245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 議員ご発言のとおり、一例として、災害早期予測システム等が実用化されれば、隠れた災害リスクなどが事前に予測でき、災害時に不足しがちな人員を迅速に振り向け、避難活動による減災、さらには早期復旧などにつながるものと考えております。  次に、4番目のAIを活用したまちづくりについてでございます。 もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 むしろ、自治会を取り巻くリスクの予見、すなわち長期的視点に立てば、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、人口構造の変動に伴う2025年問題を内包しています。現在、自治会を担われている自治会長の平均年齢は高齢化し、今後の人材確保と受け皿の再構築なくして解決への道筋は語れません。   もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 高齢者からの相談のうち消費者被害に該当する案件に対しては、速やかに消費生活センターや警察署など専門機関につなぎ、被害の拡大防止に努めるとともに、独居老人など、被害に遭うリスクが高い家庭を継続的に訪問し、少しでも高齢者がトラブルに巻き込まれることのないよう取り組んでおります。   もっと読む
2018-06-11 今治市議会 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018年06月11日開催 今年度から、納付金を愛媛県に納めるかわりに、保険給付に必要な費用は全額愛媛県から交付されるため、急激な保険給付費の増加のリスクはなくなったものの、納付金の額は年度途中で変更されませんので、今後は、被保険者数の減少に伴う保険税収入の減収や、翌年度以降の医療費、介護費用の増加に伴う納付金の増加に対して備えが必要となってきます。 もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 議会の決議をもとに西条分水を進めている中で、新規水源のための予算を組むのは、行政として当たり前のことであるとの意見や未給水地域や3階直結給水、さらには、都市リスク低減のための水量を加味すると、やはり新規水源は必要であり、新規水源開発準備事業の予算は必要であるとの意見が述べられました。   もっと読む
2018-03-15 愛南町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月15日) 今後、国内消費が減少していく中で、海外に販路を見出すことにより、新たな販路の拡大、所得の向上、国内価格下落に対するリスクの軽減、国内ブランド価値の向上、経営に対する意識改革等の効果が上げられると考えます。本町において、基幹産業である農林水産業の活性化の一環として、海外販売も一つの手段と考えます。  今後の取り組みについて伺います。   もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 こうした中、国は、インフルエンザ予防接種について、予防接種に関する検討会中間報告書で、高齢者はハイリスクであり、有効性が確認されていることから、引き続き定期接種とすることが必要であるとしています。一方、小児に接種した場合の有効性には限界があるとしており、定期接種に位置づける必要性は認めていません。以上です。 ○栗原久子議長 岡議員。 ◆岡雄也議員 再質問いたします。有効性については理解をしました。 もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 また、疾病予防や胃がんのリスク要因などへの理解を深めてもらうため、新たに市立の中学2年生の希望者を対象にピロリ菌検査を行うことにしました。  環境分野では、太陽光発電システム設置補助について、ゼロ・エネルギー・ハウスいわゆるZEHの設置者に上乗せ補助を導入します。 もっと読む
2017-12-12 今治市議会 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 2017年12月12日開催 いわば、これまでの地理的、あるいは地政学的な安全神話はもろくも崩れ去り、50年に1度どころか、来年、そして再来年も同様規模の豪雨災害が発生するリスクを本市も背負っていると言っても過言ではありません。   もっと読む
2017-12-08 愛南町議会 平成29年第4回定例会(第1日12月 8日) また、堤防が建設されていない場合の津波浸水想定区域だけではなく、建設途中で被害が拡大すると考えられる区域の住民に、想定されるリスクについて十分説明して、合意を得ておく必要があると思いますが、どのようにお考えでしょうか、お伺いします。  二つ目に、御荘湾の漁業への影響について伺います。   もっと読む
