運営者 Bitlet 姉妹サービス
延岡市議会 > 2012-09-04 >
平成24年第 8回定例会(第1号 9月 4日)
平成24年第 8回定例会(第1号 9月 4日)

ツイート シェア
  1. 延岡市議会 2012-09-04
    平成24年第 8回定例会(第1号 9月 4日)


    取得元: 延岡市議会公式サイト
    最終取得日: -
    平成24年第 8回定例会(第1号 9月 4日) 議  事  日  程  ( 第 一 号 )  第八回延岡市議会(定例会)第一日 平成二十四年九月四日(火)午前十時開会   第一    会期の決定 第二    議席の指定 第三   1議案第一五号 平成二十三年度延岡市一般会計歳入歳出決算の認定      2議案第一六号 平成二十三年度延岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の              認定      3議案第一七号 平成二十三年度延岡市食肉センター特別会計歳入歳出決算の              認定      4議案第一八号 平成二十三年度延岡市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定      5議案第一九号 平成二十三年度延岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算              の認定      6議案第二〇号 平成二十三年度延岡市水道事業会計決算の認定      7議案第二一号 平成二十三年度延岡市下水道事業会計決算の認定
         8議案第二二号 平成二十四年度延岡市一般会計補正予算      9議案第二三号 平成二十四年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算     10議案第二四号 平成二十四年度延岡市介護保険特別会計補正予算     11議案第二五号 延岡市恒富南コミュニティセンター条例の制定     12議案第二六号 延岡市防災会議条例及び延岡市災害対策本部条例の一部を改              正する条例の制定     13議案第二七号 延岡市水防協議会条例の一部を改正する条例の制定     14議案第二八号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定     15議案第二九号 延岡市暴力団排除条例の一部を改正する条例の制定     16議案第三〇号 宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議     17議案第三一号 財産の取得(クレアパーク延岡工業団地緑地ゾーン用地)     18議案第三二号 専決処分の承認(平成二十四年度延岡市一般会計補正予算) 本日の会議に付した事件 日程第一    会期の決定 日程第二    議席の指定 日程第三   1議案第一五号 平成二十三年度延岡市一般会計歳入歳出決算の認定        2議案第一六号 平成二十三年度延岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決                算の認定        3議案第一七号 平成二十三年度延岡市食肉センター特別会計歳入歳出決                算の認定        4議案第一八号 平成二十三年度延岡市介護保険特別会計歳入歳出決算の                認定        5議案第一九号 平成二十三年度延岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出                決算の認定        6議案第二〇号 平成二十三年度延岡市水道事業会計決算の認定        7議案第二一号 平成二十三年度延岡市下水道事業会計決算の認定        8議案第二二号 平成二十四年度延岡市一般会計補正予算        9議案第二三号 平成二十四年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算       10議案第二四号 平成二十四年度延岡市介護保険特別会計補正予算       11議案第二五号 延岡市恒富南コミュニティセンター条例の制定       12議案第二六号 延岡市防災会議条例及び延岡市災害対策本部条例の一部                を改正する条例の制定       13議案第二七号 延岡市水防協議会条例の一部を改正する条例の制定       14議案第二八号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定       15議案第二九号 延岡市暴力団排除条例の一部を改正する条例の制定       16議案第三〇号 宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議       17議案第三一号 財産の取得(クレアパーク延岡工業団地緑地ゾーン用地                )       18議案第三二号 専決処分の承認(平成二十四年度延岡市一般会計補正予                算) ◎午前十時十四分 開会 ○議長(佐藤 勉君)  これより第八回延岡市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付しております日程表のとおりであります。  