ツイート シェア
  1. 名護市議会 2051-06-13
    06月13日-01号


    取得元: 名護市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-23
    令和元年第195回名護市定例会              第195回名護市議会定例会会議録┌─────────┬───────────────────────────────┐│招 集 年 月 日│       令和元年6月13日 木曜日 午前10時       │├─────────┼───────────────────────────────┤│招 集 の 場 所│         名 護 市 議 会 議 場         │├─────────┼───────────────────────────────┤│開       会│      令和元年6月13日 木曜日 午前10時0分      │├─────────┼───────────────────────────────┤│散       会│      令和元年6月13日 木曜日 午後0時39分      │└─────────┴───────────────────────────────┘出席並びに欠席議員 出  席 26名 欠  席 0名┌────┬───────────┬───┬────┬───────────┬───┐│議席番号│    氏  名    │出 欠│議席番号│    氏  名    │出 欠│├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  1  │  島 袋  力   │ 出 │  15  │  翁 長 久美子  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  2  │  長 山 正 邦  │ 出 │  16  │  仲 村 善 幸  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  3  │  大 浜 幸 秀  │ 出 │  17  │  比 嘉 拓 也  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  4  │  吉 居 俊 平  │ 出 │  18  │  宮 城 安 秀  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  5  │  川 野 純 治  │ 出 │  19  │  比 嘉  忍   │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  6  │  石 嶺 康 政  │ 出 │  20  │  岸 本 直 也  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  7  │  仲 尾 ちあき  │ 出 │  21  │  金 城 善 英  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  8  │  金 城  隆   │ 出 │  22  │  大 城 秀 樹  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  9  │  宮 城 さゆり  │ 出 │  23  │  岸 本 洋 平  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  10  │  宮 里  尚   │ 出 │  24  │  神 山 正 樹  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  11  │  大 城 敬 人  │ 出 │  25  │  小 濱 守 男  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  12  │  東恩納 琢 磨  │ 出 │  26  │  比 嘉 祐 一  │ 出 │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  13  │  比 嘉 勝 彦  │ 出 │    │           │   │├────┼───────────┼───┼────┼───────────┼───┤│  14  │  平   光 男  │ 出 │    │           │   │└────┴───────────┴───┴────┴───────────┴───┘ 署名議員       13番 比嘉 勝彦  14番 平 光男 議事日程       別紙のとおり 会議に付した事件   別紙のとおり 会議の結果      別紙のとおり法第121条第1項による出席者              市 長  渡具知 武 豊              副市長  金 城 秀 郎 総務部長   祖 慶 実 季    地域政策部長  松 田 健 司 商工観光局長 小 野 雅 春    こども家庭部長 比 嘉 ひとみ 市民福祉部長 比 嘉 一 文    農林水産部長  比 嘉 克 宏 建設部長   玉 城  勝     環境水道部長  長 山 儀 和 消防長    照 屋 秀 裕    地域政策部参事 平 得  薫               教育長  岸 本 敏 孝 教育次長   石 川 達 義議会事務局出席者 事務局長   上 地  健     次長      新 垣 和 吉 議事係長   新 城 貴 盛    庶務係長    神 谷 智 子 議事係    宮 城  建     庶務係     津波古 利恵子 議事係    岸 本 健 伸    臨時職員    森 本 雅 也 ○大城秀樹議長 おはようございます。ただいまより令和元年6月第195回定例会を開会いたします。 諸般の報告を行います。5月23日付け、名護市代表監査委員から5月の例月出納検査結果について報告の文書がありました。 5月27日付け、名護市長から令和元年度名護市平和祈願祭についてご案内及びご依頼の文書がありました。 5月29日付け、沖縄防衛局から市当局を経由して、名護市数久田区における流弾事故に係る米側の原因・再発防止策についての文書がありました。 6月5日付け、北部市町村議会議長会会長から、令和元年度北部市町村議会議員・事務局職員研修会及びスポーツレク大会の開催についての通知の文書がありました。 6月5日付け、米海軍兵による女性殺害緊急追悼・抗議実行委員会共同代表から、米海軍兵による女性殺害事件に対する抗議要請を求めることについての文書がありました。この件につきましては、今定例会先議案件で決議することが決定しておりますので諸般の報告としております。 6月7日付け、名護市長から名護市総合計画審議会委員の選任についての依頼の文書がありました。 5月9日から13日までの間において、北部市町村議会議長会海外視察研修(石垣市・台湾・マカオ・香港)に参加してまいりました。また、5月20日に東村で開催されました北部市町村議会議長会第1回定例総会に出席し、さらに5月30日に福岡市で開催されました第94回九州市議会議長会定期総会に出席してまいりました。ただいま報告しました研修等における関係資料等については、事務局に控えておりますので、閲覧希望の方は事務局までお願いいたします。以上で諸般の報告を終わります。 △日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は会議規則第87条の規定により、議長において13番 比嘉勝彦議員、14番 平光男議員を指名いたします。 お手元に配付してありますように、本定例会に提出されております案件は、市長提出議案9件、報告8件、同意1件並びに意見書案2件、決議案2件、委員会報告13件、陳情10件、全部で45件となっております。 △日程第2 会期の決定を議題といたします。今期定例会の会期等について、去る11日の議会運営委員会において協議をいただいておりますので、その結果につきまして議会運営委員長より報告を求めます。比嘉忍議会運営委員会委員長。 ◎比嘉忍議会運営委員会委員長 おはようございます。それでは6月11日開催の第10回議会運営委員会の結果について報告いたします。今期第195回6月定例会の会期日程については、お手元に配付してあります日程案のとおり、本日6月13日から7月2日までの20日間と決定されました。その中で6月20日及び21日は平和祈願祭が午後に予定されておりますので、両日は午前中のみの一般質問となります。今定例会に上程されている陳情の委員会付託については、陳情第23号、第29号及び第30号は、軍事基地等対策特別委員会へ。陳情第24号、第25号及び第31号は、経済建設委員会へ。陳情第26号及び第27号は、総務財政委員会へ。陳情第28号及び第32号は民生教育常任委員会へ付託し審査させることに決定されました。意見書案第10号及び第11号並びに決議案第1号及び第2号については、先議案件として本日議案上程、説明終了後に処理を行うことが決定されました。名護市議会基本条例第12条に規定する議決事件の追加については、総合計画に関する基本構想及び基本計画並びに都市計画マスタープランの3件を議決事件とすることで決定し、そのほかの計画等については今後も検討していくということで決定されました。7月8日開催の令和元年度北部市町村議会議員・事務局職員研修会及びスポーツレク大会及び8月4日開催の第41回名護市長杯争奪全島職域ハーリー大会は、全議員参加で臨むことに決定されました。議会中継システムの配信事業については、予定どおり今定例会から開始いたします。議会中継システム配信事業については録画配信も行いますので、個人情報等の発言については、議員各位におかれましても、より慎重な発言をお願いいたします。なお、当局へも改めて議長名でその旨を通知いたします。名護市議会展示ギャラリー2019「第44回展」は、長年写真活動を続けております屋嘉部景文さんの作品17点を展示しておりますのでごらんください。以上で議会運営委員会の報告を終わります。 ○大城秀樹議長 委員長報告に対する質疑を許します。 (「質疑なし」と呼ぶ者あり) 質疑がありませんので、これで議会運営委員長の報告を終わります。 お諮りいたします。今期定例会の会期は、日程案のとおり本日6月13日より7月2日までの20日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。よって会期は日程案のとおり、本日6月13日より7月2日までの20日間と決定されました。 次に陳情案件の上程及び委員会付託についてお諮りいたします。さきの報告のとおり、陳情第23号、第29号及び第30号は軍事基地等対策特別委員会へ、陳情第24号、第25号及び第31号は経済建設委員会へ、陳情第26号及び第27号は総務財政委員会へ、陳情第28号及び第32号は民生教育委員会へ付託し、会期中に審査させることにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。よって陳情案件の付託については、議会運営委員長報告のとおり決定されました。各常任委員会は会期中に審査を行い、最終日に委員会報告及び処理を行います。 次に先議案件についてお諮りいたします。議会運営委員長報告のとおり、本日議案上程及び説明終了後に意見書案第10号及び第11号並びに決議案第1号及び第2号の審議を行うことにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。そのように決定されました。 次に議決事件の追加についてお諮りいたします。議会運営委員長報告のとおり、議決事件の追加については総合計画に関する基本構想及び基本計画並びに都市計画マスタープランの3件を議決事件とすることで決定し、その他の計画等については今後も検討していくということにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。そのように決定されました。 市長から提出されました日程第4 議案第29号から日程第21 同意第3号までの件を一括議題といたします。市当局から提出議案の趣旨説明を求めます。渡具知武豊市長。 ◎渡具知武豊市長 皆さん、おはようございます。本日、ここに第195回名護市議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様にご出席をいただき誠にありがとうございます。本定例会に市長提案といたしまして、議案第29号 名護市食鳥処理施設の設置及び管理に関する条例の制定についてから議案第37号 令和元年度名護市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までの議案9件、報告第4号 平成30年度名護市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから報告第11号 専決処分した事件の報告について(市長の専決事項の指定による処分)までの報告8件、同意第3号 固定資産評価審査委員会の委員の選任についての同意1件を提出いたします。皆様の慎重なるご審議と速やかなるご決裁をよろしくお願いをいたします。なお、議案等の説明並びに質疑に対する答弁につきましては、各部課長等にもさせたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。 ○大城秀樹議長 議案第29号 名護市食鳥処理施設の設置及び管理に関する条例の制定について及び議案第30号 指定管理者の指定について(名護市食鳥処理施設)についての説明を求めます。比嘉克宏農林水産部長。 ◎比嘉克宏農林水産部長 おはようございます。それでは議案第29号でございます。議案書の1ページをおめくりください。 △議案第29号    名護市食鳥処理施設の設置及び管理に関する条例の制定について 名護市食鳥処理施設の設置及び管理に関する条例を別紙のとおり制定したいので、議会の議決を求めます。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 名護市食鳥処理施設の設置に伴い、当該条例を制定したいので、本案を提出します。  名護市食鳥処理施設の設置及び管理に関する条例 (設置)第1条 市は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条第1項の規定に基づき、HACCP基準による衛生管理を徹底し、良質な鶏肉の供給を推進することにより、県産鶏肉の流通体制強化及び地域の養鶏業の生産性向上を図るため、名護市食鳥処理施設(以下「食鳥処理施設」という。)を設置する。 (名称及び位置)第2条 食鳥処理施設の名称及び位置は、次のとおりとする。 ┌───────────┬──────────┐ │     名称     │    位置    │ ├───────────┼──────────┤ │名護市食鳥処理施設  │名護市字屋部1779番地│ └───────────┴──────────┘ (使用の許可)第3条 食鳥処理施設を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。 (使用料)第4条 食鳥処理施設の使用料は、別表に定めるとおりとする。 (使用料の減免)第5条 市長は、養鶏生産の推進に資する特別な理由があると認めるときは、前条の使用料を減額し、又は使用料の徴収を免除することができる。 (休場日及び利用時間)第6条 食鳥処理施設の休場日は、名護市の休日を定める条例(平成3年条例第25号)第1条の規定によるものとする。2 食鳥処理施設の利用時間は、午前9時から午後4時までとする。3 前2項の規定にかかわらず、市長が施設の管理上特に必要があると認めるときは、臨時に開場し、若しくは休場し、又は利用時間を変更することができる。 (指定管理者による管理)第7条 市長は、指定管理者(法第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に食鳥処理施設の管理を行わせることができる。 (指定管理者の業務の範囲)第8条 前条の規定により指定管理者に管理を行わせるときの指定管理者が行う業務の範囲は、次のとおりとする。この場合において、第3条及び第6条第3項の規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。 (1)休場日又は利用時間の変更に関する業務 (2)使用の許可及び許可に付する条件に関する業務 (3)使用の許可の取消し等及び立入りの制限等に関する業務 (4)原状回復に関する業務 (5)施設及び設備の維持管理に関する業務 (6)その他食鳥処理施設の管理運営上、市長が必要と認める業務 (利用料金等)第9条 第7条の規定により指定管理者に管理を行わせるときの食鳥処理施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)は、市長が適当であると認める場合に限り、法第244条の2第8項の規定により、指定管理者の収入として収受されるものとする。2 利用料金は、法第244条の2第9項の規定に基づき、別表に定める金額の範囲内で指定管理者が定めるものとする。この場合において、指定管理者は、あらかじめ当該利用料金について市長の承認を受けなければならない。 (補則)第10条 この条例及び名護市公の施設の管理に関する基本条例(平成16年条例第1号)に定めるもののほか、食鳥処理施設の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。   附 則 この条例は、令和元年7月16日から施行する。別表(第4条、第9条関係) ┌─────┬─────────────┬─────┐ │  区分  │      単位      │  料金  │ ├─────┼─────────────┼─────┤ │食鳥処理 │1キログラム当たり    │   390円│ ├─────┼─────────────┼─────┤ │検査員室 │1月につき        │ 60,000円│ └─────┴─────────────┴─────┘ 備考 使用料は、料金の額と、料金の額に消費税法(昭和63年法律第108号)に規定する税率を乗じて得た額(以下「消費税額」という。)及び消費税額に地方税法(昭和25年法律第226号)に規定する地方消費税の税率を乗じて得た額を加えた額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。 説明資料29をごらんください。事業名は先ほど申し上げたとおりでございます。(3)事業目的、HACCP基準に対応した食鳥処理施設を整備し、県産鶏肉流通体制強化を図ることを目的としてございます。(4)事業年度、平成28年度から平成31年度まででございます。平成28、29、30、31年度については、右のとおり事業を実施してございます。(5)運営体制、非公募による指定管理者の選定を行い、施設運営については指定管理者による独立採算の運営を行うということでございます。めくりまして2ページ、位置図でございますが、屋部地区の工場適地内の沖縄綿久寝具株式会社の向かい側でございます。めくりまして3ページ、施設配置図でございます。右側から行きます。敷地面積が1万6,658平方メートル。駐車場が132台。主な施設及び設備は①食鳥処理施設、真ん中の黄色い所に赤字で①と書かれてございます。それから②排水処理施設、左側の②でございます。③車両消毒装置、これは入り口のほうに車両の消毒を行う施設でございます。④トラックスケールということです。①の食鳥処理施設でございますが、構造が鉄骨造、平屋(一部2階建て)。延床面積5,684.15平方メートル。処理能力ですが、最大1日2万羽の処理を行うと。それから左の②排水処理施設、構造が鉄筋コンクリート造、面積が82.28平方メートル。ブロワ室と管理棟がございます。処理水量としまして、最大日量840立方メートルを処理するということでございます。4ページですが、処理施設の平面図となってございます。これはお目通しいただければと思います。 それでは議案第30号にまいります。議案書の4ページでございます。 △議案第30号    指定管理者の指定について(名護市食鳥処理施設) 指定管理者を次のとおり指定したいので、議会の議決を求めます。 1 施設の名称  名護市食鳥処理施設 2 指定する団体 名護市字許田278番地          沖縄県食鳥処理協業組合          代表理事 赤嶺 浩 3 指定の期間  令和元年7月16日から令和33年3月31日まで  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 名護市公の施設の管理に関する基本条例(平成16年条例第1号)第5条の規定により、本案を提出します。 資料30をごらんください。1ページ、名護市食鳥処理施設の概要でございます。施設名は、先ほどから申し上げているとおり名護市食鳥処理施設。所在が、沖縄県名護市字屋部1779番地。整備目的は、HACCP基準に対応した食鳥処理施設を整備し、県産鶏肉流通体制強化を図ることを目的としてございます。運営方法ですが、指定管理者による独立採算による運営を行い、指定管理者によってHACCP認証の取得及びその適切な運用により品質管理を徹底し、良質な鶏肉の供給に努め、県産鶏肉の流通体制強化及び地域の養鶏業の生産性向上に資する事業を実施するというものでございます。施設概要につきましては、先ほど申し上げたとおりでございます。(9)諸室内容で、1階部分が①事務所から⑳見学スペースまでとなってございます。2階につきましては一部機械室ということでございます。(10)駐車場が132台。(11)最大処理羽数が2万羽/日を予定してございます。2ページをめくってください。名護市食鳥処理施設指定管理者選定理由でございます。指定管理者候補につきましては、先ほど申し上げましたように、2の沖縄県食鳥処理協業組合。3の指定期間、令和元年7月16日から令和33年8月(後に訂正あり)まででございます。理由としまして、施設整備の背景及び目的、県内に当該協業組合以外に指定管理を行えるものがいないこと、それから補助金等を差し引いた名護市が負担する事業費につきましては、当該協業組合が供用開始後に名護市へ支払うこととなっております。それらを考慮して食鳥処理施設の耐用年数31年間を指定期間としたということでございます。選定理由でございます。沖縄県において「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」に基づく食鳥処理の事業の許可を受けたブロイラー処理業者は、沖縄食鶏加工株式会社と有限会社中央食品加工の2社のみとなってございます。県内のブロイラー処理羽数の99%を占めてございます。その2社が当該食鳥処理施設を管理運営するために協業化し、沖縄県食鳥処理協業組合を設立した経緯がございます。上記のことから、沖縄県食鳥処理協業組合以外に、当該食鳥処理施設を管理運営できる事業者がいないため、公募することなく当該協業組合を指定管理者として選定したということでございます。3ページ、団体の概要でございますが、団体名が沖縄県食鳥処理協業組合。代表者名、代表理事、赤嶺浩。団体所在地が沖縄県名護市字許田278番地。⑧資本金が2,250万円。職員数が131人ということになってございます。めくりまして4ページ、類似施設の運営実績ということで、豊見城市にございます沖縄食鶏加工株式会社、それから許田にございます有限会社中央食品加工でございます。5ページが、今回の指定管理に伴う施設の管理運営に係る指定期間の5年間の収支計画でございます。後ほどお目通しいただければと思います。説明は以上でございます。すみません、先ほど、指定期間の最終年度を、私が「令和33年8月」と言ったようでございます。訂正します。「令和33年3月31日」ということで、失礼いたしました。 ○大城秀樹議長 議案第31号 名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についての説明を求めます。比嘉ひとみこども家庭部長。 ◎比嘉ひとみこども家庭部長 おはようございます。 ○大城秀樹議長 暫時休憩いたします。                              休 憩(午前10時24分) (就任の挨拶あり)                              再 開(午前10時25分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。比嘉ひとみこども家庭部長。 ◎比嘉ひとみこども家庭部長 それでは議案書5ページをお願いいたします。 △議案第31号    名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について 名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、議会の議決を求めます。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第61号)の一部改正に伴い、当該条例を改正したいので、本案を提出します。   名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例 名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年条例第28号)の一部を次のように改正する。 第6条第2項中「しないこと」の次に「とすること」を加え、同条に次の2項を加える。4 市長は、家庭的保育事業者等による第1項第3号に掲げる事項に係る連携施設の確保が著しく困難であると認めるときは、同号の規定を適用しないこととすることができる。5 前項の場合において、家庭的保育事業者等は、法第59条第1項に規定する施設のうち、次に掲げるもの(入所定員が20人以上のものに限る。)であって、市長が適当と認めるものを第1項第3号に掲げる事項に係る連携協力を行う者として適切に確保しなければならない。 (1)子ども・子育て支援法第59条の2第1項の規定による助成を受けている者の設置する施設(法第6条の3第12項に規定する業務を目的とするものに限る。) (2)法第6条の3第12項及び第39条第1項に規定する業務を目的とする施設であって、法第6条の3第9項第1号に規定する保育を必要とする乳児・幼児の保育を行うことに要する費用に係る地方公共団体の補助を受けているもの 第16条第2項第4号中「乳幼児」を「利用乳幼児」に改め、「。附則第2条第2項において同じ」を削る。 第45条中「第6条第1号」を「第6条第1項第1号」に改め、同条に次の1項を加える。2 保育所型事業所内保育事業を行う者のうち、法第6条の3第12項第2号に規定する事業を行うものであって、市長が適当と認めるもの(附則第3条において「特例保育所型事業所内保育事業者」という。)については、第6条第1項本文の規定にかかわらず、連携施設の確保をしないことができる。 附則第2条第2項中「(第22条に規定する家庭的保育事業を行う場所において実施されるものに限る。)」を削る。 附則第3条中「家庭的保育事業者等」の次に「(特例保育所型事業所内保育事業者を除く。)」を加え、「第6条本文」を「第6条第1項本文」に、「5年」を「10年」に改める。   附 則 この条例は、公布の日から施行する。 内容説明につきましては、資料31で行いたいと思いますのでご準備よろしくお願いします。資料31、1ページをお開きください。名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について(概要)です。1 経緯及び改正理由等。「平成30年の地方からの提案等に関する対応方針」(平成30年12月25日閣議決定)を踏まえ、平成31年3月29日付けで、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令(平成31年厚生労働省令第49号)が公布され、平成31年4月1日施行されました。なお、名護市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例(以下「条例」という。)については、当該省令を従うべき基準及び参酌すべき基準として定めることとされているため、当該省令の改正と同様の改正を行うこととします。2 主な改正概要。主な改正点は5点あります。以下、読み上げさせていただきます。①保育所等との連携、従うべき基準、条例第6条及び附則第3条。国の調査によると、平成30年4月1日時点では、家庭的保育事業者等のうち連携施設の要件(ア 保育内容の支援(条例第6条第1項第1号)、イ 代替保育の提供(同項第2号)、ウ 卒園後の受け皿の設定(同項第3号))全てを満たした事業者は約46%となっており、約半分は連携施設を確保できていない状況となっているため、次の基準について省令が改正されました。(1)連携施設を確保しないことができる経過措置を5年から10年に延長する。(特例保育所型事業所内保育事業者を除く)。(2)卒園後の受け皿の設定についての連携施設確保が著しく困難であると市長が認めるときは、利用定員が20人以上の企業主導型保育事業、または地方自治体が運営費の支援等を行っている認可外保育施設を卒園後の受け皿の連携協力者として確保しなければならないこと。②食事の提供の特例、従うべき基準、条例第16条。保育所等からの調理業務を委託している事業者から搬入できる家庭的保育事業を行う場所を、条例第23条第2項に規定する家庭的保育者の居宅に限る。(その他の場所を削除)。③連携施設に関する特例、従うべき基準、条例第45条。保育所型事業所内保育事業者のうち、児童福祉法第6条の3第12項第2号に規定する事業(保育体制の整備状況や地域の事情を勘案して、保育が必要と認められる満3歳以上の児童を受け入れて保育を行う事業)を行うもの(条例第45条第2項に追加する特例保育所型事業所内保育事業者)で、市長が適当と認めるものについて連携施設を確保しないことができることとする。④食事の提供の経過措置、従うべき基準、附則第2条。家庭的保育者の居宅以外で保育を提供している家庭的保育事業について、自園調理への移行が進んでいないため、自園調理を行わなくてよい経過措置期間を5年から10年に延長する。⑤その他として文言修正等となっております。主な改正内容は以上です。次に2ページをお開きください。2を受けて本市の状況ですが、本市においては、平成31年4月1日現在、条例の適用を受ける市内の家庭的保育事業等を行う施設は、小規模保育事業所B型4施設となっておりますが、4園全てにおいて、既に連携施設が確保されておりまして、また、食事の提供につきましても、自園調理または連携施設からの搬入によるため、今回の条例改正の適用対象施設ではありません。もう既に、条件、規定を満たして、基準を満たしているということです。参考までに市内の小規模保育事業所B型の認可施設一覧を掲げております。4施設ありまして、ウキリ幼児園、明星保育園、小規模保育園みなと、一般社団法人 sun smileひまわり保育園となっております。それぞれ連携施設は表のとおりとなっております。食事の提供に関しても、先ほど申し上げましたとおり、自園調理3園、連携施設からの搬入1園と、基準を満たしております。参考までに、小規模保育事業所B型ほか家庭的保育事業型の累計を下の表に載せておりますので、お目通しをよろしくお願いします。次、めくっていただいて3ページから5ページは新旧対照表となっております。後ほどお目通しをよろしくお願いいたします。説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 議案第32号 名護市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての説明を求めます。比嘉一文市民福祉部長。 ◎比嘉一文市民福祉部長 それでは議案第32号についてご説明します。議案書の7ページをお願いいたします。 △議案第32号    名護市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について 名護市介護保険条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、議会の議決を求めます。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 介護保険法施行令(平成10年法律第412号)の一部改正に伴い、当該条例を改正したいので、本案を提出します。   名護市介護保険条例の一部を改正する条例 名護市介護保険条例(平成12年条例第20号)の一部を次のように改正する。 第4条第1項中「平成32年度」を「令和2年度」に改め、同条第2項中「前項第1号」を「前項」に、「平成30年度」を「令和元年度」に、「平成32年度」を「令和2年度」に、「同号」を「同項」に、「36,100円」を「、次の各号に掲げる第1号被保険者の区分に応じそれぞれ当該各号に定める額」に改め、同項に次の3号を加える。 (1)前項第1号に該当する者 30,100円 (2)前項第2号に該当する者 50,200円 (3)前項第3号に該当する者 58,200円   附 則 (施行期日)1 この条例は、公布の日から施行する。 (経過措置)2 この条例による改正後の名護市介護保険条例第4条の規定は、令和元年度以降の年度分の保険料について適用し、平成30年度以前の年度分の保険料については、なお従前の例による。 説明につきまして、資料32をお願いいたします。めくっていただきまして1ページをお願いします。条例の改正の主な内容でございます。1 介護保険料の低所得者の保険料軽減率の見直しについて。介護保険制度では、3年に一度介護保険料の見直しを行うこととなっております。第1号被保険者の介護保険料につきましては、介護保険法(平成9年法律第123号)第129条により、各自治体が条例で定めることとしており、平成30年度に見直しを行っています。介護保険料は、本人の所得、世帯の課税状況に応じて段階ごとに区分し保険料を決定します。(名護市は11段階区分)。平成31年3月29日に公布された介護保険法施行令(平成10年政令412号)の改正により、公費を投入して低所得者の保険料軽減を行う仕組みについて、10月以降の消費税率引き上げによる財源を手当として強化することとなっており、本市は、令和元年度の介護保険料を、国の基準に従いまして改正するもので、下の表のとおり3段階の改正をするものでございます。3段階に分かれていまして、まず第1段階について、保険料基準額に対する割合を0.45から0.375に、第2段階につきましては割合を0.75から0.625に、第3段階について割合を0.75から0.725に軽減する措置となっております。具体的な軽減幅といたしまして、平成30年度から令和2年度の基準額8万400円の年額に対しまして、その割合を乗じた額が表の右側の年額となっております。2ページをお願いします。2ページは新旧対照表で、先ほど申しました基準額というところにつきましては、左側の第4条の2項でございます。下線で説明をしております。後ほどお目通しをよろしくお願いいたします。説明は以上でございます。
    ○大城秀樹議長 議案第33号 名護市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について並びに議案第34号 物品の購入について(消防ポンプ自動車(水Ⅱ型))及び議案第35号 物品の購入について(消防団車両(CD-Ⅰ型))についての説明を求めます。照屋秀裕消防長。 ◎照屋秀裕消防長 それでは9ページをお願いいたします。 △議案第33号    名護市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について 名護市火災予防条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定したいので、議会の議決を求めます。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 工業標準化法(昭和24年法律第185号)等の一部改正に伴い、また、違反対象物に係る公表制度を実施するため、当該条例を改正したいので、本案を提出します。   名護市火災予防条例の一部を改正する条例 名護市火災予防条例(平成3年条例第14号)の一部を次のように改正する。 目次中「第48条」を「第49条」に、「第49条・第50条」を「第50条・第51条」に改める。 第16条第1項中「日木工業規格」を「日本産業規格(産業標準化法(昭和24年法律第185号)第20条第1項の日本産業規格をいう。)」に改める。 第29条の5第1号中「作動時間が60秒以内」を「種別が1種」に改め、同条中第6号を第7号とし、第5号の次に次の1号を加える。 (6)第29条の3第1項各号又は前条第1項に掲げる住宅の部分に特定小規模施設用自動火災報知設備を特定小規模施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令(平成20年総務省令第156号)第3条第2項及び第3項に定める技術上の基準に従い、又は当該技術上の基準の例により設置したとき。 第50条を第51条とし、第49条を第50条とし、第48条を第49条とし、第47条の次に次の1条を加える。 (防火対象物の消防用設備等の状況の公表)第48条 消防長は、防火対象物を利用しようとする者の防火安全性の判断に資するため、当該防火対象物の消防用設備等の状況が、法令若しくはこれらに基づく命令又はこの条例の規定に違反する場合は、その旨を公表することができる。2 消防長は、前項の規定による公表をしようとするときは、当該防火対象物の関係者にその旨を通知するものとする。3 第1項の規定による公表の対象となる防火対象物及び違反の内容並びに公表の手続は、規則で定める。   附 則 この条例は、公布の日から施行する。ただし、目次の改正規定及び第50条を第51条とし、第49条を第50条とし、第48条を第49条とし、第47条の次に1条を加える改正規定は、令和2年4月1日から施行する。 改正内容は資料33をお願いいたします。1ページであります。名護市火災予防条例の一部を改正する条例について。今回改正する内容は、主に以下の3点であります。1 第16条の改正について。施行日、公布の日から施行する。概要、不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年法律第33号)が公布され、「工業標準化法」が「産業標準化法」に改正されることにより、「日本工業規格」の名称が「日本産業規格」に変更されるためであります。2 第29条の5の改正について。施行日、公布の日から施行する。概要、住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令(平成31年総務省令第11号)が公布され、火災予防条例に掲げる住宅の部分に特定小規模施設用自動火災報知設備を技術上の基準に従い設置したとき、住宅用防災警報器等を設置しないことができる規定を追加し、その他関係規定について所要の規定の整備を図ることとしております。3 第48条の改正について。施行日、令和2年4月1日。概要、消防法令に重大な違反をしている防火対象物に対して、その違反内容等を公表する。①公表の対象となる違反内容。消防法令により建物に設置が義務づけられている屋内消火栓設備、スプリンクラー設備または自動火災報知設備のいずれかが消防法令に違反して設置されていないものであります。②消防法施行令別表第一の公表の対象となる用途を表にしております。1項イの防火対象物の区分は、劇場、映画館、演劇場、観覧場となっており、1項ロでは公会堂、集会場となっております。2項以下についてもその用途や火災の危険性などを考慮して区分され、消防用設備等の設置に関する基準はその区分に応じて決められております。以下の区分については、後ほどご確認をいただきたいと思います。③公表する事項。(1)法令違反が認められた防火対象物の名称及び所在地。(2)当該法令違反の内容(当該法令違反が認められた防火対象物の部分を含む。)。(3)その他消防長が認める事項。④県内18消防本部の取り組み状況を施行日順に表にしてあります。1の那覇市消防局から18の宮古島市消防本部までの表を載せてあります。下のほうですけれども、平成25年12月19日付け消防予第484号通知により、政令指定都市の消防本部を中心として平成26年4月から制度が実施され、平成27年消防予第133号通知により那覇市消防局など管内人口20万人以上の消防本部が平成30年4月から実施されてきておりますけれども、20万人未満の宜野湾市消防本部も先行し実施している状況となっております。そのほかについては、令和2年4月施行予定であります。お手元に追加資料の新旧対照表を配付してありますので、4ページ、5ページということで後ほどお目通しをお願いしたいと思います。 次に11ページをお願いします。 △議案第34号    物品の購入について(消防ポンプ自動車(水Ⅱ型)) 次のとおり物品を購入したいので、議会の議決を求めます。 1 購入する物品 消防ポンプ自動車(水Ⅱ型) 2 購入の方法  指名競争入札 3 購入金額   58,536,000円 4 契約の相手方 沖縄県那覇市安謝一丁目23番8号          株式会社 オカノ          代表取締役 與儀 盛輝  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊提案理由 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和47年条例第15号)第3条の規定により、本案を提出します。 資料34をお願いいたします。1ページですけれども、4の契約期間でございます。議会議決の翌日から令和2年3月19日までです。5の入札の方法、指名競争入札、令和元年5月23日入札を行っております。7の購入理由であります。今年度に更新を予定している車両は、平成9年度に導入された消防ポンプ自動車であり、運用開始から21年経過した車両ということで更新を図るものであります。8の主な資機材の新旧対照表、現行は①から③までですけれども、新規については①から⑤までの資機材が積まれているということであります。9のその他でありますけれども、これはイメージ写真で、今回導入する新しい車両であります。2ページは、入札結果表であります。ご参照いただきたいと思います。 次に議案書の12ページをお願いします。 △議案第35号    物品の購入について(消防団車両(CD-Ⅰ型)) 次のとおり物品を購入したいので、議会の議決を求めます。 1 購入する物品 消防団車両(CD-Ⅰ型) 2 購入の方法  指名競争入札 3 購入金額   30,024,000円 4 契約の相手方 沖縄県浦添市安波茶二丁目21番8号          たつみ総合防災 株式会社          代表取締役 玉城 朝弘  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊提案理由 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和47年条例第15号)第3条の規定により、本案を提出します。 資料35をお願いいたします。消防団車両(CD-Ⅰ型)購入について。4の納期であります。議会議決の翌日から令和2年3月19日まで。5の入札の方法、指名競争入札で、令和元年5月23日に入札を行っております。7の購入理由であります。今年度更新を予定している車両は、平成9年に整備された消防ポンプ自動車(CD-I型)消防団車両の1台であります。運用開始から21年を超える車両ということで、今回更新をしたいと思います。配置予定先は羽地分団ということであります。8のその他、写真であります。(1)が今年度整備予定の車両であります。(2)の下の写真が、運用開始から21年が経過し、さびや腐食などによる経年劣化が目立つということで写真を載せてあります。 ○大城秀樹議長 議案第36号 令和元年度名護市一般会計補正予算(第1号)についての説明を求めます。祖慶実季総務部長。 ◎祖慶実季総務部長 説明に入ります前に、お手元に新たに右肩に丸印をつけております資料36をお配りしております。その11ページをお願いいたします。新たにお配りした説明資料の11ページ、下のほうの消防本部総務課の常備消防費に歳出として39万9,000円を新たにつけ加えております。これは、議案説明会後の5月31日に開催されました第43回沖縄県消防救助技術指導会の障害突破連携訓練の種目で名護市消防本部が1位となりまして、佐賀県で令和元年7月19日に開催されます第48回九州消防救助技術指導会に参加することとなっておりまして、その旅費として35万2,000円、役務費、これは消防資機材の送料ですが4万7,000円の合計39万9,000円を追加させていただいております。これによりまして、財政調整基金からの繰入金及び歳入歳出の総額等が変更になっておりますので、新たに資料としてお配りさせていただいているところですので、ご理解のほどよろしくお願いします。それでは議案に移ってまいります。 △議案第36号    令和元年度名護市一般会計補正予算(第1号) 令和元年度名護市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ594,443千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ38,389,802千円とする。2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。 (債務負担行為の補正)第2条 債務負担行為の追加は、「第2表債務負担行為補正」による。 (地方債の補正)第3条 地方債の変更は、「第3表地方債補正」による。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊             第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正(歳 入)                                  (単位:千円)┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│15 国庫支出金    │           │  9,524,139│   314,377│  9,838,516││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 国庫補助金    │  3,648,929│   314,377│  3,963,306│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│16 県支出金     │           │  4,258,302│   131,981│  4,390,283││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 県補助金     │  2,264,238│   131,681│  2,395,919││           └───────────┴──────┴──────┴──────┘┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│16 県支出金     │3 県委託金     │   131,997│     300│   132,297│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│19 繰入金      │           │  2,496,791│   143,215│  2,640,006││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 指定繰入金    │  1,429,793│   70,844│  1,500,637││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 一般繰入金    │  1,066,998│   72,371│  1,139,369│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│21 諸収入      │           │   251,955│    3,770│   255,725││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │3 雑入       │   189,302│    3,770│   193,072│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│22 市債       │           │  2,332,702│    1,100│  2,333,802││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 市債       │  2,332,702│    1,100│  2,333,802│├───────────┴───────────┼──────┼──────┼──────┤│        歳 入 合 計        │ 37,795,359│   594,443│ 38,389,802│└───────────────────────┴──────┴──────┴──────┘(歳 出)                                  (単位:千円)┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│2 総務費      │           │  6,725,946│   240,130│  6,966,076││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 総務管理費    │  6,219,178│   239,536│  6,458,714││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │3 戸籍住民基本台帳費│   140,264│     594│   140,858│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│3 民生費      │           │ 13,115,612│   29,359│ 13,144,971││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 社会福祉費    │  3,762,841│    2,000│  3,764,841││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 児童福祉費    │  6,769,456│   27,359│  6,796,815│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│4 衛生費      │           │  3,136,128│   45,328│  3,181,456││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 保健衛生費    │  2,354,552│   25,248│  2,379,800││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 清掃費      │   775,986│   20,080│   796,066│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│6 農林水産業費   │           │  1,969,239│   127,082│  2,096,321││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 農業費      │  1,566,661│   106,082│  1,672,743││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │3 水産業費     │   304,946│   21,000│   325,946│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│7 商工費      │           │   537,960│    7,776│   545,736││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 商工費      │   537,960│    7,776│   545,736│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│8 土木費      │           │  5,492,744│   22,119│  5,514,863││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │4 都市計画費    │  3,100,969│   22,119│  3,123,088│└───────────┴───────────┴──────┴──────┴──────┘┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│9 消防費      │           │   688,504│   19,563│   708,067││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 消防費      │   688,504│   19,563│   708,067│├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│10 教育費      │           │  3,407,542│   103,086│  3,510,628││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 教育総務費    │   596,696│    4,750│   601,446││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │5 社会教育費    │   990,940│   16,664│  1,007,604││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │6 保健体育費    │   750,009│   81,672│   831,681│├───────────┴───────────┼──────┼──────┼──────┤│        歳 出 合 計        │ 37,795,359│   594,443│ 38,389,802│└───────────────────────┴──────┴──────┴──────┘             第2表  債 務 負 担 行 為 補 正(追加)                                   (単位:千円)┌────────────────────┬──────────────┬────────┐│        事  項        │     期  間     │  限 度 額  │├────────────────────┼──────────────┼────────┤│数久田地区用水対策事業         │     令和2年度     │     489,912│├────────────────────┼──────────────┼────────┤│羽地内海環境改善事業          │     令和2年度     │     49,000│├────────────────────┼──────────────┼────────┤│土地購入費(山手線)          │     令和2年度     │      2,002│├────────────────────┼──────────────┼────────┤│土地購入費(宮里大南線)        │     令和2年度     │      8,860│└────────────────────┴──────────────┴────────┘                           第3表  地 方 債 補 正 (変 更)                                                        (単位:千円)┌───────┬─────────────────────────────┬─────────────────────────────┐│       │          補   正   前          │          補   正   後          ││ 起債の目的 ├──────┬──────┬──────┬────────┼──────┬──────┬──────┬────────┤│       │  限度額  │ 起債の方法 │  利 率  │  償還の方法  │  限度額  │ 起債の方法 │  利 率  │  償還の方法  │├───────┼──────┼──────┼──────┼────────┼──────┼──────┼──────┼────────┤│総務管理事業債│   59,400│証書借入又は│「年利6%以│ 償還期限35年以│   60,100│証書借入又は│「年利6%以│ 償還期限35年以│├───────┼──────┤証券発行  │内(ただし、│内(据置き20年以├──────┤証券発行  │内(ただし、│内(据置き20年以││商工事業債  │   28,400│      │利率見直し方│内)年賦、半年賦│   28,800│      │利率見直し方│内)年賦、半年賦│├───────┼──────┤      │式で借り入れ│元利均等又は元金├──────┤      │式で借り入れ│元利均等又は元金││       │      │      │る政府資金、│均等の方法によ │      │      │る政府資金、│均等の方法によ │├───────┼──────┤      │地方公共団体│る。