運営者 Bitlet 姉妹サービス
889件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) 学校給食費は保護負担の中では最も高額な負担であると思いますが、ちなみに給食費以外にも保護負担が多い費用、どのくらいあるのかお示しをください。  そして、学校給食は学校生活の一環、すなわち教育の一環であるという認識について、また、義務教育は無償という原則についての認識について、どのような見解を持って臨んでおられるのかお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 まず1番目、ブロック塀の安全確認についてでございますが、大阪府北部地震で、ブロック塀の倒壊により犠牲者が出たことを受けまして、各学校、保護、また地域の皆様を通じて、通学路で倒壊の危険性があるブロック塀の把握を行ってまいりました。 もっと読む
2018-12-07 今治市議会 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 2018年12月07日開催 保護の皆様を初め、さまざまな方々からも、設置について多くのご要望をいただいており、今治市といたしましても、早期整備に向けて作業を進めているところでございます。一日でも早い整備を目指し、事業者等とも協議してまいります。  2点目の地元業者の活用についてでございます。地域活性化の観点から、できるだけ地元事業者にご協力いただきたいと考えております。 もっと読む
2018-12-05 今治市議会 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 2018年12月05日開催 これに対し、委員から、実数としては行き渡っていないので、市民の皆さん、保護の皆さんにしっかりと広報していただきたいとの意見がありました。  次に、衛生費について、委員から、予防費の犬・猫不妊・去勢手術費補助金の内訳と実績について質問があり、理事者から、平成29年度は、犬が145頭、猫が355頭で、1頭当たり2,000円の補助を行った。 もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) 今後とも、多岐にわたる高い識見と経験を生かし、地域の諸課題を捉え、住民や保護が期待する教育行政はもとより町行政全般のさらなる発展のために、引き続き尽力をいただくため、再任に御同意いただきますよう提案するものであります。  以上、同意第2号の提案説明といたします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(宮下一郎) 説明が終わりました。  これより、質疑を受けます。   もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 給食費についてでございますが、学校給食法第11条には経費の負担が規定されており、学校給食の実施に必要な施設及び設備に要する経費と学校給食に従事する職員の人件費等の運営に係る経費は学校の設置者の負担とし、それ以外の学校給食費は給食を受ける児童生徒の保護の負担とすると定められています。 もっと読む
2018-09-07 今治市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018年09月07日開催 愛媛県への働きかけはもとより、中学生やその保護の皆さんにも、地元の高校へ通うことの意義や、旧今治市内からの通学も可能でありますので、豊かな自然と人情味あふれる島ならではの高校生活の魅力などを訴えてきたところでございます。伯方高等学校の生徒たちは、先日の今治伯方島トライアスロンに参加協力し、地域の皆さんとともに大会を盛り上げてくれたところであります。 もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) 子ども医療費助成は、子供の疾病の早期発見と治療、保護の経済的負担の軽減など、子育て支援の一環といたしましても、重要な施策と認識はしておりますが、まずは現状の義務教育期間にとどめ、さらなる拡充については、本町の財政状況などを踏まえ、慎重に検討していきたいと考えております。  以上、第2の質問に対する答弁といたします。 ○議長(宮下一郎) 西口議員、再質問ありませんか。  西口議員。 もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) さきの3月議会で宇和特別支援学校に通う愛南町の生徒は、特別支援学校に通う愛媛県の生徒の中で最も長時間である往復4、5時間もの通学時間を余儀なくされ、生徒本人及びその保護が多大な負担を負っている現状の解決について質問しました。  それに対し町からは、まず保護の意向調査を行って、県への要望を検討したいとの前向きな回答をいただきました。   もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 私も議員活動の中で、保護から「家が洋式のトイレで子供がなれているので、和式に抵抗があるみたいなので何とかならないか」という相談や、子供が学校から帰ると急いでトイレへ駆け込むので、理由を尋ねると、「学校は和式なので排便しにくいから」というケースを聞きました。このように生活環境の変化とともにニーズは変わってきております。   もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 こうした気候変動を受けて、児童生徒の健康を見守る保護やPTAの皆様から、学校施設へのエアコン設置について要望もいただいているところでございます。   もっと読む
2018-03-26 今治市議会 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 2018年03月26日開催 さらに、委員から、民生費国庫負担金がふえたことにより、保護の負担金には影響がないのかとの質問があり、理事者から、保護の負担金自体は、国の幼児教育無償化の関係もあり、一部引き上げを予定しているが、公立認定こども園の保護負担金は、既に国の基準より低く設定しているため、歳入額には影響はないとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) 家族団らんの時間を十分に持ったり、保護が家庭内の教育に時間を注ぐことは難しいでしょう。また、保護は須ノ川まで毎日送迎する必要があり、帰りは夕方5時ごろに須ノ川まで迎えに行って待機していなければなりません。これでは、保護が仕事を選ぶにも制約を受けます。  また寄宿舎に入舎している生徒たちは、保護が宇和まで送迎するのが基本で、保護の中には車を運転しない人もいます。 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 うわじま土曜塾は、今年度から事業化されて、参加された児童・生徒、そして保護も事業の継続を求められているようであります。学校の教員を含めて、事業成果のアンケート調査も行われたようですが、教育委員会として1年間をどう評価、総括をされているのでしょうか。 もっと読む
2018-03-12 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−03号 また、少し広く見ていきますと、学校で校区別の人権同和教育、参観日を実施したり、人権集会を実施しまして、子供の学習の成果を発表するとともに、保護や地域の方にも学校に来ていただいて、その取り組みを紹介したり、啓発活動を積極的に行っておるところです。   もっと読む
2018-03-09 今治市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018年03月09日開催 また、今治市社会福祉協議会からは、参加した児童生徒にとって大切な居場所として認識され、児童生徒の学習意欲の向上とともに不登校の改善や解消、成績の向上のほか、保護の意識が前向きになるなどの成果があったと報告を受けております。  小学生の支援については、冒頭お答えしたとおり、平成28年度3名、平成29年度5名の登録者に対して、既に支援を行っているところであります。 もっと読む
2018-03-08 今治市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018年03月08日開催 その支給対象者に、これまでの児童または生徒の保護から、新たに就学予定者の保護が加えられ、入学前からの費用の支給が可能になりました。また、新入学児童生徒学用品費の単価も従来の倍額、小学校では2万470円から4万600円へ、中学校では2万3,500円から4万7,400円への改正となりました。 もっと読む
2018-03-05 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月05日−07号 ◆小崎愛子議員 でも、このことを大々的に、個人が特定できないといっても、一般市民である生活被保護を、全国番組で取り上げたことは、非常に信義則違反だというふうに思いますが、どう思われますか。 ○栗原久子議長 西市社会福祉担当部長。 もっと読む
2018-03-05 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第1日 3月 5日) 当然子供でございますので、保護なりの判断であろうというふうに考えておりますが、具体的なその理由につきましては、大変申しわけないんですが、把握をしておりません。  以上です。 ○議長(宮下一郎) 他に質疑ございませんか。  鷹野議員。 ○3番(鷹野正志) えっとですね、7ページの歳入のほうのですね。 ○議長(宮下一郎) 後でしてください。 ○3番(鷹野正志) 歳出か。失礼しました。 もっと読む
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 平成24年4月に京都府亀岡市で発生した登校中の児童と引率の保護の列に軽自動車が突っ込み、計10人がはねられて、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故が発生したことを受けて、文部科学省、国土交通省、警察庁の3省庁は、道路管理者、学校、教育委員会、警察、PTA等による通学路の緊急合同点検を全国に要請し、対策の強化に乗り出しました。 もっと読む