29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

松山市議会 2017-09-01 09月01日-04号

地震後、朝鮮人社会主義者が井戸に毒を入れた、暴動を起こすなどの流言が広がり、軍隊警察や住民がつくった自警団によって、朝鮮人中国人日本人社会主義者が殺害されました。植民地だった朝鮮から働きに来ていた当時21歳のチェ・インスンさんは、避難した四ツ木橋の近くで消防組員に捕まります。警察署に連れて行かれる途中の橋の上には、多くの死体があったと言います。

今治市議会 2016-12-13 平成28年第5回定例会(第3日) 本文 2016年12月13日開催

補償金の取水施設設置に伴う水利補償費755万2,000円は、井戸からの取水による農業者への影響に対しての補償で、昭和48年度から関係団体に支払っております。  次に、蒼社川内水漁業補償費115万円は、水道施設の取水により生ずる内水漁業への影響に対しての補償で、昭和55年度から当該団体に支払いしております。  ご質問の2番目、負担金についてでございます。  

今治市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第2日) 本文 2016年09月13日開催

まず、補償金の決算額は584万2,612円で、内訳は井戸からの取水による農業者への影響に対しての補償であります取水施設設置に伴う水利補償費470万4,740円、水道施設の取水によりまして生じる内水漁業への影響に対しての補償であります蒼社川内水漁業補償費113万7,872円を関係団体にお支払いしております。  

東温市議会 2016-07-06 平成28年  6月 定例会(第2回)-07月06日−05号

次に、9款消防費、1項消防費、5目災害対策費、防災井戸設置工事について質問があり、井戸は直径100ミリ、深さ20メートルを予定している。水中ポンプを設置し、電源は中央公民館からの受電とし、災害時に停電となった場合は防災倉庫に配備している発電機により稼働する予定で、平時は生活用水として使用するとの説明がありました。  

東温市議会 2016-06-21 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月21日−01号

15節248万4,000円は、避難所となる中央公民館敷地内に災害による断水時のトイレや掃除などの生活用水に活用する防災井戸を設置するもので、県の交付内示がありましたので、関係事業費を補正いたします。  次のページをお願いいたします。  10款教育費、2目公民館管理費では192万7,000円を補正いたします。全て一般財源でございます。  

愛南町議会 2015-03-06 平成27年第1回定例会(第1日 3月 6日)

契約は、取水井戸、直径4メートル、深さ3.75メートルの改修を行うもので、平成27年1月20日に入札を執行しました。  工事の内容については、添付している図面により説明しますので、1ページの位置図をごらんください。  施工場所は、愛南町緑乙1276番地3です。  次に2ページをごらんください。断面図と集水管配置図を示しており、赤色部分が今回の工事実施部分です。  

東温市議会 2014-12-10 平成26年 12月 定例会(第5回)-12月10日−04号

それで、炊き出しイカ焼き、防災井戸井戸端会議など、生活防災が中心となっております。  こういう、一見地味であっても地域に根づいた自主防災組織にしていくことが急務の課題ではないでしょうか。  そこで、第1点目として、いざというときに共助力、近所力の支えとなる地域コミュニティーの復活、維持についての基本的な認識についてお伺いをいたします。  

東温市議会 2014-09-17 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月17日−03号

また、経費節減対策といたしまして、平成25年度に真湯槽熱源システム改修工事や自家井戸設置工事等の実施により、光熱水費について、24年度対比約750万円の節減をいたしております。これに加え、平成27年度から導入予定の交流館を含む市有施設の機械警備の一括化、市のESCO事業実施によるさらなる経費の削減等を図りたいと考えております。  

東温市議会 2014-03-12 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号

だから、ようわけわからんことが起こっておるというふうなことで、私の感覚ですけれども、やはり井戸を掘った人の恩を忘れてはならんし、井戸を掘った人に恩をあだで返してはならんと、そういうことが現実に行われておるというふうなことであります。  私、剣道も若干やっておりましたけれども、守破離という言葉がある。守り、破り、離れるですね。