ただし、財政├──────┤      │地方公共団体│る。ただし、財政││       │      │      │金融機構資金│の都合により償還│      │      │金融機構資金│の都合により償還│├───────┼──────┤      │及び沖縄振興│期限を短縮し繰上├──────┤      │及び沖縄振興│期限を短縮し繰上││       │      │      │開発金融公庫│償還することがで│      │      │開発金融公庫│償還することがで│├───────┼──────┤      │資金につい │きる。     ├──────┤      │資金につい │きる。     ││       │      │      │て、利率の見│        │      │      │て、利率の見│        │├───────┼──────┤      │直しを行った│        ├──────┤      │直しを行った│        ││       │      │      │後において │        │      │      │後において │        │├───────┼──────┤      │は、当該見直│        ├──────┤      │は、当該見直│        ││       │      │      │し後の利  │        │      │      │し後の利  │        │├───────┼──────┤      │率)」   │        ├──────┤      │率)」   │        ││       │      │      │      │        │      │      │      │        │├───────┼──────┤      │      │        ├──────┤      │      │        ││       │      │      │      │        │      │      │      │        │├───────┼──────┤      │      │        ├──────┤      │      │        ││   計   │   87,800│      │      │        │   88,900│      │      │        │└───────┴──────┴──────┴──────┴────────┴──────┴──────┴──────┴────────┘              歳入歳出予算補正事項別明細書(総括)(歳 入)                                   (単位:千円)┌──────────────┬───────┬──────┬───────┬───────┐│       款       │ 補正前の額 │  補正額  │  合 計  │ 構成比率(%) │├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│1 市税          │   6,497,772│      │   6,497,772│     16.9│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│2 地方譲与税       │    154,369│      │    154,369│      0.4│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│3 利子割交付金      │     4,485│      │     4,485│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│4 配当割交付金      │    10,238│      │    10,238│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│5 株式等譲渡所得割交付金 │    11,529│      │    11,529│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│6 地方消費税交付金    │   1,121,436│      │   1,121,436│      2.9│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│7 ゴルフ場利用税交付金  │    75,525│      │    75,525│      0.2│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│8 自動車取得税交付金   │    24,760│      │    24,760│      0.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│9 国有提供施設等所在市町村│    280,897│      │    280,897│      0.7││  助成交付金       │       │      │       │       │├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│10 地方特例交付金     │    27,376│      │    27,376│      0.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│11 地方交付税       │   7,959,654│      │   7,959,654│     20.7│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│12 交通安全対策特別交付金 │     9,000│      │     9,000│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│13 分担金及び負担金    │    31,426│      │    31,426│      0.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│14 使用料及び手数料    │    597,260│      │    597,260│      1.6│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│15 国庫支出金       │   9,524,139│   314,377│   9,838,516│     25.6│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│16 県支出金        │   4,258,302│   131,981│   4,390,283│     11.5│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│17 財産収入        │   2,124,240│      │   2,124,240│      5.5│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│18 寄附金         │     1,502│      │     1,502│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│19 繰入金         │   2,496,791│   143,215│   2,640,006│      6.9│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│20 繰越金         │       1│      │       1│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│21 諸収入         │    251,955│    3,770│    255,725│      0.7│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│22 市債          │   2,332,702│    1,100│   2,333,802│      6.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│     歳入合計     │  37,795,359│   594,443│  38,389,802│      100│└──────────────┴───────┴──────┴───────┴───────┘(歳 出)                                                              (単位:千円)┌────────┬──────┬───────┬───────┬──────────────────────────────────┬─────┐│        │      │       │       │          補 正 額 の 財 源 内 訳          │     ││        │      │       │       ├───────────────────────────┬──────┤ 構成比率 ││    款    │ 補正前の額 │ 補 正 額 │ 合   計 │          特 定 財 源          │      │ (%) ││        │      │       │       ├──────┬──────┬──────┬──────┤ 一般財源 │     ││        │      │       │       │ 国庫支出金 │ 県支出金 │ 地 方 債 │ そ の 他 │      │     │├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│1 議会費   │   299,358│       │    299,358│      │      │      │      │      │    0.8│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│2 総務費   │  6,725,946│    240,130│   6,966,076│   177,794│    2,500│     700│   47,844│   11,292│   18.2│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│3 民生費   │ 13,115,612│    29,359│  13,144,971│    7,444│   21,267│      │      │     648│   34.2│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│4 衛生費   │  3,136,128│    45,328│   3,181,456│   17,647│      │      │      │   27,681│    8.3│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│5 労働費   │    4,847│       │     4,847│      │      │      │      │      │    0.0│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│6 農林水産業費│  1,969,239│    127,082│   2,096,321│   66,943│   38,068│      │   21,070│    1,001│    5.5│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│7 商工費   │   537,960│     7,776│    545,736│   26,524│  △15,301│     400│      │   △3,847│    1.4│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│8 土木費   │  5,492,744│    22,119│   5,514,863│      │   16,895│      │    1,000│    4,224│   14.4│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│9 消防費   │   688,504│    19,563│    708,067│   18,025│      │      │    1,000│     538│    1.8│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│10 教育費   │  3,407,542│    103,086│   3,510,628│      │   68,552│      │    3,700│   30,834│    9.1│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│11 災害復旧費 │   106,127│       │    106,127│      │      │      │      │      │    0.3│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│12 公債費   │  2,261,351│       │   2,261,351│      │      │      │      │      │    5.9│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│13 諸支出金  │      1│       │       1│      │      │      │      │      │    0.0│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│14 予備費   │   50,000│       │    50,000│      │      │      │      │      │    0.1│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  歳出合計  │ 37,795,359│    594,443│  38,389,802│   314,377│   131,981│    1,100│   74,614│   72,371│    100│└────────┴──────┴───────┴───────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────┘ 説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 暫時休憩いたします。                              休 憩(午前11時11分)                              再 開(午前11時21分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 議案第37号 令和元年度名護市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての説明を求めます。長山儀和環境水道部長。 ◎長山儀和環境水道部長 それでは名護市公共下水道事業特別会計補正予算をお願いいたします。 △議案第37号    令和元年度名護市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) 令和元年度名護市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,000千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,171,068千円とする。2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊             第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正(歳 入)                                  (単位:千円)┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│4 繰入金      │           │   403,531│    1,000│   404,531││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 他会計繰入金   │   403,531│    1,000│   404,531│├───────────┴───────────┼──────┼──────┼──────┤│        歳 入 合 計        │  1,170,068│    1,000│  1,171,068│└───────────────────────┴──────┴──────┴──────┘(歳 出)                                  (単位:千円)┌───────────┬───────────┬──────┬──────┬──────┐│     款     │     項     │  補正前  │  補正額  │  金 額  │├───────────┼───────────┼──────┼──────┼──────┤│2 建設費      │           │   432,305│    1,000│   433,305││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 建設費      │   432,305│    1,000│   433,305│├───────────┴───────────┼──────┼──────┼──────┤│        歳 出 合 計        │  1,170,068│    1,000│  1,171,068│└───────────────────────┴──────┴──────┴──────┘              歳入歳出予算補正事項別明細書(総括)(歳 入)                                   (単位:千円)┌──────────────┬───────┬──────┬───────┬───────┐│       款       │ 補正前の額 │  補正額  │  合 計  │ 構成比率(%) │├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│1 事業収入        │    374,395│      │    374,395│     32.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│2 国庫支出金       │    60,000│      │    60,000│      5.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│3 県支出金        │    189,868│      │    189,868│     16.2│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│4 繰入金         │    403,531│    1,000│    404,531│     34.5│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│5 市債          │    141,300│      │    141,300│     12.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│6 繰越金         │       1│      │       1│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│7 諸収入         │      971│      │      971│      0.1│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│8 財産収入        │       2│      │       2│      0.0│├──────────────┼───────┼──────┼───────┼───────┤│     歳入合計     │   1,170,068│    1,000│   1,171,068│      100│└──────────────┴───────┴──────┴───────┴───────┘(歳 出)                                                              (単位:千円)┌────────┬──────┬───────┬───────┬──────────────────────────────────┬─────┐│        │      │       │       │          補 正 額 の 財 源 内 訳          │     ││        │      │       │       ├───────────────────────────┬──────┤ 構成比率 ││    款    │ 補正前の額 │ 補 正 額 │ 合   計 │          特 定 財 源          │      │ (%) ││        │      │       │       ├──────┬──────┬──────┬──────┤ 一般財源 │     ││        │      │       │       │ 国庫支出金 │ 県支出金 │ 地 方 債 │ そ の 他 │      │     │├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│1 管理費   │   374,390│       │    374,390│      │      │      │      │      │   32.0│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│2 建設費   │   432,305│     1,000│    433,305│      │      │      │    1,000│      │   37.0│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│3 公債費   │   360,373│       │    360,373│      │      │      │      │      │   30.8│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│4 予備費   │    3,000│       │     3,000│      │      │      │      │      │    0.2│├────────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  歳出合計  │  1,170,068│     1,000│   1,171,068│      0│      0│      0│    1,000│      0│    100│└────────┴──────┴───────┴───────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────┘ 説明につきましては、資料37で行います。裏面をよろしくお願いいたします。補正額100万円、予算総額は歳入歳出ともに11億7,106万8,000円とする。歳入です。主な部分を説明いたします。4款 繰入金、補正額が100万円です。こちらは増減理由としましてマンホール等製作事業(市制50周年記念事業)による繰入金の増でございます。市制50周年を記念としまして、下水道記念マンホールを製作し、またマンホールカードを作成、配布いたします。その目的としまして、下水道のPRと収集者や観光客を市内、市街地への呼び込み、観光振興にもつなげてまいりたいと思います。予算の内容としましては、デザインマンホールの型製作費、マンホールカード2種類の製作費、マンホールの取りかえでございます。マンホールカード2種類については、1種類が2,000枚と2種類で4,000枚の製作を考えております。歳出は、2款 建設費、補正額が100万円の計上となっております。説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 報告第4号 平成30年度名護市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての説明を求めます。祖慶実季総務部長。 ◎祖慶実季総務部長 それでは議案書13ページをお願いいたします。 △報告第4号    平成30年度名護市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について 平成30年度名護市一般会計繰越明許費繰越計算書を、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、別紙のとおり議会に報告します。  令和元年6月13日提出                                    名護市長  渡具知 武豊                              平成30年度名護市一般会計繰越明許費繰越計算書                                                                            (単位:円)┌───────┬───────┬───────────┬───────┬───────┬────────────────────────────────────┐│       │       │           │       │       │             左 の 財 源 内 訳             ││       │       │           │       │       ├──────┬──────────────────────┬──────┤│   款   │   項   │   事 業 名   │  限度額  │  繰越額  │ 既 収 入 │        未収入特定財源        │      ││       │       │           │       │       │ 特定財源 ├───────┬───────┬──────┤ 一般財源 ││       │       │           │       │       │      │ 国県支出金 │  地方債  │  その他  │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│2 総務費  │1 総務管理費│人事管理費      │   2,160,000│   2,160,000│      0│       0│       0│      0│  2,160,000││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │やがじ地域観光拠点整備│  69,025,000│  69,025,000│   40,000│  55,220,000│  13,500,000│      0│   265,000││       │       │事業         │       │       │      │       │       │      │      ││       ├───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │2 徴税費  │税務総務費      │   2,698,000│   2,698,000│      0│       0│       0│      0│  2,698,000│├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│3 民生費  │2 児童福祉費│保育所管理費     │   3,517,000│   3,517,000│      0│       0│       0│      0│  3,517,000│├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│4 衛生費  │2 清掃費  │新設廃棄物処理施設整備│  60,762,000│  60,762,000│      0│  28,750,000│       0│      0│ 32,012,000││       │       │事業         │       │       │      │       │       │      │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│6 農林水産業│1 農業費  │災害に強い栽培施設の整│  72,136,000│       0│      0│       0│       0│      0│      0││  費    │       │備事業(施設整備事業)│       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │羽地地域直売加工施設管│   5,000,000│   5,000,000│      0│       0│       0│  5,000,000│      0││       │       │理費         │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │名護市食鳥処理施設整備│ 1,058,435,220│ 1,056,394,000│      0│  950,649,300│  95,100,000│      0│ 10,644,700││       │       │事業         │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │数久田地区用水対策事業│  37,231,000│  37,231,000│      0│  37,231,000│       0│      0│      0│├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│7 商工費  │1 商工費  │プレミアム付商品券事業│   8,259,000│   8,259,000│      0│   8,259,000│       0│      0│      0││       │       │(事務費)      │       │       │      │       │       │      │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│8 土木費  │2 道路橋梁費│市道伊差川4号線道路整│  30,971,000│  30,971,000│   84,000│  24,771,200│   3,500,000│      0│  2,615,800││       │       │備事業費(交付金)  │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │市道モクザ線道路整備事│  46,283,000│  46,283,000│   44,000│  37,018,400│   8,200,000│      0│  1,020,600││       │       │業費(交付金)    │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │市道羽地東中央線道路整│   1,896,260│   1,896,260│   87,000│   1,512,800│    200,000│      0│   96,460││       │       │備事業費(交付金)  │       │       │      │       │       │      │      │└───────┴───────┴───────────┴───────┴───────┴──────┴───────┴───────┴──────┴──────┘┌───────┬───────┬───────────┬───────┬───────┬────────────────────────────────────┐│       │       │           │       │       │             左 の 財 源 内 訳             ││       │       │           │       │       ├──────┬──────────────────────┬──────┤│   款   │   項   │   事 業 名   │  限度額  │  繰越額  │ 既 収 入 │        未収入特定財源        │      ││       │       │           │       │       │ 特定財源 ├───────┬───────┬──────┤ 一般財源 ││       │       │           │       │       │      │ 国県支出金 │  地方債  │  その他  │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│8 土木費  │2 道路橋梁費│市道大北1号線道路整備│  24,142,000│  24,142,000│   15,000│  19,307,200│   4,300,000│      0│   519,800││       │       │事業費(交付金)   │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │市道許田10号線道路橋梁│  30,578,000│  30,578,000│   51,000│  24,455,200│   5,400,000│      0│   671,800││       │       │整備事業費(交付金) │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │名護69号線道路整備事業│  77,174,000│  77,174,000│   58,000│  50,572,000│  22,700,000│      0│  3,844,000││       │       │(北連)       │       │       │      │       │       │      │      ││       ├───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │4 都市計画費│宮里大南線街路整備事業│  43,836,000│  43,836,000│   49,000│  35,063,200│   7,800,000│      0│   923,800││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │山田原線街路整備事業 │   3,000,000│   2,514,000│      0│       0│       0│      0│  2,514,000││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │呉我多目的広場建設事業│    505,000│    505,000│      0│       0│       0│      0│   505,000││       │       │(効果促進)     │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │21世紀の森公園建設費 │ 1,112,587,000│ 1,096,432,000│    6,000│  543,227,500│  488,900,000│      0│ 64,298,500││       ├───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │5 住宅費  │瀬嵩第三市営住宅新築事│  368,995,000│  290,609,000│   84,000│  188,069,000│  102,300,000│      0│   156,000││       │       │業(基幹)(北連)  │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │瀬嵩第三市営住宅新築事│   2,707,000│   2,707,000│      0│   1,218,000│   1,400,000│      0│   89,000││       │       │業(提案)(北連)  │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │真喜屋第三市営住宅新築│   3,966,000│   3,966,000│      0│   2,776,000│   1,100,000│      0│   90,000││       │       │事業(基幹)(北連) │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │真喜屋第三市営住宅新築│  16,225,000│  16,225,000│      0│   7,301,000│   8,900,000│      0│   24,000││       │       │事業(提案)(北連) │       │       │      │       │       │      │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│10 教育費  │2 小学校費 │屋我地小中一貫校校舎改│  36,013,000│  36,013,000│ 18,442,903│       0│       0│      0│ 17,570,097││       │       │築事業(小学校)   │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │名護小学校屋外教育環境│  31,512,000│  31,505,000│      0│  13,133,000│  10,200,000│      0│  8,172,000││       │       │整備事業       │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │小学校特別教室等空調設│  49,455,000│  49,455,000│      0│  14,414,000│  34,800,000│      0│   241,000││       │       │備整備事業(臨時特例交│       │       │      │       │       │      │      ││       │       │付金)(国補正1号) │       │       │      │       │       │      │      │└───────┴───────┴───────────┴───────┴───────┴──────┴───────┴───────┴──────┴──────┘┌───────┬───────┬───────────┬───────┬───────┬────────────────────────────────────┐│       │       │           │       │       │             左 の 財 源 内 訳             ││       │       │           │       │       ├──────┬──────────────────────┬──────┤│   款   │   項   │   事 業 名   │  限度額  │  繰越額  │ 既 収 入 │        未収入特定財源        │      ││       │       │           │       │       │ 特定財源 ├───────┬───────┬──────┤ 一般財源 ││       │       │           │       │       │      │ 国県支出金 │  地方債  │  その他  │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│10 教育費  │2 小学校費 │学校施設囲障整備事業 │  17,026,000│  17,026,000│      0│   3,419,000│   6,800,000│      0│  6,807,000││       │       │(小学校)(臨時特例交│       │       │      │       │       │      │      ││       │       │付金)(国補正1号) │       │       │      │       │       │      │      ││       ├───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │3 中学校費 │屋我地小中一貫校校舎改│  13,234,000│  13,204,000│  1,584,679│   6,877,000│       0│      0│  4,742,321││       │       │築事業(中学校)   │       │       │      │       │       │      │      ││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │屋部中学校校舎新築事業│  308,192,000│  306,575,000│      0│  126,561,000│  145,400,000│      0│ 34,614,000││       │       ├───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│       │       │学校施設囲障整備事業 │  10,757,000│  10,757,000│      0│   2,099,000│   4,200,000│      0│  4,458,000││       │       │(中学校)(臨時特例交│       │       │      │       │       │      │      ││       │       │付金)(国補正1号) │       │       │      │       │       │      │      │├───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│11 災害復旧費│1 災害復旧費│農業施設災害復旧費(補│  15,249,000│   9,820,000│      0│   9,751,000│       0│      0│   69,000││       │       │助)         │       │       │      │       │       │      │      │├───────┴───────┴───────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│            合  計            │ 3,563,526,480│ 3,387,239,260│ 20,545,582│ 2,191,654,800│  964,700,000│  5,000,000│ 205,338,878│└───────────────────────────┴───────┴───────┴──────┴───────┴───────┴──────┴──────┘      令和元年6月13日 提出                            沖 縄 県 名 護 市 長  渡具知 武豊 別添に資料報告4を添えさせていただいておりますが、このうち5月までの完了としているものにつきましては、予定どおりの完了となっております。説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 報告第5号 平成30年度名護市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について及び報告第6号 平成30年度名護市水道事業会計予算繰越計算書の報告についての説明を求めます。長山儀和環境水道部長。 ◎長山儀和環境水道部長 議案書16ページをお願いいたします。 △報告第5号    平成30年度名護市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について 平成30年度名護市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書を、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、別紙のとおり議会に報告します。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊                           平成30年度名護市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書                                                                             (単位:円)┌───────┬───────┬─────────────┬───────┬───────┬───────────────────────────────────┐│       │       │             │       │       │             左 の 財 源 内 訳            ││       │       │             │       │  翌年度  ├──────┬─────────────────────┬──────┤│   款   │   項   │    事 業 名    │  金 額  │  繰越額  │ 既 収 入 │       未収入特定財源       │      ││       │       │             │       │       │ 特定財源 ├───────┬───────┬─────┤ 一般財源 ││       │       │             │       │       │      │ 国県支出金 │  地方債  │ その他 │      │├───────┼───────┼─────────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼─────┼──────┤│       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││2 建設費  │1 建設費  │処理場建設費       │  135,120,000│  135,120,000│   27,668│  90,092,332│  45,000,000│     0│      0││       │       │(水処理・工事費)(補助)│       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      ││       │       │             │       │       │      │       │       │     │      │├───────┴───────┴─────────────┼───────┼───────┼──────┼───────┼───────┼─────┼──────┤│             合  計             │  135,120,000│  135,120,000│   27,668│  90,092,332│  45,000,000│     0│      0│└─────────────────────────────┴───────┴───────┴──────┴───────┴───────┴─────┴──────┘      令和元年6月13日提出                                   名護市長  渡具知 武豊 説明につきましては資料報告5で行います。