運営者 Bitlet 姉妹サービス
1114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 今治市議会 平成30年第5回定例会(第4日) 本文 2018年12月11日開催 また、地域で主体的に健康づくりなどを担う人材の育成・支援も行ってございます。これらの事業を広めていくため、より地域に密着した場所での開催をふやし、内容も多様性を持たせることで、幅広く興味・関心を持っていただけるよう努めてございます。  次に、2番目の介護給付費抑制の効果についてでございます。従来から介護予防の取り組みを行ってまいりましたが、介護給付費は、今なお増加してございます。 もっと読む
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 また、他市による先進事例は、少なくとも行政業務の改善が図られ、生産性とパフォーマンス向上に成果を得ており、その余裕的時間軸の中で、主体的にヒューマンパワーを、市民に向き合う業務に転換してございますけれども、本市の見解をお聞かせ願います。  最後に、AIを活用したまちづくりについてお尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) 当然、もう一つの通所型サービスB、こちらの方も同じような状況なんですが、この通所型サービスBは、住民主体によるサービスとなっております。ボランティアとか、そういう方たちがやっていかれるサービスになります。当然そうなってきますと、送迎もなく、近場の方たちを呼んでやられると。これに少し似たようなのが、今社協のほうでやっておるサロンというのがちょっと似たようなものにはなっております。   もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) この森林環境税は、市町村が主体的に運営できるように配分され、平成36年から85%を市町村が、15%を都道府県が配分されます。  今後の愛南町林業の成長産業化対策及び治山治水事業について、方針をお伺いいたします。 ○議長(宮下一郎) 2の森林環境譲与税と森林環境税の導入について、理事者の答弁を求めます。  清水町長。 もっと読む
2018-09-04 今治市議会 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 2018年09月04日開催 ◯松田敏彦広報広聴特別委員長 それでは、広報広聴特別委員会が主体として実施いたしました岡山理科大学獣医学部の学生との意見交換会の概要についてご報告申し上げます。  去る7月17日に、正副議長、広報広聴特別委員会の委員、他の議員4名の計15名の議員と獣医学部の学生32名で、意見交換会を同大学の講義室で実施いたしました。 もっと読む
2018-06-22 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月22日) このため、畜産農家を初めとする関係者が連携する畜産クラスター、これはJAが主体となりましたえひめ南畜産クラスター協議会の仕組みを活用し、県内の畜産の担い手の収益向上につながる畜産関連施設の整備等に対して支援を行い、担い手の確保による地域畜産の持続発展と愛媛県の畜産基盤の体質強化を図るものということが目的となっております。   もっと読む
2018-06-15 愛南町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月15日) 特に今年は、青年農業者や南宇和高校生を主体に、愛南ゴールドへの独自のこだわりを語っていただくなどの各種PR企画を開催をしたところであります。  また、愛南ゴールドの販売促進事業の一環として、ゴールデンウィークの5月3日に、エミフルMASAKIにおきまして、生産者と南宇和高校生の協力支援のもと、試食や販売活動を行いました。 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 ◎副市長(玉田光彦君) 配分方法につきましては、先ほど総務部長がお答えしたとおりでございますけれども、地域づくり交付金は、御案内のように、さまざまな地域ニーズに主体的に対応していただくため創設されたものでございます。繰り返しになりますが、実績や要望、アンケート調査等を踏まえて、今回見直しを図ったものでございます。   もっと読む
2018-03-08 今治市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018年03月08日開催 まだ、正式な単位ではございませんが、学生、教職員が地域住民との交流を深めるため学生主体の地域コミュニティー交流プログラムを考えております。具体的には、将来よりよき専門職業人、地域リーダーとなるための教育効果を期待して、地域住民を対象とした公開講座や、地元高校の生物系クラブとの交流、また地域ボランティア活動など、学生が主体となって企画すると聞いております。  以上でございます。 もっと読む
