運営者 Bitlet 姉妹サービス
50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 今治市議会 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 2018年12月10日開催 例えば、音声認識のシリや、自然言語処理を搭載したスマートフォンの普及、インターネット検索エンジングーグル、お掃除ロボットルンバ、人間的感情を認識するロボットペッパーなど、既に我々の日常生活のパートナーとして浸透しており、これらの技術を享受する時代となりました。 もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 本市教育委員会では、毎年スマートフォン・携帯電話の所有率や使用時間について調査しております。調査結果の一部を紹介いたしますと、本年4月現在、自分専用のスマートフォン・携帯電話などを所有する割合は、小学校6年生で50%、中学校3年生で62%となっています。 もっと読む
2018-09-07 今治市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018年09月07日開催 緊急時の情報収集の手段としてスマートフォン、携帯電話、テレビ、ラジオ等が挙げられます。今治市は広島県と接する地域もあり、テレビも広島県の放送局が視聴できるということを聞いたことがありますが、いざというときには愛媛県の放送局の情報が重要と考えられます。放送局が交わる地域でも愛媛県の情報が入ってくるのか確認はされていますでしょうか。  次に、災害発生後の対応についてお尋ねします。 もっと読む
2018-09-06 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月 6日) 私は、現状の愛南町の人口動向とPC、スマートフォンの普及等の技術革新からして、図書館建設については費用対効果からして反対です。なおかつ、私が住民の方々からヒアリングさせていただきました結果、100人のうち99人までが反対の御意見でした。現状の公民館等の図書室の利用率は非常に低いもので、とても多くの方に利用活用されないのではないかと危惧しております。   もっと読む
2018-06-13 今治市議会 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 2018年06月13日開催 情報通信の機能に関してもスマートフォンやタブレットが普及していく中で、時の状況に合った対応をするべきではないのかなと私は思います。  最後に、私も野球が好きなんですけど、きのう市長が「見逃しはいけない」とおっしゃっていました。見逃ししたらバット当たらないのでだめなんです。やはり振らないとヒットしない、しかしながらストライク、ボールの選球眼を身につけないといけない。 もっと読む
2018-06-12 今治市議会 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018年06月12日開催 今後、ますます高齢化が進んでいく中で、従来の訪問販売や電話勧誘によるトラブルに加え、携帯電話やスマートフォン等の普及による情報通信に関連するトラブルや、巧妙な特殊詐欺、悪質商法に高齢者が巻き込まれるトラブルがふえていくという状況が十分に考えられます。  先日も、私の知り合いの携帯電話に「詳細は説明するので電話してください」とのメールが届いたそうであります。 もっと読む
2017-12-11 今治市議会 平成29年第5回定例会(第3日) 本文 2017年12月11日開催 また、法務省の人権擁護機関より発表されている平成29年度啓発活動強調事項の中にも、子供が1人の人間として最大限に尊重されるよう関心と理解を深めていこうという項目や、スマートフォンやタブレット端末の普及とも相まって、インターネット上での誹謗中傷、プライバシー侵害といった人権問題に取り組む啓発活動を展開しております。 もっと読む
2017-12-08 宇和島市議会 平成29年 12月 定例会-12月08日−03号 内閣府が実施した平成28年度の青少年インターネット利用環境実態調査結果によりますと、中学生のスマートフォン利用率は51.7%、スマートフォンでのインターネット利用率は47.3%と、中学生の約半数はスマートフォンでインターネットに触れている状況だそうでございます。   もっと読む
2017-12-06 松山市議会 平成29年12月定例会-12月06日−06号 避難された方は、どなたも初めての経験であり、今後のことについて情報が欲しい中、特にお年寄りなどは、スマートフォンを持っておらず、これからどうなるのか不安で仕方ない様子でした。このとき私も初めての経験でありましたが、栗原議長とともに避難所での運営をお手伝いさせていただきました。実際、現地・現場に行って気がついたことを何点かお伺いします。   もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 そうした中、総務省の情報通信白書によると、10代のスマートフォン利用時間は、パソコンと比べて約7倍であることから、スマートフォンを活用した若者への情報発信は効果的であると考えております。 もっと読む
