ツイート シェア
  1. 大分県議会 2005-12-01
    11月30日-02号


    取得元: 大分県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成17年 第4回定例会(12月)平成十七年十一月三十日(水曜日)  ------------------------------- 議事日程第二号      平成十七年十一月三十日           午前十時開議第一 第一五三号議案   (議題質疑委員会付託)第二 第一五三号議案   (議題常任委員長報告質疑討論採決)  ------------------------------- 本日の会議に付した案件日程第一 第一五三号議案     (議題質疑委員会付託日程第二 第一五三号議案     (議題常任委員長報告質疑討論採決)  ------------------------------- 出席議員 四十三名  議長        荒金信生  副議長       阿部順治            日野立明            佐々木敏夫            三浦 公            元吉俊博            平野好文            佐々木哲也            油布勝秀            御手洗吉生            桜木 博            麻生栄作            首藤勝次            堤 俊之            田中利明            大友一夫            井上伸史            佐藤健太郎            近藤和義            志村 学            矢野晃啓            安部省祐            阿部英仁            和田至誠            牧野浩朗            古手川茂樹            長田助勝            平岩純子            吉田忠智            久原和弘            塙  晋            小野弘利            内田淳一            高村清志            賀来和紘            江藤清志            佐藤博章            後藤史治            梶原九州男            伊藤敏幸            矢野征子            竹中万寿夫            加藤純子 欠席議員 三名            渕 健児            古田き一郎            吉冨幸吉  ------------------------------- 出席した県側関係者  知事        広瀬勝貞  副知事       石川公一  出納長       二宮滋夫  教育委員長     小寺 隆  代表監査委員    阿南 馨  総務部長      福浦裕介  企画振興部長    武田 寛  企業局長      井上良司  教育長       深田秀生  警察本部長     鈴木章文  福祉保健部長    阿部 実  生活環境部長    堤 俊一郎  商工労働部長    角野然生  農林水産部長    渡辺節男  土木建築部長    渡辺浩志  県立病院            小矢文則  管理局長  国民体育大会・障害            後藤州一  者スポーツ大会局長  出納事務局長    片山仁之  人事委員会            森 俊明  事務局長  労働委員会            小田哲生  事務局長  参事兼財政課長   二日市具正  知事室長      園田和男  -------------------------------     午前十時三分 開議荒金信生議長 これより本日の会議を開きます。  -------------------------------諸般報告荒金信生議長 日程に入るに先立ち、諸般報告をいたします。 地方公務員法第五条第二項の規定により人事委員会意見を聴取した結果、第一五三号議案職員給与に関する条例等の一部改正については適当と考える旨、文書をもって回答がありました。 以上、報告を終わります。  -------------------------------荒金信生議長 本日の議事は、お手元配付議事日程第二号により行います。  -------------------------------日程第一 第一五三号議案議題質疑委員会付託) ○荒金信生議長 日程第一、第一五三号議案議題とし、これより質疑に入ります。--別にご質疑もないようでありますので、質疑を終結いたします。 ただいま議題となっております第一五三号議案は、お手元配付付託表のとおり所管の常任委員会付託いたします。  -------------------------------付託表件名付託委員会第一五三号議案職員給与に関する条例等の一部改正について総務企画  -------------------------------荒金信生議長 この際、総務企画委員会開催のため、暫時休憩いたします。     午前十時四分 休憩  -------------------------------     午前十時五十三分 再開 ○荒金信生議長 休憩前に引き続き会議を開きます。  -------------------------------日程第二 第一五三号議案議題常任委員長報告質疑討論採決) ○荒金信生議長 日程第二、日程第二の議案議題とし、これより常任委員長報告を求めます。 