10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

今治市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3日) 本文 2019年03月11日開催

現在、愛媛県外国人が利用できる生活相談の窓口としては、愛媛県国際交流協会(EPIC)によるEPIC外国人生活相談員の生活相談があります。愛媛県行政書士会松山支部では、月1回、外国人のための行政書士無料相談を実施、無料相談に当たり通訳が必要な場合は、相談者が準備することになっているが、言語が原因で当日になって十分に相談に応じられない場合もあり、多言語対応の課題があるようです。  

今治市議会 2014-12-10 平成26年第5回定例会(第4日) 本文 2014年12月10日開催

また、海外では、1977年にパナマ共和国のパナマ市、1995年にアメリカのレイクランド市と姉妹都市の提携を行い、レイクランド市とは、今治市国際交流協会を中心に、中高生の相互派遣や英語指導助手の受け入れなど定期的な相互交流が実現をしておりますが、パナマ市については、近年、重立った交流がなされていないのが現状です。  

今治市議会 2013-06-13 平成25年第3回定例会(第4日) 本文 2013年06月13日開催

さて、今治市においては、今治市国際交流協会協力しながら、子供たちのために本当に努力されていることは感謝しております。そしてまた、最近の大手企業では、会社内で英語を話すという、そういう方向も出されております。やはり、この間、我がまちの企業でも海外進出を目指しておるじゃないですか。先般にはバリシップが盛大に開催されました。多くの外国人バイヤーがおいでになったとも聞いております。

松山市議会 2012-03-08 03月08日-06号

また、昨年の6月に開催された第2回県・市町連携政策会議において、具体的な検討に入ることが確認された項目については、愛媛県などとの協議の場においても、本市の各担当課とともに、プロジェクトメンバーが粘り強い協議を行うことなどにより、本年3月末開催予定の第3回県・市町連携政策会議での推進プランの策定の中で、一定の成果がお示しできる見通しとなっておりまして、男女共同参画センターや国際交流協会などのイベントの

今治市議会 2010-12-13 平成22年第7回定例会(第4日) 本文 2010年12月13日開催

昨年度、今治市国際交流協会外国人受入環境調査を委託し、その中で、今治市在住のベルギーアメリカカナダ中国出身の方々に市内の主要な観光地を外国人の視点で評価していただくモニターツアーを実施いたしました。問題点、改善点としてご指摘・ご提案いただいたのが、主に外国語での看板、案内、説明が不十分である。そして、公共交通機関の充実の2点が挙げられております。

今治市議会 2009-12-11 平成21年第8回定例会(第4日) 本文 2009年12月11日開催

観光情報のPRでは東京の新宿西口で来島海峡大橋をメインにした写真の掲出にあわせ、自転車で渡れる橋をPRするため、本四高速株式会社と共同で今治の物産と観光紹介する今治観光物産フェアを開催したり、今年は特に外国人旅行者の誘致を図るため、今治市国際交流協会を通して、地元外国人によるPRの検討をしております。

今治市議会 2009-03-17 平成21年第2回定例会(第4日) 本文 2009年03月17日開催

今治市国際交流協会にこの事業を委託し、今治市在住の外国人を数人、5名程度でございますが、人選いたします。その方たちに今治市各地のモニター旅行をしてもらったり、外国人観光客が望むことなどアンケート調査を実施したり、数回の会合を経ることで各地における外国人受け入れのための課題、問題点を抽出してもらい、今後の誘客に向けた取り組みの参考にしたいと考えております。  

今治市議会 2007-09-18 平成19年第4回定例会(第3日) 本文 2007年09月18日開催

くらしの情報では、市役所の案内や手続きあれこれ、健康教育、暮らしの相談、福祉などのさまざまな情報を提供して、今月からは今治国際交流協会のホームページにリンクをいたしまして、英語、韓国語中国語のくらしの情報の提供を始めました。観光情報では、6月から観光課が作成した「来楽里(きらり)いまばり」という今治市観光についての動画情報の提供も始めております。  

松山市議会 1964-12-19 12月19日-02号

そのよう中、本市では、まつやま国際交流協会が毎年まつやま中学生海外派遣事業を行っています。対象は市内の中学生で、夏休みに10日前後の期間で、総勢40人程度が分散して、姉妹・友好都市サクラメント市・フライブルク市・平澤市に派遣され、現地での交流や体験学習、ホームステイなど、海外での異文化体験を通して、国際性豊かな人材を育てています。派遣された中学生からは、大変好評と伺っています。

  • 1