今期定例会より、仮議場での議会開催となったことに伴いまして、この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。  仮議席は、ただいま御着席の議席といたします。  これより、今期定例会における会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に佐藤大志議員と佐藤 誠議員を指名いたします。 ◎日程第一 会期の決定 ○議長(佐藤 勉君)  日程第一 会期の決定についてお諮りいたします。  会期は、本日から九月二十四日までの二十一日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(佐藤 勉君)  御異議なしと認めます。よって、会期は、本日から九月二十四日までの二十一日間と決定いたしました。 ◎日程第二 議席の指定 ○議長(佐藤 勉君)  日程第二 議席の指定を行います。  議席は、会議規則第四条の規定により、議長において指定いたします。  議席番号と議員の氏名を職員に朗読させます。      〔職員朗読〕  一番 佐藤 勉議員  二番 長友幸子議員  三番 早瀨賢一議員  四番 下田英樹議員  五番 三上 毅議員  六番 小野正二議員  七番 白石良盛議員  八番 佐藤大志議員  九番 太田 龍議員  一〇番 葛城隆信議員 一一番 本部仁俊議員 一二番 上杉泰洋議員  一三番 西原茂樹議員 一四番 内田理佐議員 一五番 松田満男議員  一六番 甲斐正幸議員 一七番 河野治満議員 一八番 矢野戦一郎議員  一九番 松田和己議員 二〇番 中城あかね議員 二一番 髙木益夫議員  二二番 佐藤 誠議員 二三番 稲田雅之議員 二四番 平田信広議員  二五番 熊本貞司議員 二六番 稲田和利議員 二七番 小田忠良議員  二八番 上田美利議員 二九番 佐藤裕臣議員 ○議長(佐藤 勉君)  ただいま朗読いたしましたとおり、議席を指定いたします。 ◎日程第三 1議案第一五号 平成二十三年度延岡市一般会計歳入歳出決算の認定       2議案第一六号 平成二十三年度延岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定       3議案第一七号 平成二十三年度延岡市食肉センター特別会計歳入歳出決算の認定       4議案第一八号 平成二十三年度延岡市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定       5議案第一九号 平成二十三年度延岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定       6議案第二〇号 平成二十三年度延岡市水道事業会計決算の認定       7議案第二一号 平成二十三年度延岡市下水道事業会計決算の認定       8議案第二二号 平成二十四年度延岡市一般会計補正予算       9議案第二三号 平成二十四年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算      10議案第二四号 平成二十四年度延岡市介護保険特別会計補正予算      11議案第二五号 延岡市恒富南コミュニティセンター条例の制定      12議案第二六号 延岡市防災会議条例及び延岡市災害対策本部条例の一部を改正する条例の制定      13議案第二七号 延岡市水防協議会条例の一部を改正する条例の制定      14議案第二八号 延岡市火災予防条例の一部を改正する条例の制定      15議案第二九号 延岡市暴力団排除条例の一部を改正する条例の制定      16議案第三〇号 宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議      17議案第三一号 財産の取得(クレアパーク延岡工業団地緑地ゾーン用地)      18議案第三二号 専決処分の承認(平成二十四年度延岡市一般会計補正予算) ○議長(佐藤 勉君)  日程第三 議案第一五号平成二十三年度延岡市一般会計歳入歳出決算の認定外十七件を一括議題といたします。  当局の提案理由の説明を求めます。  なお、この際、あわせて平成二十四年度施政方針に関する行政報告を求めます。      〔市長(首藤正治君)登壇〕