裏面をよろしくお願いします。2款 建設費、1項 建設費、事業名が処理場建設費(水処理・工事費)(補助)でございます。繰越理由が、沖縄県からの交付決定を平成30年10月に受け、その後、日本下水道事業団と協定を締結し、日本下水道事業団による入札が不調になり不測の日数を要したことから、業務におくれが生じ繰り越しとなったということです。完了予定年月日が令和元年9月30日でございます。金額が1億3,512万円となっております。説明は以上です。 次に予算書18ページをお願いいたします。 △報告第6号    平成30年度名護市水道事業会計予算繰越計算書の報告について 平成30年度名護市水道事業会計予算繰越計算書を、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第26条第3項の規定により、別紙のとおり議会に報告します。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊                            平成30年度名護市水道事業会計予算繰越計算書 地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額                                                                          単位:円┌─────┬─────┬───────┬───────┬──────┬──────┬─────────────┬──────┬─────────────┐│     │     │       │       │      │      │    左の財源内訳    │      │             ││  款  │  項  │  事業名  │ 予算計上額 │ 支払義務 │  翌年度  ├──────┬──────┤  不用額  │      説明      ││     │     │       │       │ 発 生 額 │  繰越額  │ 国庫補助金 │ 損益勘定 │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │ 留保資金 │      │             │├─────┼─────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────────────┤│     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││1 資本的│1 建 設│水道拡張費  │  113,854,000│ 68,362,549│ 30,390,000│ 14,695,000│ 15,695,000│ 15,101,451│●国庫補助事業      ││  支 出│  改良費│       │       │      │      │      │      │      │道路改良事業において、当初││     │     │       │       │      │      │      │      │      │予測していなかった岩掘削が││     │     │       │       │      │      │      │      │      │必要となり不測の日数を要し││     │     │       │       │      │      │      │      │      │たことから、本工事の着手が││     │     │       │       │      │      │      │      │      │遅れ年度内での完了が困難と││     │     │       │       │      │      │      │      │      │なった。また、全国的な自然││     │     │       │       │      │      │      │      │      │災害の発生によりメーカーへ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │の突発的な資材の注文が重な││     │     │       │       │      │      │      │      │      │り、資材の納品遅れにより年││     │     │       │       │      │      │      │      │      │度内での完了が困難となっ ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │た。           ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             ││     │     │       │       │      │      │      │      │      │             │├─────┴─────┴───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────────────┤│       合   計       │  113,854,000│ 68,362,549│ 30,390,000│ 14,695,000│ 15,695,000│ 15,101,451│             │└───────────────────┴───────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────────────┘ ちなみに、今回の2件の配水管敷設工事につきましては、工事が1件目は4月の末、2件目が5月の末にそれぞれ竣工(しゅんこう)としております。なお、資料報告6についても、後ほどお目通しのほどをお願い申し上げたいと思います。説明については以上でございます。 ○大城秀樹議長 報告第7号 平成30年度名護市土地開発公社の決算に関する書類の提出について及び報告第8号 平成31年度名護市土地開発公社の事業の計画に関する書類の提出についての説明を求めます。暫時休憩いたします。                              休 憩(午前11時31分) (資料の差し替えあり)                              再 開(午前11時34分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。玉城勝建設部長。 ◎玉城勝建設部長 それでは報告第7号及び報告第8号の差し替えについて、報告第7号の説明資料及び報告第8号の説明資料について訂正がありますので、差し替えをお願いします。報告第7号の説明資料については、休憩中に説明のとおり説明資料の差し替えが2枚ありまして、36ページと38ページの差し替えをお願いします。続いて報告第8号の説明資料については、42ページと44ページの2枚です。おわび申し上げて、差しかえをお願いいたします。議案書の20ページをお願いいたします。 △報告第7号    平成30年度名護市土地開発公社の決算に関する書類の提出について 平成30年度名護市土地開発公社の決算に関する書類を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり議会に提出します。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊I 事業報告書 1 平成30年度 事業概要 平成30年度名護市土地開発公社の事業について、次のとおり報告します。 (1)公有地取得事業について    公有用地については、事業実績はありませんでした。    代替地については、宮里五丁目宅地雨水処理対策修繕業務がありました。 (2)公有地売却事業について    公有用地については、市道伊差川為又線外道路整備事業と名護69号線道路整備事業の名護市による買戻しがありました。    代替地については、宮里五丁目宅地道路敷地部分(宮里五丁目781-3、781-13、781-14、781-15、781-16)を、市道として名護市への無償譲渡、宮里五丁目781-19の売却処分がありました。 (3)附帯等事業について    公有用地、代替地ともに事業実績はありませんでした。    なお、(1)(2)(3)の明細については、3ページの2 平成30年度 事業実施状況のとおりです。2 平成30年度 事業実施状況(1)平成30年度 公有地取得事業┌──┬──┬────────┬───────────────────────────┬─────────────┬─────┐│  │  │        │     事    業    計    画      │             │     ││  │ 種 │        ├─────────────┬─────────────┤   事 業 実 績   │     ││  │ 別 │  事 業 名  │    当    初    │    補 正 後    │             │ 執行率 ││  │  │        ├──────┬──────┼──────┬──────┼──────┬──────┤     ││  │  │        │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │     │├──┼──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 公 │        │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││  │ 有 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 用 │        │      │      │      │      │      │      │     ││ 公 │ 地 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 有 │  │   小 計   │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││ 地 ├──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 取 │  │代替地取得事業 │    0.00│      0│    0.00│  3,231,000│    0.00│  3,230,280│  100%  ││ 得 │ 代 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 事 │ 替 │        │      │      │      │      │      │      │     ││ 業 │ 地 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │  │   小 計   │    0.00│      0│    0.00│  3,231,000│    0.00│  3,230,280│  100%  ││  ├──┴────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │    合 計    │    0.00│      0│    0.00│  3,231,000│    0.00│  3,230,280│  100%  │└──┴───────────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────┘(2)平成30年度 公有地売却事業┌──┬──┬────────┬───────────────────────────┬─────────────┬─────┐│  │  │        │     事    業    計    画      │             │     ││  │ 種 │        ├─────────────┬─────────────┤   事 業 実 績   │     ││  │ 別 │  事 業 名  │    当    初    │    補 正 後    │             │ 執行率 ││  │  │        ├──────┬──────┼──────┬──────┼──────┬──────┤     ││  │  │        │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │     │├──┼──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │  │名護69号線   │    91.75│  4,653,000│    91.75│  4,653,000│    91.75│  4,653,173│  100%  ││  │ 公 │道路整備事業  │      │      │      │      │      │      │     ││  │ 有 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 用 │市道伊差川為又線│   740.46│  4,147,000│   740.46│  4,147,000│   740.46│  4,147,576│  100%  ││  │ 地 │外道路整備事業 │      │      │      │      │      │      │     ││  │  ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 公 │  │   小 計   │   832.21│  8,800,000│   832.21│  8,800,000│   832.21│  8,800,749│  100%  ││ 有 ├──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 地 │  │代替地処分   │   812.42│      0│   812.42│      0│   812.42│      0│  100%  ││ 売 │  │(宮里五丁目781 │      │      │      │      │      │      │     ││ 却 │  │-3・13・14・ │      │      │      │      │      │      │     ││ 事 │ 代 │15・16)    │      │      │      │      │      │      │     ││ 業 │ 替 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 地 │代替地処分   │    0.00│      0│   279.81│ 14,410,000│   279.81│ 14,410,215│  100%  ││  │  │(宮里五丁目781 │      │      │      │      │      │      │     ││  │  │-19)     │      │      │      │      │      │      │     ││  │  ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │  │   小 計   │   812.42│      0│  1,092.23│ 14,410,000│  1,092.23│ 14,410,215│  100%  ││  ├──┴────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │    合 計    │  1,644.63│  8,800,000│  1,924.44│ 23,210,000│  1,924.44│ 23,210,964│  100%  │└──┴───────────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────┘(3)平成30年度 附帯等事業┌──┬──┬────────┬───────────────────────────┬─────────────┬─────┐│  │  │        │     事    業    計    画      │             │     ││  │ 種 │        ├─────────────┬─────────────┤   事 業 実 績   │     ││  │ 別 │  事 業 名  │    当    初    │    補 正 後    │             │ 執行率 ││  │  │        ├──────┬──────┼──────┬──────┼──────┬──────┤     ││  │  │        │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │ 面積(㎡) │ 金額(円) │     │├──┼──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 公 │        │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││  │ 有 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │ 用 │        │      │      │      │      │      │      │     ││  │ 地 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 附 │  │   小 計   │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││ 帯 ├──┼────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 等 │  │        │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││ 事 │ 代 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│ 業 │ 替 │        │      │      │      │      │      │      │     ││  │ 地 ├────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │  │   小 計   │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  ││  ├──┴────────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼─────┤│  │    合 計    │    0.00│      0│    0.00│      0│    0.00│      0│   0%  │└──┴───────────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴─────┘Ⅱ 決算報告書 1 平成30年度名護市土地開発公社収支決算書 収益的収入                                                                            (単位:円)┌──────────────┬──────────────────────┬─────────────────────┬────────┬───────┬───┐│              │        予    算        │        現    額        │        │予算額に比べ │   ││    区     分    ├───────┬───────┬──────┼────────────┬────────┤  決 算 額  │決算額の増減 │備 考││              │ 当初予算額 │ 補正予算額 │ 合  計 │    目   節    │  金   額  │        │       │   │├──────────────┼───────┼───────┼──────┼────────────┼────────┼────────┼───────┼───┤│1.事 業 収 益     │   8,800,000│  14,410,000│ 23,210,000│            │   23,210,000│   23,210,964│      964│   ││  (1)公有地取得事業収益  │   8,800,000│  14,410,000│ 23,210,000│            │   23,210,000│   23,210,964│      964│   ││              │       │       │      │公有用地売却収益    │    8,800,000│    8,800,749│      749│   ││              │       │       │      │代替地売却収益     │   14,410,000│   14,410,215│      215│   ││  (2)附帯等事業収益    │       0│       0│      0│保有土地賃貸等収益   │        0│        0│       0│   ││  (3)あっせん等事業収益  │       0│       0│      0│あっせん等事業収益   │        0│        0│       0│   ││  (4)土地造成事業収益   │       0│       0│      0│土地造成事業収益    │        0│        0│       0│   ││2.事 業 外 収 益   │     2,000│    495,000│   497,000│            │     497,000│     497,212│      212│   ││  (1)受取利息       │     1,000│       0│    1,000│受取利息        │      1,000│      1,314│      314│   ││  (2)雑収益        │     1,000│    495,000│   496,000│その他の雑収益     │     496,000│     495,898│     △102│   ││3.特 別 利 益     │     3,000│       0│    3,000│            │      3,000│        0│    △3,000│   ││  (1)前期損益修正益    │     1,000│       0│    1,000│前期損益修正益     │      1,000│        0│    △1,000│   ││  (2)固定資産売却益    │     1,000│       0│    1,000│その他の固定資産売却益 │      1,000│        0│    △1,000│   ││  (3)その他の特別利益   │     1,000│       0│    1,000│その他の特別利益    │      1,000│        0│    △1,000│   │├──────────────┼───────┼───────┼──────┼────────────┼────────┼────────┼───────┼───┤│       計       │   8,805,000│  14,905,000│ 23,710,000│            │   23,710,000│   23,708,176│    △1,824│   │└──────────────┴───────┴───────┴──────┴────────────┴────────┴────────┴───────┴───┘ 収益的支出                                                                            (単位:円)┌─────────────┬──────────────────────┬───────────────────┬───────┬─────┬─────┬───┐│             │       予      算       │      現      額      │       │ 翌年度 │     │   ││    区    分    ├──────┬───────┬───────┼───────────┬───────┤  決 算 額  │ 繰越額 │ 不用額 │ 備考 ││             │ 当初予算額 │ 補正予算額 │  合  計  │   目   節   │  金  額  │       │     │     │   │├─────────────┼──────┼───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│1.事 業 原 価    │ 57,925,000│  16,919,000│  74,844,000│           │  74,844,000│  74,843,521│     0│    479│   ││  (1)公有地取得事業原価 │ 57,925,000│  16,919,000│  74,844,000│           │  74,844,000│  74,843,521│     0│    479│   ││             │      │       │       │公有用地売却原価   │   8,801,000│   8,800,749│     0│    251│   ││             │      │       │       │代替地売却原価    │  66,043,000│  66,042,772│     0│    228│   ││  (2)附帯等事業原価   │      0│       0│       0│保有土地賃貸等原価  │       0│       0│     0│     0│   ││  (3)あっせん等事業原価 │      0│       0│       0│あっせん等事業原価  │       0│       0│     0│     0│   ││  (4)土地造成事業原価  │      0│       0│       0│土地造成事業原価   │       0│       0│     0│     0│   ││2.販売費及び一般管理費 │  4,456,000│   △606,000│   3,850,000│           │   3,850,000│   3,847,295│     0│   2,705│   ││  (1)販売費及び一般管理費│  4,456,000│   △606,000│   3,850,000│           │   3,850,000│   3,847,295│     0│   2,705│   ││             │      │       │       ├───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│             │      │       │       │人件費        │    30,000│    30,000│     0│     0│   ││             │      │       │       ├───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│             │      │       │       │報酬         │    30,000│    30,000│     0│     0│   ││             │      │       │       │給料         │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │手当等        │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │法定福利費      │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │福利厚生費      │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │退職給付費用     │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       ├───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│             │      │       │       │経費         │   3,820,000│   3,817,295│     0│   2,705│   ││             │      │       │       ├───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│             │      │       │       │賃金         │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││             │      │       │       │旅費         │    127,000│    126,240│     0│    760│   │└─────────────┴──────┴───────┴───────┴───────────┴───────┴───────┴─────┴─────┴───┘┌─────────────┬──────────────────────┬───────────────────┬───────┬─────┬─────┬───┐│             │       予      算       │      現      額      │       │ 翌年度 │     │   ││    区    分    ├──────┬───────┬───────┼───────────┬───────┤  決 算 額  │ 繰越額 │ 不用額 │ 備考 ││             │ 当初予算額 │ 補正予算額 │  合  計  │   目   節   │  金  額  │       │     │     │   │├─────────────┼──────┼───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│             │      │       │       │交際費        │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││             │      │       │       │需用費        │    699,000│    705,315│     0│  △6,315│   ││             │      │       │       │役務費        │    433,000│    432,020│     0│    980│   ││             │      │       │       │広告宣伝費      │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││             │      │       │       │委託料        │   1,853,000│   1,852,054│     0│    946│   ││             │      │       │       │使用料及び賃借料   │    310,000│    309,096│     0│    904│   ││             │      │       │       │負担金補助及び交付金 │    35,000│    35,000│     0│     0│   ││             │      │       │       │公租公課       │    116,000│    115,400│     0│    600│   ││             │      │       │       │減価償却費      │    243,000│    242,170│     0│    830│   ││             │      │       │       │雑費         │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││3.事 業 外 費 用  │    2,000│       0│     2,000│           │     2,000│       0│     0│   2,000│   ││  (1)支払利息      │    1,000│       0│     1,000│支払利息       │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││  (2)雑損失       │    1,000│       0│     1,000│雑損失        │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││4.特 別 損 失    │    4,000│     9,000│    13,000│           │    13,000│     9,900│     0│   3,100│   ││  (1)前期損益修正損   │    1,000│       0│     1,000│前期損益修正損    │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││  (2)土地評価損     │    1,000│       0│     1,000│土地評価損      │     1,000│       0│     0│   1,000│   ││  (3)固定資産売却損   │    1,000│       0│     1,000│その他の固定資産売却損│     1,000│       0│     0│   1,000│   ││  (4)その他の特別損失  │    1,000│     9,000│    10,000│その他の特別損失   │    10,000│     9,900│     0│    100│   │├─────────────┼──────┼───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│      計      │ 62,387,000│  16,322,000│  78,709,000│           │  78,709,000│  78,700,716│     0│   8,284│   │└─────────────┴──────┴───────┴───────┴───────────┴───────┴───────┴─────┴─────┴───┘ 資本的収入                                                                            (単位:円)┌─────────────┬──────────────────────┬───────────────────┬───────┬───────────┬───┐│             │        予    算        │       現    額       │       │   予算額に比べ   │   ││    区     分   ├───────┬───────┬──────┼───────────┬───────┤ 決 算 額 │   決算額の増減   │ 備考 ││             │ 当初予算額 │ 補正予算額 │ 合  計 │   目   節   │ 金   額 │       │           │   │├─────────────┼───────┼───────┼──────┼───────────┼───────┼───────┼─────┬─────┼───┤│1.資 本 的 収 入    │       0│       0│      0│           │       0│       0│     │     0│   ││  (1)借    入    金│       0│       0│      0│           │       0│       0│     │     0│   ││             │       │       │      │借    入    金│       0│       0│     │     0│   ││             │       │       │      │           │       │       │     │     │   │├─────────────┼───────┼───────┼──────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│      計      │       0│       0│      0│           │       0│       0│     │     0│   │└─────────────┴───────┴───────┴──────┴───────────┴───────┴───────┴─────┴─────┴───┘ 資本的支出                                                                            (単位:円)┌─────────────┬──────────────────────┬───────────────────┬───────┬─────┬─────┬───┐│             │        予      算       │      現      額      │       │ 翌年度 │     │   ││    区    分    ├──────┬───────┬───────┼───────────┬───────┤  決 算 額  │ 繰越額 │ 不用額 │ 備考 ││             │ 当初予算額 │ 補正予算額 │  合  計  │   目   節   │  金  額  │       │     │     │   │├─────────────┼──────┼───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│1.資 本 的 支 出  │      0│   3,231,000│   3,231,000│           │       │   3,230,280│     0│    720│   ││  (1)公有地取得事業費  │      0│   3,231,000│   3,231,000│           │   3,231,000│   3,230,280│     0│    720│   ││             │      │       │       │公有用地取得費    │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │代替地取得費     │   3,231,000│   3,230,280│     0│    720│   ││             │      │       │       │支払利息       │       0│       0│     0│     0│   ││  (2)固定資産取得費   │      0│       0│       0│           │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │固定資産取得費    │       0│       0│     0│     0│   ││  (3)借入金償還金    │      0│       0│       0│           │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │借入金償還金     │       0│       0│     0│     0│   ││  (4)土地造成事業費   │      0│       0│       0│           │       0│       0│     0│     0│   ││             │      │       │       │土地造成費      │       0│       0│     0│     0│   │├─────────────┼──────┼───────┼───────┼───────────┼───────┼───────┼─────┼─────┼───┤│      計      │      0│   3,231,000│   3,231,000│           │   3,231,000│   3,230,280│     0│    720│   │└─────────────┴──────┴───────┴───────┴───────────┴───────┴───────┴─────┴─────┴───┘  ※資本的収入が資本的支出に対して不足する額 3,230,280円は、損益勘定留保資金等で補てんした。2 財 務 諸 表 ア 貸 借 対 照 表                                   自 平成30年4月1日                                   至 平成31年3月31日                資  産  の  部                                       (単位:円)1 流 動 資 産(1)現金及び預金                    4,31,143,940(2)未収金                             0(3)公有用地                            0(4)代替地                        233,368,167(5)開発中土地                           0 流動資産合計                                 664,512,1072 固 定 資 産(1)有形固定資産   ア 車両その他の運搬具      2,700,000     減価償却累計額        2,430,000       270,000   イ 工具、器具及び備品       209,304     減価償却累計額         159,158        50,146   有形固定資産合計                     320,146(2)無形固定資産   ア そ  の  他                    571,590     無形固定資産合計                   571,590(3)投資その他の資産   ア 長期性預金                     5,000,000    投資その他の資産合計                 5,000,000   固定資産合計                                5,891,736   資産合計                                 670,403,843                負  債  の  部1 流 動 負 債(1)未払金                          156,378(2)預り金                             0  流動負債合計                                  156,3782 固 定 負 債(1)長期借入金                           0(2)引当金   ア 退職給付引当金                       0   固定負債合計                                    0   負債合計                                   156,378                資  本  の  部1 資  本  金(1)基本財産                        5,000,000 資本金合計                                   5,000,0002 準  備  金(1)前期繰越準備金                    720,240,005(2)当期純損失                   △  54,992,540   準備金合計                                665,247,465   資本合計                                 670,247,465   負債資本合計                               670,403,843 イ 損 益 計 算 書                                   自 平成30年4月1日                                   至 平成31年3月31日                                       (単位:円)1 事 業 収 益(1)公有地取得事業収益                  23,210,964(2)附帯等事業収益                         0(3)土地造成事業収益                        0     23,210,9642 事 業 原 価(1)公有地取得事業原価                  74,843,521(2)附帯等事業原価                         0(3)土地造成事業原価                        0     74,843,521  事 業 総 損 失                           △ 51,632,5573 販売費及び一般管理費(1)人件費                          30,000(2)経費                          3,817,295      3,847,295  事 業 損 失                             △ 55,479,8524 事 業 外 収 益(1)受取利息                          1,314(2)雑収入                          495,898       497,212  経 常 損 失                             △ 54,982,6405 特 別 損 失(1)その他の特別損失                      9,900        9,900   当 期 純 損 失                          △ 54,992,540ウ. キャッシュ・フロー計算書                              平成31年3月31日(単位:円)┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┃ Ⅰ 事業活動によるキャッシュ・フロー                        ┃┃  ┌──────────────────────────┬────────────┨┃  │公有地取得事業及び開発事業用地取得事業収入     │       23,210,964┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │その他事業収入(附帯等事業収益)          │            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │その他の業務収入                  │            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │公有地取得事業及び開発事業用地取得事業支出     │       △3,230,280┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │人件費支出                     │        △30,000┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │その他の業務支出                  │       △3,559,732┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │        小        計        ①│       16,390,952┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │利息の受取額                   ②│          1,314┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │利息の支払額                   ③│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │雑収入                      ④│         495,898┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │事業活動によるキャッシュ・フロー合計 ①+②+③+④│       16,888,164┃┠──┴──────────────────────────┴────────────┨┃ Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー                        ┃┃  ┌──────────────────────────┬────────────┨┃  │投資有価証券の取得による支出           ①│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │投資有価証券の売却による収入           ②│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │有形固定資産の取得による支出           ③│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │有形固定資産の売却による収入           ④│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │無形固定資産の取得による支出           ⑤│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │無形固定資産の売却による収入           ⑥│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │投資活動によるキャッシュ・フロー合計 ①+②+③+④│            0┃┃  │+⑤+⑥                      │            ┃┠──┴──────────────────────────┴────────────┨┃ Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー                        ┃┃  ┌──────────────────────────┬────────────┨┃  │短期借入による収入                ①│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │短期借入金の返済による支出            ②│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │長期借入による収入                ③│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │長期借入金の返済による支出            ④│            0┃┃  ├──────────────────────────┼────────────┨┃  │財務活動によるキャッシュ・フロー合計 ①+②+③+④│            0┃┠──┴──────────────────────────┼────────────┨┃ Ⅳ 現金及び現金同等物増加額               │       16,888,164┃┠─────────────────────────────┼────────────┨┃ Ⅴ 現金及び現金同等物期首残高              │       414,255,776┃┠─────────────────────────────┼────────────┨┃ Ⅵ 現金及び現金同等物期末残高              │       431,143,940┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛ エ 財 産 目 録                               平成31年3月31日 現在(単位:円)┌──────────────────────────────────────────────┐│            資      産      の      部            │├────────┬─────────────────────────────┬───────┤│        │         内         訳         │       ││  区  分  ├──────────────────────┬──────┤  金  額  ││        │       摘       要       │ 金  額 │       │├────────┼──────────┬───────────┼──────┼───────┤│流動資産    │          │           │      │  664,512,107│├────────┤          │           │      ├───────┤│現金及び預金  │          │           │      │  431,143,940││        │現金        │           │      0│       ││        │普通預金      │6口座        │ 431,143,940│       ││未収金     │          │           │      │       0││        │未収金       │           │      0│       ││公有用地    │          │           │      │       0││        │公有用地      │事業用地       │      0│       ││代替地     │          │           │      │  233,368,167││        │代替地       │代替用地(13筆)   │ 233,368,167│       │├────────┤          │           │      ├───────┤│固定資産    │          │           │      │   5,891,736│├────────┤          │           │      ├───────┤│有形固定資産  │          │           │      │    320,146││        │車両その他の運搬具 │取得価額       │  2,700,000│       ││        │          │減価償却累計額    │  2,430,000│       ││        │          │残存価額       │   270,000│       ││        │工具、器具及び備品 │取得価額       │   209,304│       ││        │          │減価償却累計額    │   159,158│       ││        │          │差引残高       │   50,146│       ││無形固定資産  │          │           │      │    571,590││        │その他       │ソフトウエア     │   571,590│       ││投資その他の資産│          │           │      │   5,000,000││        │長期性預金     │1口座        │  5,000,000│       │├────────┴──────────┴───────────┴──────┼───────┤│      資    産    の    部    合    計      │  670,403,843│└──────────────────────────────────────┴───────┘ エ 財 産 目 録                               平成31年3月31日 現在(単位:円)┌──────────────────────────────────────────────┐│            負      債      の      部            │├───────┬──────────────────────────────┬───────┤│       │         内          訳         │       ││  区  分  ├───────────────────────┬──────┤  金  額  ││       │       摘        要       │ 金  額 │       │├───────┼───────────┬───────────┼──────┼───────┤│流動負債   │           │           │      │    156,378│├───────┤           │           │      ├───────┤│未払金    │           │           │      │    156,378││       │未払金        │販売費及び一般管理費 │   156,378│       ││預り金    │           │           │      │       0││       │預り金        │           │      0│       │├───────┤           │           │      ├───────┤│固定負債   │           │           │      │       0│├───────┤           │           │      ├───────┤│長期借入金  │           │           │      │       0││       │長期借入金      │           │      0│       ││       │           │           │      │       ││       │           │           │      │       ││       │           │           │      │       │├───────┴───────────┴───────────┴──────┼───────┤│      負    債    の    部    合    計      │    156,378│├──────────────────────────────────────┼───────┤│       正       味       資       産       │  670,247,465│└──────────────────────────────────────┴───────┘                                        令和元年5月21日名護市土地開発公社理事長  金城 秀郎 殿                                    監 事  岸 本 洋 平                                    監 事  仲 本  太                   監 査 報 告 書 名護市土地開発公社定款第7条第3項の規定により、令和元年5月14日公社から提出された平成30年度事業報告書及び決算報告書その他関係諸帳簿を下記のとおり監査したので、その結果を末尾記載の監査意見を付して報告します。                    記1 監査実施期日         令和元年5月14日(火)2 実施した場所         名護市役所 第2会議室(三階)3 監査した書類         事業報告書、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、財産目録、附属明細表、総勘定元帳、諸契約書、預金及び借入残高証明書、伝票綴り、その他関係証憑書類監 査 意 見 監査に付された上記書類等について、照合確認するとともに関係職員から補足説明を受けて監査したところ、経理基準要綱及び会計規程に基づいて適正に処理されていることを認める。 続きまして、議案書の42ページをお願いします。 △報告第8号    平成31年度名護市土地開発公社の事業の計画に関する書類の提出について 平成31年度名護市土地開発公社の事業の計画に関する書類を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり議会に提出します。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊          平成31年度 名護市土地開発公社事業計画平成31年度名護市土地開発公社の事業計画は、次に定めるところによる。                                   (単位:㎡・千円)┌─┬───────────┬────────┬────────┬──────────┐│ │   事 業 名   │  面  積  │  事 業 費  │   説  明   │├─┼───────────┼────────┼────────┼──────────┤│1│公有地取得事業    │   11,117.24 │    128,590 │説明書 p8     │├─┼───────────┼────────┼────────┼──────────┤│2│公有地売却事業    │     0.00 │       0 │説明書 p9     │└─┴───────────┴────────┴────────┴──────────┘              平成31年度  名護市土地開発公社予算(総  則)第1条 平成31年度名護市土地開発公社の予算は、次に定めるところによる。(収益的収入及び支出)第2条 収益的収入及び支出の予定額は次のとおりとする。収          入      科      目                      計   (千円)第1款   事業収益                             0 第1項   公有地取得事業収益                       0 第2項   附帯等事業収益                         0 第3項   あっせん等事業収益                       0 第4項   土地造成事業収益                        0第2款   事業外収益                            1 第1項   受取利息                            1 第2項   雑収益                             0第3款   特別利益                             0 第1項   前期損益修正益                         0 第2項   固定資産売却益                         0 第3項   その他の特別利益                        0       収入合計                            1 支          出      科      目                      計   (千円)第1款   事業原価                             0 第1項   公有地取得事業原価                       0 第2項   附帯等事業原価                         0 第3項   あっせん等事業原価                       0 第4項   土地造成事業原価                        0第2款   販売費及び一般管理費                     4,250 第1項   販売費及び一般管理費                    4,250第3款   事業外費用                            0 第1項   支払利息                            0 第2項   雑損失                             0第4款   特別損失                            280 第1項   前期損益修正損                         0 第2項   土地評価損                           0 第3項   固定資産売却損                         0 第4項   その他の特別損失                       280       支出合計                          4,530                    (収益的収入支出差引額    △ 4,529千円)(資本的収入及び支出)第3条 資本的収入及び支出の予定額は次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額 △130,900千円は、損益勘定留保資金で補てんするものとする。)収          入      科      目                      計   (千円)第1款   資本的収入                            0 第1項   借入金                             0       収入合計                            0支          出      科      目                      計   (千円)第1款   資本的支出                         130,900 第1項   公有地取得事業費                     128,590 第2項   固定資産取得費                       2,310 第3項   借入金償還金                          0 第4項   土地造成事業費                         0       支出合計                         130,900(借 入 金)第4条 借入金の目的、限度額、借入の方法、利率及び返済の方法を次のとおりと定める。┌────────┬────────┬───────┬────────┬───────┐│  借入目的  │   限度額   │ 借入の方法 │   利 率   │ 返済の方法 │├────────┼────────┼───────┼────────┼───────┤│公有地取得事業 │      0千円│   ―   │    ―    │   ―   │└────────┴────────┴───────┴────────┴───────┘             平成31年度 名護市土地開発公社資金計画 平成31年度名護市土地開発公社の資金計画は、次に定めるところによる。                                    (単位:千円)┌────────────────────┬────────────────────┐│     受  入  資  金     │     支  払  資  金     │├────────────┬───────┼────────────┬───────┤│   区    分   │ 当年度予定額 │   区    分   │ 当年度予定額 │├────────────┼───────┼────────────┼───────┤│1.公有地取得事業収益 │       0│1.公有地取得事業費  │    128,590││2.附帯等事業収益   │       0│2.附帯等事業費    │       0││3.あっせん等事業収益 │       0│3.あっせん等事業費  │       0││4.土地造成事業収益  │       0│4.土地造成事業費   │       0││5.事業外収益     │       1│5.固定資産取得費   │     2,310││6.前期損益修正益   │       0│6.借入金償還金    │       0││7.固定資産売却益   │       0│7.販売費及び一般管理費│     4,250││8.その他の特別利益  │       0│8.事業外費用     │       0││9.借入金       │       0│9.特別損失      │      280││10.立替金       │       0│10.立替金       │       0││11.前年度未収金    │       0│11.前年度未払金    │       0││12.前年度繰越金    │    430,982│            │       ││            │       │  うち現金支出でない │    △1,288││            │       │  金額控除      │       │├────────────┼───────┼────────────┼───────┤│   合    計   │    430,983│   合    計   │    134,142│├────────────┼───────┼────────────┼───────┤│            │       │   次年度繰越金   │    296,841│└────────────┴───────┴────────────┴───────┘               平成31年度 名護市土地開発公社 事業計画説明書1.平成31年度 公有地取得事業                                         (単位:㎡・千円)┌──┬──┬────────┬────────┬──────┬─────┬───────────┐│  │種別│  主  管  │  事 業 名  │  面 積  │ 事業費 │    説 明    │├──┼──┼────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │  │名護市     │山手線街路整備事│    32.81│   2,002│           ││  │  │        │業       │      │     │           ││  │ 公 │        │宮里大南線街路整│   187.42│   9,085│           ││  │ 有 │        │備事業     │      │     │           ││  │ 用 │        │市道伊差川為又線│  10,897.01│  117,503│           ││ 公 │ 地 │        │外道路整備事業 │      │     │           ││ 有 │  ├────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│ 地 │  │        │  小   計  │  11,117.24│  128,590│           ││ 取 ├──┼────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│ 得 │  │公社      │代替地取得事業 │    0.00│     0│           ││ 事 │  │        │        │      │     │           ││ 業 │ 代 │        │        │      │     │           ││  │ 替 │        │        │      │     │           ││  │ 地 │        │        │      │     │           ││  │  ├────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │  │        │  小   計  │    0.00│     0│           ││  ├──┴────────┴────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │     合        計     │  11,117.24│  128,590│           │└──┴────────────────────┴──────┴─────┴───────────┘2.平成31年度 公有地売却事業                                         (単位:㎡・千円)┌──┬──┬────────┬────────┬──────┬─────┬───────────┐│  │種別│  主  管  │  事 業 名  │  面 積  │ 事業費 │    説 明    │├──┼──┼────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │  │名護市     │        │    0.00│     0│           ││  │ 公 │        │        │      │     │           ││  │ 有 │        │        │      │     │           ││  │ 用 │        │        │      │     │           ││ 公 │ 地 ├────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│ 有 │  │        │  小   計  │    0.00│     0│           ││ 地 ├──┼────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│ 売 │  │公社      │代替地取得事業 │    0.00│     0│           ││ 却 │ 代 │        │        │      │     │           ││ 事 │ 替 │        │        │      │     │           ││ 業 │ 地 │        │        │      │     │           ││  │  ├────────┼────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │  │        │  小   計  │    0.00│     0│           ││  ├──┴────────┴────────┼──────┼─────┼───────────┤│  │     合        計     │    0.00│     0│           │└──┴────────────────────┴──────┴─────┴───────────┘                     平成31年度 名護市土地開発公社予算実施計画書収 益 的 収 入 及 び 支 出収     入                                                          (単位:千円)┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │   説       明   │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│1.事業収益    │           │        │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.公有地取得    │        │        │      0│               ││          │  事業収益     │        │        │      │               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │公有用地売却収益│        │      0│当期売却事業の収益      ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │代替地売却収益 │        │      0│当期売却事業の収益      ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.附帯等事業収益  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │保有土地    │        │      0│               ││          │           │賃貸等収益   │        │      │               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │3.あっせん等    │        │        │      0│               ││          │  事業収益     │        │        │      │               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │あっせん等   │        │      0│               ││          │           │事業収益    │        │      │               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │4.土地造成事業収益 │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │土地造成事業収益│        │      0│               │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│2.事業外収益   │           │        │        │      1│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.受取利息     │        │        │      1│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │受取利息    │        │      1│預金利息等          ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.雑収益      │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │その他雑収益  │        │      0│               │└──────────┴───────────┴────────┴────────┴──────┴───────────────┘┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │   説       明   │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│3.特別利益    │           │        │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1 前期損益修正益  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │前期損益修正益 │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.固定資産売却益  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │その他の固定  │        │      0│               ││          │           │資産売却益   │        │      │               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │3.その他の特別利益 │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │その他の特別利益│        │      0│               │├──────────┴───────────┴────────┴────────┼──────┼───────────────┤│           収     入     合     計           │      1│               │└────────────────────────────────────────┴──────┴───────────────┘支     出                                                          (単位:千円)┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│1.事業原価    │           │        │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.公有地取得    │        │        │      0│               ││          │  事業原価     │        │        │      │               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │公有用地売却原価│        │      0│当期売却事業の原価      ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │代替地売却原価 │        │      0│当期売却事業の原価      ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.附帯等事業原価  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │保有土地    │        │      0│               ││          │           │賃貸等原価   │        │      │               │           └───────────┴────────┴────────┴──────┴───────────────┘┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │3.あっせん等    │        │        │      0│               ││          │  事業原価     │        │        │      │               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │あっせん等   │        │      0│               ││          │           │事業原価    │        │      │               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │4.土地造成事業原価 │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │土地造成事業原価│        │      0│               │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│2.販売費及び   │           │        │        │    4,250│               ││  一般管理費   │           │        │        │      │               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.販売費及び    │        │        │    4,250│               ││          │  一般管理費    │        │        │      │               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │人件費     │        │     30│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │報酬      │     30│理事会、監査時報酬      ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │給料      │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │手当等     │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │法定福利費   │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │福利厚生費   │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │退職給付費用  │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │経費      │        │    4,220│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │賃金      │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │旅費      │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │交際費     │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │需用費     │     875│食料費、印刷費、自動車燃料、そ││          │           │        │        │      │の他             ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │役務費     │     595│電信電話料、郵便、自動車保険、││          │           │        │        │      │不動産鑑定費、手数料等    │                                └────────┴──────┴───────────────┘┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │広告宣伝費   │      0│               ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │委託料     │    1,223│測量費            ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │使用料及び賃借料│     313│複合機賃借料         ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │負担金・補助  │     35│県内公社連絡協議会負担金、総会││          │           │        │及び交付金   │      │及び研修会費         ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │公租公課    │     170│自動車税、市県民税均等割額等 ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │減価償却費   │    1,009│車両、備品          ││          │           │        ├────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │雑費      │      0│               │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│3.事業外費用   │           │        │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1 支払利息     │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │支払利息    │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.雑損失      │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │雑損失     │        │      0│               │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│4.特別損失    │           │        │        │     280│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1 前期損益修正損  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │前期損益修正損 │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.土地評価損    │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │土地評価損   │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │3.固定資産売却損  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │その他の固定  │        │      0│               ││          │           │資産売却損   │        │      │               │           └───────────┴────────┴────────┴──────┴───────────────┘┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │4.その他の特別損失 │        │        │     280│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │その他の特別損失│        │     280│固定資産の除却費、無償譲渡、廃││          │           │        │        │      │棄処分            ││          │           │        │        │      │宇茂佐西兼久原土地処分費等  │├──────────┴───────────┴────────┴────────┼──────┼───────────────┤│           支     出     合     計           │    4,530│               │└────────────────────────────────────────┴──────┴───────────────┘資 本 的 収 入 及 び 支 出収     入                                                          (単位:千円)┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│1.資本的収入   │           │        │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.借入金      │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │借入金     │        │      0│公有用地の資金借入金及び利息 ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │        │        │      │               ││          │           │        │        │      │               ││          │           │        │        │      │               │├──────────┴───────────┴────────┴────────┼──────┼───────────────┤│           収     入     合     計           │      0│               │└────────────────────────────────────────┴──────┴───────────────┘支     出                                                          (単位:千円)┌──────────┬───────────┬────────┬────────┬──────┬───────────────┐│     款     │     項     │    目    │    節    │  予算額  │    説     明    │├──────────┼───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│1.資本的支出   │           │        │        │   130,900│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │1.公有地取得事業費 │        │        │   128,590│土地取得費          ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │公有用地取得費 │        │   128,590│土地取得費          ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │代替地取得費  │        │      0│土地取得費          ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │支払利息    │        │      0│公有地取得資金借入利息    ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │2.固定資産取得費  │        │        │    2,310│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │固定資産取得費 │        │    2,310│車両購入費、宇茂佐西兼久原土地││          │           │        │        │      │取得費            ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │3.借入金償還金   │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │借入金償還金  │        │      0│               ││          ├───────────┼────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │4.土地造成事業費  │        │        │      0│               ││          │           ├────────┼────────┼──────┼───────────────┤│          │           │土地造成事業費 │        │      0│               │├──────────┴───────────┴────────┴────────┼──────┼───────────────┤│          支     出     合     計            │   130,900│               │└────────────────────────────────────────┴──────┴───────────────┘                          平成31年度 予定貸借対照表                                                            2020年3月31日                                                            (単位:千円)           資   産   の   部             │        負   債   の   部1.流動資産                               │ 1.流動負債    現金及び預金               296,841        │    未払金              0    未収金                     0        │    短期借入金            0    公有用地                 128,590        │    短期預り金            0    代替地                  233,368        │      (流動負債合計)               0    立替金                     0        │    開発中土地                   0        │     (流動資産合計)                   658,799 │ 2.固定負債2.固定資産                               │ (1) 長期借入金           0(1) 有形固定資産                           │      (固定負債合計)               0    車両その他の運搬具      2,300               │      (負債合計)                 0                                     │       減価償却累計額      766     1,534        │    工具、器具及び備品       210               │                                     │       減価償却累計額      209       1        │          資   本   の   部    有形固定資産合計              1,535        │(2) 無形固定資産                           │ 1.資 本 金    その他                    378        │    基本財産           5,000    無形固定資産合計               378        │      (資本金合計)              5,000(3) 投資その他の資産                         │ 2.準 備 金    長期性預金                 5,000        │    前期繰越準備金       665,241    投資その他の資産合計            5,000        │    当期純損失         △4,529     (固定資産合計)                    6,913 │      (準備金合計)             660,712     (資産合計)                     665,712 │      (資本合計)              665,712                                     │      (負債資本合計)            665,712                                     │                                      │  説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 報告第9号 平成30年度公益財団法人名護市観光協会の決算に関する書類の提出について及び報告第10号 平成31年度公益財団法人名護市観光協会の事業の計画に関する書類の提出についての説明を求めます。暫時休憩いたします。                              休 憩(午前11時53分) (訂正の説明あり)                              再 開(午前11時54分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。