運営者 Bitlet 姉妹サービス
7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-03 今治市議会 平成29年第2回定例会(第1日) 本文 2017年03月03日開催 もっと前には下関市でジェットフォイルですか、大変な負債の中で住民訴訟といったこと、当時の市長に何億円という、最終的には逆転になりましたけれども、日本中の首長が本当に震撼するほどの状況でありました。それ以来、保険といったものも掛けておりますけれども、その保険料が極めて高いといったことで、なかなか入ることのできないほど、非常に大きな問題でもあります。 もっと読む
2014-03-14 今治市議会 平成26年第2回定例会(第4日) 本文 2014年03月14日開催 また、あわせて、近年の裁判で出された判例で、税についての事例でありますが、債権の回収が可能な案件であるのに、その回収の努力を怠るなどして不納欠損になった場合、住民訴訟において首長等に損害賠償が求められるリスクがあり、また実際に市町村長に対する損害賠償請求が認められた判例が出てきていることなどがあります。 もっと読む
2013-03-06 今治市議会 平成25年第2回定例会(第1日) 本文 2013年03月06日開催 結果的に最高裁まで行って何とか、あれは江島さんでしたか、その責を問われることはなかったわけですけれども、トップの座にある者は、絶えずその責を背負っていかなければならないという非常に大きな役割、責任があるとこういったことも考慮しながら、しかも、聞きますと、これは、いわゆる住民訴訟があったときに現役どころか引退をした後に訴訟が起きる。 もっと読む
2012-03-13 今治市議会 平成24年第2回定例会(第4日) 本文 2012年03月13日開催 そこで採択した、支出をした、こういった裁判事例が出ておりますので、もし住民訴訟でも起こされた場合にどういたしますか。そこを私が特に心配するわけなんです。考え方は、市長さんと私も同じです。それははっきり申しておきます。  それと、続いてもう1点、市長さんにお尋ねをいたします。   もっと読む
2012-01-27 松山市議会 平成24年 1月27日 文教消防委員会-01月27日−01号 次に、損害賠償請求額を損害額の5割としたことについてでありますが、小金井市の住民訴訟の判決で8割の損害を認めた事例、東久留米市で4分の1の負担を求めた事例などの類似事例や、松山市教育委員会におけるプール管理の指導が十分でなかったことなどを考慮し、損害の公平な分担という見地から、信義則上全額の負担を求めることは問題があること、また支給されている給料、管理職手当等も勘案するとともに、市顧問弁護士とも協議 もっと読む
2010-09-17 愛南町議会 平成22年第3回定例会(第2日 9月17日) そしてまた、住民訴訟の例といたしまして、大阪府堺市が不正偽りの手段によって指定を受けた事業者について、現にサービスを提供しているかどうかによって返還の可否を判断できないとのことで、保険者に対して全額の返還命令を行うことを求める原告側の主張に沿った判決が出されているというような説明もあったみたいでございます。   もっと読む
2005-09-16 松山市議会 平成17年 9月定例会-09月16日−02号 これまでの動きを振り返ってみますと、平成13年11月に国によって中予分水が除外されて以降、企業団についてはダム使用権の設定申請の早期取り下げを求める住民訴訟がありましたし、ダム事業が次々と中止に追い込まれていく世相を反映してか、ダム負担金の還付について国が政令を改正したりいたしました。 もっと読む
  • 1