    ○市長(首藤正治君)  九月定例会の開会に当たりまして、提案理由の説明に先立ち、平成二十四年度施政方針に関しまして、これまでの主な取り組み状況を御報告申し上げます。  初めに、東九州自動車道につきましては、新たに「須美江~北川間」と「清武~清武南間」が本年度中の供用開始予定となるなど、前倒しで整備が進められております。来年度には「日向~都農間」の整備が完了し、いよいよ延岡~宮崎間が全線高速道路でつながることになります。  今後とも、市民、関係団体と一丸となって、東九州自動車道「北浦~須美江間」や九州中央自動車道の早期整備に向けて、国や関係機関に強く働きかけてまいります。  地域公共交通の充実に関しましては、十一月と十二月の二カ月間、宮崎交通株式会社及び延岡市バス利用促進協議会と共同して、「まちなか循環バス」の実証運行を実施いたします。この間の利用者数や、アンケート調査などをもとに、本格運行について検討することにいたしております。  次に、メディカルタウン構想につきましては、宮崎県との共同寄附により宮崎大学医学部に開設した寄附講座の研究拠点が、四月一日に県立延岡病院に設置されております。これにより、専任教授が週一日程度勤務するほか、助教一名が常駐しており、医療機器の研究開発はもとより、地域医療の向上が促進されるものと考えております。  このような中、東九州メディカルバレー構想において、地域活性化総合特区としての金融支援策が国の認定を受け、また、県北の地場企業一社が医療機器製造業許可を取得するなど、徐々にではありますが、メディカルタウン構想の実現に向けた取り組みが進展しております。  クレアパーク延岡工業団地第二工区への企業誘致につきましては、五月十八日に、県及び関係機関とクレアパーク延岡工業団地企業立地促進協議会を設立し、情報の共有化を図るとともに、機動性のある、より効率的な誘致活動に取り組んでいくことにいたしております。  雇用対策につきましては、本定例会へも補正予算として提案しております国の緊急雇用基金事業の積極的な活用を図るほか、八月六日には就職説明会を開催するなど、雇用情勢の改善に積極的に取り組んでおります。  延岡市住宅リフォーム商品券事業につきましては、八月末の時点で一万四千三百六十八枚、額面に換算して七億一千八百四十万円が販売され、地域経済へ相当程度の波及効果をもたらしているものと考えております。  次に、JR延岡駅周辺の整備につきましては、五月末に「JR延岡駅周辺整備基本計画」を策定いたしました。現在、基本計画に基づき、JR九州と事業実施に向けた協議を行っており、駅舎や東西自由通路、駅前広場など、協議が整った施設から順次、具体的な設計を行ってまいります。  また、環境省から認証を受けた「延岡市市有林間伐型CO2吸収プロジェクト」におけるCO2吸収量を、クレジットとして、八月一日から販売を開始しております。今後は、この収益で森林の保全や林業の振興を図っていくことにいたしております。  次に、災害に強いまちづくりにつきましては、津波対策の強化のため、沿岸部に引き続き、内陸の地域について津波避難場所の見直しや避難路の整備に取り組んでおります。  このような中、南海トラフの巨大地震に関する津波高や想定浸水区域等が国から公表されました。今後は、県において、さらに詳しい解析が進められることから、その結果を踏まえながら、避難場所の検証や表示看板などの整備を進めてまいります。  消防救急無線のデジタル化につきましては、七月に実施設計業務に着手しており、平成二十七年度中の試験運用に向けて順調に進捗しております。  地域医療につきましては、本年6月から夜間急病センターにおける内科の水曜日の深夜帯診療を試行的に開始いたしました。これにより、深夜帯診療につきましては、水曜日から土曜日までの週四日に拡大することができました。  さらに、県立延岡病院におきましては、本年四月から精神科の診療が再開されており、医師確保に対する県当局の御尽力に深く感謝いたしております。  また、四月から運航が開始されましたドクターヘリにつきましては、七月末現在の本市での運用実績は十一件であり、それぞれ円滑な搬送がなされており、今後とも、救命率の向上や後遺症の軽減が図られるものと期待しております。  次に、学校施設整備につきましては、引き続き耐震化事業と新増改築事業を重点的に推進しております。  耐震化事業につきましては、夏休みの時期を中心に補強工事を実施し、一方、新増改築事業につきましては、新たに東小学校の校舎改築事業に取り組んでおり、西階中学校の校舎改築事業と同様に、年度内に実施設計を完了する予定にしております。  学校支援地域本部事業につきましては、北方中学校区において校内環境整備や登下校の見守りなど、また、岡富中学校、延岡中学校、恒富中学校、東海中学校では、数学と理科の授業支援に取り組んでおります。公民館寺子屋事業とあわせまして、地域住民や各種団体のボランティアの皆さんとの協働による子供の健全育成や教育力の向上が図られております。  市立図書館北川分館及び北川公民館につきましては、来年四月の開館に向け、移転先である北川町総合支所などの改修を行っております。  