総務企画委員長首藤勝次君。  〔首藤議員登壇〕 ◆首藤勝次総務企画委員長 総務企画委員会の審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。 本委員会で審査いたしました案件は、本日付託を受けました議案一件であります。 委員会は先ほど開催し、部長ほか関係者出席説明を求め慎重に審査いたしました結果、第一五三号議案職員給与に関する条例等の一部改正については原案のとおり可決すべきものと全会一致をもって決定いたしました。 以上をもって、総務企画委員会報告といたします。 ○荒金信生議長 以上で委員長報告は終わりました。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--別にご質疑もないようでありますので、質疑を終結し、これより討論に入ります。 発言の通告がありますので、これを許します。 加藤純子君。  〔加藤議員登壇〕 ◆加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 私は、第一五三号議案職員給与に関する条例等の一部改正について討論を行います。 県人事委員会が十月五日に県職員給与について勧告を行いました。 今回の給与勧告には二つの特徴があり、一つは、平均年間給与減額と、もう一つは、国家公務員に準じて、来年度以降、給与構造を抜本的に見直すというものです。 この条例改定案では、今年度分の給料月額を〇・三%引き下げ配偶者扶養手当を月五百円減らし、期末勤勉手当は〇・〇五月の引き上げというものです。 今年度の給料月額扶養手当引き下げで約三億三百万円の減、期末勤勉手当引き上げ分が三億九千九百万円で、差し引き九千六百万円の増となります。職員一人当たり年平均五千円増といえども、給料月額が下がることは問題です。 反対の第一の理由は、この勧告そのもの人事院勧告制度役割を放棄していることです。 本来、人事院勧告は、公務員労働者労働基本権を奪っている代償措置として労働者権利を守る役割を持っている、すなわち公務員労働者労働基本権代償機関です。 平成十一年度から職員給与は七年連続引き下げ期末勤勉手当も五年連続削減されており、この上、マイナス勧告では、労働者の要求と意見に背を向けるものです。人事委員会が働く者に不利益を押しつけるもので、正当性がありません。 第二の理由は、不利益遡及原則から外れている点です。 ことしの四月から既に支給した扶養手当と六月に支給した期末勤勉手当について、十二月の期末手当から調整と称してさかのぼって差し引くことは、不利益遡及原則に触れています。 今回で三回目となる減額調整はごまかしで、これでは職員賃金手当は年度途中に条例改定が行われるまで仮払いということになってしまい、権利侵害と言えます。 第三の理由は、厳しい行財政改革のもとで給与を二%削った上、十二月からの給与〇・三%削減が、県職員暮らしだけでなく、民間労働者賃金に影響し、県民暮らし県内経済の悪化にもつながる点です。 民間賃金改善傾向と言われる中、個人消費を冷え込ませるようなマイナス勧告は、社会の流れに逆行するものです。 最後に、知事、副知事出納長議員については、今回さらなる給料削減はなく、期末勤勉手当の〇・〇五月だけは一般職に倣って引き上げる点です。 一般職給与を減らされ、期末勤勉手当〇・〇五月分増平均五千円ほどの微増となるのに比べ、知事以下三役と議員は、それぞれ四万七千七百四十円から七万五千三十七円の幅で引き上げられ、総額二百九十三万四千二百六十円の増となるのです。先頭に立って行革をうたっている立場でありながら、これでは説得力はありません。職員県民感情からすると、到底、納得できるものではありません。 今、小さな政府のかけ声で進められている公務員攻撃のねらいは、住民サービスの切り捨てとともに、民間労働者との賃下げ競争を加速させ、さらに大増税への地ならしであることは問題です。 県は、住民福祉のために公務に携わる県職員立場に立ち、政府、財界の公務員攻撃をはね返すべきだと考えます。 日本共産党として、公務員労働者生活を守り、県民全体の所得の向上を目指すことからも、このような賃金抑制政策である議案第一五三号には反対し、討論を終わります。 ○荒金信生議長 以上で通告による討論は終わりました。 これをもって討論を終結し、これより採決に入ります。 第一五三号議案について、起立により採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決であります。 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○荒金信生議長 起立多数であります。 よって、本案委員長報告のとおり可決されました。  -------------------------------荒金信生議長 以上をもって本日の議事日程は終わりました。 お諮りいたします。明十二月一日、二日及び五日は、議案調査のため休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○荒金信生議長 ご異議なしと認めます。 よって、明十二月一日、二日及び五日は休会と決定いたしました。 なお、三日及び四日は県の休日のため休会といたします。 次会は、六日定刻より開きま。 日程は、決定次第通知いたします。  -------------------------------荒金信生議長 本日は、これをもって散会いたします。     午前十一時一分 散会...