今治市議会 2013-12-12 平成25年第6回定例会(第4日) 本文 2013年12月12日開催

岡村地区より2年後の平成11年4月より供用開始している日量(施設能力)約62トン、計画給水人口190人の淡水化施設と既存の村井戸によって全世帯に給水していますが、いまだ大下地区の将来的な水源確保についての具体案は聞こえてきません。大下地区におきましても、引き続き安定した水源確保をお願いしたいと思います。今後の方針、または現在お考えの計画等がございましたら、お聞かせ願えたらと思います。  

宇和島市議会 2013-10-16 平成25年  9月 定例会-10月16日−03号

これまでも避難所井戸設置、また既存の民間や企業井戸の活用などを提案してまいりました。  前回の答弁では、今後の対策として、井戸活用のための詳細な情報調査や災害時応用井戸システムづくりも含めて、救援活動の場としての機能を備える施設づくりの一環として、井戸による水の確保の計画を検討したいと考えておりますと、こういう前向きな御答弁をいただいたわけでございます。  

東温市議会 2013-09-13 平成25年  9月 定例会(第5回)-09月13日−02号

それとあと、当初予算で上げております経費節減という意味での自家井戸の設置工事であるとか真湯槽熱源改修システムの導入とかいうことも並行して行ってきたわけですが、これもほぼ完了して、今のところ、安価なLPガスを使用して、燃料費についても格段に減少できるものと考えてございます。  

今治市議会 2013-06-07 平成25年第3回定例会(第1日) 本文 2013年06月07日開催

誘致活動から完成するまでの間、まさに当時の文字どおり井戸を掘ってくれた方々、愛媛県知事を初め地元国会議員の先生方のご尽力、また当時の片上波方町長を初め波方町議会職員の皆様、特に宮崎地区の住民、そして小部漁協を初めとする漁業関係者の皆様方の大変なご苦労とご協力に対しまして、改めて深く感謝申し上げます。  続きまして、今治新都市におけるサッカー専用スタジアム整備構想についてでございます。

東温市議会 2013-03-19 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月19日−資料

②上下水道について地下水井戸)掘削をしていくことについて問う。  ③さくらの湯終点の一級市道(下古市~西組線)を延伸し地域の利便性活性化について問う。 3.地域耐震診断調査結果について    市内各地域公民館、集会所等における耐震診断だけの場合   耐震診断を含め他の場所も同時に改修していく場合、建て替えをしていく場合等の補助基準(率)について問う。

今治市議会 2013-03-12 平成25年第2回定例会(第2日) 本文 2013年03月12日開催

地下岩盤の詳細調査の際には、井戸やため池の水がかれてしまったり、発破の影響で住宅が損傷したりと調査地点になった波方町宮崎地区の皆様に多大のご迷惑をかけてしまいました。立地決定されてからは、宮崎地区は集落内のほとんどが工事現場となってしまい、日常生活にも支障を来したところですが、全面的にご協力していただきました。地下タンク掘削のずり出しでは、漁業関係者にもご協力していただきました。

東温市議会 2013-03-12 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月12日−03号

また、前々からちょっと考えておりましたが、地下水井戸の掘削についても今回お伺いをする、こんな予定にしておりましたが、予算上計画をされております。井戸の件につきましては、どういった位置で、どのくらいの水量を見込んでおるのかお伺いをいたします。  そしてまた、もう1つ、周辺の公共交通網についてですが、現在、松山発川内行はさくらの湯が終点となっております。

東温市議会 2013-03-05 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月05日−01号

減額の主な要因といたしましては、後ほど15節工事費で計上しております真湯槽熱源システム改修工事と自家井戸設置工事により燃料費と光熱水費の節減が見込まれるため、減額しております。また、修繕料885万9,000円は、ろ過ポンプオーバーホールと純水器カートリッジ交換及び緊急修繕料として800万円を計上しております。

東温市議会 2011-12-09 平成23年 12月 定例会(第6回)-12月09日−02号

平成16年の合併以降も経営を継続しておりますが、水需要の増大や既存の井戸の水位低下などから、水量の確保に支障を来す状況となりました。このため、水道法第6条第2項に記載の「水道事業は、原則として市町村が経営するものとし、市町村以外の者は、給水しようとする区域をその区域に含む市町村同意を得た場合に限り、水道事業を経営することができるものとする。」

  • 1
  • 2