次に、新最終処分場につきましては、平成二十五年度中の供用開始を目指して、現在、順調に整備が進められております。また、整備の状況を市民の皆様に実感していただくために、公共事業市民見学会を開催したところでございます。  西環状線の整備につきましては、須崎中川原通線大門工区や岡富古川、多々良両地区の土地区画整理事業における富美山通線の整備に着手しており、本年度内の完成に向けて順調に進捗しております。  最後に、行政運営に関する取り組みでございます。  行財政改革につきましては、平成二十二年度に策定しました第六次行財政改革大綱・財政健全化計画に基づき、取り組みを進めております。  進捗状況としましては、平成二十三年度までに、計六十五の改革項目のうち六十三項目について取り組みを進めるなど、目標に向け、順調に成果を上げているところでございます。  今後とも、引き続き効率的、効果的な行財政運営に努めるとともに、市民サービスの向上に取り組んでまいります。  新庁舎建設につきましては、基本設計を終え、現在、実施設計に取り組んでおります。さらに、一期工事分となる議会棟、電算棟、東別館の解体撤去工事にも着手したところであります。  この間、本議場を初め、多くの事務室が仮庁舎へ移転しており、新庁舎の建設まで、市民の皆様に御不便をおかけすることになります。この場をおかりいたしまして、市民の皆様の御理解、御協力をお願い申し上げたいと考えております。  以上、施政方針に関するこれまでの取り組みの一端を申し上げましたが、このような中、本市出身の松田丈志選手が、ロンドンオリンピック競泳男子二百メートル・バラフライにおいて銅メダルを、四百メートル・メドレーリレーにおいて銀メダルを獲得いたしました。  市役所講堂に設置したパブリックビューイング会場には、バタフライ決勝当日の午前三時前から続々と市民の皆様が集まり、大型スクリーンを前に、声援を送り、二大会連続となる銅メダル獲得の瞬間を見届けました。この活躍をたたえ、松田選手に市民栄誉賞特別賞を、そして、久世由美子コーチに特別功労賞を贈呈したところでございます。  また、延岡学園高等学校出身の新鍋理沙選手が、ロンドンオリンピックの女子バレーボールにおいて、日本代表の一員として銅メダルを獲得しました。さらには、全国高校総合体育大会において、延岡学園男子バスケットボール部が二年連続四回目の優勝を、また、同校柔道部の橋口祐葵選手が、六十六キログラム級において二年ぶりに優勝を果たし、さらに、延岡星雲高等学校の松田裕介選手が、カヌー競技のカナディアンシングルで優勝しております。  このような本市アスリートの活躍は、私を含め、市民の皆さんに感動と元気を与えてくれました。  今後とも、施政方針に掲げた各取り組みを着実に進めるとともに、特に、将来の本市の礎となります各種大型プロジェクトの実現に向けて、全身全霊で取り組んでまいる所存でございます。  議員の皆様には、より一層の御指導、御協力を賜りますよう心からお願い申し上げ、平成二十四年度施政方針に関する行政報告とさせていただきます。  続きまして、議案の概要につきまして、御説明を申し上げます。  議案第一五号から議案第二一号までは、平成二十三年度延岡市一般会計、各特別会計、並びに各企業会計の決算の認定についてでございます。  平成二十三年度における我が国の経済は、東日本大震災の影響により厳しい状況にあった中で、緩やかに持ち直しつつあったものの、原子力災害や、これに伴う電力供給の制約に加え、海外における経済危機の影響など、景気が安定しない状況が続いたところでございます。  本市におきましても、財政状況の厳しい中、国の補助事業の活用はもとより、市単独の臨時景気対策や延岡市住宅リフォーム商品券事業など、雇用の創出と地元経済の活性化を図るために、積極的に景気対策事業を展開してきたところでございます。  あわせて、地域医療、健康長寿、防災対策への取り組みや、新火葬場建設事業、新最終処分場建設事業など、市民生活に密着した基盤整備についても継続して実施いたしたところでございます。  また、東日本大震災により被災した兄弟都市いわき市への人的支援につきましても、積極的に取り組んできたところでございます。  なお、平成二十三年度決算における財政指数につきましては、経常収支比率が八六・三%で、前年度と比較して〇・二ポイント上昇しておりますが、実質公債費比率につきましては一一・三%と、前年度に比べ一・一ポイント改善しており、当面の景気・雇用対策に力点を置きつつ、財政の健全化にも努めてきたところでございます。  以下、一般会計から順を追って御説明申し上げます。  議案第一五号平成二十三年度延岡市一般会計の決算額は、歳入総額五百九十一億一千四百五十一万九千百九十四円に対しまして、歳出総額五百七十億七千四百十六万八千四百八十四円で、歳入歳出差引額は二十億四千三十五万七百十円であります。  このうち、繰越明許費として平成二十四年度へ繰り越すべき財源は、四億六千四百三十一万三百三十一円で、実質収支額は十五億七千六百四万三百七十九円となり、前年度に比べ一億二千三百三十四万六百四十六円増加いたしております。  