小野雅春商工観光局長。 ◎小野雅春商工観光局長 それでは61ページをごらんください。 △報告第9号    平成30年度公益財団法人名護市観光協会の決算に関する書類の提出について 平成30年度公益財団法人名護市観光協会の決算に関する書類を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり議会に提出します。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊                 平成30年度事業の総括 平成30年度の沖縄観光の入域客数「ビジットおきなわ計画」目標1,000万人(海外300万人)に対しまして、999万9,000人(国内699万9,000人・海外324万)で、対前年比41万9,100人増加、率にして4.4%の増加となり、6年連続で過去最高を更新した。 前年度と比べ増加の要因としては、成田―石垣路線の新規就航に加えて、福岡から石垣・宮古島や名古屋から宮古島への直行便及び、羽田・北九州・名古屋から那覇路線の増便等の航空路線の拡充があったことや外国人観光客については、台湾や韓国からの那覇路線の新規航空路線の拡充に加え、クルーズ船の寄港回数は前年比13回増の528回に増加し台湾・韓国・中国本土ともに、昨年度を上回る入域観光客数となった。 行政や民間が一体となったプロモーション活動により、沖縄の認知度向上や旅行意欲の喚起を図ったことで国内外の航空路線の拡充により入域客数の増加となった。 名護市観光協会では、名護市長杯争奪全島ハーリー大会が40回の記念大会を迎え、二日間開催、名護ハーリーの歴史展やキッズコーナーを設置し約8,000人が会場を訪れた。 第57回名護さくら祭り(二日間・137,988人)のイベントを実施したほか、その他、名護市PR事業として、東京都にて日本さくらの会総会・群馬県館林つつじ祭りや、北海道日本ハムファイターズ札幌応援ツアー&名護デーに名護さくらの女王を派遣し名護PRを行った。 第45代名護さくらの女王選考会も昨年度より2名減の10名がエントリー、参加率を高めるためにも、市民をはじめ、各企業・団体へ協力の強化を図って行きたいと思います。 ハーリー体験事業の受け入れにつきましても、修学旅行1校・企業5社にとどまり、先方の都合によりキャンセルがあったものの、引き続き体験型商品のPR強化を行ってまいります。 また、当協会理事会において、「名護城公園の桜の整備」、「公共交通バス停留所多言語標記の整備」について受け入れ態勢の強化を図る目的で本市へ要請を行いました。 その他の事業においても、北部広域事務組合を中心に、やんばる観光市町村連絡協議会を発足し各市町村・各観光協会並びに各団体と連携し、本市及び北部地域の魅力ある観光資源のPRと観光客の誘致受け入れ態勢の強化に向けて、市商工観光局と連携を図りながら取り組んでまいります。[会 議]第1回理事会  [平成30年5月31日(木)10時~名護市産業支援センター2階会議室]        ・平成29年度事業報告及び付属明細書の承認の件        ・平成29年度計算書類(貸借対照表及び正味財産増減計算書)及び付属明細書並びに財産目録の承認の件        ・任期満了に伴う理事・監事・評議員候補者名簿承認の件        ・顧問選任の件        ・評議員開催日日時及び場所並びに議案事項について第1回評議員会 [平成30年6月19日(火)10時~名護市産業支援センター2階会議室]        ・平成29年度事業報告及び付属明細書の承認の件        ・平成29年度計算書類(貸借対照表及び正味財産増減計算書)及び付属明細書並びに財産目録の承認の件        ・理事選任承認の件        ・監事選任承認の件        ・評議員選任承認の件第2回理事会  [平成30年10月29日(月)15時~名護市観光協会内]        ・理事 小橋川聡氏辞任の件について        ・名護城公園内における琉球寒緋桜の整備要請の件について        ・名護市公共交通バス停留所多言語標記の整備要請の件について        ・沖縄県観光局北部事務所の誘致要請の件について第3回理事会  [平成31年3月25日(月)16時30分~名護市産業支援センター2階会議室]        ・平成31年度事業計画(案)について        ・平成31年度収支予算(案)について[公益目的事業]1.2018海の安全祈願祭    平成30年4月21日(土)21世紀の森ビーチにおいて、9時からビーチクリーン実施。各企業・団体含め約150名の動員がありました、また、名護市長をはじめ観光協会役員関係者で海の安全祈願祭を行いました。2.第40回名護市長杯争奪全島ハーリー大会    40回記念大会として、平成30年8月4日(土)、5日(日)の2日間開催、土曜日は、海上保安庁の巡視艇の一般公開や名護ハーリーの歴史展を開催、無料でのハーリー体験や市内小・中・高PTA関係者によるハーリー競漕を行う等参加者からは、好評であった。また、二日間キッズコーナー(プール)を催し市内外から子ども連れのお客様で盛り上がった。    日曜日は、例年同様180チームがエントリーし下記のとおりの結果であった。   [男子の部]    優 勝: はまゆう        (うるま市)    3.20.68    準優勝: チームタクミ      (糸満市)     3.27.34    三 位: 新友会         (糸満市)     3.27.50   [女子の部]    優 勝: サマードラゴンズ    (那覇市)     1.40.86    準優勝: 友遊海         (名護市)     1.43.36    三 位: 10倶琉         (名護市)     1.46.413.第45代名護さくらの女王選考会    平成30年12月15日(土)、名護市産業支援センター大会議室で行われた、さくらの女選考会において扇谷 茉衣(おうぎや まい)さん・當山 可凜(とうやま かりん)さん・浜比嘉 望美(はまひが のぞみ)さんの3名が第45代名護さくらの女王に選ばれた。3名の女王は、1年間の任期で名護市の親善大使として、県内外で名護市のPR務めている。4.第57回名護さくら祭り開催    「日本の春はここから始まる」をキャッチフレーズに、平成31年1月26日と27日の2日間開催。今年は、開花が遅れ3分咲きで祭りを迎えました。例年通りシャトルバス桜見号も漁港⇔名護城の桜見学を実施(二日間利用者1,219名)今回からシャトルバスで沖縄美ら島財団と連携をし漁港⇔アグリパーク(二日間利用者70名)が利用した。また市街地では、名護大通りをトランジット化させ市民参加型のイベントを実施、また名護漁港で開催されたガーデンフェスタ会場にも多くの方が来訪、友好都市の滝川市・八幡平市・館林市・枚方市の関係者をはじめ、市内外から、約13万7,988人余(本部前2日間統計)が名護市を訪れた。5.ハーリー体験事業    21世紀ビーチにて、企業・修学旅行を受け入れた。漁業組合・ハーリー関係者の協力をいただき安全な海の体験事業を行うことができた、『名護ハーリー』は、チームビルディングプログラムを取り入れ、団結力・達成感が図られチームワークと組織力向上に寄与します、今後も旅行社へのPRを行っていきたい。    ・報奨旅行(企業):5件/384名(海外122名) ・修学旅行:1件/360名[協力事業]1.日本さくらの会中央大会総会   平成30年4月10日~12日の日程で、東京/憲政会館にて第53回さくら中央大会へ第44代名護さくらの女王.前川 咲野さんと職員1名を派遣した、名護市は県内唯一の日本のさくら100選に選出されており、桜前線は南の名護市から日本一早い桜のPRを行った。2.北海道日本ハムファイターズ札幌応援ツアー   平成30年4月25日~29日の日程で、100名の応援団を札幌ドームに派遣し、ファイターズとオリックス戦を観戦した、グランド内では、渡具知市長による始球式をはじめ、   さくらの女王からの花束贈呈や歌を披露、名護市関係者でベースランニングやチアガールと一緒にYMCA等も踊り会場を盛上げた。また、スタンド裏では、名護市の特産品の販売も同時に行い約3時間名護市をPRすることができた。3.第30回ツール・ド・おきなわ2018の協力   平成30年11月10日(土)11日(日)   第30回を迎えたツール・ド・おきなわ今年は、5,044名(県内1,905名・県外2,478名・海外661名)対前年より153名増加となった。中でも、一輪車・三輪車で県内379名エントリーがあり子ども達の認知度が高まり年々参加者が増加している。4.第31回 名護・やんばるツーデーマーチの協力   「健康と生きがいづくり」をテーマに、平成30年12月8日・9日の2日間開催、3kmから40kmまでの8コースに1,874名(県外参加者560名)が参加、秋のやんばる路ウォーキングを楽しんだ。名護市全域を舞台にしたこの大会は、日本マーチングリーグ公認18大会の一つで、年末、しかも唯一亜熱帯での大会とあって、最も人気のある大会となっている。   観光協会は、商工観光局と連携をし大会本部及び各コースの運営業務を行った。5.2018冬の街フェスカリークリスマスin名護   平成30年12月23日(日)   名護市十字路商店連合会主管による、第4回目のイベントが行われた。10月に解禁した名護限定のビール「名護-75-ビール」の販売やガイド付きバギープログラムや動物達と触れ合える移動動物園など大人まで楽しめる体験が盛りたくさん、当日は、約3,000人の来場をいただきディアマンテスのライブが始まると会場は最高潮に達した、来場者からは次年度も開催してほしいとの声が上がっている。6.北海道日本ハムファイターズ春季キャンプ支援   平成31年2月1日~12日間アメリカアリゾナ州にてキャンプを行い、14日~26日間名護市でキャンプを行った。新球場建設工事中により他球場での練習試合を主に調整を行った。また、少年野球教室や児童施設への訪問も行い、子ども達に夢と希望を与える地域協力も例年どおり行っていただいた。2020年2月新球場開設に向けて、名護市と連携を図りながらファイターズ名護協力会として受け入れ協力と支援を行っていきたい。7.オープン戦の応援支援   平成31年2月24日(日)沖縄セルラースタジアムにおいて、ファイターズ対巨人戦の応援に名護協力会として総勢50名が応援に駆けつけた。   試合結果は、沖縄出身の大城君にホームランを打たれ3対2で敗れはしたものの、春季キャンプの仕上げとしては、まずまずの内容であった。[収益事業]市営駐車場指定管理事業平成27年度から市営駐車場の指定管理を受け4年目を迎えます。本市に訪れる観光客の受け入れ態勢の整備について様々な取り組みを行っているところであります。特に中心市街地の活性化を図るために、行政・各団体・市民が一体となり各事業を展開しており、名護市の顔として市街地の継続的な発展が必要であると考えております。市民はもとより、県内のレンタカー利用者は年々増加しており駐車場は必要不可欠となっております。当協会が管理運営することで、これまでの取り組みを生かした市街地活性化、市内外から市街地へ訪れる方々の利便性の向上と集客の安定化を図ってまいりました。駐車場業務だけでなく、観光案内機能を備えたサービスの提供を実施し、利用者の満足度を高め、隣接する市営市場や市街地商店会と連携しスムーズな誘導を図ってまいります。[賛助会員]平成30年4月1日現在:202社→[新規入会:4社→退会:6社]平成31年3月31日現在:196社[アクセス件数]┌─────────┬────────────┬────────────┐│    月    │   アクセス件数   │    1日平均    │├─────────┼────────────┼────────────┤│    4月    │      9,692    │    323.07     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    5月    │     11,155    │    371.83     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    6月    │     12,553    │    418.43     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    7月    │     16,973    │    565.77     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    8月    │     26,027    │    867.57     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    9月    │     11,086    │    369.53     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    10月    │     12,676    │    422.53     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    11月    │     12,091    │    403.03     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    12月    │     11,338    │    377.93     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    1月    │     31,523    │    1050.77     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    2月    │     14,130    │      471     │├─────────┼────────────┼────────────┤│    3月    │     11,007    │     366.9     │└─────────┴────────────┴────────────┘ 合計[180,251件] 昨年度、ホームページのリニューアルを行いスポットマップを活用し名護市の宿泊・飲食・特産品等を会員情報を中心に掲載しております。また。市内ローカル情報もお知らせをして、県内外・海外のお客様へ情報提供を行っており、イベントに関する情報提供を行っている中で、7月・8月は、夏祭りやハーリー大会、下期は1月のさくら祭り等でアクセス件数が増加していると考えられる。 今後も、商工観光局や商工会と連携を行い、旬な情報収集に努めていきたいと思います。                   正味財産増減計算書               平成30年4月1日から平成31年3月31日まで                                             (単位:円)┌───────────────────┬─────────┬─────────┬──────────┐│     科       目     │   当年度   │   前年度   │    増減    │├───────────────────┼─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅰ 一般正味財産増減の部       │         │         │          ││ 1.経常増減の部          │         │         │          ││ (1)経常収益           │         │         │          ││    基本財産運用益        │         │         │          ││     基本財産受取利息      │     25,002 │     29,750 │      △4,748 ││    事業収益           │         │         │          ││     事業収益          │         │         │          ││     受取手数料         │    1,866,730 │     391,360 │     1,475,370 ││     参加料収入         │    3,897,000 │    3,958,000 │     △61,000 ││     テナント収入        │    1,948,000 │    1,868,000 │      80,000 ││     助成金収入         │        0 │        0 │         0 ││    受取補助金等         │         │         │          ││     受取地方公共団体補助金   │   27,916,000 │   25,916,000 │     2,000,000 ││     受託業務補助金       │     300,000 │     300,000 │         0 ││     受託事業補助金       │        0 │     330,000 │     △330,000 ││     受託業務収入        │   11,123,700 │   34,395,000 │   △23,271,300 ││     イベント事務受託料     │        0 │        0 │         0 ││    受取寄付金          │         │         │          ││     受取寄付金         │    6,502,000 │    6,530,000 │     △28,000 ││    雑収益            │         │         │          ││     受取利息          │       154 │       407 │       △253 ││     雑収益           │     208,843 │    2,670,299 │    △2,461,456 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│   経常収益計           │   53,787,429 │   76,388,816 │   △22,601,387 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│ (2)経常費用           │         │         │          ││    事業費            │         │         │          ││     給料手当          │   11,839,432 │   12,226,427 │     △386,995 ││     臨時雇賃金         │    2,526,723 │    2,994,110 │     △467,387 ││     福利厚生費         │    2,810,150 │    2,665,225 │      144,925 ││     旅費交通費         │    1,250,395 │    1,352,867 │     △102,472 ││     通信運搬費         │     793,221 │     693,691 │      99,530 │┌───────────────────┬─────────┬─────────┬──────────┐│     科       目     │   当年度   │   前年度   │    増減    │├───────────────────┼─────────┼─────────┼──────────┤│     減価償却費         │     524,957 │         │      524,957 ││     役務費           │    1,330,258 │    1,946,354 │     △616,096 ││     報償費           │     515,320 │     950,016 │     △434,696 ││     需用費           │    3,288,829 │    2,957,165 │      331,664 ││     委託費           │    7,953,319 │   12,061,603 │    △4,108,284 ││     負担費           │    1,838,000 │    1,836,200 │       1,800 ││     修繕費           │     310,449 │     245,179 │      65,270 ││     消耗品費          │     423,855 │        0 │      423,855 ││     渉外費           │     393,047 │     428,510 │     △35,463 ││     光熱水料費         │     257,016 │     283,562 │     △26,546 ││     賃借料           │    1,775,574 │    1,784,819 │      △9,245 ││     公租公課          │     465,920 │    2,259,689 │    △1,793,769 ││     会議費           │     45,816 │        0 │      45,816 ││     購読料           │     144,836 │     121,711 │      23,125 ││     車両費           │     183,899 │     191,389 │      △7,490 ││     リース料          │     363,444 │     363,444 │         0 ││     雑費            │     46,593 │     45,339 │       1,254 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    事業費計           │   39,081,053 │   45,407,300 │    △6,326,247 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    管理費            │         │         │          ││     給料手当          │    1,315,558 │    1,358,492 │     △42,934 ││     賃金            │    7,412,949 │   21,502,308 │   △14,089,359 ││     福利厚生費         │     337,447 │     381,900 │     △44,453 ││     旅費交通費         │     138,932 │     150,317 │     △11,385 ││     通信運搬費         │     88,119 │     77,068 │      11,051 ││     減価償却費         │     58,329 │         │      58,329 ││     役務費           │     47,113 │     124,530 │     △77,417 ││     報償費           │     20,480 │     65,224 │     △44,744 ││     需用費           │     231,734 │     561,220 │     △329,486 ││     委託費           │     175,473 │     159,067 │      16,406 ││     負担費           │     933,750 │    3,494,800 │    △2,561,050 ││     修繕費           │     82,000 │     14,040 │      67,960 ││     消耗品費          │     47,093 │     433,435 │     △386,342 ││     渉外費           │     43,671 │     45,312 │      △1,641 │┌───────────────────┬─────────┬─────────┬──────────┐│     科       目     │   当年度   │   前年度   │    増減    │├───────────────────┼─────────┼─────────┼──────────┤│     光熱水料費         │     442,001 │    1,091,615 │     △649,614 ││     賃借料           │     200,885 │     200,613 │        272 ││     公租公課          │     470,924 │     83,525 │      387,399 ││     会議費           │      5,090 │     159,360 │     △154,270 ││     購読費           │     16,080 │     13,511 │       2,569 ││     車両費           │     20,433 │     21,265 │       △832 ││     リース料          │     40,380 │     40,380 │         0 ││     雑費            │      5,172 │      5,787 │       △615 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    管理費計           │   12,133,613 │   29,983,769 │   △17,850,156 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│   経常費用計           │   51,214,666 │   75,391,069 │   △24,176,403 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    評価損益等調整前当期経常増減額│    2,572,763 │     997,747 │     1,575,016 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    当期経常増減額        │    2,572,763 │     997,747 │     1,575,016 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│   経常外収益計          │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│ (2)経常外費用          │         │         │          ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    経常外費用計         │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     当期経常外増減額      │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     税引前当期一般正味財産増減額│    2,572,763 │     997,747 │     1,575,016 ││     法人税、住民税及び事業税  │     537,505 │     604,643 │     △67,138 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     当期一般正味財産増減額   │    2,035,258 │     393,106 │     1,642,152 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     一般正味財産期首残高    │    7,698,949 │    7,305,843 │      393,106 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     一般正味財産期末残高    │    9,734,207 │    7,698,949 │     2,035,258 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅱ 指定正味財産増減の部       │         │         │          ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     当期指定正味財産増減額   │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     指定正味財産期首残高    │   35,000,000 │   35,000,000 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     指定正味財産期末残高    │   35,000,000 │   35,000,000 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅲ 基金増減の部           │         │         │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    基金受入額          │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│    基金返還額          │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     当期基金増減額       │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     基金期首残高        │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│     基金期末残高        │        0 │        0 │         0 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅳ 正味財産期末残高         │   44,734,207 │   42,698,949 │     2,035,258 ││                   ├─────────┼─────────┼──────────┤│                   │         │         │          │└───────────────────┴─────────┴─────────┴──────────┘                         正味財産増減計算書総括表                        平成30年4月1日から平成31年3月31日まで                                                               (単位:円)┌──────────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│      科        目      │公益目的事業会計│収益目的事業会計│  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅰ 一般正味財産増減の部          │        │        │        │        │        ││ 1.経常増減の部             │        │        │        │        │        ││ (1)経常収益              │        │        │        │        │        ││    基本財産運用益           │        │        │        │        │        ││     基本財産受取利息         │    25,002 │       0 │       0 │       0 │    25,002 ││    事業収益              │        │        │        │        │        ││     受取手数料            │   1,866,730 │       0 │       0 │       0 │   1,866,730 ││     参加料収入            │   3,897,000 │       0 │       0 │       0 │   3,897,000 ││     テナント収入           │   1,948,000 │       0 │       0 │       0 │   1,948,000 ││    受取補助金等            │        │        │        │        │        ││     受取地方公共団体補助金      │  24,755,050 │       0 │   3,160,950 │       0 │  27,916,000 ││     受託業務補助金          │    300,000 │       0 │       0 │       0 │    300,000 ││     受託業務収入           │       0 │  11,123,700 │       0 │       0 │  11,123,700 ││     イベント事務受託料        │   3,000,000 │       0 │       0 │  △3,000,000 │       0 ││    受取寄付金             │        │        │        │        │        ││     受取寄付金            │   6,502,000 │       0 │       0 │       0 │   6,502,000 ││    雑収益               │        │        │        │        │        ││     受取利息             │      116 │      38 │       0 │       0 │      154 ││     雑収益              │    12,000 │    196,843 │       0 │       0 │    208,843 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   経常収益計              │  42,305,898 │  11,320,581 │   3,160,950 │  △3,000,000 │  53,787,429 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│ (2)経常費用              │        │        │        │        │        ││    事業費               │        │        │        │        │        ││     給料手当             │  11,839,432 │       0 │       0 │       0 │  11,839,432 ││     賃金               │   2,526,723 │       0 │       0 │       0 │   2,526,723 ││     福利厚生費            │   2,810,150 │       0 │       0 │       0 │   2,810,150 ││     旅費交通費            │   1,250,395 │       0 │       0 │       0 │   1,250,395 ││     通信運搬費            │    793,221 │       0 │       0 │       0 │    793,221 ││     減価償却費            │    524,957 │       0 │       0 │       0 │    524,957 ││     役務費              │   1,330,258 │       0 │       0 │       0 │   1,330,258 ││     報償費              │    515,320 │       0 │       0 │       0 │    515,320 │└──────────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘┌──────────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│      科        目      │公益目的事業会計│収益目的事業会計│  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     需用費              │   3,288,829 │       0 │       0 │       0 │   3,288,829 ││     委託費              │  10,953,319 │       0 │       0 │  △3,000,000 │   7,953,319 ││     負担費              │   1,838,000 │       0 │       0 │       0 │   1,838,000 ││     修繕費              │    310,449 │       0 │       0 │       0 │    310,449 ││     消耗品費             │    423,855 │       0 │       0 │       0 │    423,855 ││     渉外費              │    393,047 │       0 │       0 │       0 │    393,047 ││     光熱水費             │    257,016 │       0 │       0 │       0 │    257,016 ││     賃借料              │   1,775,574 │       0 │       0 │       0 │   1,775,574 ││     公租公課             │    465,920 │       0 │       0 │       0 │    465,920 ││     会議費              │    45,816 │       0 │       0 │       0 │    45,816 ││     購読料              │    144,836 │       0 │       0 │       0 │    144,836 ││     車両費              │    183,899 │       0 │       0 │       0 │    183,899 ││     リース料             │    363,444 │       0 │       0 │       0 │    363,444 ││     雑費               │    46,593 │       0 │       0 │       0 │    46,593 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    事業費計              │  42,081,053 │       0 │       0 │  △3,000,000 │  39,081,053 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    管理費               │       0 │        │        │        │        ││     給料手当             │       0 │       0 │   1,315,558 │       0 │   1,315,558 ││     賃金               │       0 │   7,132,207 │    280,742 │       0 │   7,412,949 ││     福利厚生費            │       0 │    25,209 │    312,238 │       0 │    337,447 ││     旅費交通費            │       0 │       0 │    138,932 │       0 │    138,932 ││     通信運搬費            │       0 │       0 │    88,119 │       0 │    88,119 ││     減価償却費            │       0 │       0 │    58,329 │       0 │    58,329 ││     役務費              │       0 │      246 │    46,867 │       0 │    47,113 ││     報償費              │       0 │       0 │    20,480 │       0 │    20,480 ││     需用費              │       0 │    83,482 │    148,252 │       0 │    231,734 ││     委託費              │       0 │       0 │    175,473 │       0 │    175,473 ││     負担費              │       0 │    918,750 │    15,000 │       0 │    933,750 ││     修繕費              │       0 │    82,000 │       0 │       0 │    82,000 ││     消耗品費             │       0 │       0 │    47,093 │       0 │    47,093 ││     渉外費              │       0 │       0 │    43,671 │       0 │    43,671 ││     光熱水費             │       0 │    413,446 │    28,555 │       0 │    442,001 ││     賃借料              │       0 │       0 │    200,885 │       0 │    200,885 ││     公租公課             │       0 │    466,384 │     4,540 │       0 │    470,924 │└──────────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘┌──────────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│      科        目      │公益目的事業会計│収益目的事業会計│  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     会議費              │       0 │       0 │     5,090 │       0 │     5,090 ││     購読費              │       0 │       0 │    16,080 │       0 │    16,080 ││     車両費              │       0 │       0 │    20,433 │       0 │    20,433 ││     リース料             │       0 │       0 │    40,380 │       0 │    40,380 ││     雑費               │       0 │       0 │     5,172 │       0 │     5,172 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    管理費計              │       0 │   9,121,724 │   3,011,889 │       0 │  12,133,613 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   経常費用計              │  42,081,053 │   9,121,724 │   3,011,889 │  △3,000,000 │  51,214,666 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    評価損益等調整前当期経常増減額   │    224,845 │   2,198,857 │    149,061 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    当期経常増減額           │    224,845 │   2,198,857 │    149,061 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│2.経常外増減の部             │       0 │        │        │        │       0 ││ (1)経常外収益             │       0 │        │        │        │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    経常外収益計            │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│ (2)経常外費用             │       0 │        │        │        │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    経常外費用計            │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期経常外増減額         │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     他会計振替前当期一般正味財産増減額│    224,845 │   2,198,857 │    149,061 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     税引前当期一般正味財産増減額   │    224,845 │   2,198,857 │    149,061 │       0 │   2,572,763 ││     法人税、住民税及び事業税     │       0 │    537,505 │       0 │       0 │    537,505 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期一般正味財産増減額      │    224,845 │   1,661,352 │    149,061 │       0 │   2,035,258 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     一般正味財産期首残高       │   1,854,254 │   1,776,491 │   4,068,204 │       0 │   7,698,949 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     一般正味財産期末残高       │   2,079,099 │   3,437,843 │   4,217,265 │       0 │   9,734,207 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅱ 指定正味財産増減の部          │       0 │        │        │        │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期指定正味財産増減額      │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     指定正味財産期首残高       │  35,000,000 │       0 │       0 │       0 │  35,000,000 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     指定正味財産期末残高       │  35,000,000 │       0 │       0 │       0 │  35,000,000 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅲ 基金増減の部              │       0 │        │        │        │       0 ││    基金受入額             │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││    基金返還額             │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期基金増減額          │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     基金期首残高           │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     基金期末残高           │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅳ 正味財産期末残高            │  37,079,099 │   3,437,843 │   4,217,265 │       0 │  44,734,207 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│                      │       0 │        │        │        │        │└──────────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘                                     正味財産増減計算書内訳表                                     平成30年4月1日から平成31年3月31日まで                                                                                          (単位:円)┌──────────────────────┬────────┬─────────────────┬──────────────────────────┬────────┬────────┐│                      │        │     公益目的事業会計     │          収益事業等会計          │        │        ││                      │        ├────────┬────────┼────────┬────────┬────────┤        │        ││                      │        │名護市長杯争奪 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │がじゅまる駐車場│   共通   │ 内部取引控除 │   合計   ││       科       目       │  法人会計  │全島ハーリー大会│        │        │        │        │        │        │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅰ 一般正味財産増減の部          │        │        │        │        │        │        │        │        ││ 1.