大分県議会 > 2019-11-25 >
11月25日-01号

ツイート シェア
  1. 大分県議会 2019-11-25
    11月25日-01号


    取得元: 大分県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    令和 1年 第4回定例会(12月)     令和元年第4回大分県議会定例会会議録(第1号)令和元年11月25日(月曜日)  -------------------------------議事日程第1号            令和元年11月25日              午前10時開会第1 会議録署名議員指名第2 会期決定の件第3 第108号議案から第123号議案まで   (議題提出者説明)  -------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 会議録署名議員指名日程第2 会期決定件日程第3 第108号議案から第123号議案まで     (議題提出者説明)  -------------------------------出席議員 43名  議長        麻生栄作  副議長       土居昌弘            志村 学            井上伸史            清田哲也            今吉次郎            阿部長夫            太田正美            衛藤博昭            森 誠一            大友栄二            井上明夫            鴛海 豊            木付親次            三浦正臣            古手川正治            嶋 幸一            濱田 洋            元吉俊博            御手洗吉生            阿部英仁            成迫健児            浦野英樹            高橋 肇            木田 昇            羽野武男            二ノ宮健治            守永信幸            藤田正道            原田孝司            小嶋秀行            馬場 林            尾島保彦            玉田輝義            平岩純子            吉村哲彦            戸高賢史            河野成司            猿渡久子            堤 栄三            荒金信生            末宗秀雄            後藤慎太郎欠席議員 なし  -------------------------------出席した県側関係者  知事        広瀬勝貞  副知事       尾野賢治  教育長       工藤利明  公安委員長     岩本光生  人事委員長     石井久子  代表監査委員    首藤博文  労働委員会会長   須賀陽二  総務部長      和田雅晴  企画振興部長    中島英司  企業局長      岡本天津男  病院局長      田代英哉  警察本部長     石川泰三  福祉保健部長    廣瀬高博  生活環境部長    宮迫敏郎  商工観光労働部長  高濱 航  農林水産部長    大友進一  土木建築部長    湯地三子弘  会計管理者会計管理局長            山本修司  防災局長      牧 敏弘  財政課長      佐藤 章  知事室長      山田雅文  -------------------------------     午前10時 開会麻生栄作議長 皆様、おはようございます。 ただいまから令和元年第4回定例会開会します。  -------------------------------麻生栄作議長 これより本日の会議を開きます。  -------------------------------諸般報告麻生栄作議長 日程に入るに先立ち、諸般報告をします。 まず、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、9月と10月の例月出納検査の結果について、文書をもって報告がありました。 また、地方自治法の一部を改正する法律附則第2条第3項の規定により、住民監査請求があったことについて通知がありました。 なお、調書は朗読を省略します。 次に、去る10月4日に人事委員会から、地方公務員法第8条第1項、第14条第2項及び第26条の規定に基づき、職員給与等に関する報告及び勧告がありました。 なお、文書はその写しを既に各員に配付しております。 次に、知事から第2期まちひと・しごと創生大分総合戦略策定について報告がありました。 なお、報告書は、お手元配付議案書の末尾に添付してあります。 次に、会議規則第125条第1項ただし書の規定により、お手元配付の表のとおり議員を派遣しました。 以上、報告を終わります。 本日の議事は、お手元配付議事日程第1号により行います。  -------------------------------日程第1 会議録署名議員指名麻生栄作議長 日程第1、会議録署名議員指名を行います。 会議録署名議員は、会議規則第123条の規定により、今吉次郎君及び堤栄三君を指名します。  -------------------------------日程第2 会期決定の件 ○麻生栄作議長 日程第2、会期決定の件を議題とします。 お諮りいたします。今期定例会会期は、本日から12月11日までの17日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○麻生栄作議長 御異議なしと認めます。 よって、会期は17日間と決定します。  -------------------------------日程第3 第108号議案から第123号議案まで(議題提出者説明) ○麻生栄作議長 日程第3、第108号議案から第123号議案までを一括議題とします。  -------------------------------第108号議案 令和元年大分一般会計補正予算(第3号)第109号議案 令和元年大分病院事業会計補正予算(第1号)第110号議案 大分県の事務処理の特例に関する条例の一部改正について第111号議案 大分職員定数条例の一部を改正する条例の一部改正について第112号議案 職員給与に関する条例等の一部改正について第113号議案 大分使用料及び手数料条例の一部改正について第114号議案 当せん金付証票の発売について第115号議案 大分税条例の一部改正について第116号議案 大分産業廃棄物税条例の一部改正について第117号議案 無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準を定める条例制定について第118号議案 大分特殊詐欺等被害防止条例制定について第119号議案 大分県安全・安心まちづくり条例の一部改正について第120号議案 大分卸売市場条例等の廃止について第121号議案 公の施設の指定管理者指定について第122号議案 警察署の名称、位置及び管轄区域条例等の一部改正について第123号議案 物品の取得について  -------------------------------(参照)報第47号 第二期まちひと・しごと創生大分総合戦略策定について  -------------------------------麻生栄作議長 提出者説明を求めます。広瀬知事。  〔広瀬知事登壇〕 ◎広瀬勝貞知事 令和元年第4回定例県議会開会にあたり、県政諸般報告を申し上げ、あわせて今回提出した諸議案について説明申し上げます。 初めに、県政諸般報告を申し上げます。 今年8月の九州北部記録的大雨をはじめ、9月の台風第15号及び第17号、さらに先月の台風第19号などにより、全国各地で甚大な被害が発生しました。 亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。 今年の災害もそうですが、近年、数十年に一度と言われるような大規模自然災害が、毎年のように発生しています。また、南海トラフ地震、津波による災害リスクも高まっています。 このため国は、昨年、喫緊の課題として、「防災減災国土強靱化のための3か年緊急対策」を策定して国土強靱化に取り組んでおり、本県もこれらを活用して、抜本的な県土強靱化に取り組んでいるところです。 こうした中、一生に一度と言われたラグビーワールドカップが開催されました。アジア初の開催となった今大会では、日本代表の目を見張る大活躍世界最高峰のプレーの数々に日本中が沸き上がりました。 本県においても昭和電工ドーム大分に、5日間にわたって延べ約17万3千人の観客が来場し、国際色豊かな声援が響き渡りました。この熱気は試合会場にとどまらず、ファンゾーンおもてなしエリアなど県内各地に広まって、県民とともにラグビー魅力や感動を分かち合いました。 大会期間中は、大会ボランティア方々の、心を込めた対応ばかりでなく、老若男女を問わず、県民皆さんに明るく、温かく、内外からの来客を迎えていただきました。特に小学生はアンセムを合唱し、中学生は英語を交えてウエルカムカードを作り、高校生は英語ガイドに挑戦するなど、次代を担う若い世代が、努力や工夫をしながら、世界の人々と触れ合ったことは大変よかったと思います。 また、交通総量抑制等でも関係皆さんに大変御協力いただきました。 今回、県民皆さんがそれぞれに思いを凝らし、そして心を一つにして、ビッグイベントを大成功のうちにやり遂げたことは、我々の誇りと自信となり、かけがえのないレガシーとなりました。 加えて欧米や大洋州からの観光客への県内各地でのおもてなし取組は、SNSや海外メディア等を通じて、大分魅力国内外にPRする機会にもなり、インバウンドの多角化を大いに進めました。 ラグビーワールドカップ成功に向けて、県民皆さんに大変な御尽力いただいたことに応えるかのように、来年7月には大分日本代表イングランド代表戦が開催されることになり、うれしい限りです。 こうしたラグビーワールドカップでの成功は、地方創生を最大の課題として取り組んでいる我々にとって、大きな後押しとなりました。 その地方創生について、本県が平成27年から取り組んできた、まちひと・しごと創生総合戦略が今年度最終年となります。このため市町村とも連携しながら、この5年間を振り返りつつ、将来を見据えた新たな総合戦略策定しているところであり、今定例会において概要を報告することとしています。 その前提として、人口の将来展望を示す人口ビジョンの検証も進めているところですが、本県人口は、今年10月1日現在113万4千人で、この1年間の人口動態は、全体で8,512人の減少となりました。その内訳は、自然減6,711人、社会減1,801人で、全体の約8割が自然減によるものでした。