運営者 Bitlet 姉妹サービス
43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-06 今治市議会 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 2018年09月06日開催 さて、こういった中、議案第87号における理由が「個人番号利用事務で利用する特定個人情報を改めようとするもの」であり、別表の中の「予防接種による予防接種の実施に関する事務であって規則で定めるもの」という文言が削除されておりますけれども、その事由をもう少し詳細にお示しいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。 ◯越智 豊議長 答弁を求めます。 もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 別表第2第1項、予防接種による予防接種の実施に関する事務について、特定個人情報の利用が拡大されたため、これを削除しようとするものでございます。  この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。  7ページをお願いいたします。議案第88号「今治市災害派遣手当の支給に関する条例制定について」でございます。災害派遣手当の支給に関し、必要な事項を定めようとするものでございます。   もっと読む
2016-09-14 今治市議会 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 2016年09月14日開催 B型肝炎のワクチン接種は、予防接種施行令の一部を改正する政令が本年6月22日に公布され、ご質問にありましたとおり、ことしの4月1日以降に生まれた者で、生後1歳に至るまでの間にある者を対象に、10月1日から定期接種となります。  ご質問の、今回の定期接種の対象となっていない昨年の10月2日から本年3月31日生まれまでのゼロ歳児の検討についてでございます。   もっと読む
2016-09-09 今治市議会 平成28年第4回定例会(第1日) 本文 2016年09月09日開催 予防接種費でございますが、予防接種施行令が改正され、定期予防接種を行うA類疾病にB型肝炎が追加されたことにより、予防接種委託料やワクチン代等所要の予算を計上しようとするものでございます。  次に、農林水産業費、農業費の農業振興費でございます。 もっと読む
2016-03-08 東温市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月08日−03号 予防接種の規定では、高齢者の肺炎球菌感染症はB類疾病に該当いたします。A類疾病が集団予防に重点を置き、本人に努力義務があり接種勧奨があるのに対し、B類疾病は個人の予防に重点が置かれ、努力義務はなく、接種勧奨はございません。接種勧奨がないため、個人別の通知や再勧奨を行わない自治体もある中で、本市ではきめ細かく市民にお知らせするため、個人別通知と広報での再勧奨を行っております。 もっと読む
2013-09-18 今治市議会 平成25年第5回定例会(第3日) 本文 2013年09月18日開催 2009年(平成21年)10月に厚生労働省がグラクソ・スミスクライン社の子宮頸がんワクチン「サーバリックス」を、そして2011年(平成23年)7月、MSD社ワクチン「ガーダシル」をそれぞれ承認し、2011年3月1日から2013年3月31日までの間、子宮頸がん等任意ワクチン接種事業として、任意接種に対し助成が行われるようになり、2013年(平成25年)、子宮頸がんワクチンを定期予防接種として追加する改正予防接種 もっと読む
2013-06-25 東温市議会 平成25年  6月 定例会(第4回)-06月25日−05号 HPVワクチンの接種を一時中止し、重篤な副反応の追跡調査と被害者救済を求める緊急決議  ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症については、本年4月1日から、予防接種の規定により、自治体によるワクチンの定期接種が行われているが、平成25年6月14日に開催された関係審議会において、ワクチン接種後の副反応として、持続的な疼痛が特異的に見られたことから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的 もっと読む
2013-03-13 東温市議会 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月13日−04号 現在開会中の通常国会において、予防接種改正法案が提出され、新年度からは定期接種化される見通しとなりました。これまで本市においては国の交付金を活用し全額公費負担がなされています。子宮頸がんは若い女性を中心に年間8,500人が発症し、約2,500人が死亡しています。 もっと読む
