運営者 Bitlet 姉妹サービス
51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 以上のほか、子ども医療費助成に係る県補助金に関し、本市の補助率4分の1を2分の1へ引き上げるための県への要望状況について、還付金元利収入が29年度と比較して減額計上となった要因について、市議会だより発行事務及び広報広聴事業に関し、市議会だよりや広報まつやまへのQRコードの掲載について、職員研修事業及び派遣研修事業の研修内容について、まつやま首都圏シティプロモーション事業の取り組み内容について、車両等管理事務 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 市長のお言葉の中で、物理的な、電源コードが抜けておって、これについて対策を講じたというお話をいただいてはおりますけれども、伺ったところでは、もう一つ、人為的な要因ではなくて、ソフト、あるいは機器に原因があるのではなかろうかという事案が発生したように思います。これについて伺わせていただけたらと思います。  続けます。   もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 例えば、紙面の一部を1カ月、もしくは半月ごとのカレンダー仕様にして、イベント開催が一目でわかる、子育て支援のページでは、大きな項目のみ列挙して、詳細はQRコードからリンク先に移動する。ウエブ上での閲覧の場合、リンク先が展開するなど、読み手にとっても大変便利だと感じることがある反面、都度ページを開く手間がかかるなど、一連の動作を改善するべきではないでしょうか。お尋ねいたします。 もっと読む
2018-02-15 松山市議会 平成30年 2月15日 産業経済委員会-02月15日−01号 続いて、3点目の項目になりますけれども、QRコードにつきましては、現在松山城天守の展示物、それから道後温泉本館の料金表などで整備をさせていただいております。そこでは英語、中国語、この中国語については簡体字、繁体字等になりますけれども、それから韓国語に対応させていただいております。   もっと読む
2018-01-29 松山市議会 平成30年 1月29日 市民福祉委員会-01月29日−01号 認知症高齢者の徘回対策として爪にQRコードを張る「爪Qシール」といった他市の先進事例を参考に、認知症対策として有効な取り組みを研究することについては、松山市では、認知症高齢者へGPS端末の貸し出しを行う徘回高齢者家族サービス事業やメール登録により捜索協力を行う松山市認知症SOSネットワーク事業を行っていますが、今後も他市の事例なども参考に取り組みを研究していきたいと考えています。 もっと読む
2017-11-30 松山市議会 平成29年12月定例会-11月30日−02号 また、大津市も2011年いじめによる中学2年生男子の自殺を機にいじめ対策を進めている中、LINE側が提案したモデル校の市立中学校の生徒に相談用アカウントを登録するためのQRコードを配布しました。平日の午後5時から午後9時まで、大津市が委託するカウンセラーが、生徒からの投稿にメッセージを発信して対応します。 もっと読む
2017-11-24 松山市議会 平成29年12月定例会-11月24日−01号 3つは、認知症高齢者の徘回対策として、爪にQRコードを張る爪Qシールといった他市の先進事例を参考に認知症対策として有効な取り組みを研究すること。  次に、3点目は、介護予防についてです。  高齢者が住みなれた地域で健康で自立した生活を送れるよう、要介護状態になるのを未然に防ぐこと、また介護が必要な場合でも、状態が悪化しないように、心身機能の維持、改善を図ることが重要です。 もっと読む
2017-03-03 伊予市議会 平成29年第2回( 3月)定例会-03月03日−04号 最後に、第4点目といたしまして、徘回する高齢者の身元特定のためのQRコードを用いた対策についてでございます。  早期発見のためには、伊予市徘回高齢者SOSネットワーク事業のシステムにもございますように、地域の皆様による情報提供が重要になってくると思われます。埼玉県入間市では、認知症高齢者の徘回に対応するため、身元確認にQRコードを用いた取り組みを昨年の11月から始めました。 もっと読む
2017-03-02 伊予市議会 平成29年第2回( 3月)定例会-03月02日−03号 (4) 徘徊する高齢者の身元特定のため、QRコードを用いた政策を導入している自治体があるが、本市でその予定はあるか。 ○議長(武智実君) これから本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配付しておりますから、その順序によって審議いたします。              もっと読む
2016-11-17 松山市議会 平成28年11月17日 産業経済委員会-11月17日−01号 多言語表記案内看板、そしてQRコードを利用した多言語翻訳表示について御説明をいたします。この事業は、平成27年度に愛媛県から2分の1補助を受け整備したものでございます。   もっと読む