この自然減の傾向は、現行ビジョンの見通しにおおむね沿った動きでしたが、他方、社会減については、2020年の増減均衡を目指すビジョンの想定との乖離が拡大しています。 このため新たに目指すビジョンでは、まず合計特殊出生率について、現行同様2030年に2.0、2040年に2.3まで高めます。そして社会増減については、残念ながら増減均衡時期を5年延ばして、2025年までに均衡させます。これらによって本県の将来人口を今世紀末までには増加に転じさせ、90万人から100万人程度を維持することを目指したいと考えています。 この新たな人口ビジョン実現に向けて、中間見直し後の安心・活力・発展プラン2015及び第2期総合戦略による施策を積極的に展開し、自然増社会増の両面で人口減少に歯止めをかけ、地方創生取組を前に進めてまいります。 まず、自然増対策では、人を大事にし、人を育てるという観点から、引き続き三つの日本一を目指します。 子育て満足度日本一では、出会いから結婚、妊娠、出産、育児まで、切れ目のないきめ細かな支援を行ってまいります。今議会に提案させていただいた補正予算案では、県内の周産期医療体制を緊急的に確保するため、県立病院新生児集中治療室の病床を3床増床することにしています。あわせてその受入れに必要な医師や看護師などを増員し、体制強化も図ってまいります。 また、健康寿命日本一を目指し、引き続き県民総ぐるみでの健康づくりに取り組むとともに、障がい者雇用率では、早期日本一奪還に向け、知的及び精神障がい者の職場定着に力を入れます。 社会増対策では、まず仕事をつくり、仕事を呼び込むことです。農林水産業構造改革を進め、商工業観光・ツーリズムの振興を図るとともに、創業・起業、そして企業誘致を促進し、県内各地に様々な分野の魅力ある仕事の場を確保していきます。 さらに、IoTやAI、5Gなどの先端技術を積極的に活用し、地域課題の解決や将来を見据えた新たな産業の創出にも挑戦します。 また、地域活性化に向けてUIJターンを促進していくことも大事です。特に若年女性転出超過が顕著となっている福岡において、新たに設置する交流拠点を積極的に活用するなど、きめ細かな情報発信支援の充実を図っていきます。 加えて、住み慣れた地域に住み続けたいという思いをかなえる社会づくりにも取り組み、社会福祉法人やNPOなどの多様な担い手が地域を支えるネットワーク・コミュニティの構築などに力を入れます。 活力ある地域づくりのためには、女性活躍が不可欠です。職場、家庭、地域など様々な場面で、女性が輝き、活躍できる環境づくりを推進します。 こうして、人を大事にし、仕事をつくり、呼び込みながら、地域活性化するためには、広域交通網整備県土強靱化など、地域発展を支える基盤整備も大変大事です。 中九州横断道路中津日田道路をはじめとする広域交通ネットワーク整備や、大分大在地区におけるRORO船ターミナル機能強化など、九州の東の玄関口としての拠点化を着実に進めていきます。 特に、県土強靱化については、県の国土強靱化地域計画と一体となった市町村計画策定を加速するとともに、国土強靱化のための3か年の緊急対策後においても、地方が抜本的な対策を講じていけるように、必要な予算確保について国に強く要望を行っているところです。 人口ビジョン実現に向けた自然増対策社会増対策は、いずれも高いハードルですが、地方創生大分県からという気概で、新時代の大分づくりに挑戦してまいります。 次に、提出した諸議案の主なものについて、その内容説明申し上げます。 初めに、第108号議案一般会計補正予算(第3号)についてです。 今回の補正額は3,622万9千円の増額であり、補正後の累計は6,500億389万9千円となります。 その内容は、さきほど申し上げた県立病院新生児集中治療室増床のほか、公共工事の施工時期の平準化防災効果早期発現に向け、60億円の債務負担行為設定等を行うものです。 次に、予算外議案について説明申し上げます。 第118号議案大分特殊詐欺等被害防止条例制定について及び第119号議案大分県安全・安心まちづくり条例の一部改正についてです。 今回のラグビーワールドカップでは、県民皆さんの御協力の下、県警本部による警備等の的確な対応もあって、県民をはじめ国内外からの大勢の観光客が、安全な環境の中で、安心して大会を楽しむことができました。こうした安全・安心まちづくりをさらに推進するため、特殊詐欺等被害から県民を守ることを目的とした新たな条例制定するとともに、通学路等における児童等安全確保についての規定新設等を行うものです。 以上をもちまして提出した諸議案説明を終わります。何とぞ慎重御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げます。 ○麻生栄作議長 これをもって提出者説明は終わりました。  -------------------------------麻生栄作議長 以上で本日の議事日程は終わりました。 お諮りいたします。26日から29日までは、議案調査のため休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○麻生栄作議長 御異議なしと認めます。 よって、26日から29日までは、休会決定しました。 なお、30日、12月1日は県の休日のため休会とします。 次会は、12月2日定刻より開きます。 日程は、決定次第通知します。  -------------------------------麻生栄作議長 本日は、これをもって散会します。     午前10時18分 散会...