次に、各特別会計について御説明申し上げます。  まず、議案第一六号平成二十三年度延岡市国民健康保険特別会計の決算額は、一般会計から十一億九千四百六十二万二百二十二円の繰り入れを行い、歳入総額の百六十億九千四百四十一万五千十三円に対しまして、歳出総額は百五十八億四百七十万九千九百八十円であります。歳入歳出差引額は二億八千九百七十万五千三十三円となり、同額実質収支額となっておりますが、このうち一億五千万円を地方自治法第二百三十三条の二の規定により、延岡市国民健康保険基金に積み立てております。  次に、議案第一七号平成二十三年度延岡市食肉センター特別会計の決算額は、歳入歳出ともに六万七百二十円の同額決算となっております。  次に、議案第一八号平成二十三年度延岡市介護保険特別会計の決算額は、一般会計から十七億一千七百四十五万五千円の繰り入れを行い、歳入総額の百十八億八百六十七万四千七百五十四円に対し、歳出総額は百十六億六千二十九万一千二百三十二円で、歳入歳出差引額は一億四千八百三十八万三千五百二十二円であります。  このうち、繰越明許費として平成二十四年度へ繰り越すべき財源は百三十二万三千円で、実質収支額は一億四千七百六万五百二十二円となり、前年度に比べ二億二千百八万六千三百二十五円減少いたしております。  次に、議案第一九号平成二十三年度延岡市後期高齢者医療特別会計の決算額は、一般会計から三億四千八十九万八千六十七円の繰り入れを行い、歳入総額の十二億七千八百二十八万七千六百二十二円に対し、歳出総額は十二億七千五百九十七万八千九百二十二円で、歳入歳出差引額は二百三十万八千七百円となり、同額実質収支額となっております。  次に、議案第二〇号平成二十三年度延岡市水道事業会計の決算について、御説明申し上げます。  初めに、業務状況についてでありますが、給水人口は十二万六千四十五人、年間給水量は一千五百六十五万四千百九十三立方メートルとなっております。  収益的収入及び支出の決算額につきましては、事業収益が二十三億四千四十八万七千六百十六円で、事業費用は二十一億二千八十万九千三百八十五円となっております。  その結果、損益計算におきましては、一億七千九百九万二千六百六十二円の純利益を生じました。  次に、資本的収入及び支出の決算額につきましては、収入額が総額四億二千八百三十万七千五百九十三円で、支出額は総額十七億四百四十二万四千九百五十八円となっております。  その結果、資本的収支におきましては、十二億七千六百十一万七千三百六十五円の不足額を生じましたが、企業会計内の留保資金等で補填いたしております。  次に、議案第二一号平成二十三年度延岡市下水道事業会計の決算について、御説明申し上げます。  初めに、業務状況についてでありますが、処理区域内人口は十万四千六百四十六人、年間総排水量は一千七百六十二万九千二百四十立方メートルとなっております。  収益的収入及び支出の決算額につきましては、事業収益が二十八億七千九百十七万六百三十二円で、事業費用は二十八億二千七百五十三万二千九百八十九円となっております。  その結果、損益計算におきましては、一千八百九十七万一千二百六十六円の純利益を生じました。  次に、資本的収入及び支出の決算額につきましては、収入額が総額十九億三千四百九十万四千五百四十円で、支出額は総額三十一億七千三百五十五万一千三百七十三円となっております。  その結果、資本的収支におきましては、十三億六千五百九十四万三千八百三十三円の不足額を生じましたが、企業会計内の留保資金等で補填しております。  以上が、平成二十三年度一般会計、各特別会計並びに各企業会計決算の概要でございます。  別に、監査委員の決算審査意見書及び各部門における主要な施策の成果など、関係資料も添付いたしておりますので、御参照いただきまして、決算の認定を賜りますようお願い申し上げます。  次に、議案第二二号から議案第二四号までの補正予算につきまして、御説明いたします。  議案第二二号平成二十四年度延岡市一般会計補正予算は、歳入歳出それぞれ三億九千七百四十一万円を追加し、予算総額を五百四十一億八千七百四十一万八千円といたしました。  補正予算の主な内容でございますが、緊急雇用創出事業臨時特例基金事業を初めとする補助事業等の内示調整を行うほか、長年の懸案事項であった南延岡駅自転車駐輪場整備、東九州自動車道等の開通を見据えた観光案内看板の設置、また、大雨による被害箇所の復旧など、事業の緊急性、必要性を考慮しながら、予算計上したところでございます。  この補正財源として、地方交付税、国庫支出金、県支出金、諸収入、市債等を計上いたしております。  また、債務負担行為の補正は、新庁舎建設事業費で期間の変更、学校給食調理等業務委託事業費で限度額を変更するものでございます。  議案第二三号平成二十四年度延岡市国民健康保険特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ一億八千百七十一万七千円を追加し、予算総額を百六十五億八千七百三万三千円といたしました。  