経常増減の部             │        │        │        │        │        │        │        │        ││ (1)経常収益              │        │        │        │        │        │        │        │        ││    基本財産運用益           │        │        │        │        │        │        │        │        ││     基本財産受取利息         │    25,002 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    25,002 ││    事業収益              │        │        │        │        │        │        │        │        ││     事業収益             │        │        │        │        │        │        │        │        ││     受取手数料            │   1,866,730 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,866,730 ││     参加料収入            │       0 │   3,600,000 │    297,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │   3,897,000 ││     テナント収入           │       0 │    140,000 │   1,808,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,948,000 ││    受取補助金等            │        │        │        │        │        │        │        │        ││     受取地方公共団体補助金      │  21,073,000 │   2,000,000 │   4,843,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │  27,916,000 ││     受託業務補助金          │    300,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    300,000 ││      受託業務収入          │        │       0 │       0 │   6,670,700 │   4,453,000 │       0 │       0 │  11,123,700 ││     イベント事務受託料        │   3,000,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │  △3,000,000 │       0 ││    受取寄付金             │        │        │        │        │        │        │        │        ││     受取寄付金            │   3,965,000 │   1,220,000 │   1,317,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │   6,502,000 ││    雑収益               │        │        │        │        │        │        │        │        │┌──────────────────────┬────────┬─────────────────┬──────────────────────────┬────────┬────────┐│                      │        │     公益目的事業会計     │          収益事業等会計          │        │        ││                      │        ├────────┬────────┼────────┬────────┬────────┤        │        ││                      │        │名護市長杯争奪 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │がじゅまる駐車場│   共通   │ 内部取引控除 │   合計   ││       科       目       │  法人会計  │全島ハーリー大会│        │        │        │        │        │        │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     受取利息             │      66 │      35 │      15 │      33 │       0 │       5 │       0 │      154 ││     雑収益              │    12,000 │       0 │       0 │    158,761 │    38,082 │       0 │       0 │    208,843 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   経常収益計              │  30,241,798 │   6,960,035 │   8,265,015 │   6,829,494 │   4,491,082││       5 │  △3,000,000 │  53,787,429 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│ (2)経常費用              │        │        │        │        │        │        │        │        ││    事業費               │        │        │        │        │        │        │        │        ││     給料手当             │  11,839,432 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │  11,839,432 ││     賃金               │   2,526,723 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   2,526,723 ││     福利厚生費            │   2,810,150 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   2,810,150 ││     旅費交通費            │   1,250,395 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,250,395 ││     通信運搬費            │    793,221 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    793,221 ││     減価償却費            │    524,957 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    524,957 ││     役務費              │    421,800 │    609,108 │    299,350 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,330,258 ││     報償費              │    184,320 │    239,000 │    92,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │    515,320 ││     需用費              │   1,366,676 │    736,475 │   1,185,678 │       0 │       0 │       0 │       0 │   3,288,829 ││     委託費              │   1,579,255 │   4,550,832 │   4,823,232 │       0 │       0 │       0 │  △3,000,000 │   7,953,319 ││     負担費              │    135,000 │       0 │   1,703,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,838,000 ││     修繕費              │       0 │    310,449 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    310,449 ││     消耗品費             │    423,855 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    423,855 ││     渉外費              │    393,047 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    393,047 ││     光熱水費             │    257,016 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    257,016 ││     賃借料              │   1,775,574 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,775,574 │┌──────────────────────┬────────┬─────────────────┬──────────────────────────┬────────┬────────┐│                      │        │     公益目的事業会計     │          収益事業等会計          │        │        ││                      │        ├────────┬────────┼────────┬────────┬────────┤        │        ││                      │        │名護市長杯争奪 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │がじゅまる駐車場│   共通   │ 内部取引控除 │   合計   ││       科       目       │  法人会計  │全島ハーリー大会│        │        │        │        │        │        │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     公租公課             │    118,092 │    211,191 │    136,637 │       0 │       0 │       0 │       0 │    465,920 ││     会議費              │    45,816 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    45,816 ││     購読料              │    144,836 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    144,836 ││     車両費              │    183,899 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    183,899 ││     リース料             │    363,444 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    363,444 ││     雑費               │    46,593 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    46,593 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    事業費計              │  27,184,101 │   6,657,055 │   8,239,897 │       0 │       0 │       0 │  △3,000,000 │  39,081,053 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    管理費               │        │        │        │        │        │        │        │        ││     給料手当             │   1,315,558 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │   1,315,558 ││     賃金               │    280,742 │       0 │       0 │   4,206,832 │   2,925,375 │       0 │       0 │   7,412,949 ││     福利厚生費            │    312,238 │       0 │       0 │    17,720 │     7,489 │       0 │       0 │    337,447 ││     旅費交通費            │    138,932 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    138,932 ││     通信運搬費            │    88,119 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    88,119 ││     減価償却費            │    58,329 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    58,329 ││     役務費              │    46,867 │       0 │       0 │      82 │      164 │       0 │       0 │    47,113 ││     報償費              │    20,480 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    20,480 ││     需用費              │    148,252 │       0 │       0 │    69,146 │    14,336 │       0 │       0 │    231,734 ││     委託費              │    175,473 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    175,473 ││     負担費              │    15,000 │       0 │       0 │       0 │    918,750 │       0 │       0 │    933,750 ││     修繕費              │       0 │       0 │       0 │       0 │    82,000 │       0 │       0 │    82,000 ││     消耗品費             │    47,093 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    47,093 │┌──────────────────────┬────────┬─────────────────┬──────────────────────────┬────────┬────────┐│                      │        │     公益目的事業会計     │          収益事業等会計          │        │        ││                      │        ├────────┬────────┼────────┬────────┬────────┤        │        ││                      │        │名護市長杯争奪 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │がじゅまる駐車場│   共通   │ 内部取引控除 │   合計   ││       科       目       │  法人会計  │全島ハーリー大会│        │        │        │        │        │        │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     渉外費              │    43,671 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    43,671 ││     光熱水費             │    28,555 │       0 │       0 │    413,446 │       0 │       0 │       0 │    442,001 ││     賃借料              │    200,885 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    200,885 ││     公租公課             │     4,540 │       0 │       0 │       0 │     1,000 │    465,384 │       0 │    470,924 ││     会議費              │     5,090 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │     5,090 ││     購読費              │    16,080 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    16,080 ││     車両費              │    20,433 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    20,433 ││     リース料             │    40,380 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │    40,380 ││     雑費               │     5,172 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │     5,172 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    管理費計              │   3,011,889 │       0 │       0 │   4,707,226 │   3,949,114 │    465,384 │       0 │  12,133,613 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   経常費用計              │  30,195,990 │   6,657,055 │   8,239,897 │   4,707,226 │   3,949,114 │    465,384 │  △3,000,000 │  51,214,666 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    評価損益等調整前当期経常増減額   │    45,808 │    302,980 │    25,118 │   2,122,268 │    541,968 │   △465,379 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    当期経常増減額           │    45,808 │    302,980 │    25,118 │   2,122,268 │    541,968 │   △465,379 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│2.経常外増減の部             │        │        │        │        │        │        │        │        ││ (1)経常外収益             │        │        │        │        │        │        │        │        ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    経常外収益計            │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│ (2)経常外費用             │        │        │        │        │        │        │        │        ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    経常外費用計            │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期経常外増減額         │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     他会計振替前当期一般正味財産増減額│    45,808 │    302,980 │    25,118 │   2,122,268 │    541,968 │   △465,379 │       0 │   2,572,763 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     税引前当期一般正味財産増減額   │    45,808 │    302,980 │    25,118 │   2,122,268 │    541,968 │   △465,379 │       0 │   2,572,763 │┌──────────────────────┬────────┬─────────────────┬──────────────────────────┬────────┬────────┐│                      │        │     公益目的事業会計     │          収益事業等会計          │        │        ││                      │        ├────────┬────────┼────────┬────────┬────────┤        │        ││                      │        │名護市長杯争奪 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │がじゅまる駐車場│   共通   │ 内部取引控除 │   合計   ││       科       目       │  法人会計  │全島ハーリー大会│        │        │        │        │        │        │├──────────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     法人税、住民税及び事業税     │       0 │       0 │       0 │       0 │        │    537,505 │       0 │    537,505 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期一般正味財産増減額      │    45,808 │    302,980 │    25,118 │   2,122,268 │    541,968 │  △1,002,884 │       0 │   2,035,258 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     一般正味財産期首残高       │   3,035,163 │   1,998,389 │    888,906 │       0 │       0 │   1,776,491 │       0 │   7,698,949 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     一般正味財産期末残高       │   3,080,971 │   2,301,369 │    914,024 │   2,122,268 │    541,968 │    773,607 │       0 │   9,734,207 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅱ 指定正味財産増減の部          │        │        │        │        │        │        │        │        ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期指定正味財産増減額      │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     指定正味財産期首残高       │  35,000,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │  35,000,000 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     指定正味財産期末残高       │  35,000,000 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │  35,000,000 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅲ 基金増減の部              │        │        │        │        │        │        │        │        ││    基金受入額             │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││    基金返還額             │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     当期基金増減額          │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     基金期首残高           │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     基金期末残高           │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 │       0 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅳ 正味財産期末残高            │  38,080,971 │   2,301,369 │    914,024 │   2,122,268 │    541,968 │    773,607 │       0 │  44,734,207 ││                      ├────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│                      │        │        │        │        │        │        │        │        │└──────────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘                      貸借対照表                   平成31年3月31日現在                                           (単位:円)┌────────────────┬─────────┬─────────┬──────────┐│    科      目    │  当 年 度  │  前 年 度  │  増    減  │├────────────────┼─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅰ 資産の部          │         │         │          ││ 1.流動資産         │         │         │          ││     現金         │      295,458│      250,159│       45,299││     普通預金       │     6,443,931│     8,521,975│     △2,078,044││     イベント事業引当預金 │     3,360,214│     2,793,148│       567,066││     未収金        │      493,102│     6,669,950│     △6,176,848││     前払費用       │      16,800│         0│       16,800││     立替金        │         0│      22,191│      △22,191││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    流動資産合計      │    10,609,505│    18,257,423│     △7,647,918││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│ 2.固定資産         │         │         │          ││ (1)基本財産        │         │         │          ││     定期預金(基)    │    35,000,000│    35,000,000│          0││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    基本財産合計      │    35,000,000│    35,000,000│          0││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│ (2)特定資産        │         │         │          ││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    特定資産合計      │         0│         0│          0││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│ (3)その他固定資産     │         │         │          ││     車両運搬具      │         2│         2│          0││     電話加入権      │      162,157│      162,157│          0││     ソフトウエア     │     2,333,146│         0│      2,333,146││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    その他固定資産合計   │     2,495,305│      162,159│      2,333,146││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    固定資産合計      │    37,495,305│    35,162,159│      2,333,146││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    資産合計        │    48,104,810│    53,419,582│     △5,314,772││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅱ 負債の部          │         │         │          ││ 1.流動負債         │         │         │          ││     未払金        │     2,166,510│     7,199,472│     △5,032,962││     未払法人税等     │      537,500│      604,600│      △67,100││     未払消費税等     │         0│     2,239,800│     △2,239,800││     前受金        │      364,000│      382,000│      △18,000││     預り金        │      302,593│      294,761│        7,832││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│    流動負債合計      │     3,370,603│    10,720,633│     △7,350,030│                 └─────────┴─────────┴──────────┘┌────────────────┬─────────┬─────────┬──────────┐│    科      目    │  当 年 度  │  前 年 度  │  増    減  │├────────────────┼─────────┼─────────┼──────────┤│2.固定負債          │         │         │          ││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│   固定負債合計       │         0│         0│          0││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│   負債合計         │     3,370,603│    10,720,633│     △7,350,030││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│Ⅲ 正味財産の部        │         │         │          ││ 1.基金           │         │         │          ││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│ 2.指定正味財産       │    35,000,000│    35,000,000│          0││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│ 3.一般正味財産       │         │         │          ││ (1)代替基金        │         0│         0│          0││ (2)その他一般正味財産   │     9,734,207│     7,698,949│      2,035,258││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│   一般正味財産合計     │    44,734,207│    42,698,949│      2,035,258││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│   正味財産合計       │    44,734,207│    42,698,949│      2,035,258││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│   負債及び正味財産合計   │    48,104,810│    53,419,582│     △5,314,772││                ├─────────┼─────────┼──────────┤│                │         │         │          │└────────────────┴─────────┴─────────┴──────────┘                        貸借対照表                      平成31年3月31日現在                                                  (単位:円)┌───────────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┐│      科  目      │公益目的事業会計│ 法人会計 │ 収益事業等会計 │内部取引控除│  合 計  │├───────────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│Ⅰ 資産の部         │        │      │        │      │      ││ 1.流動資産        │        │      │        │      │      ││     現金        │     143,763│   47,000│     104,695│      0│   295,458││     普通預金      │        0│  2,413,215│    4,030,716│      0│  6,443,931││     イベント事業引当預金│    3,360,214│      0│        0│      0│  3,360,214││     未収金       │     100,200│   51,818│     341,084│      0│   493,102││     前払費用      │        0│   16,800│        0│      0│   16,800││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    流動資産合計     │    3,604,177│  2,528,833│    4,476,495│      0│ 10,609,505││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ 2.固定資産        │        │      │        │      │      ││ (1)基本財産       │        │      │        │      │      ││     定期預金(基)   │        0│ 35,000,000│        0│      0│ 35,000,000││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    基本財産合計     │        0│ 35,000,000│        0│      0│ 35,000,000││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ (2)特定資産       │        0│      0│        0│      0│      0││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    特定資産合計     │        0│      0│        0│      0│      0│                └────────┴──────┴────────┴──────┴──────┘┌───────────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┐│      科  目      │公益目的事業会計│ 法人会計 │ 収益事業等会計 │内部取引控除│  合 計  │├───────────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ (3)その他固定資産    │        │      │        │      │      ││     車両運搬具     │        0│      2│        0│      0│      2││     電話加入権     │        0│   162,157│        0│      0│   162,157││     ソフトウエア    │        0│  2,333,146│        0│      0│  2,333,146││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    その他固定資産合計  │        0│  2,495,305│        0│      0│  2,495,305││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    固定資産合計     │        0│ 37,495,305│        0│      0│ 37,495,305││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    資産合計       │    3,604,177│ 40,024,138│    4,476,495│      0│ 48,104,810││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│Ⅱ 負債の部         │        │      │        │      │      ││ 1.流動負債        │        │      │        │      │      ││     未払金       │        0│  1,536,526│     629,984│      │  2,166,510││     未払法人税等    │        0│      0│     537,500│      0│   537,500││     前受金       │        0│      0│     364,000│      0│   364,000││     預り金       │        0│   302,593│        0│      0│   302,593││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    流動負債合計     │        0│  1,839,119│    1,531,484│      0│  3,370,603││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ 2.固定負債        │        │      │        │      │      ││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    固定負債合計     │        0│      0│        0│      0│      0││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│    負債合計       │        0│  1,839,119│    1,531,484│      0│  3,370,603││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│Ⅲ 正味財産の部       │        │      │        │      │      ││ 1.基金          │        │      │        │      │      ││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ 2.指定正味財産      │        │ 35,000,000│        │      │ 35,000,000││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│ 3.一般正味財産      │        │      │        │      │      ││ (1)代替基金       │        0│      0│        0│      0│      0││ (2)その他一般正味財産  │        0│      0│        0│      0│      0││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│   一般正味財産合計    │    3,604,177│  3,243,519│    2,886,511│      │  9,734,207││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│   正味財産合計      │    3,604,177│ 38,243,519│    2,886,511│      0│ 44,734,207││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│   負債及び正味財産合計  │    3,604,177│ 40,082,638│    4,417,995│      0│ 48,104,810││               ├────────┼──────┼────────┼──────┼──────┤│               │        │      │        │      │      0│└───────────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┘                           貸借対照表内訳表                          平成31年3月31日現在                                                         (単位:円)┌───────────────┬──────┬────────┬───────┬───────┬──────┬──────┐│       科目       │ 法人会計 │全島ハーリー大会│名護さくら祭り│収益事業等会計│内部取引控除│  合計  │├───────────────┼──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│Ⅰ 資産の部         │      │        │       │       │      │      ││ 1.流動資産        │      │        │       │       │      │      ││     現金        │   47,000│     54,693│    89,070│    104,695│      0│   295,458││     普通預金      │  2,413,215│        0│       0│   4,030,716│      0│  6,443,931││     イベント事業引当預金│      0│    2,448,727│    911,487│       0│      0│  3,360,214││     未収金       │   51,818│     70,154│    30,046│    341,084│      0│   493,102││     前払費用      │   16,800│        │       │       │      │   16,800││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    流動資産合計     │  2,528,833│    2,573,574│   1,030,603│   4,476,495│      0│ 10,609,505││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ 2.