運営者 Bitlet 姉妹サービス
211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) 足摺岬、高知や道後温泉はインバウンドの効果もあり、非常に繁忙になっており、9月以降は予約をとりにくい状況だと聞いております。残念ながら愛南町には観光ホテルや外からお客様をもてなすホテルがありません。高知と道後温泉の中間地点にある愛南町に泊まっていただけるようなホテル誘致、建設等は検討されていないのでしょうか。   もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 本年度、これまでの実績と予約とで3,500泊ほどとなっており、この施設の整備により、スポーツ合宿だけでなく、文化合宿、大規模イベントの誘致や自主開催ができる要素となり、深川市にとって非常に大きなメリット、ビジネスチャンスとして捉えているとのことでした。 もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) 1,000席以上の会場を有することが開催の要件ではありましたが、対象施設のない地方への特例が認められての実現であり、既に町内外多くの皆様から観覧予約をいただいていることから、本来なら町民の皆様を優先したい気持ちは山々ではありますが、抽せんとなることは御理解をいただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 すなわち、予約においては、消費税が課税されない価格であり、安定した生産と流通の確立が図れる現場となりますし、このような場合、市民として農業現場の確立のために、職員指導をして、農業の実践現場に行き届くまでの行政指導、予算指導をしてはどうかと思います。   もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 例えば、待機児童に占める割合が高い1歳児と2歳児について、基準を満たした上で定員を超えて受け入れる場合や育児休業に係る入所予約制を導入した場合に施設への支援を行うほか、配置基準以上の保育士などを配置している施設への支援として、助成する対象期間や対象施設を拡充します。 もっと読む
2017-12-14 松山市議会 平成29年12月定例会-12月14日−07号 ワクチンは、医療機関が予約状況に応じて必要な分だけ随時注文するので、納入分は全て使用することになるが、やむを得ず使用しなかったものについては、期限内であれば業者が引き取っているとの答弁がなされました。 もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 この待機児童対策・保育の質向上事業は、1・2歳児を定員以上に受け入れた場合の助成や育児休業明けの保護者に対する入所予約制度などを検討しているもので、これらの事業に積極的に御協力いただける保育所等は、より多くの助成が受けられることもあると考えています。 もっと読む
2017-10-20 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月20日−03号 登録証を持っている人は、30分前までに電話予約をすれば、タクシーが自宅まで迎えに来まして、病院とか商店とか駅とか、それからまたバス停まで乗り合いで、帰りも迎えに来てくれると、こういうサービスでございます。  おでかけタクシーといいましても、脱着する磁気プレートをタクシーの車体にぺたっと張りつけたところがおでかけタクシーになる、ふだんは一般のタクシーとして運用する、こういうことでございます。   もっと読む
2017-10-20 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月20日−03号 登録証を持っている人は、30分前までに電話予約をすれば、タクシーが自宅まで迎えに来まして、病院とか商店とか駅とか、それからまたバス停まで乗り合いで、帰りも迎えに来てくれると、こういうサービスでございます。  おでかけタクシーといいましても、脱着する磁気プレートをタクシーの車体にぺたっと張りつけたところがおでかけタクシーになる、ふだんは一般のタクシーとして運用する、こういうことでございます。   もっと読む
2017-10-18 松山市議会 平成29年10月18日 市民福祉分科会-10月18日−01号 ◎三好崇義市民部副部長兼市民相談課長兼消費生活センター所長 ファイナンシャルプランナーの相談というのを毎週火曜日に、1人60分、予約制で行っております。  実績といたしましては、平成28年度にファイナンシャルプランナーの相談が25件、弁護士への相談が25件で、計50件ございました。 もっと読む
