運営者 Bitlet 姉妹サービス
196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 安城寺改良区の農業用井戸も近くに大きな飲料工場が建設され、出なくなって困っておりました。中央通りより北の河川が久万川、県の管理河川となり、農業用の稲穂で水が多く必要な時期には、中央通りより南の本市の河川すなわち衣山町水利組合も農地も減少しているもので、送らねばなりません。そこで、衣山町水利組合には、今は特に困ったことが出ているのでお伝えし、今回は行政対応していただきたいと思います。 もっと読む
2017-12-01 松山市議会 平成29年12月定例会-12月01日−03号 次に、給水の形態や負担についてですが、給水区域外には水道法の適用を受ける専用水道、適用を受けない小規模な共同給水施設や個人の飲用井戸があります。また、負担額については、地域によって施設の規模や利用者数が多種多様である上に、本来は将来の施設更新費を加えた使用料金で運営すべきですが、最低限の維持管理費のみで料金設定している場合などもあり、一様に給水区域内と比較することは困難です。   もっと読む
2017-03-17 伊予市議会 平成29年第2回( 3月)定例会-03月17日−05号 4款衛生費、3項上水道費、2目飲用井戸整備事業費、19節負担金補助及び交付金では、飲用井戸整備事業補助金として3件分の予算計上をしていたが、補助要望がなかったため不用額が生じ100万円減額するとのことであるが、なぜ要望がなかったのか、それは予算の立て方に問題があったのか、あるいは他に要因があったのか。 もっと読む
2016-12-15 松山市議会 平成28年12月定例会-12月15日−07号 前回の予測が外れた反省もしていないことに加え、今回の予測水量は、最初から新たなものが含まれており、また近年の実績値よりも低い負荷率を採用することや井戸などについて今後は使わないとするなど、実績と異なる予測がなされており、実際には不足はないと考える。 もっと読む
2016-12-13 今治市議会 平成28年第5回定例会(第3日) 本文 2016年12月13日開催 補償金の取水施設設置に伴う水利補償費755万2,000円は、井戸からの取水による農業者への影響に対しての補償で、昭和48年度から関係団体に支払っております。  次に、蒼社川内水面漁業補償費115万円は、水道施設の取水により生ずる内水面漁業への影響に対しての補償で、昭和55年度から当該団体に支払いしております。  ご質問の2番目、負担金についてでございます。   もっと読む
2016-12-05 松山市議会 平成28年12月定例会-12月05日−04号 しかし、事前に企業局に問い合わせたところ、城北にある3つの深井戸は、平成16年に調査を行って以来、2カ年しか動かしていないという答えでありました。本市が言う渇水というのは、どの程度をもって渇水というんでしょうか、お答えください。  〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○雲峰広行議長 井手危機管理・水資源担当部長。 もっと読む
2016-12-01 松山市議会 平成28年12月定例会-12月01日−02号 また、地下水に関しては、重信川の賦存量調査で作成したシミュレーションモデルを利用し、同じように平成14年の気象条件で、流域に点在する20カ所以上の取水用の井戸が運転停止にならない地下水位及び取水量を検討した結果、合併した北条分を加え、全体で8万1,700立方メートルの能力と算定しているものの、それぞれの井戸ごとに状況は異なりますので、一概に何メートルと表現することはできません。以上です。 もっと読む
2016-09-13 今治市議会 平成28年第4回定例会(第2日) 本文 2016年09月13日開催 まず、補償金の決算額は584万2,612円で、内訳は井戸からの取水による農業者への影響に対しての補償であります取水施設設置に伴う水利補償費470万4,740円、水道施設の取水によりまして生じる内水面漁業への影響に対しての補償であります蒼社川内水面漁業補償費113万7,872円を関係団体にお支払いしております。   もっと読む
2016-07-06 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-07月06日−05号 次に、9款消防費、1項消防費、5目災害対策費、防災井戸設置工事について質問があり、井戸は直径100ミリ、深さ20メートルを予定している。水中ポンプを設置し、電源は中央公民館からの受電とし、災害時に停電となった場合は防災倉庫に配備している発電機により稼働する予定で、平時は生活用水として使用するとの説明がありました。   もっと読む
2016-06-21 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月21日−01号 15節248万4,000円は、避難所となる中央公民館敷地内に災害による断水時のトイレや掃除などの生活用水に活用する防災井戸を設置するもので、県の交付内示がありましたので、関係事業費を補正いたします。  次のページをお願いいたします。  10款教育費、2目公民館管理費では192万7,000円を補正いたします。全て一般財源でございます。   もっと読む