補正予算の主な内容は、特定健診未受診者対策事業や保健指導にかかる経費のほか、平成二十三年度事業の精算に伴う、国や県への償還金などでございます。  この財源として、国庫支出金、療養給付費等交付金、繰越金を計上いたしております。  議案第二四号平成二十四年度延岡市介護保険特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ一億六千九十三万二千円を追加し、予算総額を百二十五億五千七十六万八千円といたしました。  補正予算の内容は、平成二十三年度事業の精算に伴う介護保険基金への積立金のほか、国や県、及び一般会計などへの償還金でございます。  この財源として、国庫支出金、支払基金交付金、繰越金を計上いたしております。  以上が、一般会計、各特別会計補正予算の概要でございます。  次に、その他の議案の概要につきまして、御説明を申し上げます。  議案第二五号は、延岡市恒富南コミュニティセンター条例の制定でございます。  本案は、恒富南地域及び恒富中地域におけるコミュニティ活動の振興を図るため、聖心ウルスラ学園の旧歯科衛生士専門学校の施設を賃借し、平成二十五年四月一日に開設する延岡市恒富南コミュニティセンターの設置及び管理につきまして、必要な事項を定めるものでございます。  議案第二六号は、延岡市防災会議条例及び延岡市災害対策本部条例の一部改正でございます。  本案は、災害対策基本法の一部改正により、市町村における防災会議及び災害対策本部に係る所掌事務の見直しと明確化が図られたことに伴い、関係する二つの条例について、所要の改正を行うものでございます。  議案第二七号は、延岡市水防協議会条例の一部改正でございます。  本案は、水防法の一部が改正されたことに伴い、条例中に同法の条文を引用する部分につきまして、所要の改正を行うものでございます。  議案第二八号は、延岡市火災予防条例の一部改正でございます。  本案は、国の省令改正により、近年、設置が進められている電気自動車用の急速充電設備が、火災予防上、条例で基準を定めることとされている対象火気設備等に追加されたことに伴い、当該設備を設置する際の位置、構造及び管理に関する基準等を新たに定めるものでございます。  議案第二九号は、延岡市暴力団排除条例の一部改正でございます。  本案は、暴力団対策法の一部が改正されたことに伴い、条例中に同法の条文を引用する部分について、所要の改正を行うものでございます。  議案第三〇号は、宮崎県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議でございます。  本案は、住民基本台帳法の改正に伴い、当該広域連合の規約の中で、運営経費に係る関係市町村の負担金の算出方法について定める規定を変更する必要があるため、本規約を変更することにつきまして、関係地方公共団体と協議を行うものでございます。  議案第三一号は、財産の取得でございます。  本案は、クレアパーク延岡工業団地の緑地ゾーン用地として、天下町の一万一千三百八十七・七四平方メートルの土地を一億八千九百二十七万五千八百七十三円で取得するものでございます。  議案第三二号は、平成二十四年度延岡市一般会計補正予算に係る専決処分の承認でございます。  本案は、緊急を要するために、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、これを報告し、その承認を求めるものでございます。  今回の補正は、歳入歳出それぞれ百五十万円を追加し、予算総額を五百三十七億九千万八千円といたしました。  補正予算の内容は、ロンドンオリンピック競泳男子種目におきまして、二つのメダルを獲得した松田丈志選手に延岡市民栄誉賞特別賞を、また、長年にわたり松田選手を指導し、今回のメダル獲得に尽力された久世由美子コーチに特別功労賞を、それぞれ贈呈することに伴い、功労金を支出する必要があり、予算を補正したものでございます。  以上が議案の概要でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 (降壇) ○議長(佐藤 勉君)  ただいま説明を受けました議案十八件及び施政方針に関する行政報告に対する質疑は、九月十一日から行われる総括質疑及び一般質問の中で行います。  お諮りいたします。
     議事の都合により、明九月五日から九月十日までの六日間、休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(佐藤 勉君)  御異議なしと認めます。よって、明九月五日から九月十日までの六日間、休会することに決定いたしました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  次の会議は、九月十一日午前十時に開き、総括質疑及び一般質問を行います。  本日は、これをもって散会いたします。 午前十時四十八分 散会