2018-03-05 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月05日−07号 国民健康保険制度は、将来にわたり持続可能な仕組みを築くため、都道府県が財政運営の責任主体として加わり、ことし4月から新たにスタートします。そこでまず、愛媛県が示した平成30年度の本市の納付金額は125億6,758万539円です。 もっと読む
2018-03-05 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第1日 3月 5日) 次に、145ページ、自立と協働による安心安全なまちづくりといたしましては、協働によるまちづくりの推進の分野では、地域おこし協力隊として、新たに水産振興を目的とした協力隊員1名及び農業振興を目的とした協力隊員1名を配置し、地域資源を活用した新たな起業や地域への定住・定着を目指すとともに、地域住民が主体となった地域活動を推進をします。 もっと読む
2018-03-02 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−06号 高齢者の生きがいを担うなら、本市が介護予防に資するとして地域住民が主体となって運営し、住みなれた地域で高齢者の心身機能維持向上や地域での介護予防活動を推進しているふれあい・いきいきサロン活動支援事業を充実すべきです。介護予防の新たなサービスと比べるなど、役割や効果を検証する必要があるのではないでしょうか。そこで、質問です。 もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 措置から契約へ、地域生活への移行、就労支援の抜本的強化、そして福祉の実施主体は、原則市町村になりました。市は、責任を持って取り組まなければなりません。そこでまず、地域生活を支援する体制について現状をお示しください。 ○栗原久子議長 西市社会福祉担当部長。 もっと読む
2018-03-01 今治市議会 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 2018年03月01日開催 次に、市民が共におこすまちづくり事業では、行政からテーマを提示し、市民活動団体やNPO法人、さらには民間企業など、多様な主体から成る連合体を対象に募集するテーマ型協働事業を新設し、官民連携して地域課題の解決に取り組んでまいります。  4つ目は、「安全・安心で快適に暮らせるまちづくり」でございます。誰もがこのまちで安全・安心・快適に住み続けられるようなふるさとを築いてまいります。   もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 農業の活性化では、イノシシなど有害鳥獣による農作物被害を軽減するため、平成29年度に被害防止計画を策定する2つの地区で計画を実行に移すほか、新たに2つの地区で計画を策定するなど、集落が主体となった被害防止活動を推進します。   もっと読む
2018-01-29 松山市議会 平成30年 1月29日 市民福祉委員会-01月29日−01号 ◎渡部浩典介護保険課長 そうですね、実施主体としては事業者さんなんですが、一つのところは、公民館を借りられて、そういうとこで実施されてます。日曜日とか土曜日とかそういったデイサービスなんかがないところで、施設で実施されておられるところもあるというような状況です。 もっと読む
2018-01-09 松山市議会 平成30年 1月 9日 地方創生調査特別委員会-01月09日−01号 成果指標といたしましては、本推進会議による事業実施数を設定しておりますが、平成28年度は、事業実施主体がまだ組織化されておりません。推進会議は立ち上がったのですが、事業実施主体というのがまだ立ち上がっておりませんので、実績値というのが上がっておりません。 もっと読む
2017-12-22 今治市議会 平成29年第5回定例会(第5日) 本文 2017年12月22日開催 しかも、負担の多くが地元自治体に求められており、その財源の主体的な負担者は地域住民になっています。  こうした中で、今治市は、加計学園との基本協定などの取りまとめの中で、36億7,500万円相当の土地を無償で提供し、64億円の補助金を今治市分として決めています。これらは、基本協定で建設費等の半分を上限にした負担を約束したことによるものです。 もっと読む
2017-12-14 松山市議会 平成29年12月定例会-12月14日−07号 地方分権化の進展により、自治体の主体性と責任が一層求められる中で、地方議会の弱体化は避けなくてはならず、定数削減が議会の弱体化につながってはなりません。 もっと読む
2017-12-12 今治市議会 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 2017年12月12日開催 ◯新居田昌彦農水港湾部長 黒川議員ご質問のモデル事業の取り組みと、地域住民がすぐにでも取り組める防止策についてでございますが、まずモデル事業の取り組みといたしましては、愛媛県が主体となって、平成27年度より大西町山之内地域において、鳥獣害を受けにくい集落づくりの支援を行っております。 もっと読む