2015-12-03 松山市議会 平成27年12月定例会-12月03日−02号 そこで、放流水や監視井戸はもとより、下流域の河川や民家5カ所での井戸水等のモニタリングを継続的に実施するとともに、水処理施設の維持管理を行い、審議会でそれらの状況を報告しながら随時検討いただき、処分場の安定化が行われるまで市が管理・監視を行っていく体制をとってまいりたいと考えております。以上でございます。 ○丹生谷利和議長 大亀議員。 ◆大亀泰彦議員 次は、原因者は責任追及であります。 もっと読む
2015-11-25 松山市議会 平成27年11月25日 水資源対策検討特別委員会-11月25日−01号 サンプル数自身、実際に御回答いただいた方の中で減るとしている方自身が全般的に減ってますので、必ずしも一概に言えないのかなと思っておりますが、水道を井戸で代替するっていう回答が、10件から6件に減ってるっていうところがございます。  最後、78ページで断水に対する備えをお聞きしております。 もっと読む
2015-10-27 松山市議会 平成27年10月27日 決算特別委員会-10月27日−01号 について、農地の借り受け及び貸し付け希望登録者数及び農用地の利用権設定数について、公共建築物における木材の利用の促進について、林道整備について、松山産ヒジキの販売状況及びブランド化への推進について、松山ひとり親家庭等の在宅就業支援事業の訓練について、商店街の空洞化対策について、雇用対策事業における正規雇用の取り組みについて、産業立地セールス事業の実績と効果について、コンベンションの誘致実績について、源泉井戸もっと読む
2015-10-20 松山市議会 平成27年10月20日 産業経済分科会-10月20日−01号 ◆大木健太郎委員 決算書626ページ、627ページの温泉事業費の源泉井戸及び分湯場施設等の改修事業について少しお聞きしたいんですけども、これ、平成20年に計画をされてると思うんですけど、平成26年度末までに基本計画に対しての事業の進捗はどうなっているのかということと、源泉改修の効果について少しお聞かせいただきたいと思うんですが。 もっと読む
2015-03-06 愛南町議会 平成27年第1回定例会(第1日 3月 6日) 本契約は、取水井戸、直径4メートル、深さ3.75メートルの改修を行うもので、平成27年1月20日に入札を執行しました。  工事の内容については、添付している図面により説明しますので、1ページの位置図をごらんください。  施工場所は、愛南町緑乙1276番地3です。  次に2ページをごらんください。断面図と集水管配置図を示しており、赤色部分が今回の工事実施部分です。   もっと読む
2014-12-01 松山市議会 平成26年12月 1日 水資源対策検討特別委員会-12月01日−01号 ◆原俊司委員 水道法、ちょっと今、手元にありませんけど、今のは井戸の水が悪いというふうに聞こえてくるんですけど、十分それで対応しているから飲み水として既に認可されて、それぞれ事業として認めていらっしゃるんじゃないんですか。 もっと読む
2014-09-19 今治市議会 平成26年第4回定例会(第4日) 本文 2014年09月19日開催 ことし7月22日には、特定失踪者山下綾子さんが旧井戸小中学校時代を過ごした香川県木田郡三木町で、香川県側からは筒井敏行三木町長を初め6名と、愛媛県側からは、山下綾子さんの親族の長島清志さんを初め4名が出席、意見交換会が開催されました。 もっと読む
2014-06-26 伊予市議会 平成26年第4回( 6月)定例会-06月26日−05号 歳出、4款1項1目簡易水道施設整備費、13節委託料では、水源地周辺井戸調査の対象を2カ所とした理由はとの質疑に対し、新たに取水を開始した後で水位が下がるといった影響の出ないよう事前調査を行うもので、取水地周辺にある15個の井戸の中で検測が可能な井戸ということで、取水する川の横と下流側の2カ所の調査を行うこととしたとの答弁がありました。   もっと読む
2014-06-06 伊予市議会 平成26年第4回( 6月)定例会-06月06日−01号 4款施設整備費、1項1目簡易水道施設整備費では、上灘地区簡易水道統合整備事業として、13節で平成27年度以降の施行予定箇所に係る実施設計業務、並びに灘町水源地周辺での影響を測定するための井戸調査業務の委託料を、15節で浄水場施設整備及び管路布設等に係る工事請負費を計上いたしております。   もっと読む
2014-03-05 伊予市議会 平成26年第1回( 3月)定例会-03月05日−03号 4点目の消火栓及び防火水槽につきまして、これら消防用水利の設置状況は、昨年4月1日時点で631カ所の消火栓と329基の防火水槽を整備し、ほかにプール、消防用井戸等その他の水利が30カ所あり、合計990カ所の消防用水利を確保しております。  なお、消火栓や防火水槽の新設につきましては、地元からの要望に基づき、近隣の水利との距離などから必要性を認めたものについて順次対応をしております。   もっと読む