2012-10-18 松山市議会 平成24年10月18日 市民福祉分科会-10月18日−01号 その中で、子宮けいがん、この3ワクチン含めた生ワクチンにつきましては、今後予防接種の定期接種を検討していく、そしていわゆる子宮けいがんワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの3ワクチンについては、中でも25年度以降も円滑な接種を行えるようにする必要があるというふうなことを提言しておりますことから、その定期接種化の見込みがどうかというのは、まだ今のところは定かではございませんけれども、こういう もっと読む
2012-03-13 松山市議会 平成24年 3月13日 市民福祉委員会-03月13日−01号 まず、この目のうち、予防接種に基づき市町村に義務づけられた麻疹、風疹、三種混合、二種混合、日本脳炎、高齢者のインフルエンザ、ポリオ、BCGの接種に要する委託料等の経費は8億7,136万5,000円でございます。次に、子宮頸がん等ワクチン接種事業6億1,160万8,000円は、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種に要する委託料等の経費でございます。 もっと読む
2012-03-07 松山市議会 平成24年 3月定例会-03月07日−05号 現在、日本では予防接種に基づいて約50年間経口生ワクチンが接種されております。接種費用は原則として無料であり、注射をしなくてよいというメリットがありますが、まれにワクチンを飲んだ子どもや周りの人に小児麻痺が起こっています。 もっと読む
2011-12-14 東温市議会 平成23年 12月 定例会(第6回)-12月14日−04号 我が国の予防接種制度は、現在、予防接種に基づく定期接種や臨時接種のほか任意接種でありますが、子宮頸がん等ワクチン接種事業のように国が制度化した予防接種や、これら法律や制度に基づかない任意の予防接種があり、それぞれの位置づけや趣旨に沿った取り扱いが定められているところでございます。   もっと読む
2011-03-11 松山市議会 平成23年 3月11日 市民福祉委員会-03月11日−01号 まず、この目のうち、予防接種に基づき市町村に義務づけられたポリオ、麻疹・風疹、三種混合、二種混合、日本脳炎、高齢者のインフルエンザ、BCGの接種に要する委託料等の経費は9億3,320万7,000円でございます。 もっと読む
2010-12-16 松山市議会 平成22年12月定例会-12月16日−03号 まず、子宮頸がん等ワクチン接種の無料化についてでありますが、国は予防接種による定期接種とすべきか検討する中で、対象年齢層に一通りのワクチン接種を提供できるよう、都道府県に対し基金を設置するための予算措置を講じたところであります。 もっと読む
2010-12-03 東温市議会 平成22年 12月 定例会(第6回)-12月03日−02号 ◎林宏保健康推進課長   ご質問のなぜこの予防接種には補助金がないのかのご質問でございますが、これは予防接種に位置づけられたワクチン接種でございますので、交付税のほうで措置をされております。それで、単体としての補助金はございません。  以上でございます。 もっと読む
2010-09-13 松山市議会 平成22年 9月定例会-09月13日−04号 次に、ワクチンなどの予防接種への公費助成についてでありますが、現在ヒブや小児用肺炎球菌、子宮頸がんワクチンは我が国では任意の予防接種となっており、公費助成につきましては予防接種に基づく接種とすることが必要であり、ワクチンの安全性、有効性等の検証結果を見きわめ判断してまいりたいと考えております。 もっと読む
2010-09-13 今治市議会 平成22年第5回定例会(第3日) 本文 2010年09月13日開催 子宮頸がん予防ワクチンは、我が国では昨年の10月に薬事承認され、12月から販売が開始されたワクチンで、予防接種に規定がある予防接種と異なり、法的根拠がない任意接種であるため、まだ一部自治体でしか公費助成が行われていない状況でございます。 もっと読む
2010-06-16 東温市議会 平成22年  6月 定例会(第3回)-06月16日−04号 昨日大西佳子議員にご答弁いたしましたが、子宮頸がんワクチンの公費助成につきましては、予防接種に位置づけられておらず、当面、国の動向を注視していきたいと考えております。 もっと読む
2010-06-15 東温市議会 平成22年  6月 定例会(第3回)-06月15日−03号 小学校6年生への公費助成によるワクチンの集団接種につきましては、予防接種に位置づけられてから実施することが望ましいと考えており、当面、国の動向を注視して対応していきたいと考えております。  なお、子宮頸がん予防には検診も非常に大切であり、当面は集団検診や、昨年から実施しております女性特有のがん検診のさらなる受診率向上を目指し、努力したいと考えております。 もっと読む
2010-03-11 松山市議会 平成22年 3月11日 市民福祉委員会-03月11日−01号 この目は、すべて予防接種に基づき、市町村に義務づけられたポリオ、麻疹、風疹、三種混合、二種混合、日本脳炎、高齢者のインフルエンザ、BCGの接種に要する委託料等の経費でございます。なお、麻疹、風疹の予防接種につきましては、平成21年度から3年間麻疹対策を行うことにより一層進めるため、市独自の施策として任意接種を受ける小中高校生に対し、その接種費用の全額を助成することといたしております。 もっと読む