運営者 Bitlet 姉妹サービス
228件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 民間調査会社の帝国データバンクによると、この4年間で3.1倍の大幅の倒産率となり、今後においても労働力の中核となる生産年齢人口15歳から60歳は、1995年をピークに減少を続け、2015年には7,629万人だった。試算では、この数は30年に6,875万人、60年には4,793万人まで減ると見られている。いわゆる現代世代は、今後40年間で3分の2以下になる計算であります。 もっと読む
2017-12-08 宇和島市議会 平成29年 12月 定例会-12月08日−03号 お金回らなくなったら、それで融資引き上げられたりしたら倒産ですよ。ですから、責任という部分では、各地の給食を民間委託した事例の後の保護者、あるいは子供さんの反応を見ても、適切な競争があって、民間事業者を選択したほうが絶対にいいみたいです。ぜひに御検討をいただきたいと思いますけれども、岡原市長、いかがしょう、今のお話を聞いて。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 岡原市長。 もっと読む
2017-12-01 松山市議会 平成29年12月定例会-12月01日−03号 より深刻なのは、介護施設の倒産です。その数は、過去最高のペースとなり、業界に危機感をもたらしているところであると民間調査会社が伝えています。市としても経営者が適切にサービスを提供しているのか、利用者は保護されているのか、継続して事業を営める状況下にあるのかをしっかり見ていかなければならないと考えます。そこで、お伺いします。 もっと読む
2016-12-09 愛南町議会 平成28年第4回定例会(第1日12月 9日) 特に町の責務の事業者の責務ということで、これこのこういう事業者、事業主は何か事故があったときには協議をしながらとか、いろいろ誠意を持って解決するとかいうように書いてありますけども、今まで全国でいろんな事業をしとる、特に最近産業廃棄物の会社が松山でもひどいことになっておるんですけれども、もう何かあったときには事業者はおらんと、会社も倒産してしもとるとかいうような例がたくさんある。 もっと読む
2016-09-14 宇和島市議会 平成28年  9月 定例会-09月14日−03号 そして年度途中で失業とか、倒産、死別、離婚等によって、貧困状態に陥った家庭も出てくるだろう。これら含めてビジュアルでわかりやすい周知が私は求められておると。市のホームページを見ると、決してビジュアル的な中身で掲載されていないし、そして非課税世帯とか、児童扶養手当受給者、こういうことはわかるんですが、給食費の支払いに困っている方という記載があるわけです。これはちょっとわかりにくいだろうと。 もっと読む
2016-06-28 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 そして、箱物行政、これはもうルーチン作業といいますかね、昔こう決めたからやらなければいけないということはないわけですから、そんなこと商売やっていたら倒産しますよ、全部、本当に。1個のことぎり、やっていたら。時代に即応したことをやっていないでしょう。ですので、行政もそれはイコールおんなじであろうと思いますけれども、これ、答えを聞いてもですね、もう大体わかってますわ。もう、全然考え方違う。 もっと読む
2016-03-25 四国中央市議会 平成28年 3月定例会-03月25日−06号 全国では,これらの影響で介護事業所の倒産がふえています。  いずれも根本は同じです。政府に対し,安心・安全の医療・介護を要求し,まずは医療・介護の労働者が安心して働くことができるための施策を要求して改善を求めることが肝要です。この請願を不採択という見識こそ問われなければなりません。  以上の理由から,請願を採択し政府に意見書を上げることを要求いたします。   もっと読む
2015-12-10 宇和島市議会 平成27年 12月 定例会-12月10日−03号 現在の厳しい社会状況の中において、突然の会社の倒産などによる離職、家族の介護、最近特にこの家族の介護が多いんですけれども、離婚など、1つのきっかけで生活困窮者に陥る方々をお見受けすることがあります。  その方々の多くは、お金、仕事、病気など多数の要因が絡み合っているケースが多くございます。そのような状態が続きますと、やはり気力が薄れ、自立の機会を逃がしてしまいかねません。   もっと読む
2015-12-03 松山市議会 平成27年12月定例会-12月03日−02号 特にこの頃の都市計画法の改正による不安は、社会の人口減少化時代を迎えて大きな疑問を持つ時代に突入し、特に私の見る限り、農地の調整区域の中途半端な開発行為については、現在は中心的な企業は倒産する、そして同調した地域の中小企業や地域住民は迷惑するといったことが発生することも御承知で、行政として許可して責任ある指導は、私有財産は個人、地域が行うようにできないと言われるのでしょうか。 もっと読む
2015-10-27 松山市議会 平成27年10月27日 決算特別委員会-10月27日−01号 保証債務による生活困窮などで、法人においては経営不振に陥って、閉鎖や倒産になる場合などが上げられるとの答弁がなされた後、本件採決の結果、全会一致で了承と決定いたしました。  次に、第2点は、歳出2款1項2目行政管理費中、行政改革進行管理事務についてであります。   もっと読む
