建設費にかかる人件費でありますとか、また、資材単価が大幅に高騰している状況にあったということで、議会のほうからですね、ちょうど庁舎と消防庁舎の建設については、愛南町の将来を的確に見据えた実情に合った事業の執行を望むという決議が採択されたことから、華美な仕様は避けて、実用的で機能的な施設にするべくコスト重視ということを優先して取り組むようにある程度 もっと読む
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 厚生労働省では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据え、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住みなれた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指して、2015年に、認知症施策推進総合戦略、いわゆるオレンジプランを策定しております。我が今治市においても、それに沿って対策が進められております。   もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 宇和島市では、1人1100円の補助をしています。今治市は食材に1,000万円の補助金を出していますが、子供たちや親に目に見える形で、将来を担う子供たちに、今治市の税金を生かすべきではないでしょうか。市民の税金がどのように使われるかが問われています。子育て世代のために使われることが、今後を託し、今治市の将来のために必要ではないでしょうか。  第2の質問は、生活保護費についてです。 もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 そのほか延岡時代創生総合戦略における雇用創出、移住・定住の促進、結婚・出産・子育て支援など、人口減少対策の取り組みについて説明を受けました。  北九州市、延岡市ともに、地方創生に向けたさまざまな施策や事業が行われており、大変有益な視察を行うことができました。  以上で地方創生特別委員会の視察報告を終わります。 ◯越智 豊議長 次に、スポーツ振興特別委員長から報告があります。 もっと読む
2018-06-21 宇和島市議会 平成30年  6月 定例会-06月21日−04号 平成32年度の学習指導要領では、小学校3、4年生で外国語活動が年間35時間、小学校5、6年生では外国語が年間70時間となりますので、今年度及び来年度はその移行期間ということで、完全実施に向けて準備を進めているところであります。本年度は、小学校3、4年生が外国語活動を15時間、小学校5、6年生は外国語活動50時間のカリキュラムで、ほとんどの学校がスタートしました。 もっと読む
2018-06-20 宇和島市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−03号 それを実現するための方策といたしまして、に関した取り組みや観光プロモーションのあり方、シティプライドの醸成や宇和島地域の活用方法などリーディングプロジェクトを設定し、イベントばかりでなく自力をつけていけるような取り組みをこれから検討していくというような内容となっております。   もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) あわせてこの展示コーナーは、役場ロビーだけではなく、文化センターや各公民館等にも設置をし、より多くの人の目に触れることで、その効果は一層上がるのではないかと考えます。  準備に多額の経費を要するものではないと考えます。早急に設置をすることについて、町長の所見を伺います。 ○議長(宮下一郎) 西口議員から、答弁分割での質問がありました。   もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 次に、2点目は、3款1項13目老人福祉費中、配サービス事業及び高齢者いきいきチャレンジ事業についてであります。本件について委員から、配サービス事業は1日1だけなのか、また料金は幾らかかるのかただしました。これに対し理事者から、1日1で料金は500円、市民税の所得割非課税の方は450円であるとの答弁がなされました。 もっと読む
2018-03-14 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−05号 現在、宇和島MIセンターを拠点に相談員2名と結婚推進委員38名によるお見合いの仲介、出会いイベントを開催するなど、若者支援を行っております。  宇和島MIセンターは、登録者数で300人以上、全体で引き合わせた数が100組、成婚数は20組とありました。MIセンターは頑張っているというふうに思います。   もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 昨年1年やってもらった方の中にも、今回残ってもらえる方もおられるということでございまして、担当のほうといたしましては、何とかやっていけるというところで、今、年度に向けまして着々と準備を進めておるという状況でございます。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 浅野修一君。 もっと読む
2018-03-12 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−03号 ただ、それ以前に、宇和島魚市場株式会社が閉鎖を検討されていますので、同魚市場の買受人が施設に移行するまでの間、愛媛県漁連魚市場の買受人になる場合の処遇等について、現在までに協議検討が進められております。   もっと読む
2018-03-09 今治市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018年03月09日開催 次に、子育て支援についての1番目、子育て世代包括支援センターの現状などについてお伺いをいたします。  この支援センターは、昨年4月に愛媛県内で初めて開設され、1年が経過しようとしております。当然のことながら初めてのことですので、利用者、またセンターでも戸惑い、問題などがあったと思いますが、1年間どうであったのかをお尋ねしたいと思います。まずは、年間の利用者、相談者などについてお聞かせください。 もっと読む
2018-03-05 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月05日−02号 〔市長岡原文彰君登壇〕 ◎市長(岡原文彰君) 平成30年3月第63回宇和島市議会定例会の開催に当たりまして、年度の施政方針について御説明させていただき、議員各位を初め、広く市民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと思います。  市民の皆様の御信任を賜り、昨年9月11日より第4代宇和島市長に就任し、半年近くが経過いたしました。 もっと読む
2018-03-05 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第1日 3月 5日) 先般、愛媛大学がスマをモデルとした養殖産業創出と養殖産業の構造改革という課題で、文部科学省のプログラムに採択をされ、平成29年度から5年間、水産業の基盤強化研究を行うことになり、御荘文化センターでフォーラムを開催をいたしました。 もっと読む
2018-03-01 今治市議会 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 2018年03月01日開催 さて、私が市長に就任する以前より、長い時間をかけて進めてまいりました今治市内4つのごみ処理施設を集約した合併の最大の成果の1つであるごみ処理施設「バリクリーン」が、いよいよ今月31日に竣工いたします。  ごみ処理施設は、富田、町谷地域の皆様にとうといご理解とご英断をいただいたことで、平成26年2月に着工いたしました。 もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 また、妊娠期から子育て期にわたるさまざまなニーズにきめ細かく対応する拠点として、子育て世代包括支援センターを北条地区、中島地区を含む市内5カ所でことし7月をめどに開設することにしました。   もっと読む
2017-12-14 松山市議会 平成29年12月定例会-12月14日−07号 平成29年度松山市松山城観光事業特別会計補正予算(第1号)  議案第79号 平成29年度松山市公共下水道事業会計補正予算(第1号)  議案第80号 平成29年度松山市一般会計補正予算(第6号)  議案第81号 平成29年度松山市国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第2号)  議案第82号 平成29年度松山市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  議案第83号 平成29年度松山市勤労者福祉サービスセンター もっと読む
2017-12-11 今治市議会 平成29年第5回定例会(第3日) 本文 2017年12月11日開催 平成26年第5回定例会での都市開発整備特別委員長の報告におきまして、都市第1地区におけるスポーツパークの残りの施設整備方針については、陸上競技場とサッカーコート、サブのサッカーコート整備を基本とし、今後検討されたいとの意見が付されました。 もっと読む
2017-12-08 宇和島市議会 平成29年 12月 定例会-12月08日−03号 最後に、宇和島市民の健康について、育に対する取り組みをお伺いいたします。  現在の取り組みと、これからの方針について伺います。保健福祉部長。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 岡田保健福祉部長。 もっと読む
2017-12-07 宇和島市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−02号 その学校法人の運営に対して宇和島市が財政的な支援を行い、収支の差損があれば、その分を補填、支援する。そういった支援の実績を数年積んで、学校法人から公立大学法人へ運営を移し、公立大学法人化を果たしたいというものでございました。   もっと読む