固定資産        │      │        │       │       │      │      ││ (1)基本財産       │      │        │       │       │      │      ││     定期預金(基)   │ 35,000,000│        0│       0│       0│      0│ 35,000,000││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    基本財産合計     │ 35,000,000│        0│       0│       0│      0│ 35,000,000││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ (2)特定資産       │      0│        0│       0│       0│      0│      0││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    特定資産合計     │      0│        0│       0│       0│      0│      0││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ (3)その他固定資産    │      │        │       │       │      │      ││     車両運搬具     │      2│        0│       0│       0│      0│      2││     電話加入権     │   162,157│        0│       0│       0│      0│   162,157││     ソフトウエア    │  2,333,146│        0│       0│       0│      0│  2,333,146││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    その他固定資産合計  │  2,495,305│        0│       0│       0│      0│  2,495,305││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    固定資産合計     │ 37,495,305│        0│       0│       0│      0│ 37,495,305││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    資産合計       │ 40,024,138│    2,573,574│   1,030,603│   4,476,495│      0│ 48,104,810││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│Ⅱ 負債の部         │      │        │       │       │      │      ││ 1.流動負債        │      │        │       │       │      │      ││     未払金       │  1,536,526│        0│       0│    629,984│      0│  2,166,510││     未払法人税等    │      0│        0│       0│    537,500│      0│   537,500││     前受金       │      0│        0│       0│    364,000│      0│   364,000││     預り金       │   302,593│        0│       0│       0│      0│   302,593││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    流動負債合計     │  1,839,119│        0│       0│   1,531,484│      0│  3,370,603││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ 2.固定負債        │      │        │       │       │      │      ││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    固定負債合計     │      0│        0│       0│       0│      0│      0││               └──────┴────────┴───────┴───────┴──────┴──────┘┌───────────────┬──────┬────────┬───────┬───────┬──────┬──────┐│       科目       │ 法人会計 │全島ハーリー大会│名護さくら祭り│収益事業等会計│内部取引控除│  合計  │├───────────────┼──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    負債合計       │  1,839,119│        0│       0│   1,531,484│      0│  3,370,603││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│Ⅲ 正味財産の部       │      │        │       │       │      │      ││ 1.基金          │      │        │       │       │      │      ││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ 2.指定正味財産      │ 35,000,000│        │       │       │      │ 35,000,000││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│ 3.一般正味財産      │      │        │       │       │      │      ││ (1)代替基金       │      0│        0│       0│       0│      0│      0││ (2)その他一般正味財   │      0│        0│       0│       0│      0│      0││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    一般正味財産合計   │  3,243,519│    2,573,574│   1,030,603│   2,886,511│      │  9,734,207││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    正味財産合計     │ 38,243,519│    2,573,574│   1,030,603│   2,886,511│      0│ 44,734,207││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│    負債及び正味財産合計 │ 40,082,638│    2,573,574│   1,030,603│   4,417,995│      0│ 48,104,810││               ├──────┼────────┼───────┼───────┼──────┼──────┤│               │      │        │       │       │      │      │└───────────────┴──────┴────────┴───────┴───────┴──────┴──────┘                        財 産 目 録                      平成31年3月31日現在                                                    (単位:円)┌─────────────┬─────────────┬────────────────────┬───────┐│   貸借対照表科目   │    場所・物量等    │        使用目的等        │   金額   │├─────────────┼─────────────┼────────────────────┼───────┤│Ⅰ.資産の部       │             │                    │       ││ 1.流動資産      │             │                    │       ││   現金        │手許有高         │運転資金として             │    295,458││   普通預金      │琉球銀行名護支店     │運転資金として             │   1,801,285││             │琉球銀行名護支店     │運転資金として             │   4,030,716││             │沖縄銀行名護支店     │運転資金として             │    223,858││             │沖縄海邦銀行名護支店   │運転資金として             │    121,567││             │コザ信用金庫名護支店   │運転資金として             │    106,448││             │沖縄県協同組合名護支店  │運転資金として             │    160,057││   イベント事業引当預金│沖縄海邦銀行名護支店   │運転資金として             │   2,448,727││             │沖縄海邦銀行名護支店   │運転資金として             │    911,487││   未収金       │定期預金利息等、未収還付消│公益目的事業、管理目的事業に係る財源  │    493,102││             │費税額          │                    │       ││             │             │                    │       │┌─────────────┬─────────────┬────────────────────┬───────┐│   貸借対照表科目   │    場所・物量等    │        使用目的等        │   金額   │├─────────────┼─────────────┼────────────────────┼───────┤│  前払費用       │株式会社JTB      │旅費                  │    16,800││             │             │                    ├───────┤│     流動資産合計  │             │                    │  10,609,505││ 2.固定資産      │             │                    │       ││   基本財産      │             │                    │       ││    定期預金     │沖縄海邦銀行名護支店   │公益目的保有財産であり、運用益を事業の財│  10,000,000││             │             │源としている              │       ││             │琉球銀行名護支店     │公益目的保有財産であり、運用益を事業の財│  10,000,000││             │             │源としている              │       ││             │沖縄銀行名護支店     │公益目的保有財産であり、運用益を事業の財│  10,000,000││             │             │源としている              │       ││             │コザ信用金庫名護支店   │公益目的保有財産であり、運用益を事業の財│   5,000,000││             │             │源としている              │       ││             │             │                    ├───────┤│     基本財産計   │             │                    │  35,000,000││   その他の固定資産  │             │                    │       ││     車輌運搬具   │公用車2台(ボンゴ5536、軽│公益目的保有財産であり、主として公益目的│       2││             │トラック6109)      │事業に使用している           │       ││     電話加入権   │53-7755、53-7799 2架  │公益目的保有財産であり、主として公益目的│    162,157││             │             │事業に使用している           │       ││     ソフトウエア  │ホームページ       │公益目的保有財産であり、主として公益目的│   2,333,146││             │             │事業に使用している           │       ││             │             │                    ├───────┤│  その他の固定資産合計 │             │                    │   2,495,305││             │             │                    ├───────┤│   固定資産合計    │             │                    │  37,495,305││             │             │                    ├───────┤│    資産合計     │             │                    │  48,104,810││Ⅱ.負債の部       │             │                    │       ││ 1.流動負債      │             │                    │       ││     未払金     │職員給与等未払金他    │主として公益目的事業に供する職員給与等の│   2,166,510││             │             │未払い分                │       ││     前受金     │駐車場前受金       │                    │    364,000││     預り金     │社会保険料等       │職員より社会保険料等の預り分      │    302,593││     未払法人税等  │平成30年度確定法人税額  │                    │    537,500││             │             │                    ├───────┤│    流動負債合計   │             │                    │   3,370,603││             │             │                    ├───────┤│     負債合計    │             │                    │   3,370,603││             │             │                    ├───────┤│Ⅲ.正味財産の部     │             │                    │  44,734,207│└─────────────┴─────────────┴────────────────────┴───────┘                監 査 報 告 書                              令和元年5月24日(公財)名護市観光協会理事長  前田 裕子 殿                              監 事  石 川 達 義 印                              監 事  伊豆味 善 浩 印 私たち監事は、当協会の定款第8条及び第25条に基づき、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの平成30年度の理事の職務の執行について監査を行いました。その方法及び結果について、以下のとおり報告いたします。1.監査の方法及びその内容  私たち監事は、理事及び使用人等と意思疎通を図り、情報の収集に努めるとともに、理事会等に出席し、理事及び使用人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、業務及び財産の状況を調査しました。  以上の方法によって、当該事業年度に係る事業報告及び付属明細書について検討いたしました。  さらに、会計帳簿又はこれに関する資料の調査を行い、当該事業年度に係る計算書類及びその付属明細書並びに財産目録等について検討いたしました。2.監査意見 (1)事業報告等の監査結果   ①事業報告及びその付属明細書は、法令及び定款に従い、当協会の状況を正しく示しているものと認めます。   ②理事の職務の執行に関する不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な過失はないと認めます。 (2)計算書類及びその付属明細書並びに財産目録等の監査結果   計算書類及びその付属明細書並びに財産目録等は、当協会の財産及び損益の状況を全ての重要な点において適正に示しているものと認めます。 次に82ページをごらんください。 △報告第10号    平成31年度公益財団法人名護市観光協会の事業の計画に関する書類の提出について 平成31年度公益財団法人名護市観光協会の事業の計画に関する書類を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり議会に提出します。  令和元年6月13日提出                              名護市長  渡具知 武豊                    平成31年度事業計画                 平成31年4月1日~令和2年3月31日 [公益目的事業]1 観光宣伝誘客・情報提供事業  (1)観光案内事業    観光協会の案内窓口において、市内外・観光客に観光情報を提供するとともに、本市観光情報発信地としての機能を充実していく。  (2)ホームページによる情報提供及び発信    ホームページによる市内の観光地・観光施設・宿泊施設等の情報・各種イベント情報を掲載し、プロ野球キャンプ・賛助会員の紹介等、春夏秋冬新鮮かつビジュアルな観光情報の提供に努めます。  (3)観光パンフレットの作成・配布    名護市と連携をして、観光資源やイベント情報を掲載したパンフレットを県内外・海外誘致宣伝用として、観光客誘致促進の啓発を行うため、国内旅行社や市内宿泊施設・観光施設へ配布を行い名護市の観光情報発信を行うと同時に、名護GOGOマップを作成し、各施設へのアクセスの利便性として活用する。  (4)ポスターの作成・配布・掲載    「日本の春はここからはじまる」をキャッチフレーズに、日本のさくら名所100選に選出された県内唯一の名護さくら祭りポスターを作成し、名護市民をはじめ、県内外からの観光客等に祭りの周知と、観光客誘致のための啓発活動を行う、また市で作成した名護PRポスターの配布・掲載も積極的に行う。  (5)県内外宣伝PR活動  (ア)テレビ・ラジオ・新聞・マスコミ関係者への取材協力     県内外からのマスメディアを活用して、名護市の観光情報やイベント情報を発信し観光客の誘致を図る。  (イ)名護市親善大使     名護さくらの女王を県内外へ派遣し、名護市の観光資源の魅力を広く紹介し、さらに、名護市のイメージ向上を図り一層の観光誘客を図ることを目指します。  (ウ)観光キャラクター活用事業     名護市のPR「公認キャラクター」を活用し、名護市のイメージアップ、認知度の向上を図り、誘客拡大に資する。  (エ)誘致セールス     MICE・まちまーい商品及び教育旅行の誘致拡大を図るため、関係団体と連携しての観光宣伝や情報提供の活動を通じて誘致促進を図る。特に首都圏において、旅行会社の担当者及び学校関係者への説明会を開催する。  (オ)名護市キャッチフレーズ公募について     本市には、恵まれた立地条件を背景に、豊かな自然・文化・歴史など、様々な地域資源があります。市民の郷土愛を深め多くの人に名護市のファンになっていただき、名護市の魅力を県内外・海外へPRするための合い言葉となるために、キャッチフレーズを公募いたします。2 受け入れ態勢強化事業  (ア)スポーツコンベンション誘致及び受け入れ支援事業     北海道日本ハムファイターズ春季キャンプ継続的キャンプの実施と各スポーツ大会・合宿等の受け入れ支援(商工観光局連携)  (イ)体験学習等の推進事業     教育旅行受入情報提供(MICEハーリー体験・エコツアー等)     まちなか散策ツアー(旅行社・宿泊施設・青年部STEP連携)  (ウ)名護さくらガイド育成事業     中心市街地をはじめ、名護市全域の特徴ある自然・歴史・文化等の魅力を県内外の皆様へ一味違った角度からガイド案内を行い、名護市のPRとリピーター確保に努める。(沖縄まちまーい協議会連携)  (エ)接遇マナー講習会     名護市に訪れる観光客に対する「おもてなしの心」で対応するため、賛助会員(観光施設)主に、接客マナー・歴史・文化・外国人対応セミナーを実施する。(OCVB連携/年2回)  (オ)友好都市物産展受け入れ     北海道滝川市(マツオジンギスカン)     (名護夏祭り・やんばるの産業祭り・名護さくら祭り)[収益事業]  (ア)市営駐車場指定管理事業     駐車場業務の中に観光案内機能を備えたサービスの提供を実施し、市内外・県外からの利用者の満足度を高めると同時に、市営市場や市街地商店会と連携することで、市場駐車場と連携した活用並びにスムーズな誘導を図り、併せて利用者の利便性の向上を図る。  (イ)バス乗車券販売事業     観光入域客数も年々増加傾向にあり、名護/那覇間の高速バスの利用者も増加しており、市街地でもバス乗車券が購入できる受け入れ態勢の整備が急務であり、当協会窓口で販売を行い観光客のニーズと利便性の向上に努めることを目的とする。3 調査・研究事業     『多様なニーズに対応した通年滞在型・体験型の質高い観光リゾート地の形成』を推進するために、受け入れ態勢の整備を図り、観光資源の活用、地域住民や各種団体との連携強化を図り、旅行商品としての観光ルート・プログラム開発を行うための調査研究を引き続き実施する。  (ア)体験型・滞在型観光プログラムの研究(自然・文化財・農林水産業・伝統文化)  (イ)地域ガイド(名護さくらガイド)の育成・商品開発  (ウ)MICEメニューの研究  (エ)国内外観光客の動向(名護市/各施設連携事業)  (オ)名護市の特産品に関する研究(名護市・商工会連携)  (カ)リゾートウエディング誘致受け入れに関する研究(名護市連携)  (キ)名護城のさくら整備事業計画(県・名護市・各団体連携事業)4 各種イベントの開催並びに主管事業  ① 2019海の安全祈願祭(4/20)主催  ② 2019北海道日本ハムファイターズ札幌応援ツアー(5/8~11)主管  ③ 第41回名護市長杯争奪全島ハーリー大会(8/4)主管  ④ 第46代名護さくらの女王選考会(12/21)主管  ⑤ 第58回名護さくら祭り(1/25・26)主管5 各種イベントの協力事業  ① 第26回羽地ダム鯉のぼり祭り(5/4・5)  ② 第41回名護夏祭り(7/27・28)  ③ 第30回名護市青年エイサーまつり(9月上旬)  ④ 第33回やんばるの産業まつり(10/12・13)  ⑤ 第31回ツール・ド・おきなわ(11/9・10)  ⑥ 第32回名護・やんばるツーデーマーチ(12/14・15)  ⑦ 第4回カリークリスマス(12/23)  ⑧ 北海道日本ハムファイターズ春季キャンプ(2月)  ⑨ 第61回NAGOハーフマラソン(1/19)  ⑩ 2019年度全国高等学校総合体育大会(8/2 自転車競技)  ⑪ 2019年度全国高等学校総合体育大会(8/9~11 空手競技)6 観光関係団体と連携  ① (一財)沖縄観光コンベンションビューローとの連携      海のカーニバル・花のカーニバルへの参画  ② 北部広域市町村圏との連携      やんばるの産業まつりの協力      やんばる観光推進連携事業  ③ NPO法人ツール・ド・おきなわ協会      ツール・ド・おきなわの協力  ④ 名護市と名護さくらの会との連携      桜育樹作業(肥培・剪定(せんてい)等)の協力  ⑤ 花の里づくりの会との連携      ガーデンフェスタ・花植え作業の協力  ⑥ 名護市国際交流親善委員会との連携      世界の家庭料理フェアの協力  ⑦ ホテル旅館組合名護支部との連携      情報交換・名護市の観光施策連携  ⑧ 名護社交飲食業組合との連携      市内飲食店についての情報提供  ⑨ 名護漁業協同組合      ブルーツーリズム促進の協力      ハーリー大会・ハーリー体験等の連携  ⑩ 名護警察署(防犯協会・安全協会等)との連携      署管内における情報の共有  ⑪ 名護市体育協会      スポーツイベント・大会等への横断幕設置等支援7 観光美化事業  ① 21世紀ビーチのクリーン活動  ② 名護漁港構内のクリーン活動  ③ 名護さくら育樹活動                         収 支 予 算 書                     平成31年4月1日から令和2年3月31日まで                                                         (単位:円)┌─────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│     科     目     │ 観光振興事業 │  収益事業  │  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅰ 一般正味財産増減の部     │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│1.経常増減の部         │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│(1)経常収益          │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   基本財産運用益       │[   24,500 ]│        │[   24,000 ]│[      0 ]│[   48,500 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    基本財産運用受取利息   │    24,500  │        │    24,000  │        │    48,500  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   受取寄付金         │[  4,100,000 ]│        │[  2,000,000 ]│[      0 ]│[  6,100,000 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    受取寄付金収入      │  4,100,000  │        │  2,000,000  │        │  6,100,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   事業収益          │[  8,300,000 ]│        │[   200,000 ]│[       ]│[  8,500,000 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    受取手数料        │  2,400,000  │        │   200,000  │  2,600,000  │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    協賛金収入        │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    参加料収入        │  4,000,000  │        │        │        │  4,000,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    テナント収入       │  1,900,000  │        │        │        │  1,900,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    助成金収入        │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   受取補助金等        │[ 26,300,000 ]│[  9,660,000 ]│[  3,316,000 ]│[  3,400,000 ]│[ 35,876,000 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    運営補助金収入      │  23,000,000  │        │  2,916,000  │        │  25,916,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    受託事業補助金      │      0  │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    受託業務補助金      │   300,000  │        │        │        │   300,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    イベント事務受託料    │  3,000,000  │        │   400,000  │  3,400,000  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    駐車場収入        │        │  9,660,000  │        │        │  9,660,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    観光メニュー開発事業   │        │        │        │      0  │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   雑収益           │[   71,500 ]│[    1,000 ]│[       ]│[      0 ]│[   72,500 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    受取利息         │    3,000  │    1,000  │        │        │    4,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    雑収益          │    68,500  │      0  │        │        │    68,500  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     経常収益計       │  38,796,000  │  9,661,000  │  5,540,000  │  3,400,000  │  50,597,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│(2)経常費用          │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   事業費           │[ 38,796,000 ]│        │[       ]│[  3,000,000 ]│[ 35,796,000 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    役務費          │  1,200,000  │        │        │        │  1,200,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    報償費          │   590,000  │        │        │        │   590,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    需用費          │  2,200,000  │        │        │  2,200,000  │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    修繕費          │   270,000  │        │        │   270,000  │        │└─────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘┌─────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│     科     目     │ 観光振興事業 │  収益事業  │  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    負担費          │  1,600,000  │        │        │        │  1,600,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    委託費          │  8,260,000  │        │        │  3,000,000  │  5,260,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    給与手当         │  11,900,000  │        │        │        │  11,900,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    賃金           │  3,300,000  │        │        │        │  3,300,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    福利厚生費        │  2,950,000  │        │        │        │  2,950,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    旅費交通費        │  1,600,000  │        │        │        │  1,600,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    通信運搬費        │   720,000  │        │        │        │   720,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    消耗品費         │   450,000  │        │        │        │   450,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    賃借料          │  1,900,000  │        │        │        │  1,900,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    公租公課         │    45,000  │        │        │        │    45,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    光熱水費         │   270,000  │        │        │        │   270,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    会議費          │    80,000  │        │        │        │    80,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    渉外費          │   450,000  │        │        │        │   450,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    購読費          │   130,000  │        │        │        │   130,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    車両費          │   180,000  │        │        │        │   180,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    リース費         │   150,000  │        │        │        │   150,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    減価償却費        │   461,000  │        │        │        │   461,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    雑費           │    90,000  │        │        │        │    90,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│                 │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│   管理費           │[       ]│[  9,661,000 ]│[  5,540,000 ]│[   400,000 ]│[ 14,801,000 ]│├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    役務費          │        │    30,000  │   350,000  │        │   380,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    報償費          │        │        │    70,000  │        │    70,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    需用費          │        │   230,000  │   650,000  │        │   880,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    修繕費          │        │        │    30,000  │        │    30,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    負担費          │        │  1,160,000  │   255,000  │        │  1,415,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    委託費          │        │        │  1,151,000  │   400,000  │   751,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    給与手当         │        │        │  1,340,000  │        │  1,340,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    賃金           │        │  7,300,000  │   400,000  │        │  7,700,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    福利厚生費        │        │    40,000  │    330,000  │        │   370,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    旅費交通費        │        │        │   200,000  │        │   200,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    通信運搬費        │        │        │    80,000  │        │    80,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    消耗品費         │        │        │    50,000  │        │    50,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    賃借料          │        │        │   300,000  │        │   300,000  │└─────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘┌─────────────────┬────────┬────────┬────────┬────────┬────────┐│     科     目     │ 観光振興事業 │  収益事業  │  法人会計  │ 内部取引控除 │   合計   │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    公租公課         │        │   500,000  │    5,000  │        │   505,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    光熱水費         │        │   380,000  │    30,000  │        │   410,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    会議費          │        │        │    20,000  │        │    20,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    渉外費          │        │        │    50,000  │        │    50,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    購読費          │        │        │    20,000  │        │    20,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    使用料          │        │        │    20,000  │        │    20,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    車両費          │        │        │    20,000  │        │    20,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    リース費         │        │        │    20,000  │        │    20,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    減価償却費        │        │        │   139,000  │        │   139,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    雑費           │        │    21,000  │    10,000  │        │    31,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│    経常費用計        │  38,796,000  │   9,661,000  │   5,540,000  │  3,400,000  │  50,597,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      当期経常増減額    │      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│2.経常外増減の部        │        │        │        │        │        ││(1)経常外収益         │        │        │        │        │        ││                 │        │        │        │        │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     経常外収益計      │      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│(2)経常外費用         │        │        │        │        │        ││    車両運搬具除却損     │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│     経常外費用計      │      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      当期経常外増減額   │      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      当期一般正味財産増減額│      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      他会計振替額     │        │        │        │        │        │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      一般正味財産期首残高 │      0  │      0  │      0  │      0  │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      一般正味財産期末残高 │  7,698,949  │      0  │      0  │      0  │  7,698,949  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅱ 指定正味財産増減の部     │        │        │        │        │        ││     受取補助金       │  35,000,000  │        │      0  │        │  35,000,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      当期指定正味財産増減額│  35,000,000  │      0  │      0  │      0  │  35,000,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      指定正味財産期首残高 │      0  │      0  │      0  │        │      0  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│      指定正味財産期末残高 │  35,000,000  │      0  │      0  │      0  │  35,000,000  │├─────────────────┼────────┼────────┼────────┼────────┼────────┤│Ⅲ 正味財産期末残高       │  42,698,949  │      0  │      0  │      0  │  42,698,949  │└─────────────────┴────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘                                    収 支 予 算 書 明 細                                 平成31年4月1日から令和2年3月31日まで                                                                                (単位:円)┌──────────────────┬────────┬────────┬──────────┬────────┬─────────┬────────┬────────┐│      科    目      │  法人会計  │ 前年度本部会計 │ 全島ハーリー大会 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│Ⅰ 一般正味財産増減の部      │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│ 1.