2015-10-15 松山市議会 平成27年10月15日 環境下水分科会-10月15日−01号 なぜ不納欠損しますかといいますと、所在不明、生活困窮、その他倒産、自己破産、死亡とか、そういう事情によって不納欠損をいたしております。 ○原俊司主査 ほかございませんか。 ◆上杉昌弘委員 下水道事業、これ、人口の普及率っていうのは、もう本当に牛歩みたいな伸び率なんですけれども、これプラス・マイナスがとんとんになるのは大体何%ぐらいまで普及したときと考えていらっしゃるのか。 もっと読む
2015-03-20 愛南町議会 平成27年第1回定例会(第2日 3月20日) 5、企業倒産等により、事業者による施設撤去が不可能になった場合の対処をどのように考えているのか。  最後に、計画ごとへの対応ではなく、総合的な町の方針を示すべきと考えるか。  以上、質問をいたします。  前の同僚議員と重複する部分がありますが、そこらあたり、やはり重要な問題であると捉えておりますので、重ねての答弁をよろしくお願いいたします。 もっと読む
2014-11-11 東温市議会 平成26年 11月 臨時会(第4回)-11月11日−01号 まず、認定第1号 平成25年度東温市一般会計歳入歳出決算認定については、まず歳入、1款市税、不納欠損額1,155万9,738円の内訳について質疑があり、生活困窮によるものが121件、金額342万9,616円、死亡や相続によるものが72件、220万7,652円、転出や行方不明によるものが190件、金額343万838円、倒産や破産によるものが15件、141万3,007円、営業不振などによるものが30件、 もっと読む
2014-09-09 四国中央市議会 平成26年 9月定例会-09月09日−01号 また,当業務には事業運営を行う特別目的会社の出資事業者が倒産した場合,株式を保全し,事業の遂行に影響を及ぼさないための対策も盛り込んだものとなっております。  続きまして,議案第77号平成25年度四国中央市水道事業会計剰余金の処分について御説明申し上げます。  議案書の14ページをお願いいたします。   もっと読む
2014-06-16 今治市議会 平成26年第3回定例会(第4日) 本文 2014年06月16日開催 国民健康保険税の軽減措置といたしましては、世帯の所得に応じて、均等割及び世帯割を7割、5割、2割に軽減する制度や、倒産、リストラなど、会社都合により失業された方の給与所得を3割に軽減して税額を算定する制度がございます。 もっと読む
2014-03-26 今治市議会 平成26年第2回定例会(第5日) 本文 2014年03月26日開催 中小企業・業者は、消費税を転嫁できず、倒産、廃業がふえることが予想されるではありませんか。中小企業の賃金は上がらず、物価は上がる、貧富の格差は増大し、消費税ノーの声は、いまだかつてなく全国に広がっています。消費税増税の本質は、年金の引き下げ、支給年齢の引き上げ、国保税や介護保険料の引き上げなど、社会保障制度の改悪で、大企業を肥え太らせるためのものになっているのです。   もっと読む
2014-03-19 東温市議会 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月19日−資料 5年前からの市内の中小零細企業の倒産件数について問う。一問一答3近藤千枝美1.「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」の支給について  ①2つの給付金の市民への支給までのタイムスケジュール、市民への周知の方法、申請期間、支給方法について問う。  ②それぞれの給付金の対象者総数、対象総世帯数、給付金総額について問う。  ③配偶者からの暴力を理由に避難している市民への対応について問う。   もっと読む
2014-02-26 四国中央市議会 平成26年 3月定例会-02月26日−01号 給水事業所数は,平成25年6月に倒産により新宮,富郷それぞれ1社減となったことから,3工業用水道全体で85工場となっております。1日平均責任給水量は,3事業合わせて59万1,600立方メートルでございます。  第3条収益的収支の収入につきましては,3事業合わせ42億820万円を計上しております。  収益的支出につきましては,当ページから次ページをごらんください。 もっと読む
2013-12-10 今治市議会 平成25年第6回定例会(第2日) 本文 2013年12月10日開催 徴収不能となった債権には、時効期間が経過しても債権、債務が消滅しない私債権、わたくし債権と呼ばれるものがございますが、本人からの時効の援用がなければ債権が放棄できないこともあり、生活保護、死亡、行方不明、会社倒産等、徴収不可能と判断される場合には債権放棄を行う仕組みを設けることによりまして、適正に債権の整理も行ってまいります。 もっと読む
2013-10-17 松山市議会 平成25年10月17日 都市企業分科会-10月17日−01号 この不用の理由につきましては、市道松山環状線南部歩道整備工事(その6)いうのを発注しておりましたが、請負業者が倒産いたしまして、契約解除となりました。それに伴いまして前金の支払い額の返納金が生じたため、不用が出た理由でございます。 ○渡部克彦主査 ほかに御質疑等ありませんか。        (「なし」と呼ぶ者あり) ○渡部克彦主査 それでは、採決をいたします。 もっと読む