運営者 Bitlet 姉妹サービス
778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) 今後、愛南町の労働力不足が農業・漁業・林業の一次産業のみならず各産業で必要となり、愛南町でもさらなる外国人材の採用が加速すると推定されます。  平成30年6月議会でも提案させていただき、検討しないと答弁をされましたが、愛南町も在留外国人への日本語学習や外国人支援が必要不可欠となると予想されます。在留するに当たり、愛南町で生活するためには、愛南町の人と日本語でのコミュニケーションが必要です。 もっと読む
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 今年度からは第7期として、「おもいやりの心で支え合い、安心して健康に暮らせるまち」との本計画の基本理念のもと、地域包括ケアシステムの深化・推進を目指し、介護サービスの基盤の充実を図るとともに、介護人材の確保、自立支援、重度化防止、高齢者の生きがいづくりなどに取り組んでいくということであります。私は、そういった中で、この介護予防の取り組みが大変重要であると考えております。 もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日)〔資料〕 2018年12月10日開催 ┤ │4 │黒川美樹 │愛媛県版イクボス  │1 本市における「ひめボス」宣言後 │     │ │  │     │「ひめボス」の取り │ の取り組みと今後の課題について │     │ │  │     │組みについて    │                 │市   長│ │  │     ├──────────┼─────────────────┤     │ │  │     │多様な人材 もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 多様な人材の登用とマネジメントについて、前の質問と関連でございますが、もう少し踏み込んで、自治体職員の環境と質についてお尋ねしたいと思います。   もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) その分につきましては、5年間たちますと離農も構わないという形での事業でしたけど、それにつきまして国のほうが離農者が多いと、また、そういうところでは今後5年たちましての農業振興に影響があるだろうということで、平成29年度から名前も農業次世代人材投資資金と改めまして、新しく内容を変えております。  その大きな変更点につきましては、返還要件が求められております。 もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) この森林環境譲与税において、市町村の役割としては、私有林についての境界確定、路網の整備等を含む間伐事業の促進や人材育成・担い手の確保、また木材利用の促進、普及啓発となっております。  現在、本町では森林環境譲与税の趣旨に沿って、愛媛県、南宇和森林組合を中心とした担い手と協議を重ね、町の役割を踏まえた上で、今年度、愛南町林業の成長産業化対策としての計画を策定する予定としております。 もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) その中で、外国人材の受け入れを拡大するため、新たな在住資格を創設したり、技能実習生の就労期間も延長したりするなど、新資格も創設するとのことであります。  それらの国の動向を見ながら、それぞれの事業所でできること、そして行政側でできること、それぞれできる対策をとっていければと思っております。  動向を見ながら対応していきたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 現在、自治会を担われている自治会長の平均年齢は高齢化し、今後の人材確保と受け皿の再構築なくして解決への道筋は語れません。   もっと読む
2018-06-07 今治市議会 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 2018年06月07日開催 また、相談件数の多い小修繕や除草清掃については、シルバー人材センターと提携して、価格を示して紹介ができる体制をとっていました。  以上で建設水道委員会の視察報告を終わります。 ◯越智 豊議長 以上で諸般の報告を終わります。  次に、日程4、付議事件番号1、特別委員長の報告を求めます。  国家戦略特区特別委員長にお願いいたします。 もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 さらに、委員から、優秀な人材確保のためにどのような取り組みを行っているのかただしました。これに対して理事者から、本年1月にコミュニティセンターで開催された消防庁主催の就職活動支援では、本市もブースを設け、参加者に就職説明を行うなど、機会を捉えて就職説明会を開催するとともに、民間の求人情報サイトとも連携し、広く就職案内を行っているとの答弁がなされました。 もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) しかしながら、通学の負担軽減の手段としての、直通便のスクールバス開設については、特殊な車両の手配、運転手など介助者となり得る人材の確保や西予市までの通学時間帯の子供たちのケアなど、さまざまな問題があり難しい状況であります。  そういった状況を含め、今後はよりよい教育環境の充実を図るために、児童・生徒のニーズを踏まえながら、県と協議していく必要があると考えております。   もっと読む
2018-03-14 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−05号 ここには地域内の多様な人材や団体の声が反映され、問題意識を持った集合体であることが理想となっております。  職員のお話では、地域差はありますが、女性の積極的なリーダーがおられる地域が一番元気な地域になっているそうであります。 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 3,000万円が高いか安いかということにつきましては、現時点ではなかなか判断の難しいところでございますが、12月議会でも御質問がありましたように、費用においても持続可能となるよう、地域の人材の活用であったり、また、希望者が全員参加できるような方向性を持った今後の取り組みをやっていってほしいということもございまして、今回見直しを図ったというものでございます。  以上です。       もっと読む
2018-03-09 今治市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018年03月09日開催 島嶼部におきましても、力をつけている部活動もございまして、子供たちの頑張りに底知れぬ可能性を感じているわけですけれども、子供たちのやる気をサポートすることは、未来に活躍してくれる人材をこの地で確保する大きな役割の1つであると思います。   もっと読む
2018-03-08 今治市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018年03月08日開催 本年4月、岡山理科大学獣医学部の開学を受け、高等教育機関が有する学際的、学究的機能への期待感はもちろんのこと、高校卒業後に、将来への希望と志を宿し、今治の地におり立つ若き人材には、本市のまちづくりや地域の課題解決への貢献を通じて、本市に新たな希望と活力が注がれることと存じます。 もっと読む
2018-03-05 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月05日−07号 ◎大崎修一産業経済部長 平成25年4月1日施行の改正労働契約法による無期転換は、有期労働契約の濫用の抑制や労働者の雇用の安定を目的としており、労働者にとっては意欲や能力の向上が、また使用者にとっては必要な人材の確保につながることが期待できると考えています。 もっと読む
2018-03-05 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月05日−02号 これを受け、理事者からは、市長以下マンパワーが不足していることは認識しておりますが、技師につきましては募集しても応募がないという現実もありますので、今後は工夫をしながら人材確保に努め、円滑な事業執行を図っていけるよう考えていかなければならないとの答弁がございました。 もっと読む
2018-03-05 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第1日 3月 5日) 愛南町人材育成基金条例、平成16年10月1日、条例第64号、(設置)、第1条、地域に根づいた活力や資源を活用してみずから考え、みずから実践する学習等の支援を通して人材の育成を図ることにより、潤いと活力あるまちづくりを推進するため、愛南町人材育成基金(以下「基金」という。)を設置する。  積立額、第2条、基金として積み立てる額は一般会計歳出歳入予算(以下「予算」という。)で定める額とする……。 もっと読む
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 5点目ですが、介護現場の人材不足は、深刻な状態にあります。4月開設の事業所では、介護職員をいまだ確保できていない事業所も多数あると聞き及んでいます。介護報酬改定に伴い、介護人材確保の目指す姿として、生活援助については人材確保の視野を拡大するとともに、新たな研修を創設して質を担保するとしていますが、どのような人材を確保していくのか、お尋ねします。 もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 所長さんいわく、地域のニーズに応えていくためには、優秀な人材の確保に尽きるとおっしゃっていました。包括支援センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士等福祉の専門家、また有資格者が必要であります。有資格者かつ豊富な経験が必要とのことでありますので、先手先手な手を打って、現地・現場の声に耳を傾け、市民の福祉向上に取り組んでいただければと思います。  次に移ります。 もっと読む