2491件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松山市議会 2024-12-18 12月18日-06号

これに対して理事者から、国は財政の健全化を進める保険者取り組み支援するインセンティブ補助制度、いわゆる保険者努力支援制度において、今年度の評価指標から減算が導入されたが、直近の評価指標ではマイナス30点との評価が想定され、一昨年度ベースでは1点で約40万円の交付金となることから、約1,200万円の交付金の減額が予想される。

松山市議会 2024-12-09 12月09日-05号

若くして妊娠、出産した母親が、周りのサポートをどのくらい受けることができ、SOSを出せる環境があったのか、DVを受けている母親が、夫の支配を脱するような支援や転居後の孤立感の中でどうすれば支援につながることができたのか、虐待と言えるような状況になる前に予防すること、養育の困難に気づいて支援につなげることが何よりも重要だと感じています。本市では、死亡に至るような深刻な虐待は今起こっていません。

松山市議会 2024-06-13 06月13日-02号

本市として外国人技能実習生受け入れに当たって、事業者へどのような支援を行っているのでしょうか、お聞かせください。 まつやま国際交流センターにおいて、本市に在住する外国人のための支援市民との交流を促進するような活動をしておりますが、外国人技能実習生等外国人住民が、安心して生活するための支援などはどのようにされているのでしょうか、お聞かせください。 

四国中央市議会 2022-09-10 09月10日-02号

一方で,支援員の配置についてでございますが,現在の支援員が来年度も継続して勤務いただけるかどうかにつきましては,まだ確定しておりません。 さらに,支援の必要な児童への対応などを考えますと,現有の支援員で決して充足しているとは言えませんので,引き続き支援員の確保に努めてまいりたいと考えております。 

四国中央市議会 2021-12-12 12月12日-04号

議員御案内のとおり,保険給付対象外ということもあり,これまで当市窓口議員御紹介のような苦情や御相談が寄せられたことはございませんが,今後そのような御相談等があれば,十分にお話をお伺いした上で,患者医療機関信頼関係の構築支援患者サービスの向上を目的として県に設置されております医療安全支援センター,いわゆる患者声相談コーナー医療機関医療相談窓口など,適切な相談窓口を御案内させていただき,

松山市議会 2021-09-30 09月30日-08号

また、今回15園の公立保育園保育管理システムを導入するが、その結果を踏まえ、今後希望する未導入の私立保育園にも同じような支援ができるか検討していきたいとの答弁がなされました。これを受けて委員から、保育士業務負担軽減に向けた報告書等簡素化への取り組み状況についてただしたのに対し、理事者から、さまざまな様式の簡素化に取り組んでおり、項目の見直し等を現在実施しているとの答弁がなされました。

宇和島市議会 2021-09-26 09月26日-04号

次に、「議案第33号・平成31年度宇和島市一般会計補正予算(第2号)」のうち、保健福祉部所管の4款衛生費、1項保健衛生費、2目保健事業費、13節委託料における商品券共通化事業委託料65万円については、現在、保険健康課がうわじま歩ポで実施している1,000円相当の商品券と、高齢者福祉課地域包括支援センターが実施しているガイヤマイレージ商品券健康マイレージ商品券として共通化するための経費でありますが

四国中央市議会 2020-12-11 12月11日-03号

正しい生活習慣セルフケアを実行するための専門的な支援,指導が不可欠で,そのため歯科保健指導は,乳幼児から高年期までの各ライフステージにおいて,また健康な人,病気や障がいのある人など全ての人に必要な支援であります。 その中で,歯磨き指導を中心とした歯口清掃法指導は,セルフケアスキルアップを専門的に支援する大切な仕事です。 また,寝たきりの人や要介護者等に対する訪問ケアも重視されています。 

四国中央市議会 2020-12-10 12月10日-02号

大西賢治福祉部長福祉事務所長 相談支援についてお答えいたします。 まず,本市相談支援の実態でございますが,障がいのある方への相談支援事業所といたしましては,総合窓口となります基幹相談支援センターが現在福祉会館の1階にございます。 この基幹相談支援センターと連携する形で市内8つ事業所がそれぞれのサービス業者の方と契約を結んで相談支援を行っている状態でございます。 

宇和島市議会 2020-12-02 12月02日-01号

今回の被災は広域であり、国主導もと愛媛県を初め都道府県も対口支援として、支援先を決定した上で継続的な支援が行われているところでございます。 そのような中、昨年の豪雨災害において、物、心両面で多大な御支援をいただきました姉妹都市である仙台市、大崎市、千曲市におきましても、尊い人命を失うとともに、浸水被害など多くの被害が発生をいたしました。