経常増減の部         │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│ (1)経常収益            │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  基本財産運用益         │[   48,500 ]│[   48,500 ]│[        0 ]│[      0 ]│[       0 ]│[      0 ]│[   48,500 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   基本財産運用受取利息     │    48,500  │    48,500  │          │        │         │        │    48,500  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  受取寄附金           │[  4,000,000 ]│[  4,000,000 ]│[    1,000,000 ]│[  1,100,000 ]│[       0 ]│[      0 ]│[  6,100,000 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   受取寄附金収入        │  4,000,000  │  4,000,000  │     1,000,000  │  1,100,000  │       0  │        │  6,100,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  事業収益            │[  2,600,000 ]│[  2,968,500 ]│[    3,700,000 ]│[  2,200,000 ]│[       0 ]│[      0 ]│[  8,500,000 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   受取手数料          │  2,600,000  │  2,968,500  │          │        │         │        │  2,600,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   協賛金収入          │        │        │          │        │         │        │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   参加料収入          │        │        │    3,600,000  │   400,000  │         │        │  4,000,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   テナント収入         │        │        │     100,000  │  1,800,000  │         │        │  1,900,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   助成金収入          │        │        │          │        │         │        │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  受取補助金等          │[ 24,773,000 ]│[ 24,773,000 ]│[        0 ]│[  4,843,000 ]│[   9,660,000 ]│[  3,400,000 ]│[ 35,876,000 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   運営補助金          │  21,073,000  │  21,073,000  │        0  │  4,843,000  │         │        │  25,916,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   受託事業補助金        │      0  │      0  │          │        │         │        │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   受託業務補助金        │   300,000  │   300,000  │          │        │         │        │   300,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   イベント事務受託金      │  3,400,000  │  3,400,000  │          │        │         │  3,400,000  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   駐車場収入          │        │        │          │        │   9,660,000  │        │  9,660,000  │└──────────────────┴────────┴────────┴──────────┴────────┴─────────┴────────┴────────┘┌──────────────────┬────────┬────────┬──────────┬────────┬─────────┬────────┬────────┐│      科    目      │  法人会計  │ 前年度本部会計 │ 全島ハーリー大会 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   観光メニュー開発事業     │        │        │          │        │         │        │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  雑収益             │[   69,500 ]│[   61,000 ]│[      1,000 ]│[    1,000 ]│[     1,000 ]│[      0 ]│[   72,500 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   受取利息           │    1,000  │    1,000  │      1,000  │    1,000  │     1,000  │         │     4,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   雑収益            │    68,500  │    60,000  │          │        │       0  │        │    68,500  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│    経常収益計         │  31,491,000  │  31,851,000  │    4,701,000  │  8,144,000  │   9,661,000  │  3,400,000  │  50,597,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤  (2)経常費用            │        │        │          │        │         │        │        ││                  │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  事業費             │[       ]│[       ]│[    4,701,000 ]│[  8,144,000 ]│[       0 ]│[  3,400,000 ]│[  9,445,000 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   役務費(イベント)      │        │        │     650,000  │   400,000  │         │        │  1,050,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   報償費(イベント)      │        │        │     210,000  │   150,000  │         │        │   360,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   需用費(イベント)      │        │        │     750,000  │  1,000,000  │         │        │  1,750,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   修繕費(イベント)      │        │        │     200,000  │    50,000  │         │        │   250,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   負担費(イベント)      │        │        │          │  1,704,000  │         │        │  1,704,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   委託費(イベント)      │        │        │    2,891,000  │  4,840,000  │         │  3,400,000  │  4,331,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│  管理費             │[ 31,491,000 ]│[ 31,851,000 ]│[        0 ]│[      0 ]│[   9,661,000 ]│[      0 ]│[ 41,152,000 ]│├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   給与手当           │  13,240,000  │  13,240,000  │          │        │         │        │  13,240,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   賃金             │  3,700,000  │  3,700,000  │          │        │   7,300,000  │        │  11,000,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   福利厚生費          │  3,280,000  │  3,280,000  │          │        │     40,000  │        │  3,320,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   旅費交通費          │  1,800,000  │  1,800,000  │          │        │         │        │  1,800,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   通信運搬費          │   800,000  │   800,000  │          │        │         │        │   800,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   消耗品費           │   500,000  │   500,000  │          │        │         │        │   500,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   賃借料            │  2,200,000  │  2,200,000  │          │        │         │        │  2,200,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   公租公課           │    50,000  │    50,000  │          │        │    500,000  │        │   550,000  │└──────────────────┴────────┴────────┴──────────┴────────┴─────────┴────────┴────────┘┌──────────────────┬────────┬────────┬──────────┬────────┬─────────┬────────┬────────┐│      科    目      │  法人会計  │ 前年度本部会計 │ 全島ハーリー大会 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   役務費            │   500,000  │   500,000  │          │        │     30,000  │        │   530,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   報償費            │   300,000  │   300,000  │          │        │         │        │   300,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   需用費            │  1,100,000  │  1,100,000  │          │        │    230,000  │        │  1,330,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   修繕費            │    50,000  │    50,000  │          │        │         │        │    50,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   負担費            │   151,000  │   151,000  │          │        │   1,160,000  │        │  1,311,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   委託費            │  1,680,000  │  1,700,000  │          │        │         │        │  1,680,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   光熱水費           │   300,000  │   300,000  │          │        │    380,000  │        │   680,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   会議費            │   100,000  │   200,000  │          │        │         │        │   100,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   渉外費            │   500,000  │   500,000  │          │        │         │        │   500,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   購読費            │   150,000  │   150,000  │          │        │         │        │   150,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   使用料            │    20,000  │    20,000  │          │        │         │        │    20,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   車両費            │   200,000  │   200,000  │          │        │         │        │   200,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   リース料           │   170,000  │   410,000  │          │        │         │        │   170,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   減価償却費          │   600,000  │   600,000  │          │        │         │        │   600,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│   雑費             │   100,000  │   100,000  │          │        │     21,000  │        │   121,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│    経常費用計         │  31,491,000  │  31,851,000  │    4,701,000  │  8,144,000  │   9,661,000  │  3,400,000  │  50,597,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│      当期経常増減額     │      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│2.経常外増減の部         │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│ (1)経常外収益           │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│                  │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│     経常外収益計       │      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│ (2)経常外費用           │        │        │          │        │         │        │        │└──────────────────┴────────┴────────┴──────────┴────────┴─────────┴────────┴────────┘┌──────────────────┬────────┬────────┬──────────┬────────┬─────────┬────────┬────────┐│      科    目      │  法人会計  │ 前年度本部会計 │ 全島ハーリー大会 │ 名護さくら祭り │  市営駐車場  │ 内部取引控除 │   合計   │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│     指定正味財産へ振替額   │      0  │      0  │          │        │         │        │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│      経常外費用計      │      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       当期経常外増減額   │      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       当期一般正味財産増減額│      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       一般正味財産期首残高 │        │        │          │        │         │      0  │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       一般正味財産期末残高 │  1,348,418  │  4,573,248  │    1,998,389  │   888,906  │   3,463,236  │      0  │  7,698,949  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│Ⅱ 指定正味財産増減の部      │        │        │          │        │         │        │        ││                  │        │        │          │        │         │        │        │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│     一般正味財産より振替額  │  35,000,000  │  35,000,000  │        0  │      0  │       0  │      0  │  35,000,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       当期指定正味財産増減額│  35,000,000  │  35,000,000  │        0  │      0  │       0  │      0  │  35,000,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       指定正味財産期首残高 │      0  │      0  │        0  │      0  │       0  │      0  │      0  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│       指定正味財産期末残高 │  35,000,000  │  35,000,000  │          │        │         │        │  35,000,000  │├──────────────────┼────────┼────────┼──────────┼────────┼─────────┼────────┼────────┤│Ⅲ 正味財産期末残高        │  36,348,418  │  39,573,248  │    1,998,389  │   888,906  │   3,463,236  │      0  │  42,698,949  │└──────────────────┴────────┴────────┴──────────┴────────┴─────────┴────────┴────────┘ ○大城秀樹議長 報告第11号 専決処分した事件の報告について(市長の専決事項の指定による処分)の説明を求めます。比嘉克宏農林水産部長。 ◎比嘉克宏農林水産部長 議案書の92ページをお願いいたします。 △報告第11号    専決処分した事件の報告について(市長の専決事項の指定による処分) 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180号第1項の規定により市長の専決事項として、指定された事項について次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により議会に報告します。  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊1 指定第1号(契約価格の変更)による専決処分 ┌─┬──────────────┬───────┬────────────────┐ │ │     契 約 名     │  議 決  │     契 約 金 額     │ ├─┼──────────────┼───────┼────────────────┤ │1│名護市食鳥処理施設電気設備工│第189回定例会 │議決契約金額    219,704,400円│ │ │事請負契約         │議案第65号  │                │ │ ├──────────────┴───────┼────────────────┤ │ │専決処分日:平成31年2月7日        │変更契約金額    224,496,360円│ │ │※第194回定例会報告済み           │増減額        4,791,960円│ │ ├──────────────────────┼────────────────┤ │ │専決処分日:平成31年3月15日        │変更契約金額    225,776,160円│ │ │                      │増減額        1,279,800円│ ├─┼──────────────┬───────┼────────────────┤ │2│名護市食鳥処理施設機械設備工│第189回定例会 │議決契約金額   1,148,256,000円│ │ │事請負契約         │議案第66号  │                │ │ ├──────────────┴───────┼────────────────┤ │ │専決処分日:平成30年12月20日        │変更契約金額   1,151,376,120円│ │ │※第194回定例会報告済み           │増減額        3,120,120円│ │ ├──────────────────────┼────────────────┤ │ │専決処分日:平成31年2月7日        │変更契約金額   1,157,616,360円│ │ │※第194回定例会報告済み           │増減額        6,240,240円│ │ ├──────────────────────┼────────────────┤ │ │専決処分日:平成31年3月25日        │変更契約金額   1,159,696,440円│ │ │                      │増減額        2,080,080円│ └─┴──────────────────────┴────────────────┘2 指定第4号(損害賠償の額の決定及び和解)による専決処分 ┌─┬───────────┬──────────┬─────────────────────┐ │ │  事件発生年月日  │          │                     │ │ │  事件発生課等名  │  損害賠償の額  │    事件の概要及び和解の内容     │ │ │  専決処分年月日  │          │                     │ ├─┼───────────┼──────────┼─────────────────────┤ │1│平成30年10月31日   │     1,209,261円│[事件概要]               │ │ │教育委員会総務課   │[内訳]      │ 国道58号(数久田交差点)において、信号待│ │ │平成31年2月20日   │     乙915,141円│ちをしていた乙車両に後方から追突し、その衝│ │ │           │     丙294,120円│撃により乙車両が前方にいた丙車両へ追突する│ │ │           │          │玉突き事故となり、相手方乙車両及び相手方丙│ │ │           │          │車両に損害を与えた。           │ │ │           │          │[和解内容]               │ │ │           │          │ 事故の責任割合は、名護市100%、相手方0 │ │ │           │          │%とし、名護市は相手方乙に対し915,141円、 │ │ │           │          │相手方丙に対し294,120円、合計1,209,261円を│ │ │           │          │支払う。                 │ ├─┼───────────┼──────────┼─────────────────────┤ │2│平成31年1月17日   │(1)   450,000円│[事件概要]               │ │ │教育委員会総務課   │(2)   221,000円│ 二見トンネル過ぎの国道329号において、前 │ │ │(1)車両部分    │          │方走行中の車両が左折した後、急に本線へ戻っ│ │ │平成31年3月18日   │          │てきたため、衝突を避けようとし反対車線の │ │ │(2)ガードレール部分│          │ガードレールに衝突した際、当該車線を走行し│ │ │ 令和元年5月15日  │          │ていた相手方車両と接触し、損害を与えた。 │ │ │           │          │[和解内容]               │ │ │           │          │(1)事故の責任割合は、名護市100%、相手 │ │ │           │          │  方0%とし、名護市は相手方に対し   │ │ │           │          │  450,000円を支払う。          │ │ │           │          │(2)名護市は、ガードレール破損に関する一│ │ │           │          │  切の損害賠償として修理費用221,000円を │ │ │           │          │  相手方に支払う。           │ └─┴───────────┴──────────┴─────────────────────┘ 資料報告11をごらんください。名護市食鳥処理施設電気設備工事請負契約でございます。めくりまして、資料の1ページでございますが、1番から10番までは先ほど申し上げたとおりでございます。6番目の建築面積が6,297.79平米、7番目の延床面積が5,799.86平米でございます。工期につきましては平成29年12月20日から令和元年5月31日でございます。13番目の契約相手方ですが、新沖縄精器株式会社・有限会社北部通信建設特定建設工事共同企業体。代表者、名護市大西四丁目13番17号、新沖縄精器株式会社、代表取締役玉代勢司。構成員、名護市大西四丁目13番17号、有限会社北部通信建設、代表取締役玉代勢厚でございます。14番目の変更の概要です。電気設備工事の変更で、今3月の工程会議の中において、工場内のこん包済み製品を運搬する電動のフォークリフト及び日常管理に必要な車両清掃用のコンプレッサーの電源が必要だということで協業組合から要請があり、現場で確認したところ現段階での設置が可能であったため、分電盤の追加とそれに伴う配管・配線工事の追加を行ったものでございます。分電盤1基の追加、それから電源盤1個の追加、配管工事として83.1メートルの追加、配線工事として362メートルの追加となってございます。2ページをごらんください。1階平面図でございます。左側に緑の丸印のほうがこん包を搬出する際に電動のフォークリフトを使用するということでフォークリフト用の分電盤が追加となっております。右側の緑の三角でございますが、これが新たな分電盤の追加と。赤いラインが追加配線と配管ということでございます。続きまして2の名護市食鳥処理施設機械設備請負契約の説明資料をごらんください。これも先ほど説明しましたので、13番目の契約相手方、有限会社丸正工業・株式会社秀KEN・有限会社嶺井工業特定建設工事共同企業体でございます。代表者としまして、名護市城一丁目21番15号、有限会社丸正工業、代表取締役比嘉正直。構成員、名護市字中山324番地8、株式会社秀KEN、代表取締役崎浜秀敏。構成員、名護市大北五丁目2番48号、有限会社嶺井工業、代表取締役嶺井政一でございます。14番目の変更の概要でございます。給水引き込み工事の変更。これは工業用水の給水引き込みでございます。食鳥処理用水については、工業用水を浄化して使用する計画となってございます。現場において、工業用水水道管の末端が企業局で確認した位置よりも手前側になっておりまして、その末端部分が空気弁、分岐管が近接して設置されていることから、その部分を避けた位置で分岐する配管ルートを変更してございます。また、工業用水施設の管理者である沖縄企業局へ給水申し込みを行った際に、企業局の内部規定により管材を硬質塩化ビニル管からダクタイル鋳鉄管へ変更するよう指導がありました。それで使用管材についても変更を行った次第でございます。工業用水引き込み工事として、208万80円の変更でございます。変更前の硬質塩化ビニル管が32メートル、変更後のダクタイル鋳鉄管が58メートルでございます。めくりまして2ページでございます。図面の左側ですが、青い破線が工業用水の本管が走ってございます。もともと、当初配管が青い実線で描かれてございます。その工業用水本管の末端が分岐する予定でございましたが、先ほど申し上げた理由により、少し後退し、赤いラインに変更をしてございます。 ○大城秀樹議長 石川達義教育次長。 ◎石川達義教育次長 続きまして同じく議案書92ページをお願いします。私のほうからは指定第4号について説明をいたします。説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 同意第3号 固定資産評価審査委員会の委員の選任についての説明を求めます。祖慶実季総務部長。 ◎祖慶実季総務部長 議案書の94ページをお願いします。 △同意第3号    固定資産評価審査委員会の委員の選任について 固定資産評価審査委員会の委員に下記の者を選任したいので、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により、議会の同意を求めます。          記 住  所  ----------- 氏  名  金城 哲成 生年月日  --------  令和元年6月13日提出                              名護市長 渡具知 武豊提案理由 委員の任期満了に伴い、本案を提出します。 主な経歴につきましては、別添で資料を提出しておりますのでご確認のほどよろしくお願いいたします。説明は以上でございます。 ○大城秀樹議長 暫時休憩いたします。                              休 憩(午後0時19分) (当局退席)                              再 開(午後0時20分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 先議案件を議題といたします。日程第22 意見書案第10号 キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する意見書、日程第23 決議案第1号 キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する決議、日程第24 意見書案第11号 キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する意見書、日程第25 決議案第2号 キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する決議、以上4件について審議に入ります。 お諮りいたします。意見書案第10号及び決議案第1号については、説明者が同一ですので、一括して説明することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議ありませんので、そのように決定されました。 意見書案第10号 キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する意見書及び決議案第1号 キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する決議について、提出者から趣旨説明を求めます。金城隆軍事基地等対策特別委員会委員長。 ◎金城隆軍事基地等対策特別委員会委員長 それでは意見書案を読み上げます。 △意見書案第10号    キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する意見書 上記の意見書案を別紙のとおり提出します。 令和元年6月13日名護市議会議長 大城 秀樹 殿                         提出者 名護市議会議員                                金 城  隆     岸 本 洋 平                         島 袋  力     大 浜 幸 秀                         川 野 純 治    宮 城 さゆり                         大 城 敬 人    比 嘉 勝 彦                         平  光 男     翁 長 久美子                         宮 城 安 秀    金 城 善 英宛先 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、 衆議院議長参議院議長、沖縄防衛局長、外務省特命全権大使(沖縄担当)   キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する   意見書 平成31年2月26日、午後0時30分から午後7時48分までの間、キャンプ・シュワーブ演習区域から80デシベル以上の騒音が辺野古測定局で84回、久志測定局で64回確認された。各局の最大値は辺野古区で午後3時5分98.7デシベル、久志区で午後4時43分93.9デシベルを記録した。 さらにこの日は照明弾を使用した訓練も夜間に及び実施された。報道によると、地域住民からは「ふだんなれている音よりもはるかに大きく激しい音だった。まるで戦場のようだった。大変迷惑だ」、「1度に8発ぐらい上がって、山の峰が見えるくらい明るかった。以前から照明弾の訓練はあったが最近はなかった。増えるのではと心配だ。非常にうるさかった」との声が上がっている。実際、照明弾を使用した実弾射撃訓練は平成28年1月7日に確認された以降は記録されておらず、ふだんと違う光景を目の当たりにした地域住民に苦痛と恐怖を与えたことは看過できるものではない。 キャンプ・シュワーブ演習場における廃弾処理及び訓練による爆発音や振動については、これまでも近隣の公共施設や住宅に被害を与えており、そのたびに地域住民は恐怖や不安等の強いストレスを感じている。幾度となく自粛や改善を求め沖縄防衛局や在沖米軍関係機関へ抗議をしてきたが、一向に改善される兆しはなく、我慢のできない限界に達している。 よって名護市議会は市民の生命・財産を守る立場から、キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し厳重に抗議するとともに、地域住民の生活に影響を及ぼすような騒音等を伴う演習の即時中止を強く求める。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和元年6月13日                              沖縄県名護市議会 △決議案第1号    キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する決議 上記の決議案を別紙のとおり提出します。 令和元年6月13日名護市議会議長 大城 秀樹 殿                         提出者 名護市議会議員                                金 城  隆     岸 本 洋 平                         島 袋  力     大 浜 幸 秀                         川 野 純 治    宮 城 さゆり                         大 城 敬 人    比 嘉 勝 彦                         平  光 男     翁 長 久美子                         宮 城 安 秀    金 城 善 英宛先 駐日米国大使、在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖米国総領事   キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し抗議する   決議 平成31年2月26日、午後0時30分から午後7時48分までの間、キャンプ・シュワーブ演習区域から80デシベル以上の騒音が辺野古測定局で84回、久志測定局で64回確認された。各局の最大値は辺野古区で午後3時5分98.7デシベル、久志区で午後4時43分93.9デシベルを記録した。 さらにこの日は照明弾を使用した訓練も夜間に及び実施された。報道によると、地域住民からは「ふだんなれている音よりもはるかに大きく激しい音だった。まるで戦場のようだった。大変迷惑だ」、「1度に8発ぐらい上がって、山の峰が見えるくらい明るかった。以前から照明弾の訓練はあったが最近はなかった。増えるのではと心配だ。非常にうるさかった」との声が上がっている。実際、照明弾を使用した実弾射撃訓練は平成28年1月7日に確認された以降は記録されておらず、ふだんと違う光景を目の当たりにした地域住民に苦痛と恐怖を与えたことは看過できるものではない。 キャンプ・シュワーブ演習場における廃弾処理及び訓練による爆発音や振動については、これまでも近隣の公共施設や住宅に被害を与えており、そのたびに地域住民は恐怖や不安等の強いストレスを感じている。幾度となく自粛や改善を求め沖縄防衛局や在沖米軍関係機関へ抗議をしてきたが、一向に改善される兆しはなく、我慢のできない限界に達している。 よって名護市議会は市民の生命・財産を守る立場から、キャンプ・シュワーブ演習場における照明弾を使用した実弾射撃訓練等に対し厳重に抗議するとともに、地域住民の生活に影響を及ぼすような騒音等を伴う演習の即時中止を強く求める。 以上、決議する。  令和元年6月13日                              沖縄県名護市議会 ○大城秀樹議長 これから意見書案第10号及び決議案第1号の審議に入ります。 お諮りいたします。意見書案第10号及び決議案第1号について、質疑、討論を省略して採決することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議ありませんので、そのように決定されました。 お諮りいたします。意見書案第10号及び決議案第1号は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。よって意見書案第10号及び決議案第1号は、原案のとおり可決されました。 次に、意見書案第11号 キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する意見書及び決議案第2号 キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する決議については、提出者が同一でありますので、一括して説明することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議ありませんので、そのように決定されました。 意見書案第11号及び決議案第2号について、提出者から趣旨説明を求めます。金城隆軍事基地等対策特別委員会委員長。 ◎金城隆軍事基地等対策特別委員会委員長 それでは意見書第11号及び決議案第2号について説明します。 △意見書案第11号    キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する意見書 上記の意見書案を別紙のとおり提出します。 令和元年6月13日名護市議会議長 大城 秀樹 殿                         提出者 名護市議会議員                                金 城  隆     岸 本 洋 平                         島 袋  力     大 浜 幸 秀                         川 野 純 治    宮 城 さゆり                         大 城 敬 人    比 嘉 勝 彦                         平  光 男     翁 長 久美子                         宮 城 安 秀    金 城 善 英宛先 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、 衆議院議長参議院議長、沖縄防衛局長、外務省特命全権大使(沖縄担当)     キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する意見書 平成31年4月13日、北谷町桑江において米海軍兵が日本人女性を殺害し、その場で自殺する事件が発生した。沖縄県警によると、容疑者は在沖海兵隊所属の米海軍兵で、名護市辺野古のキャンプ・シュワーブに居住していた。 今回の事件は、今年1月、米海軍兵に対し被害女性への接触を禁止する軍事保護命令「MPO(ミリタリー・プロテクティブ・オーダー)」を出していたにもかかわらず、事件当日に外出許可を与えた米軍の対応は重い監督責任が問われるものである。 そのことを含め、今年2月に大幅に規制が緩和された米兵らの深夜外出・基地外飲酒を制限する公務時間外行動規則(リバティー制度)が全く機能していないことを露呈したものと言わざるを得ない。 県内では平成28年にもうるま市で当時20歳の本市出身の女性を暴行、殺害し無期懲役が確定した元米海兵隊員で当時軍属による事件に続き、同年、キャンプ・シュワーブ所属米海軍水兵による女性への準強姦事件が起こるなど、これまで米軍人・軍属等による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正、再発防止及び教育の徹底等を抗議・要請しているにもかかわらず、事件が繰り返されることに激しい憤りを禁じ得ない。 よって名護市議会は市民の尊厳・人権を守る立場から、米軍及び関係機関に対し厳重に抗議するとともに下記事項について強く要求する。                     記1 被害女性の家族や関係者への誠意ある謝罪と完全なる補償を行うこと。2 米軍人・軍属の教育を徹底し、綱紀粛正及び事件・事故の再発防止に向け、実効性のある対策を講じること。3 「リバティー制度」の緩和措置を撤回し規制を強化すること。4 日米地位協定の抜本的な見直しを図ること。5 在沖米軍基地の整理・縮小を促進すること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和元年6月13日                              沖縄県名護市議会 △決議案第2号        キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する決議 上記の決議案を別紙のとおり提出します。 令和元年6月13日名護市議会議長 大城 秀樹 殿                         提出者 名護市議会議員                                金 城  隆     岸 本 洋 平                         島 袋  力     大 浜 幸 秀                         川 野 純 治    宮 城 さゆり                         大 城 敬 人    比 嘉 勝 彦                         平  光 男     翁 長 久美子                         宮 城 安 秀    金 城 善 英宛先 駐日米国大使、在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖米国総領事      キャンプ・シュワーブ居住米海軍兵による女性殺人事件に関する決議 平成31年4月13日、北谷町桑江において米海軍兵が日本人女性を殺害し、その場で自殺する事件が発生した。沖縄県警によると、容疑者は在沖海兵隊所属の米海軍兵で、名護市辺野古のキャンプ・シュワーブに居住していた。 今回の事件は、今年1月、米海軍兵に対し被害女性への接触を禁止する軍事保護命令「MPO(ミリタリー・プロテクティブ・オーダー)」を出していたにもかかわらず、事件当日に外出許可を与えた米軍の対応は重い監督責任が問われるものである。 そのことを含め、今年2月に大幅に規制が緩和された米兵らの深夜外出・基地外飲酒を制限する公務時間外行動規則(リバティー制度)が全く機能していないことを露呈したものと言わざるを得ない。 県内では平成28年にもうるま市で当時20歳の本市出身の女性を暴行、殺害し無期懲役が確定した元米海兵隊員で当時軍属による事件に続き、同年、キャンプ・シュワーブ所属米海軍水兵による女性への準強姦事件が起こるなど、これまで米軍人・軍属等による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正、再発防止及び教育の徹底等を抗議・要請しているにもかかわらず、事件が繰り返されることに激しい憤りを禁じ得ない。 よって名護市議会は市民の尊厳・人権を守る立場から、米軍及び関係機関に対し厳重に抗議するとともに下記事項について強く要求する。                     記1 被害女性の家族や関係者への誠意ある謝罪と完全なる補償を行うこと。2 米軍人・軍属の教育を徹底し、綱紀粛正及び事件・事故の再発防止に向け、実効性のある対策を講じること。3 「リバティー制度」の緩和措置を撤回し規制を強化すること。4 日米地位協定の抜本的な見直しを図ること。5 在沖米軍基地の整理・縮小を促進すること。 以上、決議する。  令和元年6月13日                              沖縄県名護市議会 ○大城秀樹議長 これから意見書案第11号及び決議案第2号の審議に入ります。 お諮りいたします。意見書案第11号及び決議案第2号について、質疑、討論を省略して採決することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議ありませんので、そのように決定されました。 お諮りいたします。意見書案第11号及び決議案第2号は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議なしと認めます。よって意見書案第11号及び決議案第2号は、原案のとおり可決されました。暫時休憩いたします。                              休 憩(午後0時37分)                              再 開(午後0時38分) ○大城秀樹議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ただいま可決した意見書案等の要請行動については、調整がつき次第、地方自治法第100条第13項及び名護市議会会議規則第166条の規定により、提出者を中心に議員派遣を行いたいと思いますが、ご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ご異議ありませんので、そのように決定されました。 本日はこれにて散会します。ご苦労さまでした。                              散 会(午後0時39分)...