2017-09-12 今治市議会 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 2017年09月12日開催 これは、妊娠や子育て中の保護者のパソコンやスマートフォンに、子供の成長段階に合わせて必要な情報を届けるサービスです。さらに、保護者自身が書き込むこともでき、子供の成長の様子を写真やスタンプを使って保存する育児日記機能も備えています。 もっと読む
2017-06-08 今治市議会 平成29年第3回定例会(第1日) 本文 2017年06月08日開催 まず、港区では、AR機能を活用したスマートフォン向け防災アプリについて視察を行いました。  防災担当職員からの説明の後、委員から、防災アプリの開発費とダウンロード数について質問があり、防災アプリの開発費は、平成25年導入時に約400万円、ダウンロード数は、平成29年4月3日現在で1万2,163件とのことでした。港区の人口に対し約5%と、余り浸透していない状況がうかがわれました。   もっと読む
2016-12-14 今治市議会 平成28年第5回定例会(第4日) 本文 2016年12月14日開催 今回の結果について、スマートフォンを使った短文のコミュニケーションが広がる一方、読書量や新聞を読む機会が減っている。一定量の文章に触れる機会の減少が影響しているとの指摘もあるようです。実際に、月に1冊も本を読まない高校生、中学生の割合も年々増加しているようであります。  そこで、最初に、本市におきまして、月に1冊も本を読まない小中学生の割合はどの程度なのか、調査があればお聞かせください。   もっと読む
2016-12-07 松山市議会 平成28年12月定例会-12月07日−06号 なお、万が一消防局の通信指令機能が被災しても、通報回線を市内4カ所の消防署や中島支所に切りかえて119番を受信するほか、消防団員340人のスマートフォンには、本市が開発に協力した消防防災科学センターの災害通信専用アプリをインストールしており、多様な方法で被災者の情報をとる体制にしています。   もっと読む
2016-12-05 松山市議会 平成28年12月定例会-12月05日−04号 例えば道後温泉の旅館やホテルでIoTを活用することでお客様の好みに合わせた客室風呂の温度調節やウエブカメラを活用してお客様の行動を迅速に予測・対応が可能になるほか、小売店舗では顧客の持つスマートフォンなどを通じて、売り場に足を踏み入れた際や商品に近づいた際に、顧客の位置情報からスマートフォンに商品をお知らせするといった店舗を訪れた顧客に適切なサービスを提供することができるようになるなど、本市のおもてなし もっと読む
2016-12-01 松山市議会 平成28年12月定例会-12月01日−02号 パソコン、スマートフォンで24時間いつでもどこでも見ることができ、画面を操作して順番に質問に答えるだけで、素早く簡単に確認できるものとなっております。お伺いする1点目は、ウエブ版、スマホ版、アプリ版の救急受診ガイドを導入されてはいかがでしょうかということです。 もっと読む
2016-09-14 今治市議会 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 2016年09月14日開催 まず、本題に入る前に、AR(拡張現実)とは何なのかを簡単に申し上げますと、スマートフォンのカメラ等に映った現実世界の映像に対して、コンピューターによる画像や情報を付加し、現実にはないものをそこにあるかのように映し出す技術であります。この技術は、数年前から既に存在していましたが、ことしの夏、日本でも社会現象となったスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」により、認識度が高くなっています。   もっと読む
2016-09-13 宇和島市議会 平成28年  9月 定例会-09月13日−02号 また、スマートフォン専用のバーチャルリアリティーゴーグルを今後闘牛場に配備し、スマートフォンをセットすればいつでも闘牛の迫力あるバーチャルリアリティー映像をごらんいただけるよう準備を進めておるところでございます。  さらには、観光プロモーションにおける営業ツールとしても活用していこうというふうに現在は考えております。   もっと読む
2016-06-28 東温市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 その一つに、スマートフォンを使った子育てアプリの配信があり、同じくSNS、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを使った子育て相談があります。どちらも子育て世代になじみの深いアイテムであり、取り入れている自治体では好評を博しているとのことであります。  子育てアプリを取り入れている愛知県清須市では、市民と自治体が共働で専用アプリを開発、ことし3月から配信を始めております。 もっと読む
2016-06-20 宇和島市議会 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号 また、スマートフォン用のアプリ、伊達なうわじま安心ナビの防災モードでも表示することが可能となっております。  以上でございます。      〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○副議長(三曳重郎君) 赤松孝寛君。 ◆6番議員(赤松孝寛君) 市民の方は、このマップを当然ながら保管され、また、あるいは十分に活用できるようにされているでしょうか。   もっと読む