2017-09-06 愛南町議会 平成29年第3回定例会(第1日 9月 6日) いわゆる要求に基づいて予約制で車を運行するという形となっております。ただ、そのあくまでも公共交通の空白地域というか、そういうエリアを埋めるためのもので、現在、コミバスとか民間事業者とかが運行している路線に設けるというわけにはまいりません。  ですから、今後新たな路線の変更であるとか廃止等々、そういったものを検討する際の新たな施策として、十分考えられるところはあろうかと思います。   もっと読む
2017-06-15 愛南町議会 平成29年第2回定例会(第1日 6月15日) 現在、県立図書館の本を愛南町民もインターネットで検索予約できまして、1回当たり1人5冊、3週間借りることができます。返却するときは愛南町の各公民館で返却できるようになっているようです。本を借りる際も、町内の公民館で受け取れるようにできないでしょうか。  二つ目に、図書館建設についての住民の意見についてです。   もっと読む
2017-06-08 今治市議会 平成29年第3回定例会(第1日) 本文 2017年06月08日開催 また、国内最大級の旅行予約サイトを展開する楽天トラベルが発表した「サイクリストに人気の旅行先ランキング」で「今治・しまなみ海道」が、昨年に引き続き1位になりました。これまで、全国に向けて発信してきたサイクリストの聖地しまなみ海道の認知度が確実に定着し、全国から注目されてきていることを大変うれしく思っております。   もっと読む
2016-12-15 四国中央市議会 平成28年12月定例会-12月15日−04号 まず,乗りかえや予約の問題もありましたけれども,先ほども申し上げましたが,最も多かったのがソフトの問題として,デマンドタクシーの運転手の方とのトラブルであります。もうちょっと自宅のそばまで行ってくれたらええのに途中でおろされたとか,そこは行けんのんじゃとか言われて会話が口論になったりと,ほんのささいなことでのトラブルであります。例外なくその人たちは,運転手の人とけんかをしたんじゃと私に訴えます。 もっと読む
2016-12-05 松山市議会 平成28年12月定例会-12月05日−04号 加えて、今後は、今年度新たに実施し、一定の効果があった検診の予約意向調査に積極的に取り組むなど、さらなる受診率向上に努めたいと考えています。  次に、各種がん検診事業の予算を充当することについてですが、本市としましては、がんの早期発見を目的としたがん検診事業と、20代、30代の末期がん患者の在宅療養を支援する事業の予算は、別々に検討するべきであると考えています。 もっと読む
2016-12-02 松山市議会 平成28年12月定例会-12月02日−03号 私が視察した港区では、保育の予約を実施しておりました。年度途中に育児休業からの復職を予定している保護者の方を対象に、区内の認可保育所で入所予約を実施しています。各園2ないし3名の枠の確保を実施しているそうです。 もっと読む
2016-06-14 伊予市議会 平成28年第5回( 6月)定例会-06月14日−03号 2 デマンドタクシー運用の見直し及びコミュニティバスの路線見直しについて  (1) 高齢者が駅や病院から帰宅する際、デマンドタクシーが満車でなければ、同一方向・同一場所に向かう場合など、予約をしていなくてもタクシー無線等で、オペレーターに繋いですぐ利用できるように運用規定等を見直しては。  (2) コミュニティバスの現在の利用状況は。   もっと読む
2016-06-10 今治市議会 平成28年第3回定例会(第1日) 本文 2016年06月10日開催 ことしに入り、旅の予約から計画までをサポートする世界最大の旅行口コミサイトであるトリップアドバイザーの「行って良かった!日本の展望スポットランキング2016」の第3位に亀老山展望公園がランクインいたしました。ちなみに、第1位が清水の舞台でおなじみの清水寺、それから第2位が今話題の東京都庁の展望台でありますことから、非常に大きな意味があると思っております。 もっと読む
2016-03-04 伊予市議会 平成28年第2回( 3月)定例会-03月04日−03号 品川区では、全ての妊婦を対象に助産師等の資格を持つ妊産婦ネウボラ相談員が面接相談を行い、妊娠に伴う不安を軽減、面接相談は完全予約制で、妊婦の身体の状態や家庭状況、悩みや不安などを聞き取り、母子保健や育児支援サービスの情報提供、出産・育児に関するアドバイスを行います。   もっと読む
2015-12-16 東温市議会 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月16日−05号 1つ目は、公園の事業で、年間50万人の入場者数があり、そのうち予約で来場する人数は18万人であり、予約をとることで集客が見込まれているとのことでした。  2番目は、マーケティング事業で、会員向けの通信販売です。このファームの会員は、全国で4万9,000世帯が登録されており、そのうち伊賀市が約4,900世帯で、年間売上額は54億円、販売製品は、米「夢ごこち」30キロが1万5,000円、700俵です。 もっと読む