70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛南町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第1日 3月 8日)

本案は、大学制度の中に新たな高等教育機関として専門職大学を設けるとする学校教育法の一部改正により、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準が一部改正され、放課後児童支援員の資格要件を改める必要が生じたため、本条例の一部を改正いたしたく提案するものであります。  それでは、改正内容について説明をしますので、裏面の新旧対照表をごらんください。  

四国中央市議会 2019-03-08 03月08日-05号

業種の内訳は,製造業が20件,運輸業が10件,卸売業が3件,医療福祉関係が3件,サービス業が2件,教育機関が1件であります。本市の基幹産業であります紙産業のみならず,多くの業種企業へも交付いたしております。 次に,評価でございますが,市外,市内企業の新設・増設の相談等へは,本制度はもとより,あわせて県,国の優遇制度紹介し,本市での事業化を検討していただけるよう御案内をしております。

宇和島市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−03号

次に、宇和島市の高等教育機関についてお伺いいたします。  市長は昨年12月の定例会において、IPU環太平洋短期大学部の公立化を断念すると公表されました。そして先日、創志学園側から、2月23日に開催された理事会の決定事項について報告を受けました。内容としては、31年度の学生募集停止の決定、施設等は引き続き環太平洋大学の実習施設として使用するそうです。

今治市議会 2018-03-08 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018年03月08日開催

本年4月、岡山理科大学獣医学部の開学を受け、高等教育機関が有する学際的、学究的機能への期待感はもちろんのこと、高校卒業後に、将来への希望と志を宿し、今治の地におり立つ若き人材には、本市のまちづくりや地域の課題解決への貢献を通じて、本市に新たな希望と活力が注がれることと存じます。

今治市議会 2018-03-01 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 2018年03月01日開催

平成17年には大規模合併を成し遂げましたが、新市の将来像の実現に向けて策定した新市建設計画におきましても、新市の主要施策として高等教育機関の誘致を掲げ、かねてより財源の準備をしてきたものでございます。大学誘致を進めることで市民の皆様の生活に影響を及ぼすことがないよう、そして将来に負担を先送りしないように、合併振興基金財政調整基金を積み立ててまいりました。  

今治市議会 2017-12-22 平成29年第5回定例会(第5日) 本文 2017年12月22日開催

また、委員から、図書館教育機関として本当に大事な施設であるが、今治市として現場のことを把握できているのかとの質問があり、理事者から、図書館業務のうち、書籍・資料の貸し出し、返却など、図書館データベースである図書館管理システムについては、今治市が直営で維持管理を行っている。

今治市議会 2017-09-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 2017年09月11日開催

この学園都市構想の実現につきましては、昭和50年に策定した今治市総合計画におきまして高等教育機関の設置を表明して以来、5代にわたる市長が目指してきた40年来の悲願でございます。特に、昭和58年の岡島市長在任のときから今治新都市開発整備事業に着手し、誘致のための高等教育機関用地を確保した上で、積極的に大学誘致に邁進し続け、このたびようやく実現に向けてあと一歩のところまで来たものでございます。  

宇和島市議会 2017-03-15 平成29年  3月 定例会-03月15日−05号

私も個人的には高等教育機関を何としても残したいと、こういった思いはあります。ただ、それが財政的に負担できる範囲でやれるのかどうか、こういったことが一番知りたい。  高等教育機関の持ついろいろな機能、経済的影響、あるいは公開講座やイベントに参加、いろいろな角度から分析して、早く高等教育機関を残すかどうかの判断を、決めたらやはり残すための努力に向けて頑張っていかなければいけないだろうと。  

宇和島市議会 2017-03-14 平成29年  3月 定例会-03月14日−04号

◎市長(石橋寛久君) 私としては、再三述べさせていただいていますとおり、IPU短期大学部をぜひ、この地にある唯一の高等教育機関ということで維持をしていきたい、そのためにはできる限りのことをやっていきたいと考えておりますので、今、理事長のほうからはかなり厳しいことも発言ありました。

宇和島市議会 2017-03-13 平成29年  3月 定例会-03月13日−03号

宇和島市にとって、少子・高齢化と過疎化が進み、若年層の県外流出に歯どめがかからない中、南予地方唯一の高等教育機関である環太平洋大学短期大学部存在は、地域外、県外から学生を呼び込み、アルバイト等で宇和島の経済活動に寄与し、教職員、学生が宇和島に住むことによる経済効果は小さくないと感じております。  

今治市議会 2017-03-03 平成29年第2回定例会(第1日)〔資料〕 2017年03月03日開催

          │10 周辺環境への影響に対する配慮 │     │ │  │     │          │  について           │     │ │  │     │          │11 学生や教職員宿舎を空き家対 │     │ │  │     │          │  策と合わせて考えられないか  │     │ │  │     │          │12 市内の企業教育機関

今治市議会 2017-03-03 平成29年第2回定例会(第1日) 本文 2017年03月03日開催

12番目といたしまして、今回の獣医学部の誘致を成功に導くためにも、また地域の発展、活性化のためにも産官学民の連携が必要かつ重要と考えますが、今治市内の企業教育機関との有意義な連携や住民交流など行政の役割も重要かと思いますし、リーダーシップの発揮が必要かと思いますが、どのように進めていくおつもりなのかお尋ねをいたします。  

東温市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月14日−04号

2015年11月に発表されたOECD(経済協力開発機構)の調査結果によりますと、GDP(国内総生産)に対して国や地方自治体による教育機関への公的支出の占める割合が日本は3.5%にとどまり、34カ国中6年連続で最下位であります。OECD加盟国平均の4.7%より1.2ポイントも少なくなっております。

今治市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第3日) 本文 2016年03月08日開催

本市の学園都市構想とは、高等教育機関の誘致、いわゆる4年制大学の誘致を、羽藤市長、昭和37年から5期された方でございますが、以来、歴代の市長が目指してきたものでございます。卒業されたOBの職員から聞きますと、羽藤市長時代に東海大学の松前総長、この方は旧社会党の重鎮でありました。羽藤市長に東海大学のというお話があったようであります。