2017-12-06 松山市議会 平成29年12月定例会-12月06日−06号 ◎矢野博朗危機管理・水資源担当部長 本市には、ダムと地下水の2つしか水源がなく、渇水のリスクがつきまとう脆弱な都市であることを市民の皆さんは常に意識され、日ごろから節水に御協力をいただいています。 もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 また、記録的大雨のリスクは、全国に20万あるため池でも考えられると指摘しています。大雨でこの10年で300カ所以上のため池が相次いで決壊しているとのことです。本市の中小河川やため池においても、こうした災害について施設管理者として対策を講じていくべきと考えます。4点目の質問として、本市の中小河川やため池の災害についてどういう認識をしているのか、今後の対策等も含め御所見をお聞かせください。 もっと読む
2017-12-01 松山市議会 平成29年12月定例会-12月01日−03号 このように、弱い歯質、細菌、糖質の3つの条件が重なり合うと虫歯になる可能性が非常に高くなるので、生活環境を見直し、歯磨きの励行や糖分を含む食品の摂取頻度の制限をすること、さらに歯科医院でカリエスを予防する処置などを行うことでリスクを軽減させることができます。  そこで、お伺いします。 もっと読む
2017-11-30 松山市議会 平成29年12月定例会-11月30日−02号 この破損事故の原因については、現在調査されているようでありますが、報道では、台風に伴う大雨の影響や施設の経年劣化の可能性も指摘されており、改めて地中に潜むリスクに目を向ける必要があることを強く感じたところでございます。高度成長期以降、急速に整備された今日の社会インフラは、人々の快適な暮らしを支え、地域の経済活動を活発にする役割を長年にわたり果たしてまいりました。 もっと読む
2017-10-20 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月20日−03号 当市は9月末現在、県下で唯一個別検診の胃カメラ検査を実施しておりますので、胃カメラ検診を御利用いただく中で、ピロリ菌による胃がんのリスクを避けていただきたいというふうに考えております。  以上です。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 松本 孔君。 もっと読む
2017-10-19 宇和島市議会 平成29年  9月 定例会-10月19日−02号 その目的は、離島における災害リスクを軽減するために、避難施設や防災活動拠点の整備改修や避難案内板の設置、緊急時の輸送施設の整備を行うことで島内住民の安全・安心を確保することにあります。また、災害時の孤立防止のための防災体制の見直しなどを進めることも目的でございます。  島民の方の話では、いざ津波が来たときの避難として、一時避難所は高台にございます。 もっと読む
2017-09-11 今治市議会 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 2017年09月11日開催 こうした一連の情報をもとに、獣医学部の設置に意欲を持つ事業者から、リスク負担や原状回復義務、他の希望者との調整などを行うことを条件として、詳細な事業計画を策定するためにボーリング調査等を行わせてほしい旨の申し出がございました。 もっと読む
2017-06-21 宇和島市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−02号 放射能の関係、若ければ若いほど被爆のリスクが高くなり、0歳の放射線感受性は20から30代の4倍にもなると、このようにいわれています。これはアメリカのゴフマン博士の評価という形で出された資料から引用です。  子供をもつ親の避難は本当に切実なものがある。そういった中で、自主避難者に対して自己責任だと言った大臣もおりましたが、極めて不本意な思いでございます。   もっと読む
2017-06-08 今治市議会 平成29年第3回定例会(第1日) 本文 2017年06月08日開催 市営住宅が古くなれば建てかえるという自治体もある中、ひたちなか市では、市営住宅が老朽化して壊さなければならなくなったときに、人口減少や世帯構成の変化など、先のことを見通せない状況下では市営住宅を先に建てる方がリスクが大きいのではないかということで、また一方で、ふえてきている民間賃貸住宅の空き家を活用できないかということで、この制度を始めたとのことでありました。   もっと読む
2017-03-17 愛南町議会 平成29年第1回定例会(第2日 3月17日) しかしながら、日本国内と台湾国内での残留農薬基準の違いによる生果の輸出が厳しい現状は変わらず、平成29年度実施予定の愛南ゴールド販売プロモーションでは、裕毛屋との協議によりまして台湾当局の検疫のリスク低減と関税の低い愛南ゴールドの冷凍果汁での輸出展開を計画しております。   もっと読む