2016-06-14 伊予市議会 平成28年第5回( 6月)定例会-06月14日−03号 このサービスを利用するには、支援センターと利用者のLINEでIDを検索するか、QRコードを読み込んでの友達登録が必要です。相談には1対1のトーク機能を使い、担当者は即時対応に努めているそうです。このほか、登録者に対する育児情報や子育て講座、イベントの開催告知などの情報提供も行っております。 もっと読む
2016-03-04 伊予市議会 平成28年第2回( 3月)定例会-03月04日−03号 近年の大地震では、停電から電気が復旧したときに断線した電気コードから火花が出たり、白熱球や電気ストーブなどの電化製品が作動したりして、近くの燃えやすいものに火がつくなどして、通電火災と呼ばれる電気に起因する火災が多く発生しています。この電気に起因する通電火災が、平成7年の阪神・淡路大震災では火災の約61%、また平成23年東日本大震災ではおよそ65%に上るとのデータも出ています。 もっと読む
2015-12-09 今治市議会 平成27年第6回定例会(第3日) 本文 2015年12月09日開催 それに、がんばるママさんきらりんネットなどの二次元コードを張りつけて、そういうところにインターネットでアクセスできるという形をとっている市もあるようです。ああいうのが立っておりますと、やっぱり今治市は子育てに力を入れているなということが皆さんにもよくわかるし、ましてやここはこれをやっているという目安にもなると。 もっと読む
2015-11-27 松山市議会 平成27年12月定例会-11月27日−01号 2つは、既に実施しているGPS端末の貸し出し等の普及啓発を進めるほか、市民を巻き込んで徘回者を発見する訓練の実施や家族への講習会の開催、また身元確認に役立つQRコードシールの配布といった他市事例の実施について検討し、見守り体制を整備すること。3つは、情報交流を行う場である認知症カフェの取り組みについて積極的に支援を行うこと。   もっと読む
2015-06-16 伊予市議会 平成27年第5回( 6月)定例会-06月16日−03号 次に、5点目のマイナンバー制度対応支援窓口の創設についてですが、電子政府、電子自治体の基盤となり利便性の向上、行政事務の効率化に役立つとして平成14年8月に開始した住民基本台帳ネットワークシステムにおいては、住民票コード通知書の送付前後で、制度に対する苦情、通知書の受取拒否、住民票コードのたび重なる変更など、件数は少なかったようですが難しい対応をしたようです。 もっと読む
2015-03-06 伊予市議会 平成27年第2回( 3月)定例会-03月06日−03号 通知では、選挙公報の全文を点字版だけでなくコンパクトディスク版や、文字情報をデジタル化して書類に印字する音声コード版を必要数準備することを要請しております。また、知的障害者にとっても、音声による選挙のお知らせが有用になるとして、配布を考慮するよう促しております。   もっと読む
2014-12-18 松山市議会 平成26年12月定例会-12月18日−03号 そんな思いを込め、北海道幕別町立図書館は、今年度から蔵書を離れた場所から瞬時に複数認識できるカメレオンコードを活用した図書館支援総合システムを全国で初めて運用しています。カメレオンコードは、商品などに印刷されているQRコードのように、1つずつ接写して情報を得る必要がなく、パソコンのウエブカメラなどの市販機器で1秒間に20個程度の情報を一括して読み取ることができます。 もっと読む
2014-12-10 伊予市議会 平成26年第7回(12月)定例会-12月10日−04号 しかし、こうした分類にこだわらない管理を可能にしたのが、カメレオンコードと呼ばれる複数の色を配列した2次元カラーバーコードです。カメレオンコードは、商品などに印刷されているQRコードのように、一つ一つ接写して情報を得る必要がなく、パソコンのウエブカメラの市販機器で1秒間に20個程度の情報を一括して読み取ることがきます。 もっと読む
2014-12-09 伊予市議会 平成26年第7回(12月)定例会-12月09日−03号 (3) 支援システム「カメレオンコード」を導入しては。  (4) 空き席状況がわかるアプリの導入を。2 フェイスブックを活用して、若い世代へ情報発信を  (1) 市ホームページの月平均訪問者数と運営費は。  (2) ホームページ経由の問い合わせ件数は。  (3) 双方向のコミュニケーションのとれるフェイスブックを取り入れては。 もっと読む
2014-03-12 今治市議会 平成26年第2回定例会(第2日) 本文 2014年03月12日開催 3番目、個人がマイナンバーを拒否できるのかについてでございますが、個人番号は住民票コードをもとに地方公共団体情報システム機構が生成いたします。市町村長は、住民票に住民票コードを記載したときは、速やかにその機構から通知された個人番号をその者の個人番号として指定し、その者に通知しなければならないと法第7条で規定されており、個人番号の指定を拒否することはできないこととなっております。 もっと読む